「カサブランカ」の歌姫2-6 待ち伏せの路地

蓄音機家の近くまで来ると、レイラは突然、「戻って」と
言い出した。路地に停まった黒塗りのクルマ。
ストーカーの待ち伏せだ――と言う。仕方なく、
都心に戻って時間をつぶし、再び、自宅前へ。
レイラは、「入って」と私を部屋に招き入れた――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-2 村尾レイラ〈6〉  
         【リンク・キーワード】
  恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




  この話は、連載11回目です。この小説を
     最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 「運転手さん、次の路地の前をゆっくり過ぎてもらえます?」
 クルマが北沢の込み入った道を走り始めると、レイラは、運転手に指示を出し、顔を窓に当てるようにして、路地の奥をのぞき込んだ。
 「ダメだ。いるわ、あいつのクルマ」
 路地に停まった黒塗りのセダンを指さして、レイラが吐き捨てるように言う。その黒塗りは、南野のクルマで、レイラの帰りを待ち伏せているのだと言う。「チッ」と舌を鳴らして、レイラは運転手に再び、指示を出した。
 「戻ってください」
 「エッ、戻るんですか?」
 「いいから、六本木まで戻って」
 半分、命令するようなレイラの口調に、運転手は一瞬、ムッとした表情を見せ、やや乱暴にハンドルを切った。
 私も、ムッ……となっていた。運転手に「戻って」と命令する前に、「ごめんね。戻ってもいいですか?」と、尋ねるべき相手がいるだろう? しかし、レイラという女は、そういう気遣いができるような種類の女ではなかった。
 六本木へ戻ると、「よく行く店があるから」と、レイラは私をピアノバーに誘った。グランドピアノの周りをカウンターに仕立てた店で、カウンタ―の中では、私よりは少し年配のピアニストが、渋い顔で鍵盤に指を走らせていた。
 「ケンちゃん、ボーカル、連れてきたよ」
 自分とは親子ほど年が離れたピアニストを「ケンちゃん」と呼ぶ。ケンちゃんは、私の顔をチラと見て、渋い顔をニコリと綻ばせた。笑うと、少し、ロビン・ウィリアムスみたいな顔になる。
 「ケンちゃん、私のボトル、まだ残ってたっけ?」
 「いや、もう、ないんじゃない? こないだ、みなさんでいらしたときに、確か、空になったような気がするけど……」
 「だれも入れていってくれなかったのォ? 気が利かないわねェ。じゃ、一本、入れとく? いいでしょ?」
 「いいでしょ?」は、私に言っているのだった。「あ、ああ……」とうなずく私は、頭の中で財布に残った紙幣の数を計算し、「カードでいいですか?」とケンちゃんの顔を見た。その顔が、「すみませんねェ」と苦笑しているように見えた。

            

 「ケンちゃん」は、ほんとうの名前を鎌田健太郎と言った。自ら作曲を手掛けることもあるというミュージシャンで、店では、ふだんは弾き語りを披露しながら、歌う客がいるときは、その伴奏を引き受ける。
 レイラがトイレに立ったすきに、そのケンちゃんが言うのだった。
 「レイラちゃん、わるい子じゃないんだけど、わがままですからねェ。ときには、お尻をピシッとやったほうがいいですよ。あの子、自分が尊敬できる人間だったら、素直に言うこと聞くような気がします。たぶん、エーと……荻野さんでしたっけ? あなたにだったら――と思うんですけどね。ま、余計なお世話ですけど」
 ほんとうに余計なお世話だ――と思った。
 私が3曲、レイラが2曲、ケンちゃんの伴奏で歌を歌って、そろそろいいか――と、「ペーパームーン」を後にした。
 時計は、すでに午前3時半を回っていた。
 いくら何でも、もう待ち伏せの黒塗りはいないだろう。しかし、問題があった。再び、タクシーを拾って、レイラを家まで送り、逆方向の家まで帰るとしたら、キャッシュが足りない。
 「どこかでキャッシングしなくちゃ」と周りを探していると、レイラが言った。
 「私のところでお茶でもしてれば、すぐ、始発が動き始めるわよ」
 自分はタクシーで送らせておいて、あなたは始発電車を待てばいいじゃないか――と言う。
 村尾レイラは、どこまでも自分勝手な女だった。

            

 黒塗りのクルマは、消えていた。
 慎重にあたりを見回したレイラは、マンションのポーチの石段に足をかけ、振り向いて私の目を見た。その目が「来て」と、私を誘った。誘ったというより、「命令した」に近い誘い方だった。
 エレベーターホールで「▲」のボタンを押すと、手にしていたトートバッグを私に向けて差し出した。どうやら、「持て」ということらしい。譜面の詰まったトートバッグは、ずしりと重い。私がそれを持っている間、レイラは、セカンドバッグの中をかき回した。
 「あれ……?」と言いながらかき回して手にしたのは、チャラチャラと光るストラップがついたキーホルダーだった。全部で5本のキーが束ねられていた。
 「あ、3階ね……」
 階数ボタンを押せ、という命令だ。その間、レイラはキーホルダーのぶら下がったカギの中から一本を選び出して、それを手でつまんだ。
 「ずいぶんいっぱい、持ち歩いてるんだね、カギ」
 「ああ、これ? 知りたい?」
 「いや、別に……」
 「じゃ、教えない」
 エレベーターが停止してドアが開くと、レイラはつかつかと廊下を歩いて、突き当たりの部屋の前で足を止めた。手にしたカギをキーホールに差し込みながら、レイラは、チラ……と私の顔を見た。
 「言っとくけど、ここまで来た男……あなたが初めてだからね」
 それはそれは光栄なことで――と思いながら、胸の中に、言いようのない恐怖心が湧いてくるのを感じた。しかし、その恐怖心は、もうひとつの感情に、たちまち打ち消されてしまった。
 ドアを開けたとたんに漂ってきた、デパートの化粧品売り場のような甘い香り。その香りが鼻腔をくすぐったとたん、私の中に芽生えかけていた恐怖心は、新たに発生したその感情に取って代わられた。
 「とりあえず、一杯、飲む? 私の部屋へのウエルカム・ドリンクよ」
 羽織っていたコートをポイと脱ぎ捨てると、レイラは、ワインラックから赤ワインを一本抜き取り、オープナーでコルクを抜き、2つ並べたグラスに赤い液体をトクトクと注いだ。
 「じゃ……ね。これからも私を守ってください」
 そう言って、グラスをカチンと合わせると、赤い液体を一気にのどに流し込んでいく。もう、かなり酔っているはずなのに、その飲みっぷりは見事と言えた。
 しょうがないので、私も、グラスに口をつけた。
 ワインを飲み干しながら、グラス越しに部屋の様子を見回した。
 少し広めのワンルーム。部屋の奥には、セミダブルサイズのベッドが置かれ、枕元にはミニ・コンポ。ベッドサイドには、CDがぎっしり詰まったラックが置いてあった。
 村尾レイラは、整理整頓が得意というわけではなさそうだった。ベッドの上には、脱ぎ捨てたまま――と思われるガウンが放り投げられ、その脇には、ショーツとブラが、やはり、脱いだ形のままに、無造作に脱ぎ捨てられていた。
 「お願い……」
 ワイングラスをテーブルに置いたレイラが、クルリと後ろを向いて、少し甘えるような声を出した。
 「後ろのホック、外してくれない? ちょっと外れにくいの、それ」
 まだ、レイラは、ステージで着た白のラメ入りワンピースを着たままだった。
 背中を向けたまま、セミロングの髪をかき分けて俯き、うなじを私の目にさらしている。
 私は、両手をホックの合わせ目に伸ばした。
 確かに、少し外れにくいホックではあった。オスカン側が押しつぶされて、メスカンを圧迫するような形になっている。ラクに着脱できるようにするには、つぶれたオスカンのツメを少し起こしてやらなくてはならない。それをやろうとすると、指先が、レイラの肌に触れる。触れるたびに、レイラは背中をピクリと反らした。
 ホックを外すと、レイラのワンピースの上部は、彼女の肌を締め付けている拘束を解いた。ほとんど陽の光など浴びたことがないだろうと思われる白い肌が、少しだけ露わになった。その下を覆ったワンピースは、ジッパーでかろうじて彼女の肌の上に留まっているにすぎない。
 スライダーの引手に手を当てると、レイラが小さな声で命令した。
 「下ろして」
 私の手は、その命令に従った。
 ⇒続きを読む



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。絶賛在庫中!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭とボクの、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品は勉強になる、ためになる(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る      トップメニューに戻る

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR