「愛国心」と「愛郷心」は、まったく別物である



カラス 不純愛トーク  ――愛について、哲雄とAKIが語り合うトークスタイルの記事です。
Talk 哲雄 人間関係についての著作を手がける、エッセイスト。本ブログの管理人です。
with AKI 出張エステ嬢として働きながら、作家を目指す推定年齢アラサーの美女。

 第355夜   【本日のテーマ】 「愛国心」と「愛郷心」は、まったくの別物
前回、「人はなぜ、旗のもとに集まりたがるのか?」という話をして、人が「社会」というまとまりを作るときには、何かしらの「共同の幻想」を必要とする――と申し上げました。その「幻想」の最たるものが「国家」。今回の話は、その続き。実は、結びつきの弱い社会ほど、強力な「幻想」を必要とし、「国家」を前面に押し立てて、「愛国心」を鼓舞しようとします。しかし、それは、人が自然に、自分が生まれ育った郷土を愛しいつくしもうとする「愛郷心」とは、まったくの別物なのです――。

【今回のキーワード】 愛国心 愛郷心
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫



哲雄 AKIクン、突然ですが、キミは、自分が「日本人」であることを「誇らしい」と思っていますか? それとも、「恥ずかしい」と思っていますか?

AKI いきなりですねェ。ショージキ言うと、両方あります。たとえば、一時期、日本の男たちが、札束抱えて、東南アジアなんかに盛んに「女を買い」に出かけてたことがありましたよね。「セックス・アニマル」なんて呼ばれて、私、チョー恥ずかしかった。バブル期には、日本のオバちゃんたちがパリやミラノに出かけちゃ、ブランド品を爆買いしてました。いまの中国人たちみたいに……。あれも、ずいぶん叩かれてましたよね。ああいうのを見ると、ナイーブな私なんかは、日本人でいることが恥ずかしくなってしまうんですよ。子ども心にも、「日本のおとなたちは、ロクなもんじゃないわ」って感じて……。

哲雄 なるほど。清く、正しい「日本人」を自認するAKIクンとしては、そういうのが恥ずかしかった――と。よくわかります。

AKI 哲ジイは? そいう恥ずかしさ、感じたことってあります?

哲雄 もちろん、ありますよ。キミが「恥ずかしい」と感じたような姿を見ても感じますけど、それとは逆の姿を見てもね。

AKI 逆の姿? 何ですか、それ?

哲雄 オレたちはリッパだゾ――と、誇示するような姿です。たとえば、ウイニング・ラン

AKI ああ、あれですね? レースに勝った後で、国旗を掲げたり、頭から国旗を被って場内一周したりする――っていうやつですね? あれが恥ずかしいんですか、哲ジイは?

哲雄 顔から火が出るほど恥ずかしいです。ああいうことをするのは、私が見る限り、二流の国が多い。「どうだい、オレたちの国、すごいだろう」と、顕示しているように見えるからです。たとえば、何年か前に行われたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、韓国チームが日本を破ったとき、韓国の選手たちが、ピッチャーズ・マウンドに国旗を突き立てて、ヒンシュクを買ったことがありました。

AKI あ、それ、覚えてる! なんか、あのとき、いろいろ批判されたんですよね? 哲ジイは、ああいうことをするのは「二流国」だと思うんですか?

哲雄 そうです。私が「二流」と言うのは、「民度」が低い――ってことなんですがね。

AKI 「民度」? それって、具体的には?

哲雄 その地域に住む住民の、教育水準・知的水準・マナーの程度・文化レベル……などを、総合的に評価する言い方です。基本的に、私は、こう思っているんですよ。

 「民度」が低い国民ほど、
 「国家」を誇示したがる。


AKI そうなんですか? どうしてだろ?

哲雄 自信がないから――じゃないですか? 自分に自信がないから、何かに依拠して自分の価値を高く見せようとするわけです。前回もお話した「錦の御旗」ですね。その「錦の御旗」として利用されるのが、「国家」です。つまり、こうも言えるわけですね。

 「愛国心」という旗を立てたがる人たちは、
 自分に「自信」が持てない、「民度」の低い人たちである。


やたら国旗を振り回したりして、「愛国心」をアピールしたがるのは、独裁国家の国民であったり、比較的歴史の浅い新興国の国民だったりするケースが多いでしょう?

AKI そう言えば、そうですね。だから、あれなんですね? 彼らと同じ行動をとる日本人がいると、日本人として「恥ずかしい」と思ってしまうんですね?

哲雄 そうかもしれません。でも、日本人であることを「誇らしい」とも思うんですよ。キミにも、そういう瞬間があるでしょう?

AKI ハイ、ありますよ。キャリー・パミュパミュがヨーロッパの人たちに受け入れられたりすると、「やったね」と思っちゃうし……。

哲雄 なんだ、そっちかい?

AKI 哲ジイは、どうなんです? どんなときに、日本人であることを「誇らしい」と思うんですか?

哲雄 そりゃ、ま、葛飾北斎に感嘆してくれたり、きものの素晴らしさを認めてくれたり、「寿司」を「うまい!」と思ってくれたりしたら、「日本人でよかった」と、少しはうれしくなりますよ。でもね、そういうことは、小さい、小さい。

AKI もっと大きいものに「誇り」を感じてらっしゃるんですね? それは、何……?

哲雄 いつでも、どこでも、私たち日本人について回る「性質」です。

 たとえば、道を歩いていて、だれかが荷物を落としてしまったとします。
 そんなとき、私たち日本人は、「あ、落としましたよ」とその荷物を拾ってあげる。
 場合によっては、その人を追いかけ、
 「これ、落としませんでしたか?」と、声をかけたりします。


そういうことが、ごく自然にできる。そういうことを、別に誇ったりするでもなく、サラッ……とできてしまう。そういう姿を見るたびに、私は、「ああ、日本人でよかったなぁ……」と思うわけです。

AKI 「道徳心」ですか?

哲雄 違いますね。「道徳」のように、上からムリにしつけられて身に着けたものではない、もっと生まれつきのものです。

AKI じゃ、DNA?

哲雄 でもないだろう――と思います。おそらく、長い間、この風土で暮らすうちに身に着いていった、「気質」だろうと思います。

AKI そういう風土を、哲ジイは愛してるんですね?

哲雄 風土だけではなく、その風土が産み出した「生き方」「暮らし方」とか、そんな中ででき上がっていった「気質」とか、そういうものの全体を愛してるんですねェ、とても深く。でもね、AKIクン、それは「国を愛する」ということではない。

AKI エッ、「愛国心」じゃないんだ……?

哲雄 ハイ、「愛国心」というのは、支配層の手によって作られた「国家の仕組み」とか、諸外国に対して示される「国力」を自負し、愛する精神のありようだと思うのですが、私が愛しているのは、そんなものじゃない。むしろ、嫌いです。特に、明治以降、薩長によって作られた「日本国」の仕組みも精神も、少しも好きではありません。

AKI 愛しているのが「日本国」ではないとしたら、哲ジイが愛しているのは、何だろう?

哲雄 郷土としての「日本」です。私は、それを、「愛国心」と区別して、「愛郷心」と呼んでいます。

AKI 「旗」じゃないんですね。

哲雄 ハイ、「旗」じゃありません。「旗」は単なる「記号」です。そして、この「旗」は、ときに、私の愛する郷土を血に染めたりします。

AKI そうかぁ……。「旗」は、ときにその郷土に住む人たちに「死ね!」と命じたりしますものね。

哲雄 前回、私は言いましたよね。「国家」なんていうものには、実体がない。だれかが創り出した「共同幻想」によって、「国家」だと意識されているにすぎない「幻想」である――と。

AKI ハイ、確かにお聞きしました。

哲雄 でもね、AKIクン、その「共同幻想」は、グローバル化が進むとともに、「国」を「国」としてまとめる力としては、弱くなっています。

AKI では、いったい何が、私たちの社会をまとめていく力になるんでしょう?

哲雄 何でしょうね? 次回からは、そんな話をしてみましょうか?



   筆者の最新小説、キンドル(アマゾン)からリリースしました!   

 一生に一度も結婚できない「生涯未婚」の率が、男性で30%に達するであろう――と予測されている「格差社会」。その片隅で「貧困」と闘う2人の男と1人の女が出会い、シェアハウスでの共同生活を始めます。新しい仲間も加わって、築き上げていく、新しい家族の形。ハートウォーミングな愛の物語です。
 「Kindle」は、「Amazon.com」が世界中で展開している電子本の出版・販売システム。「Kindle専用端末」があればベストですが、なくても、専用のビューアーをダウンロード(無料)すれば、スマホでも、タブレットでも、PCでも読むことができます。
 よろしければ、下記タイトルまたは写真をクリックして、ダウンロードしてください。

2015年3月発売 定価:342円 発行/虹BOOKS
妻は、おふたり様にひとりずつ (小説)



   既刊本もどうぞよろしく    タイトルまたは写真をクリックしてください。

【左】『聖少女~六年二組の神隠し(マリアたちへ-2)』
2015年7月発売 定価/122円
教師のビンタが支配する教室から、突如、姿を消した美少女。卒業から40年経って、ボクはその真実を知ります。

【右】『チャボのラブレター(マリアたちへ-1)』
2014年10月発売 定価122円
中学校の美しい養護教諭と生徒だった「ボク」の、淡い恋の物語です。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR