「敗北」しても「挫折」はしない、「思想」の力とは?

キング牧師の演説 若者たちへ。24の手紙   13 
「いま」を生きる若者たちへ、愛と連帯を込めて。

若者は、いつの時代にも、世の中の矛盾に対して、
立ち上がり、声を挙げようとします。しかし、その声は、
しばしば、巨大な力に押しつぶされてしまいます。
政治的には敗北。それを「人生の挫折」としないためには……?


【SEOリンク・キーワード】 恋愛 恋愛小説 コミュニケーション エロ



 前回は、「不満」が社会的に一定量に達すると、大衆は、「偶像」を創り上げてしまう傾向がある。あるいは、だれかに提示された「偶像」に引き寄せられてしまう傾向がある――という話をしました。そして、この傾向は、15~22歳ぐらいの青少年期ほど強く見られる――と、申し上げました。
 ノーベル賞作家である大江健三郎氏の初期の作品に、『セブンティーン』 という短編があります。ストーリーは、ざっと、こうです。

「セブンティーン」に描かれた17歳の脆い精神
 過剰とも言える自意識を抱えながら、世界とどう関わったらいいのかがわからないまま、悩める日々を送っている17歳の少年が、ある日、アルバイトで右翼の街宣活動にサクラとして加わり、そこで敢然と孤独な演説を続ける右翼の指導者に、心情的に惹かれていきます。
 やがて少年は、戦闘服を着て右翼活動に従事することで、裸で世界と向き合う喜びを見出していく――。

 1961年に発表されたこの作品は、1960年に当時の社会党委員長だった浅沼稲次郎を演説中の檀上で刺殺した右翼少年、山口二矢(当時17歳)をモデルにして描かれており、右翼の妨害によって、続編の『政治少年死す』は、発行できないままお蔵入りとなりました。
 おそらく、作品のテーマは、初期の大江作品に共通する 《政治的自立と性的自立》 ではなかったかと思うのですが、しかし同時に、この作品は、17歳の少年の心がどんなにもろく、「偶像」を生み出してしまいやすいか――を描いているようにも見えました。

「熱狂」する聴衆に「ファシズム」と呼びかけた反体制歌手

 もうひとつ、まだ青かった頃の筆者の記憶に残っている、ひとつのシーンについてお話しましょう。
 日比谷野外音楽堂で開かれたフォーク・コンサート。
 当時の野音を立錐の余地もないほどに埋め尽くした聴衆を前に、自作の曲50曲余りを披露したのは、その頃、「反体制フォークの旗手」として若者たちの熱狂的な支持を集めていた岡林信康でした。
 彼が一曲歌う度に、「ウオーッ!」と歓声を挙げ、何か呼びかける度に、「異議なし!」「そうだ!」などと唱和する聴衆。
 しかし、そんな熱狂的な聴衆に向かって、岡林がマイクを通してつぶやいたのです。

  キミら、ほんまに、ファシズムに免疫ないんやなぁ。

 熱狂してくれるのは、歌手としてはありがたい。
 しかし、キミたち、そんなに簡単に「イエ~ス!」なんて叫んでていいのか? そういうのって、一歩、間違えると、ファシズムに傾いてしまうゾ。
 おそらく、教祖的な存在に祭り上げられていくことに対する、岡林なりの抵抗だったのだろう――と、筆者は、そのとき感じたものでした。

 同じことをデモの隊列の中でも感じることがありました。
 当時の反体制過激派の街頭闘争は、機動隊の壁に向かって突進し、最後は、ガス銃や放水に対して、投石と火炎瓶で対抗する、という実力闘争を繰り広げるのが主でしたが、年に数回は、「カンパニア」と呼ばれるデモ行進だけの示威行動をとることがありました。
 白、赤、青……それぞれの党派(セクト)を示す色のヘルメットを被ったデモの隊列が、旗を先頭に、道幅いっぱいに広がってスクラム・デモを繰り広げる光景は、いまでは想像できないほど、壮観でした。
 なにしろ、そういう「カンパニア闘争」のときのデモの参加者は、少なくとも3万、多いときは10万を超えてしまいます。そういう隊列に加わって、「安保!」「粉砕!」などと声を上げていると、気分は高揚してきます。
 これだけの人間が声を挙げているんだ。この国は、きっと、変わるに違いない。いや、オレたちが変えるんだ。
 そういう昂揚感は、ひとり私だけではなく、一緒に隊列を組む多くの学生たちが感じていたことだろうと思います。
 しかし、同時に私たちの中には、その状況を冷静に分析する人間もいました。

 いまは、こんなに盛り上がっているけど、この熱は、いつかきっと冷める。
 その後には、もしかしたら、いまよりもっとひどい時代がやって来るかもしれない。


 私も、そんなふうに考える人間のひとりでした。
 だからと言って、悲観的になっていたわけでもなければ、運動にシラケたわけでも、そのとき自分たちが訴えようとした主張を変えようと思ったわけでもありません。
 ただ、こうは考えました。
 熱狂の後には、必ず、鎮静の時代がやってくる。
 大事なことは、熱狂の中で情熱を燃やし尽くすことではなく、鎮静の時代にも揺るがずに、キープし続けるスタンスを身に着けることではないか。
 そのために、何が必要か?
 私にとって重要だったのは、「深みの次元」でした。

「日常」と「政治」と「思索の世界」

 政治運動や社会運動は、この世の中で具体的に進行する事柄に対して、「NO」を突き付けたり、「YES」を言ったりして、その進行を食い止めたり、促進したりしようとする運動です。
 人間のそういう活動が行われる次元を、《社会的活動の次元=ステージ2》 と呼ぶことにしましょう。
 しかし、私たちは、「人生」という「総合的な生の場」で、そういう活動ばかりを行っているわけではありません。
 仕事をしたり、食事をしたり、趣味に興じたり、家族や友人や近隣の人たちと会話を交わしたり……という日常の活動も行っています。日々、時間を取られるのは、こちらのほうが、たぶん、多いでしょう。
 人間が、そういう日常活動を行うステージを、《日常活動の次元=ステージ1》 と呼びましょう。
 もうひとつ、人間は、実は、とても大事なある活動を行っています。
 それは、生きる意味や死ぬ意味を考えたり、世界と個人の関わりに意味を見出したり、そもそも、この世界が存在するとはどういうことか、そこでもっとも価値があることはどういうことか――などに思いをめぐらしたり、考えたりする活動です。
 こういう活動には、思想・倫理・哲学・宗教などと名前をつける場合もありますが、共通しているのは、目に見えないもの、手で触れられないものを活動の対象にするということです。こういう活動を行うステージを、《思索の次元=ステージ3》 と呼ぶことにします。

 私は思うのです。
 この3つのステージは、バラバラに存在しているわけではない。
 それぞれがそれぞれのバックボーンになったり、実践するフィールドになったり、フィールドで起こった現実を吸い上げて価値観や世界観に修正を加える――という関係を成立させてないと、たとえば、頭で考えることと足がやろうとすることが、てんでバラバラ……なんてことにも、なってしまいかねません。
 例を挙げて説明しましょう。

「敗北」しても「挫折」しない思想を持ってほしい

 たとえば――。
 《ステージ2》 で、「男女差別をなくそう」という政治的社会運動に取り組んでいる男が、《ステージ1》 の日常生活に戻ると、「ああ、疲れた」と寝っ転がって、家事を手伝おうともしないばかりか、妻を「おまえ」呼ばわりしてしまう――としましょうか。
 妻は、「この人、外で言っていることと家の中でやることが、全然、違う」と不満をもらすのですが、こういうちぐはぐが起こってしまうのは、《ステージ2》 で本人が貫こうとしている信念や信条が、《ステージ3》 の思索的活動に裏打ちされたバックボーンを持ってないからではないか――とも考えられます。その場合、「男女差別をなくせ」は、単なる「政治的キャッチフレーズ」として使われているだけなので、政治的活動の《ステージ2》 から日常生活という 《ステージ1》 に戻ってくると、政治的ステージで口にした「男女差別をなくせ」は、コロッと忘れ去られてしまうことになるわけです。

 若い頃の筆者の周囲には、こういう人たちもいました。
 毎日のようにデモに繰り出し、熱心に反体制活動を続けていたのに、その運動にもかかわらず法案が成立してしまうと、すっかり気力を失って、当時つき合っていたヒッピーの女性と駆け落ちするように姿を消してしまった男。同じく、熱心な活動家だったのに、デモで逮捕されたのをきっかけに価値観が180度変わり、「リッチになって世の中を見返してやる」と、セレブの妻になるという道を選んでしまった女性。
 どちらも、人間って弱いんだなぁ――と思わされてしまった事例です。しかし、どちらの場合も、もし彼らが、《社会的活動の次元=ステージ2》 《日常活動の次元=ステージ1》 《思索の次元=ステージ3》 が統合する、という関係を成立させていたら、あるいは、もっと違った生き方が選べたかもしれない、と私は思います。

 私が、「深みの次元」とお話したのは、この 《思索の次元=ステージ3》 のことと思っていただいていいかと思います。
 いま、安保法案に反対の声を挙げたり、原発再稼働阻止を訴えたりしている若者たちを見ると、私は、どこか頼もしくもあり、うれしくもなるのですが、同時に、どうかその心を折らないでいただきたい――とも願わずにはいられません。
 折らないためにも、みなさんの社会的活動や政治的行動のバックボーンとして、この 《思索の次元=ステージ3》 をしっかり、キープしていただきたいと思うのです。
 では、その《思索の次元=ステージ3》で、私たちが獲得すべき価値観や世界観とは、どういうものであるべきか?
 その話は、次回、検討してみたいと思います。


安倍政権の「改憲」の動きに反対の声を挙げている市民団体
  「安保法案」をはじめととする安倍政権の危険な動きに、「反対」の声を挙げている団体です。みなさんの熱心な活動に敬意を表して。

●戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会
●SEALDs~自由と民主主義のための学生緊急行動
●戦争をさせない1000人委員会
●安全保障関連法案に反対する学者の会
●安保関連法案に反対するママの会



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)から発売中です!   

 一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
 「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
 よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2016年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭と生徒だった「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事の主張はナルホドと思う(FC2 恋愛)
→この記事には共感できた(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このカテゴリーの記事一覧に戻る      トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。和巳です。

コメントへのご返事、お忙しい所、誠にありがとうございます。

> この歳(もうすぐ古希です)で、まだもがきまくっている私など、
> よほど未熟ものというべきでしょう。


とんでもございません。
もうすぐ古希とのことですが、そのご年齢でもがくことができる。
そのことにますます畏敬の念に打たれます。
もがくためには、体力も精神力も必要と思いますので。

こちらこそ、これからもどうぞ勉強させて下さいませ。

弊ブログでもリンクさせて頂きました。

今後とも、何卒、よろしくお願いいたします。

Re: No title

和巳さま

何度か、コメントをいただき、ありがとうございます。
私の駄文を深いところまで読んでくださったようで、
恐縮しております。

尾崎豊は、やや世代が離れていることもあって、
熱心に聴いたわけではありませんが、なにげに耳に入ってくる言葉のひとつひとつに、
「オッ、こいつ、すごい!」と思った記憶があります。

それにしても、和巳さん、すごいですね。
その若さで、「自然の摂理」に到達されましたか。
もはや、悟りを得た修行僧のようではありませんか。

この歳(もうすぐ古希です)で、まだもがきまくっている私など、
よほど未熟ものというべきでしょう。

これからも、よろしければ、末永く、つき合ってやってください。
貴兄のサイトを訪問しやすいように、リンクを張っておきますね。
なにしろ、自分の眼鏡を探すのに、半日かかったりしてしまうジジイでありますゆえ。

哲雄

No title

こんにちは。和巳です。

とても勉強になります。

「セブンティーン」、私も読んだことがあります。
確か、新潮文庫で、『性的人間』の中にあった短編だったと記憶しております。
私にとって、過激な内容でした。

ただ、それ以上に、破滅の青春像を描いた「性的人間」の方が当時の私にとって非常に大きな影響でした。


長住先生は、尾崎豊という歌手をご存知でしょうか。

彼は、ステージで、自由を謳い、この社会の中で自分のあり方や生き方に迷い、悩み、そして苦悩のままに26歳でこの世を去りました。
「巌頭の感」を残し、華厳の谷へ身を投げた藤村操にも似ています。

尾崎、そして藤村の言う「不可解」。

それこそが、実は、物事、人事、何事についての、正直な答えかと思います。


私ももう青春期も終わりに近い頃、そんな迷路に迷い込んだ一人です。

たくさんの本を読みました。

そして今、私を支えるある真理があります。
「自然の摂理」です。
物事や人間の自然性。自然なあり方。

そんな風に自分や世の中を見ると、少しだけ、楽になれました。



・・・取り留めなく、結論もなく、ちぐはぐな文章で申し訳ございません。

ただ、若輩者の私にとって、先生の文章は大変勉強になっております。

ありがとうございます。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR