「空気」を作り出すのは「醜い欲望」



カラス 不純愛トーク  ――愛について、哲雄とAKIが語り合うトークスタイルの記事です。
 Talker  哲雄 人間関係についての著作を手がけるエッセイスト。本ブログの管理人です。
   with   AKI 出張エステ嬢として働きながら、作家を目指す推定年齢アラサーの美女。


 第364夜  【本日のテーマ】 「空気」を作り出すのは「醜い欲望」
「空気」を読もうとしすぎる日本人の性質は、きわめて危険である。前回は、そんな話をしました。なぜ「危険」なのか? 実は、その「空気」を作り出そうとする人間の中に、すこぶる「醜い欲望」が潜んでいるからであるという話を、今回はご紹介します――。

【今回のキーワード】 空気 ポピュリズム
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


AKI 日本人は、「周りの空気」を読もうとしすぎる。しかし、哲ジイは、それを危険な傾向であると考えてるんですよね?

哲雄 ハイ。とても危険な傾向であると思っています。たとえば、オフィスでだれかが、「○課のA子ってさ、ちょっとジコチューだと思わない?」と言い出し、それに何人か(といっても、せいぜい2人か3人程度)が、「そうよね、こないだもさぁ……」などと同調したとしましょうか。

AKI そういうの、よくありますよね。

哲雄 キミもそういうとき、「そうよ、そうよ」と同調する口でしたか?

AKI いえ、いえ。私はこう見えても、けっこう冷静を貫くタイプでございましたから、そういう話には乗りませんでした。どっちかと言うと、「そうなの? そうは見えないけどね……」って、むしろ、打ち消しにかかったりしてましたわ。

哲雄 フム、感心、感心! しかしね、AKIクン、キミのその感心な冷静さは、残念ながら、「空気」を変えることはできないんだよね。

AKI エッ、できないの? どうしてェ?

哲雄 みなさんが「読む」だの「読めない」だのと言っている「空気」っていうのはですね、そんな高尚な気持ちからは、けっして作られることはないのです。

AKI 別に「高尚な気持ち」なんか、私、持ち合わせてはおりませんけど……。

哲雄 でも、キミの「冷静」を呼びかけようとする気持ちは、特定の女性を「ジコチュー」とこき下ろそうとする気持ちよりは、はるかに「高尚」でありますゾ。

AKI ま、そう言われれば、確かに……ですが。

哲雄 で、私は、これだけは言えると確信しているんですよ。

 人が「空気、読めよ」なんぞと言っているその「空気」てェものは、
 そんな高尚な気持ちからは、作られない。
 作られるのは、もっとも低劣な感情からである。


AKI 低劣な感情? たとえば……?

哲雄 そうですね。たとえば、「やっかみ」とか「ねたみ」。これは、自分より上のクラスにいる人に向けられる感情ですが、逆に、自分より下のクラスに対しては、「さげすみ」や「あざけり」だったりします。その背後には、もっと大きな「醜い欲望」が潜んでいるんですけどね。

AKI その「醜い欲望」っていうのは?

哲雄 ひと言で言うと、「自分が得したい」ってことですかね。いろんな「得」がありますよ。「お金が儲かる」っていう「得」もあるし、「(特定の異性)にモテたい」という「得」もあるし、「出世する」っていう「得」もある。もっと大きくは、「権力を手中に収める」なんていう「得」もあります。その「得」のために、「ライバル」や「邪魔者」を消そう――とする動機も、当然、そこには働きます。

AKI ワッ、何だか危険な匂いがしてきました。

哲雄 危険でしょう? その危険な動機のために、ある種の人たちは、自分に有利な「空気」を作り出そうとします。

AKI ある種の人たち? みんなじゃないんだ?

哲雄 みんながそうだったら、私は、そんな社会には住んでいたくないと思うでしょうね。

 この「ある種の人たち」っていうのは、
 「デマゴーグ=扇動家」とか「ポピュリスト=大衆迎合主義者」と呼ばれる人たちで、
 民主主義にはしばしば登場します。


AKI 「デマゴーグ」っていうのは、「デマを飛ばす」とか言うときの「デマ」ですか?

哲雄 そうです。古代ギリシャで生まれた「扇動的民衆指導者」を指す言葉です。社会的に低い階層に属する民衆の不安や恐れなどの感情に訴え、無知や偏見につけ込んで、危機感を煽り立てるなどして、権力を手にしていく政治手法のことを言います。たいていは、国家が危機に瀕したときなどに現れて、穏健な思想や慎重に思慮することを求める勢力を退け、民衆を扇動して、暴力的かつ過激な方向に走らせようとします。そのためには、誇張した情報や虚偽の情報を流したりもします。

AKI ハハァ。それが「デマ」の語源になっちゃったんですね?

哲雄 そのとおり。日本でも、この手法はよく使われたんですよ、特に戦前は。関東大震災のときには、「朝鮮人が暴動を企てている」「共産主義者が革命を起こそうとしている」などというデマが流されて、多くの朝鮮人や共産主義者が、軍や警察によって殺されたり、自警団によって殺害されたりする――という事件が起こりました。政治の世界だけではありません。オフィスの中とか、地域社会とかでも、こういう「デマ」が流布されて、その「デマ」を核として、一定の空気が醸成されていくことがあります。

AKI そういう「デマ」には、悪質なのもありますよね。「○○子は、男に5股も6股もかけてるんだってよ」とか、「○○さんちのご主人ってさ、何か、詐欺みたいな商法でお金もうけてるらしいわよ。でないと、あの若さであんなハデな外車、乗り回せないって」とか、そういう心ないデマが飛び交って、それがその会社とか地域とかの空気になってしまい、言われたほうがその場に居づらくなってしまう――なんてこともありますもの。

哲雄 だから、危険だ――と申し上げてるんです。

AKI もうひとつの……何でしたっけ? ポピュリスト? こっちはどうなんです?

哲雄 「デマゴーグ」のように、虚偽の情報を流したりはしませんが、やることは同じです。大衆が抱いている利益や権利への願望、不安や恐れ。そういうものにつけ込んで支持を集め、既存のエスタブリッシュメントに対抗しようとする政治手法を「ポピュリズム(=大衆迎合主義)」と言うのですが、もっぱらそういう手法を用いて、大衆を操作しようとする人たちを「ポピュリスト」と呼びます。最近、やたらと出てくるんですよね、こういう人たちが。

AKI あ、わかった! どこかの国の大統領候補とか……。

哲雄 あのおっちゃん? そうですね、ポピュリストもポピュリスト。ヒットラーも顔負けのポピュリストです。

AKI ヒットラーってポピュリストだったんですか?

哲雄 政治手法としては、そうだったんじゃないですか。「あなたたちが不幸なのは、あいつらがいるからだ」と、知識層でもあり、富裕層でもあったユダヤ人を「仮想敵」に仕立てて、大衆の不満を「反ユダヤ」に集中させていきました。同じ手法をトランプ氏も使っていますよね。「あいつらがわが国に入り込んできて、安い賃金であなたたちの仕事を奪ったばかりか、麻薬や性犯罪まで持ち込んで、この国の若者の心をむしばんでいる」と、メキシコ系移民(不法移民含む)などを「仮想敵」に仕立てて、不満を溜め込んでいる大衆の喝采を浴びました。

AKI 国境に巨大な壁を作るとか言ってるんでしょ?

哲雄 ほとんど実効性はないと思うけど、でも、そういう目に見えるような、わかりやすい政策をちらつかせることで、愚かな大衆の心を誘導しようとする。それが、ホピュリズムの特徴と言っていいでしょうね。

AKI トランプも、ヒットラーも、共通しているのは、わかりやすい「仮想敵」を作るってことかぁ……。

哲雄 日本にもいるじゃありませんか。何かと言うと、「在日」を目の敵にして、あいつらがオレたちの税金を盗んでいる――なんて言い出す、某政治団体のリーダーとか。

AKI いましたねェ。ヘイト・スピーチを繰り返したりしてる人たちでしょ?

哲雄 そうです。でもね、AKIクン、そういうポピュリストは、政治の世界にだけいるわけじゃありません。学校の中にもいる、会社にもいる。そして、家庭の中にも。大事なことは、そういう人たちが作り出す「空気」に、けっして染まってはいけない、うかつに同調してはいけない――ってことです。

AKI でも、同調しないと、孤立してしまうかもしれないじゃないですか?

哲雄 キミよ、連帯を求めて孤立を恐れることなかれ!

AKI 何すか、それ?

哲雄 私の人生訓です。本日は、ここまで。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から熱烈発売中です!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2015年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR