「愛」なき「正義」より、「愛」ゆえの「罪」

キング牧師の演説 若者たちへ。24の手紙   14 
「いま」を生きる若者たちへ、愛と連帯を込めて。

若者が叫ぶ「正義ゆえの声」は、しばしば、社会の仕組みに
押しつぶされてしまいます。もし、その「正義」が「愛」という
動機に支えられていないと、折れた正義は、挫折し、
モチベーションを失ってしまいます。大事なのは……。


【SEOリンク・キーワード】 恋愛 恋愛小説 コミュニケーション エロ



 人間が、この世の中で生きていくために行う活動は、日常生活の次元=ステージ1》 《社会的活動の次元=ステージ2》 《思索的活動の次元=ステージ3》 に分けることができる。
 この3つのステージは、それぞれがそれぞれのバックボーンになったり、それを実践し、検証するフィールドであったり……という関係にある。
 仮に、《ステージ2》で試みた社会的活動や政治的活動がうまくいかず、不条理な力に押しつぶされるようなことがあったとしても、そのバックボーンとなる《ステージ3》で獲得した価値観や世界観がしっかりしていれば、心を折ってしまうことはない。
 前回は、そんな話をさせていただいたかと思います。

 《ステージ3》の「思索的活動の次元」は、《深みの次元》でもあります。
 このステージでは、人は、宗教や哲学、思想、文学、美術などの力を借りて、「生きる意味とは何か?」を問うたり、「世界とは何か?」を考えたり、「世界はどうあるべきか?」「人はその世界とどう関わるべきか?」と悩んだりして、自分の価値観や世界観を構築していきます。
 その価値観や世界観の組み立て方は、人によってさまざまだろうと思いますが、大きく分けると、次の4種ほどに分類できるかと思います。

カラス利己型価値観
「何が得か?」を中心に「価値」の序列を決める

 成功することがいちばん――と考える人たちが、築き上げていく価値観です。
 成功すれば、名声や地位や財産を手に入れ、物質的充足を得ることもできます。
 そのプロセスでは、他人を蹴落としたり、出し抜いたり……ということもあるかもしれませんが、こういう価値観の持ち主たちは、それらの敗残者たちを見下し、「失敗する人間は、努力が足りないからだ」などと切り捨ててしまおうとします。弱者に手を差し伸べようという姿勢も、ほとんど持ち合わせていません。
 何かと言えば口にするのが、「そんなことして何になる?」「何の得がある?」という言葉。基本的に、「利益」につながらないものには見向きもしないし、ときには「排除」しようとする姿勢さえ、この価値観の持ち主は見せようとします。
 いま、政治の舞台では、こういう価値観に動かされて「強い国家」を打ち立てようとする勢力が、世界的に力を増しているようにも見えます。アメリカの大統領選でのトランプ旋風もそう。ドイツやフランスでのネオナチの台頭もそう。日本で安倍政権が目指しているのも、そういう政治と見ていいでしょう。
 いわゆる「市場原理主義」は、この価値観から導き出された政治理念と言っていいかと思います。

カラス快楽型価値観
「何が気持ちいいか?」を基準に「価値」を判断する

 「楽しいこと」「気持ちのいいこと」を追求する。それのどこがわるい――という価値観です。
 1970年代後半~1980年代前半の日本は、実は、こういう価値観一色に染められていた感がありました。「楽しくなければテレビじゃない」(フジTVのキャッチフレーズ)と、TVはバラエティ中心に娯楽色を強め、むずかしく物事を突き詰めようとする姿勢は「クラい」のひと言で退けられ、文部省は「ゆとり教育」とやらを打ち出し、若者たちの「本離れ」も急速に進みました。
 その結果、日本人の「学力低下」は目を覆うばかりとなり、「汚い」「きつい」「危険」という「3K」を嫌う若者たちの就業意識の変化を受けて、日本の産業構造や労働市場も変化しました。
 「気持ちがいい」は、人間が生きて行こうとするときに、そのモチベーションを維持する上では大事なエモーションでもありますが、それは、何かをやった結果であって、目的ではないだろう――と、私は思います。
 その前提を忘れ、「気持ちがいい」を目的にして行動を選択すると、人はおおむね刹那的になり、事の善悪を見誤ったり、危険な誘惑に身を委ねてしまうことになります。

カラス倫理型価値観
「何が正しいか?」を基準に「価値」を判断する

 基本的に、世の中は、「」と「」のせめぎ合いで動いている――と考える人たちが、築き上げる価値観です。
 この人たちの頭の中は、「善」と「悪」の二項対立で占められていて、すべての事象、あらゆる人間を、「これは善」「これは悪」というふうに分別してしまいます。
 「善」か「悪」か――を判断する基準として使われるのは、いつの時代かにだれかが打ち立てた「道徳律」とか、影響を受けやすい幼少期から青年期までの時期に、親や教師などを通して学んだ「××するのは悪い子」「○○するのはいい子」などという「教え」や「しつけ」であったり、「社会は○○であるべき」という「世界観」であったりする場合が多いかと思います。
 そういう「道徳律」や「教え」が、「常識」として固められてしまうと、このタイプは、何かと言うと、声高に「××するのが常識だろう(でしょう)」という言い方をするようになり、考え方の違う相手を「批判や避難の対象」として攻撃するようになります。
 「モンスター」化したり、「クレーマー」化したりするのも、このタイプ。それが社会レベル、国家レベルに達すると、「全体主義的」な風潮を生み出してしまいます。「あいつらがわるいんだ」と「仮想的」を作り出して、グループの結束を固めようとするわけです。
 基本的に、「正義」を主張しようとする人たちは、何かの権威を盾にしようとすることが多いのですが、その権威を検証する知力まではない――という場合も多く、ときに社会やグループを間違った方向に走らせてしまうこともあります。

カラス「愛」の価値観
「どれだけ愛しているか?」を基準に「価値」を判断する

 簡単に言うと、「愛」があれば、たいていのことは「ま、いいか……」ですませてしまおうとする価値観です。
 もっとも重要な価値基準を「愛」に置いて考えるので、「愛さえあれば」と、ときに盲目的にふるまってしまうこともあるかもしれません。あるいは、結果的には損害を被ったりするような行動をとってしまうこともあるかもしれません。しかし、このタイプは、その結果もまた、「愛ゆえ」と甘んじて受け止めようとします。
 このタイプが、他人の行動や言説を判断するときに重視するのは、「それが愛に導かれた行動や言葉であるか?」ということです。「愛という動機」に貫かれている――と思う行動や言葉であれば、それが社会的には「非」とされる行動や言葉であろうと、このタイプは、その行為に及んだ人間を擁護しようとします。
 もちろん、「愛があれば」という価値観は、自分の行動を動機づけたり、評価したりする基準としても機能します。
 そして、そういう価値観に動機づけられた行動は、たとえその行動が期待したような成果を得られなかったとしても、傷ついたり、挫折したりすることがありません。
 なぜなら、「愛」という価値基準には、そもそも「成功⇒報酬」という概念が含まれていないからです。

「愛」はくじけない、「愛」はあきらめない

 さて、若者諸君の話です。
 ここで、「キミたちは、どの価値観を選びますか?」なんていう話をしようと思ったわけではありません。自分の人生なのですから、あなたなりの価値観を選んで、どうぞ好きな生き方をしていただきたい。
 しかし、政治運動や社会的活動に熱心に取り組んでいる若者については、そうも言ってはいられません。
 まさか、「これをやると得だから」という 《利己型価値観》 で政治運動をやるなんて人は、いないだろうと思いますから、ここでは除外して考えましょう。
 たぶん……ですが、こういう運動に身を投じる人たちは、「止むに止まれぬ正義感に衝き動かされて」というケースが多いだろう――と、私は想像します。
 つまり、「何が正しいか?」を重視する 《倫理型価値観》 で動く人が多いだろうと思うのです。しかし、実は、この「何が正しいか?」は、世の移り変わりや世の中の力関係の影響を受けて、しばしば変遷してしまいます。
 その変遷を感じたとき、もしその人が、「自分が正しいと信じたこと」だけに頼って活動を続ける《倫理型価値観》一色で固まった人間だと、その段階で、「自分の考えは、この世の中では通用しないのだ」と打ちひしがれてしまうかもしれません。
 あるいは、自分の考えを受け入れようとしない世の中に絶望して、ドロップアウトしてしまう人だっているかもしれません。
 私は、個人的には、せっかく声を挙げた若い人たちに、そうなってほしくはない。
 だから、あえて申し上げたいのです。
 どうか、あなたが主張する「正義の声」のバックボーンとして、「愛」を基準に価値を判断する 《愛の価値観》 を持っていていただきたい。
 「愛」ゆえに叫ばれた「正義」であれば、たとえ、その「正義」が世の中から否定されても、「愛」は残る。
 愛が残れば、その愛は、自分の周りに愛を実現するための「小さな正義」を発見します。その「小さな正義」は、いくつかの「小さな正義」と結びついて、やがて、いつか「社会の正義」へと育っていく。
 何度、つぶれようとも、つぶされては結びつき――を繰り返す。
 人間と社会とは、そういう試行錯誤を、懲りずに延々と続ける生きもの。
 私は、そう思っています。
 それを可能にするのは、「愛」。
 どうぞ、「愛」のある思想を築き上げてください。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です!   

一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2015年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭と生徒だった「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事の主張はナルホドと思う(FC2 恋愛)
→この記事には共感できた(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このカテゴリーの記事一覧に戻る      トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

チェストツリーさま

コメントありがとうございました。
「虚無」と格闘――ですか?
大変ですね。健闘をお祈りします。

哲雄

No title

まったくおっしゃるとおりだと思います。私も愛を胸に虚無と格闘します。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR