取調室〈2〉 赤い女教師(下) ナチスの責め具

ヴァギナph1

乳房に竹刀を振り下ろしても、自分が「アカだ」とは
認めようとしない女教師。「もう、あれしかない」と、
日下が取り出したのは、一本のワイヤブラシだった――


 妄想力ドリル〈R18版〉   第36講  取調室〈2〉 赤い女教師(下)

 R18  このシリーズは、性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方は、ご退出ください。

 本シリーズは、筆者が「妄想力」を駆使して書き起こすフィクションです。登場する人物・団体などは、すべて架空のもの。実在する人物・団体・地名などとは、いっさい関係がありません。

 リンク・キーワード   恋愛小説 エッチ 官能小説 不倫 おひとり様 エロ


この話は、連載3回目です。最初から読みたい方は、こちらから、前回分から読みたい方は、こちらからどうぞ。

 ここまでのあらすじ  その女教師は、教え子たちを集めては、「死ぬな」と教えているという。「あれはアカだ!」。国婦会の密告を受けて、日下たち特高は、女の身柄を拘束した。拘束時に抵抗したため、女の衣服はズタズタに引き裂かれ、肌には血が滲んでいた。女は、容疑を頑固に否認する。だったら体に訊いてやる。日下は女のブラウスを剥ぎ取り、乳バンドをたくし上げて、むき出しになった乳房に竹刀を振り上げた――。


 女の白い乳房には、降り下ろした日下の竹刀の跡が、赤い筋となって残った。
 「ヒーッ!」
 女は悲鳴を挙げた。
 悲鳴を挙げはしたが、自分の非を認めたわけではなかった。
 「吐け! アカだと認めろ!」
 そう言って竹刀を振り下ろしても、女は、ただ首を振るばかりだった。
 すでに女の乳房には、日下の竹刀で打ち据えられて、幾筋もの蚯蚓腫れができている。そのうちのいくつかからは、血が滲み出ている。
 ふつう、ここまで痛めつければ、華奢な女なら口を割る。
 しかし、こいつは、しぶとい。
 「クソーッ、このアマ」
 日下が舌打ちすると、安倍巡査長が女の両手を万歳させたまま、日下の目を見て口元を不気味に緩めた。
 「自分は、もう、あれしかないと思いますが……」
 「あれか……」
 安倍巡査長が「あれ」と言うのは、ドイツのゲシュタポが、パルティザンの女兵士やスパイ容疑で捕えた女を責めるのに使っている――という道具だった。
 本来は、試験管を洗浄したりするのに開発されたワイヤ製のブラシで、太い針金をねじり合わせて作った芯棒の周りに、無数のワイヤーが埋め込まれているシロモノだ。亀の子だわしを鋼鉄製にして、細長くしたものと思えばいい。
 ゲシュタポは、それを女の局部に差し込んで、中をかき回す。
 それだけでも、女たちは、悲鳴を挙げてのたうち回る。そこへ、連中は、塩を刷り込む。
 毛唐どものやることは、ケタが外れてる。
 安倍巡査長は、それを下園千恵子にやってみないか――と言っているのだった。
 「いいだろう」と言うと、安倍は、その道具を備品室から持ってきて、嬉々とした様子で日下に手渡した。

       

 「オイ、もう一度、訊くゾ。貴様、教え子たちにアカの思想を吹き込んで、戦争に行くな、行っても死ぬな――と教え込んだそうだな?」
 「私は、ただ……無事に帰って来て――と、祈っただけです」
 「生きて帰って来いということは、死ぬなということだ。大本営が《十死零生》の号令を発しているときに、貴様は、『死ぬな』と教え子たちに吹き込んだ。つまり、それは、命令に背いてこい――ということだ」
 「そんなことは言ってません。無事に――というのは、民としてのごく自然な感情で……」
 「黙れ! 貴様の言う『民として』というのは、貴様たちの言葉で言うと『人民として』ということだろう。いいか、貴様。この大日本帝国では、天皇陛下のご意思だけが、国家の意思だ。それに逆らう『人民の意思』とやらを主張するのは、立派に反逆罪だ。素直に認めて、反省文を書け。そうすれば、貴様は帰してやる。しかし、もし拒めば、もっと貴様の体を痛めつけることになる。こいつでな……」
 言いながら、日下は、女の目の前で、ワイヤー製のブラシをぶらつかせて見せた。
 女の目が、恐怖の色を浮かべて見開かれた。
 「どうだ? すべて吐くか?」
 しかし、それでも女は、首を振った。
 仕方ない……。
 「オイ」と、日下は安倍巡査長に目配せした。
 安倍は、エサを与えらた猟犬のように、唇をだらしなく開いて、女の黒いタイトスカートとシュミーズをまくり上げた。
 「何を! あなたたち、何を! そ、そんな……」
 女は、下半身を捩って抵抗したが、女のスカートとシュミーズは、たちまち腰骨の上までまくり上げられ、白いズロースが日下の目に晒された。縁をレースで縁どられたハイカラで、華美と思われる下着だ。
 それがまた、日下の神経を逆なでした。
 この非常時に、なんて、ふしだらな下着を着けてやがる。
 日下は、ズロースの中心部に、右手に持った竹刀の先端を押し当てて、グイと押した。女は「ウッ……」とうめいて、体をピクリと震わせた。その目の前で、左手で握ったワイヤーブラシをブラブラと揺らしながら、日下は、押し殺した声で言った。
 「ここに、こいつを突っ込んで、グリグリにかき回してやる。いいか、これが最後のチャンスだ。素直に認めろ! 私はアカです。教え子たちに反戦の思想を吹き込みました――と。それだけ認めて反省すれば、こいつは、カンベンしてやる。しかし、認めなければ、これでおまえのここをかき回して、血まみれにしてやる。どうだ、認めるか?」
 しかし、誇り高い女教師は、それでも首を振った。
 「オイ、やれ!」
 安倍巡査長は、女の腰からズロースを剥ぎ下ろした。
 むき出しにされた両腿の奥に、女の赤い充血が見えた。
 日下は、ワイヤーブラシを右手に持ち替え、それをゆっくり、女の脚の中央に近づけ、そして、そのもっともやわらかな組織の中央に、先端をグイと押し込んだ。

       

 「ウギャ――ッ!」
 「イヒ――ッ!」
 「ダ、ダ、ダ、ズ――ッ、ゲァ――ッ!」
 それから5時間。
 日下たちの取調室からは、女の悲鳴が響き続けた。
 途中、声が途絶えることがあった。すると、安倍巡査長がバケツ一杯の水を持って取調室に入っていく。
 また、悲鳴が挙がる。
 それが、2日、3日……と続いた。

 下園千恵子が連行されて4日目の夜、県警の特別高等警察から、ひとりの女が、足をよろけさせながら出てきた。
 両脚をこすり合わせるように、ゆっくり、ゆっくり歩を進める女は、数歩、歩くと、パタリと路上にひざをつく。起き上がって、何歩か歩くと、また、パタリと倒れる。
 上半身のブラウスはボロボロに引き裂かれ、スカートの裾からのぞく足には、膝の上の内腿から、血が滴り落ちている。
 道を行く何人かが、その姿に目を留めたが、だれも助けようとはしなかった。
 何とか家にたどり着いた女だったが、それ以降、だれも、彼女が街を歩く姿を見ていない。

 『赤い女教師』は、これにて《完》です。
 【注】 当時の特別高等警察がどんな組織で、どういう取り調べをしていたかは、もう資料の上で知るしかありません。ただ、その過酷な取り調べの結果、大杉栄が獄中死するなどした事実は、歴史の教科書にも残されています。
 戦後生まれの筆者も、特別高等警察については、そういう組織が存在したということを、知識として知っているだけで、現実には関わったことがありません。しかし、その組織がどういう種類の組織であったかを推測できるような経験を味わったことはあります。
 筆者は、学生時代、大学近くの下宿に住んでいたのですが、そこの大家は、元・神奈川特別高等警察の刑事でした。
 ある夜、前期試験の勉強のために、友人たち何人かが私の部屋に集まって、苦手科目の勉強をしていたときのことです。みんなで、「そこはこうだろう」「いや、それは違う」などとやっていると、突然、ガラッと戸が開けられました。
 「貴様ら、こんなところに集まって、何してる?」
 赤い顔をした大家でした。どうやら、かなり酔っているようです。
 「試験勉強ですが……」
 私が答えると、「何が、試験勉強だ、貴様ら」と大家は、突っかかってくるのです。
 「貴様ら、共産主義者か? 何の謀議をやってるんだ?」
 「何ですか、あなたはいきなり?」
 友人のひとりが抗議すると、大家は、「何を!」と声を荒げ、そして、言うのでした。
 「こんな夜に、ろくでもない謀議なんかやりやがって。貴様らなんかに部屋を貸してやる覚えはない。みんな、出て行け。出て行かないと、人間、裏表にしてやるゾ!」
 「人間、裏表に」は、刑事たちが思想犯を取り調べるときの常とう句だったのでしょう。
 戦後、すでに20年以上が経っているのに、その元刑事の口調は、戦前の公安刑事そのまま――と感じられました。
 今回の作品は、そんな経験をヒントに妄想した妄想小説でした。



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)からリリースしました!   

 一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
 「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
 よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2015年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭と生徒だった「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


160 この記事の妄想力に一票!(FC2 恋愛)
160 この記事の描写力・官能度に一票!(にほんぶろぐ村 恋愛)
160 この記事の面白さに一票!(人気ブログランキング 恋愛)

 →「妄想力ドリル」の目次に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR