彼女に「イッたふり」をさせてしまう 《男社会》

手と手 

実は、女性の51%が、性交によってだけでは
オーガズムに達しない――と答えています。
男にとってはショッキングなレポートです。


 性とエッチの《雑学》file.30   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 不感症 オーガズム  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 もしかしたら、これから2回に分けてお届けする話は、男性にとっては、かなりショッキングかもしれません。実は、ほとんどの女性が、オーガズムを偽装、つまり、「イッたふり」をしたことがある――という話なのですから。
 なぜ男は、その話にショックを受けるのか?
 理由は簡単。男は、自分のペニスこそが、彼女に喜びを与えられる唯一無二(ちょっと大げさですが、それに近いものがあります)の道具だと信じたいからです。
 しかし、現実は、そんなに甘くない!
 『キンゼイ・レポート』以降、第二次世界大戦後に行われた性意識調査のほとんどが、「パートナーとの性交だけでオーガズムが得られる」という女性は、かなり少数であることを示しているのです。

フロイト時代には「不感症」扱い

 フロイトが精神分析学を確立した20世紀初頭(1910年代)には、まだ、こうしたレポートは存在しませんでした。
 フロイトは、人間に無意識の世界があることを発見した偉大な学者ですが、ペニスとヴァギナの関係については、いまから見ると、かなり前時代的な考え方の持ち主であったように見受けられます。
 ペニスを持つ男性をどこかで優位に考えているフシもあって、たとえば、クリトリスへの刺激によってオーガズムを得ようとする女性を、「ペニス羨望」から脱却できず、「女性性」を確立できてない「未成熟な女性」と決めつけたりしています。
 フロイト学派によれば、成熟した女性は、男性との性交(=コイタス)によってオーガズムを得るべきで、それができない女性は「不感症」である、ということになってしまいます。
 当時の解剖学のレベルでは、ヴァギナに快感を感じる神経組織=センサーがない(File-6『「C感覚」と「V感覚」。気持ちいいのはどっち? 幸せなのは?』 参照)ことなど、知りようもなかったわけですから、ムリないことかもしれません。

29%が「イカない」――『ハイト・リポート』が明かした驚きの数字

 第二次大戦後に発表されたSEXに関するレポートとしては、キンゼイ博士やマスターズ博士らのものが有名ですが、そのどちらも、性交だけによってオーガズムを得ることがむずかしい――という指摘はしていますが、それを数字として報告するところまではいきませんでした。
 初めてそれを数字として公表し、世界中にセンセーションを巻き起こしたのが、シェアー・ハイトが1976年に発表した『ハイト・リポート』です。
 はたして、女性は、性交だけでオーガズムに達しているのか――ハイト女史が3回に分けて実施した調査の結果は、次のとおりでした。

性交でオーガズムを得られるか?
  性交の経験があり、オーガズムを経験したことのある女性の回答
・性交でいつもオーガズムを得ている……30%
・性交ではごくまれにしかオーガズムを得られない……22%
・性交と同時に手でクリトリスを刺激していれば得られる……19%
・性交ではオーガズムが得られない……
29%


 実に29%もの女性が、性交によっては「オーガズムが得られない」と答えています。「ごくまれにしか」と答えた女性と合わせると、実に51%が、「性交」によってオーガズムを得ることは、ムリまたはむずかしい――と答えていることになります。
 さらに「同時にクリトリスを刺激すれば」という《条件付きイエス》も含めると、なんと70%の女性が、パートナーのペニス挿入だけでは、「めったにオーガズムに達しない」と答えていることになるわけです。

男性は、彼女が「イッてない」事実を知ってる?

 これは、パートナーの男性にとっては、いささかショッキングな結果というべきでしょう。
 はたして、このことを男性側は知っているのでしょうか?
 実は、ほとんど知らないだろう――と思われます。
 というのも、女性がそれを伝えていないから。
 「私、まだイッてない」とか「全然、イッてへんよ」とか「そんなんじゃイカんぜよ」とかは、言わないんですね。
 言うと相手を傷つけるかもしれないし、もしかしたら「この女は不感症?」などと疑われるかもしれないので、たいていの女性は言いません。
 「イッた?」とパートナーに尋ねられても、「ウン……」と恥ずかしそうに目をつぶったり、「よく……わかんない」ととぼけちゃったりします。
 男性のみなさん、怒らないでくださいね。
 「イッてない」を伝えないのは、彼女のやさしい心がそうさせているのですから。
 もっとやさしい女性は、「ウソ」をつきます。
 どんなウソ……?

 「オーガズムの偽装」=「イッたふり」というウソです。

 『ハイト・リポート』をまとめたシェアー・ハイト女史は、女性がオーガズムを偽装せざるを得ない理由をいくつか挙げていますが、その原因は、ほとんどが、男性側または男性中心に作られた社会の側にある、と指摘しています。
 男の何が、彼女を「偽装」に走らせるのか? まずはその社会的背景について、シェアー・ハイト女史が指摘する問題点をご紹介しましょう。

生殖のためのSEXでこそ快感を得るべきである、という通念

 いまだに一部の(ときにはそれが社会の主流であったりもする)保守的な社会では、SEXは生殖のためにのみ行われるべきである、という価値観が寝室を支配しています。生殖のためのSEXとは、「性交」です。
 こういう価値観のもとでは、オーガズムは性交によってこそ得られるべき、と考えます。クリトリスでイクなんてとんでもない、というわけです。
 このシリーズの10回目『男はなぜ、彼女に「イッた?」と尋ねるのか?』で、オーガズム時に現れる肉体的反応のひとつとして、「膣のリズミカルな収縮」を取り上げました。そして、この収縮運動は、膣内に放出された男性の精液を子宮口のほうへ取り込もうとする運動である――という説があることを、ご紹介しました。
 「オーガズムは性交によってこそ得られるべき」と主張する人たちは、この説を拠り所として、こんなことまで口にします。

  性交でイカない女は、妊娠しにくい。

 ほんとうにそうなのでしょうか?
 性交でオーガズムに達しないと、妊娠しにくいのでしょうか?
 マスターズとジョンソンの両博士は、この説を検証するために、ある実験を行いました。
 膣の中にX線を通さない精液によく似た流動体を入れて、オーガズム時の膣の動きをX線で観察したのです。すると、流動体は吸い込まれるどころか、人によっては排出するような動きさえ見られることがわかりました。つまり、膣の収縮運動は、外側に向かって行われる、というわけです。
 実際、男性がその動きを感覚として感じることもあります。「ペニスがそこから追い出される」という感覚です。
 しかし、他方、こんな感想もあります。「そのときの彼女は、ペニスをつかんで中へ引っ張り込もうとするようだった」――と。
 オーガズムによって、ペニスは追い出されるのか、引き込まれるのか?
 感覚的な問題ですから、これにはいまだ結論が出ていません。たぶん、結論の出しようもないでしょう。
 しかし、これだけはハッキリしています。
 妊娠のために「性交によるオーガズムが必要」という説は、少なくとも科学的根拠に欠ける、ということです。

女はペニスによってこそ達するべき――と考える家長的伝統

 根拠がないにもかかわらず、「生殖のためのSEX」にこだわる社会では、「性交によるオーガズム」を「健全な女性」であるための必要条件と考える傾向があります。
 おそらく、こうした考え方がもっとも根強いのは、アメリカのキリスト教保守派の社会でしょう。
 そのルーツは、紀元前7世紀以降のユダヤ社会にまでさかのぼります。そのユダヤ社会を特徴づけていたのは、強固な父系性の家長制度でした。
 家長制の社会で重視されるのは、父系の血統です。母親がだれであるかより、父親がだれであるかが問題とされる社会です。このことは、性生活にも大きな影響を及ぼします。
 女性が、自分の配偶者以外の男性によって性的な喜びを得ることはもちろん、女性同士で快感を交わし合ったり、自分の手で快感を得る(マスターベーション)ことまでもが、神の意思に背く行為と断罪されてしまうのです。
 こういう社会の男たちは、こう考えます。

  彼女は、オレのペニスによってのみ、性の悦びを得るべきだ。

 ここまで説明してきたことをまとめると、こうなります。

 《女性のオーガズムは、生殖のために用意されたものであり、
 それを与えることができるのは、配偶者のペニスのみ。
 それ以外の方法でオーガズムを得るのは、不健全かつ不道徳なことである。》


 こんな考え方が支配している社会では、女性は、「配偶者とのコイタス(性交)で達する自分」を演技するしかなくなります。

「不感症」と思われたくないために

 フロイトもまた、上記のユダヤ的父系性社会の伝統を色濃く受け継いでいました。
 フロイトは、女性の意識の中には「ペニス羨望」が根深く存在し、それがクリトリスへの執着を生む――と指摘した上で、成熟するとともに「クリトリスへの執着」は払拭されて、男性とのコイタスによるオーガズムに目覚めていくはずだ、と主張したのです。
 コイタスによってオーガズムを得られないとしたら、それはいまだ「ペニス羨望」から脱却できてない未成熟な女性なのであり、そういう女性は「不感症」であるとまで言ってしまいました。
 女性たちは、ベッドでこう考えるようになりました。
 もし、カレとの性交で私が達しなかったら、「不感症」と思われてしまうんだわ――と。
 これもまた、女性を「偽装オーガズム」に向かわせる大きな心理的動機となったのです。

 ちょっと長くなってしまいましたが、以上が、女性がオーガズムを偽装せざるを得なくなった社会的背景です。
 しかし、「イッたふり」は、何も社会的・道徳的理由からのみ行われるわけではありません。
 愛しているから偽装する、愛してないから偽装する――という女性も、いや、むしろそういう女性のほうが多いかもしれません。
 次回は、そういう理由から行われる偽装の背景を探ってみます。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です。ぜひ、ご一読を!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックしてください。
2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。40年後に知ったその真実は?

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
美しい養護教諭と「ボク」の、淡い恋の物語です。



13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ponkichiさま

コメントありがとうございます。
ponkichiさんのブログ記事も拝見しました。

記事の中で書いておられましたが、
女がイッたときのほうが男の子が生まれやすいっていうの、
おそらく子宮頚管粘液のせいでしょうね。
この粘液が多く分泌されるほど、膣内はアルカリ性に傾き、
男の子が生まれる率が高くなるのだろう――と思われます。
ハイ、Y染色体は酸性に弱く、アルカリ性につよいんです。

それにしても、一度イケば何度でも――というponkichiさんのようなボディと、
私も出会いたかったです。

哲雄

No title

こんばんは~
いつも楽しく拝見しております。
実はこちらの記事のコメントを書いていたら長くなりそうだったので
体験を自分のブログに書きました。

http://yoshiyoshi10.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★ただ貴女を愛したくて
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★Mie&Darの蜜逢記
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR