「カサブランカ」の歌姫5-2 酒乱の女…?

蓄音機すっかり杏里のファンになったらしいリエに誘われ、
私は、彼女が出演する店に度々通うようになった。
そんなある日、杏里が私に声をかけてきた。
初めて出る店がある。よかったら来てくれないか?
そこで私は、彼女の意外な秘密を明かされた――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-5 立川杏里〈2〉  
         【リンク・キーワード】
恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載28回目です。この小説を
   最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 「明日、杏里さん、Nだって。行ってみない?」
 最初、立川杏里の歌を聴きに行こうと言い出したのは、本城リエだった。
 リエにとって立川杏里は、《JAZZボーカル新人賞》の先輩でもあり、「あんなふうに歌えるようになりたい」と願う目標でもあったらしい。自分に仕事が入ってない日には、杏里が出演している先々に顔を出すようになり、私は、その度に「一緒に行かない?」と誘われた。
 私の目には、本城リエは、立川杏里の妹分になったようにも見えた。杏里のライブにいつも顔を出すリエを、杏里は、「きょうは素敵なボーカルが遊びに来てくれていますので」とステージに上げて紹介し、1曲か2曲、歌わせる。それを聴いた店の経営者から、「今度、うちの店にスケジュール入れてくれない?」と打診が入ることもあり、それはそれで、リエにとっても、メリットだったに違いない。

 ある夜、リエがステージに呼ばれて、持ち歌を披露しているときのことだった。歌に聞き入っている私の席に、杏里がつかつかと歩み寄ってきた。
 「ふたり、仲がいいのね」
 「そう見えますか?」
 「いつも、一緒だから。つき合ってるの?」
 「いや、とんでもない」と、私は、あわてて首を振った。
 私が首を振る様子を見て、立川杏里は、「なんだ」とつまらなそうな声を挙げた。
 「つき合ってないのか……」
 そう言ったきり、ステージに戻っていったので、彼女がどうしてそんなことを私に尋ねたのか、理由はわからないままだった。

            

 立川杏里には、根城にしているような店があった。
 「BLUE」というジャズ・クラブだ。ピアニスト・金野丈一がバンマスを務め、ベースの河村哲士とデュオで演奏をしている店で、立川杏里は、そこに、毎週火曜日と金曜日、タテ割りで出演していた。
 店にはしゃがれ声のママがいて、ウエートレス役を務めるハウスボーカルがいるところは、かつての「カサブランカ」と同じだが、ウエートレスの女の子には、客の接待はさせない。集まって来る客も、ほとんど古くからの常連ばかりで、新参の客には、やや敷居が高いと感じさせる店ではあった。
 「BLUE」のバンマス・金野丈一と「Soyer」のバンマス・田村元は、おたがいを「タムさん」「金の字」と呼び合う間柄で、若い頃から妍を競い合ったライバル同士でもあったという。「BLUE」に顔を出すと、「タムさん、元気にしてますか?」と金野が尋ね、「Soyer」に顔を出すと、「金の字、生きてましたか?」と田村が尋ねる。そんなこともあって、新参ではあったものの、私は比較的容易に店になじむことができた。
 田村元のピアノは、華麗に音を転がすオスカー・ピーターソンのような演奏が特徴で、金野丈一のピアノは、極限まで余分な音を省いて聴く者に曲を解釈させる、セロニアス・モンクのような演奏スタイルが特徴だった。
 本来、客には演奏させないのが建前の店だったが、「Soyer」で私の歌を聴いたことのある立川杏里が、「きょうは、ひとり、素敵な男性ボーカルが遊びに来ていますのでご紹介します」と、私を手招きした。
 エッ、オレ? ここで歌わせるの?――と、一瞬、ビビった。
 私が恐る恐る立ち上がると、ママも、その場にいた客も、「エッ、何するの?」という顔で私の顔を見た。ベースの河村哲士は、「ほんとにやるのかい?」という顔で私を見て、「ヘタだったら許さないからね」とガンを飛ばした。
 選んだのは、「But Not for Me」だった。しかし、金野丈一のピアノは、乗りにくいピアノだった。いつもは、ピアノを先に行かせて、後乗りでそれに絡みついていく――というのが私の歌い方だが、金野の演奏の場合、ピアノを待っていると、微妙に乗り遅れてしまう。
 まずい、テンポがズレている。
 最初の8小節でそう感じてあせっていると、杏里が何かをコースターの裏に書いて、私の目の前にそっと差し出した。
 《ピアノを聴かないで!》とだけ書いてあった。
 的確な指示だった。
 杏里がメモにした言葉は、「勝手に歌え。ピアノはそれについてくるから」という意味だろうと、私は解釈した。それで、テンポを取り戻すことができた。9小節目からは、自分がキープしているテンポで、ピアノをリードする気持ちで歌い、2コーラス目からは、フェイクも交えながら、余裕を持って歌い終えることができた。
 たったメモ一枚で私の戸惑いを払しょくした立川杏里というシンガーのすごさを、そのとき、私は、あらためて感じた。
 その日以来、私は、杏里が出演する日の「BLUE」に、足しげく通うようになった。本城リエが一緒のこともあったし、私ひとりでということもあった。

            

 「荻野さんって、千代田線だよね?」
 ひとりで「BLUE」を訪ねたある日、突然、杏里が訊いてきた。
 「今度、湯島に来ない? 小さな店だけど、初めて出る店なんで、よかったら来てくれるとうれしいんだけど……」
 湯島なら帰り道でもある。「喜んで」と答えて、私は、地下鉄を途中下車することにした。リエは、別の店で仕事があったので、その日は、私ひとりで出かけた。
 「カラス」というその店は、湯島天神の近くの中央通り沿いにあった。外からは、喫茶店にしか見えない狭い店内に、グランドピアノが据えられ、そのピアノの周りがカウンターになっていた。
 仕事を早めに切り上げて、2ndステージから3rdステージまで、全部で12曲ほど、立川杏里の歌を聴いた。「BLUE」で顔を見たことのある客も2、3人はいたが、後は知らない客ばかりだった。プレーヤーも、初めて見る顔ぶれだった。
 最後の曲を歌い終わって、「さて……」と腰を上げると、譜面を片づけていた杏里が、「ね……」と声をかけてきた。
 「まだ、電車あるでしょ? ちょっと、マックに寄って、コーヒー飲んで帰らない?」
 意外と思える誘いだった。
 杏里を席に座らせて、カウンターでコーヒーを2つ注文し、トレーに載せて席へ運んでいると、途中で客とぶつかりそうになって、コーヒーがカップからこぼれ、トレーを汚してしまった。
 コーヒーでビショビショになったトレーを見て、杏里がクスリ……と笑った。
 「けっこう、慌て者なんだね。私もだけど……」
 こぼれたコーヒーをティッシュで拭き取って、カップを杏里の手元に置くと、杏里はそれをひと口すすって、「フゥ……」と息を吐いた。
 「初めての店って、疲れるの。ごめんね、つき合わせて」
 「いや、ボクも、初めての店だと疲れるから。でも、コーヒーでよかったの? もしかして、ワインとかのほうがよかったんじゃない?」
 「ウウン」と、杏里は首を振った。
 「コーヒーのほうがよかったの。いま、お酒は止めてるから」
 「お酒、止めたの?」
 「私、飲むとおかしくなるから……」
 それは、酒乱ということなのか?
 杏里が口にした言葉は、私には、信じられない内容だった。
 ⇒続きを読む



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。絶賛在庫中!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭とボクの、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★ただ貴女を愛したくて
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記 New

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★Mie&Darの蜜逢記
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活 New
★おしりちゃんの部屋
★おHINA様と危険なGeorge New
★うちの奥さん観察日記 New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白
★誰にも言えない秘密-story-


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR