「カサブランカ」の歌姫5-8 そして、彼女はいなくなった

蓄音機関係者がひとり、またひとり…とこの世を去った。
杏里の歌を聴く機会も、日に日に少なくなった。
そんなとき、ひとつのニュースがもたらされた。
杏里がジャズの世界を引退するという。
最後のステージを聴きに行った私は――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-5 立川杏里〈8〉  
         【リンク・キーワード】
恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載34回目です。この小説を
   最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 「Soyer」が店を閉じたのは、その翌年だった。シャンソンパブ「ソワイエ」とジャズクラブ「カサブランカ」は、再び袂を分かって、それぞれ、赤坂のメインストリートから姿を消した。
 「ソワイエ」は、自由が丘の駅近くに小ぢんまりとした店を構えて営業を開始し、地元住民にはなかなか評判がいいらしい、というウワサを聞いたが、私は一度も足を向けたことがない。
 「カサブランカ」は、六本木の外れに旧「Soyer」時代の半分ほどのスペースを借りて再出発したが、マスターの鈴原正一郎はほどなくしてガンに倒れ、店は、バンマスだった田村元さんが引き継ぐことになった。
 立川杏里のホームグラウンドだった「BLUE」も、やり手だったママがやはりガンに倒れて、店は閉鎖が決まった。しかし、行き場を失った常連の客たちは、資金を出し合って、大塚に「トワイライト」という店を出し、「禁酒バンド」のメンバーもそのまま、新しい店のレギュラー・バンドとして出演を続けることになった。
 客が10~15人も入ればいっぱいになる小さな店。杏里は、演奏の合間にはカウンターの中に入って、客の飲み物を用意したり、つまみを作ったりした。そこは、店というより、ジャズ好きが集まる隠れ家のようなものだった。
 立川杏里は、そんな隠れ家に咲いた一輪の百合の花だった。香り豊かに、しかし驕ることなく、フレンドリーに、しかしだれにも手折られることなく、気高く咲くリリー。客たちは、そんな杏里という灯台に引かれるように、その小さな店に集まってきた。
 そんな日々が、1年、2年……と続いた。
 しかし、3年目、「禁酒バンド」を率いていた金野丈が、患っていた肝臓を悪化させてこの世を去った。それを機に、立川杏里が「トワイライト」に出演する回数も減った。
 それからの杏里は、いくつかのライブハウスを選んで、月に10日ほど、スケジュールを入れる程度になった。私は、そんな中から、メンバーの構成を見ては、「こいつは聴いてみたい」と思うライブを選んで出かけるようになったが、その回数は、徐々に少なくなっていった。

            

 「ね、荻野さん、聞いた?」
 そのニュースを私の耳に届けてくれたのは、本城リエだった。
 「驚いたわ。杏里さん、引退するんだって」
 「エーッ」と声を発したまま、私は言葉を失った。
 「なんかね、もう、日本からもいなくなるらしい」
 リエが言うには、立川杏里は黒人のミュージシャンと結婚して、アメリカに永住する覚悟を決めたらしい――という話だった。
 その黒人ミュージシャンには心当たりがあった。
 吉祥寺のライブハウスに出演しているベーシストで、杏里の歌に傾倒しているトムなんとかという男だった。そのトム某は、杏里とその亭主の話を聞いては、「ユーは、そんな男とはすぐ別れるべきだ。せっかくのユーの才能が殺されてしまう。よし、オレが話をつけてやる」と、いまにも家に談判にやって来そうな気配なので、「あわてて止めたのよ」と、杏里が笑いながら話してくれたことがあった。
 もし、立川杏里に男気を見せて、アメリカ行きを決断させた男がいるとしたら、あのベース弾きしかあるまい――と、私は察しをつけた。
 あの「ブランコ」の夜、私がビビってできなかったことを、その男は、やってのけたのだ。「かなわないや」と、サジを投げるしかなかった。

            

 この日が、ジャズ・シンガー立川杏里の、日本での最後のライブという夜、私はリエと連れ立って、湯島のライブハウスへ出かけた。
 たぶん、どこかで「杏里引退」の話を聞きつけたのだろう。30㎡ほどの店内は、杏里の古くからのファンたちで埋め尽くされた。
 だれ言い出すともなく、その夜のライブの曲目は、ファンたちからの「あれを歌ってほしい」というリクエストに杏里が答える――という形で進められることになった。
 聴きたい曲がいっぱいありすぎて、何をリクエストしていいのか迷った。
 しかし、もしこの一曲を――と言うのなら、これしかない。そう思ってリクエストカードに書き込んだのは、『It Had To Be You』だった。日本語に訳すと、「キミじゃなきゃダメだったんだ」とでもいうところだろうか。1989年の映画『恋人たちの予感』で使われ、ハリー・コニック・JR、フランク・シナトラ、トニー・ベネット、バーブラ・ストライザンドなどが歌った曲。そして、杏里が1stアルバムのタイトルにも使った曲だった。
 歌詞を杏里の気分になって訳すと、こんな感じになるだろう。

 あなたでなくちゃダメ。
 あなたでなくちゃ、ダメだったの。
 あちこち彷徨った挙句に見つけたの。
 私を本気にさせ、寂しくさせてしまう人を。
 あなたを思って悲しくなることさえうれしいと感じられる人を。


  【参考】 フランク・シナトラが歌う『It Had To Be You』――You Tubeより


 私がリクエスト・カードを渡すと、隣に座っていた古株のファンが、「ホォ、あなたもですか?」と声をかけてきた。店ではいつも、演奏の間じゅう、口三味線でトロンボーンを吹くマネをしていたりする太田なんとかという男だった。
 「やっぱり、これでしょう。この曲を聴くたびに、『It had to be you』の《You》は、自分じゃないか――なんて、愚かな夢を抱いたりして……」
 「あなたもですか? いやいや、男なんてのは、バカなもんですなぁ。でも、いいじゃないですか。彼女のためだったら、バカでもいいと思える、そんな女性に出会えたんだから……」
 同感だった。

            

 立川杏里は、私たちがリクエストした『It Had To Be You』を、彼女のその夜最後のステージの最後の曲に選んだ。
 MCがちょっと泣かせた。
 「きょうは、最後まで聴いていただいてありがとうございます。これが日本での最後の曲になりますが、なんと、10人のお客様が同じ曲をリクエストしてくださいました。たぶん……私がいちばん好きな曲です。私は、この曲を歌うたびに、思っていました。あなたでなくちゃダメっていうあなたは、きっと、みなさんの中にいる。みなさんのひとりひとりが、私にとってはこの曲で歌う『あなたでなくちゃダメ』な人たちでした。でも、私には、とうとう最後に、この人と思える『You』が現れて、日本を離れることになりました。きょうまで、私の歌を聴いてくださったみなさん、ごめんなさい。この曲でお別れです。It Had To Be You、聴いてください」

 It had to be you,
 It had to be you.
 I wondered around and finally found the somebody who
 Could make me true,could make me blue,
 And even be glad just to be sad thinking of you.


 ある者は体を揺らしながら、ある者はそっと目頭にハンカチを当てながら、そして太田某はいつものようにトロンボーンを吹くマネをしながら、彼女の最後の曲に聴き入った。
 演奏が終わると、立川杏里はひとりひとりとハグして、私たちをエレベーターホールまで見送った。
 「じゃ……」とエレベーターに乗り込もうとした私に、杏里が「あ……」と声をかけた。
 「あの曲、私はもう封印するから、荻野さんに譲る」
 横で、本城リエが「いいなぁ……」という顔をした。

「ファイル-5 立川杏里」は、これにて《完》です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。絶賛在庫中!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭とボクの、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR