「耳から入った言葉」は消せても、「口から出た言葉」は消えない

抱き枕 心の抱き枕 〈42〉 

人がその一生を終えるとき、最後まで残るのは、
「言葉」です。耳から入ってきた言葉は、いい言葉も、
わるい言葉も、消してしまうことができます。しかし、
口から出た言葉は、そうはいきません――。


【リンク・キーワード】
メンタル エロ 恋愛観 男の心理 女の心理 官能小説




 人がその一生を終えるとき、最後まで残るのは何だろう?
 ときどき、そんなことを考えます。
 いくらモノがあっても、お金があっても、そんなものは、ただの消え物。とても「ファイナル・カーテン(最後の一幕)」を豊かに彩ってくれるとは思えません。
 この世で果たしてきた実績も、功績も、栄誉も、最後には、砂の上の足跡のように、風に吹かれ、波に洗われて、消されてしまいます。
 では、残るものは何か?
 私は、「言葉」だと思っています。
 「言葉」というのは、自分と世界、自分と他者をつなぐ「関係性」だと言ってもいいかもしれません。

 私たちの「生」は、その「関係性」の結果として始まり、
 その「関係性」を残して消えていく。


 人生とはそういうものだ――と、私は確信しています。
 その「言葉=関係性」が「貧弱」だと、人生も貧弱なまま、幕を下ろすことになります。
 「言葉=関係性」が豊かであれば、豊かな心のまま、「ああ、よかった」と幕を下ろせます。
 その「言葉」には、2種あります。
 ひとつは、他者から発せられて、あなたの耳に飛び込んでくる言葉。
 もうひとつは、あなたから発せられて、他者の耳に飛び込んでいく言葉です。

《いい言葉》と《わるい言葉》のリスト

 人がその一生を「ああ、よかった」と言って終えるか、それとも「ひどい人生だった」と言って終えるか――は、生涯を通じて、どんな言葉を受け取ってきたか、どんな言葉を発してきたかによって決まる。そう言ってもいいかと思います。
 人がその耳で受け取ったり、口から発したりする言葉には、《いい言葉》 もあれば 《わるい言葉》 もあります。
 何が《いい言葉》で、何が《わるい言葉》か?
 それは人それぞれで、おそらくだれしも、心の中にそのリストを持っているのだろうと思います。
 ちなみに、私のリストは、以下のとおりです。

《いい言葉》 リスト
 ・「ありがとう」「お陰さま」「感謝」。
 ・「愛する」「好き」。
 ・「誠実」「謙虚」「寛容」。
 ・「尊敬」「大事」「憧憬」。
 ・「一生懸命」「努力」「不屈」。
 ――など。

《わるい言葉》 リスト
 ・「くたばれ」「死ね」「呪う」。
 ・「裏切る」「ウソ」「欺瞞」。
 ・「ねたむ」「うらやむ」「誹謗」「中傷」。
 ・「嫌悪する」「忌避する」「逃げる」。
 ・「欲張る」「強欲」「傲慢」「利己的」。
 ――など。

 たぶん、人生を終える時期がやって来たら、私は自分の人生を振り返って、そういう言葉を受け取ったかどうか、そういう言葉を他人に向けて発したかどうかを、振り返ってみるだろうと思います。
 キリスト教でも、イスラム教でも、そして仏教でも、死の前には、その人の「罪」を問う場面(=「最後の審判」という考え方です)が想定されていますが、そこで問われるのも、そうした言葉を発したかどうか、発してはいなくても心の内に抱いたかどうか――ではないかと思います。
 最後に残るのは「言葉」――と申し上げたのは、そういう意味です。

聞き流していい言葉、たれ流してはいけない言葉

 さて、そうしてこの身に受ける、あるいはこの身から出る言葉の数々を、私はどう処理しているか――と言うと、原則は、ごく単純です。

  耳から入って来る 《わるい言葉》 は、すべて「馬耳東風」と聞き流す。
 ⇒日々、聞き流しているので、墓場まで引きずる心配もありません。

  耳から入って来る 《いい言葉》 は、感謝とともに引き出しの奥にしまう。
 ⇒しまい込むのは奥のほうなので、「心の宝物」にはなるけれど、いちいち取り出してひけらかしたりはしない。

  口から出る 《いい言葉》 は、そもそも「いい言葉」と意識してない。
 ⇒意識してないので、記憶することもない。人から「××と言ってくれた」と言われても、「ヘェ、そんなこと言ったっけ?」としか思わない。

  口から出た 《わるい言葉》 は、懺悔して赦しを乞う。
 ⇒これをやっておかないと、その言葉は、墓場まで引きずってしまうことになる。

 私の場合は、上記のような処理をふだんから心がけているのですが、もし、その言葉の処理を間違えて日々を過ごしていたら、どうなるでしょう?
 たとえば――。

 〈1〉耳から入って来る 《わるい言葉》 を、聞き流せずに、脳の長期記憶フォルダーに書き込んでしまったら?
 私の脳の中は、消し去れない《わるい言葉》でいっぱいになり、それはやがて、「憎悪」や「怨念」という感情に凝縮されていって、最後には、私は、この世や周囲の人間たちを「ガッデム!」と呪いながら、命を終えることになるかもしれません。

 〈2〉耳から入って来る 《いい言葉》 に、「感謝」のシーズニングを施さずに、聞き流してしまったら?
 それが「賞賛」や「高評価」などの言葉であれば、聞き流してもいいのですが、「愛ゆえに発せられた言葉」であった場合、それを聞き流してしまうと、私は、感謝すべき人たちに感謝する術を知らないまま、人生に幕を下ろしてしまうことになります。

 〈3〉口から出る 《いい言葉》 に自ら満足して、それを「功績」として脳の中に蓄えてしまったら?
 自らの《いい言葉》に「自己満足」していたら、人は、それを周囲にひけらかそうとしたり、尊大な態度をとったりするようになります。もしかしたら、そんな私は、地上の生を終える直前まで、「自分はこんなに立派に生きた」を主張しようとして、周囲から「偽善者」と思われてしまうかもしれません。←聖書には、こんな言葉があります。「右の手がしていることを左の手に知らせるな」

 〈4〉口から出る 《わるい言葉》 を、出しっぱなしでたれ流しにしたら?
 どんなに気をつけていても、人は、《わるい言葉》をその口から発してしまうことがあります。それを「よくないことを言った」と気づかないまま、一生を過ごしてしまったら、私は、罪の意識に苛まれたまま最後のときを迎えるか、自分の罪を知らないまま、「最後の審判」の法廷に引き立てられることになるでしょう。

 どれもイヤなので、私は、《いい言葉》も《わるい言葉》も、耳から入って来たり口にしたりしたその瞬間に、極力、処理を施してしまうようにしているわけです。
 しかし、それでも、処理しきれずに、人生の終盤まで残ってしまう「言葉」があります。

口から発した《わるい言葉》には「贖罪」が必要

 処理しきれずに、人生を終えようとするそのときまで引きずってしまう言葉。
 もっともやっかいなのが、「自分の口から出た 《わるい言葉》 」です。なぜ、引きずってしまうかと言うと、それが《わるい言葉》である――と、口にしたそのときには気づいてないことが多いからです。
 後で「わるいことを言った」と気づいても、そのときにはもう手遅れ、ということも多いかと思います。
 しかし、自分が口にした《わるい言葉》は、何とか清算しておかないと、私は、往生できません、あるいは、天国に行けません。
 「ああ、いい人生だった」と言って人生を終えるためにも、何とかしなくちゃいけません。
 もし、その《わるい言葉》を吐いた相手が、いまも会うことのできる相手であれば、生きているうちに、「あのときは、ほんとうにすまなかった」と詫びて、許しを請おう――と思います。
 もし、会うことがかなわない相手であれば、その言葉は、神前なり仏前なりで懺悔して、赦しを乞う。場合によっては、巡礼の旅にでも出て、贖罪を願う。
 これをやっておかないと、たぶん、私は、「取り消したい言葉」のリストを抱えたまま、罪深い一生を終えてしまうことになります。

 耳から入って来たほうの言葉はどうなのか?――と言うと、これは、自分の脳の中での処理ですむことですから、万が一、《わるい言葉》が頭の奥にこびりついていたとしても、「よし、すべて、チャラにしよう」ですむことです。
 しかし、口から出た言葉は、相手に受け取られてしまっているわけですから、自分だけの脳内処理では、その言葉の毒を消すことはできません。
 つまり「贖罪」が必要になる――というわけです。

 「耳が受け取った言葉」は放っておいてもいいけど、
 「口が発した言葉」は放っておいてはいけない。


 私は、そう思います。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です!   

 一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
 「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
 よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭と生徒だった「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 ⇒「心の抱き枕」の記事一覧に戻る       ⇒トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★ただ貴女を愛したくて
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★Mie&Darの蜜逢記
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR