「愛」も、「宅配」する時代…?

看護師4  AKIの「愛の手」宅配日誌

 カルテ1  「愛」も「宅配」する時代です!
            顧客データ――今回は、入門編です。  

何でも「宅配」してくれる時代です。
女の子が提供するサービスも、いまや、
「宅配」が主流。その種類を分類してみます。


 R18  性的表現が中心の官能読み物です。18歳未満の方は、ご退出ください。
【SEOリンク・キーワード】 エロ 官能小説 モテ  不倫


 みなさん、こんばんは。
 出張エステティシャンのAKIです。
 当ブログでは、もう350回も続いているメイン記事「不純愛トーク」で、管理人・長住哲雄ジイのトーク・パートナーを務めさせていただいております。
 あ、ちょっとばかしですけど、小説なんかも書かせていただいちゃったりなんかしてるんですよ。
 天使の手袋』というタイトルで、姉妹サイト『「おとなの恋愛小説」倶楽部』に掲載中。「読んでやるか」というお心のある方は、こちら からどうぞ。

 さて、このシリーズは、わたしの本業である「出張マッサージ」の世界の話をしてみようかと思います。
 業界で見聞きする裏話、この業界に身を置く女の子たちのさまざまな事情、そして、そういう宅配サービスを受ける男たちの、同情したくなったり、怒りたくなったり、笑いたくなったりするような事情。
 そういう話を、ノンフィクション風読み物としてお届けしようと思うのですが、この業界のことをよくご存じでない方もいらっしゃるかと思いますので、まず初めに、この業界の全体図を、予備知識としてお話しておこうかと思います。

女の子アイコン1
「買い物に出かける」から「届けてもらう」へ、時代は変わる

 「宅配」というのは、店舗まで出向かなくても、さまざまな商品やサービスが自宅で受け取れる業態のことを言います。
 そばやうどんの「出前」は、江戸時代から存在しましたし、魚や豆腐や野菜だって、「行商」で売り歩く商人を呼び止めて買うというのが、むしろ当たり前でした。
 エラそうに店舗を構えて、「欲しけりゃ買いに来い」という物売りのスタイルが登場するのは、1900年代に入ってデパートメントストアが日本に登場して以降。さらに、戦後1950年代以降に、あちこちにスーパーマーケットができるようになって、一気に、買い物は客のほうから出かけて買いに行く――が、主流になったのだそうです。
 ここまでは、当ブログの管理人・長住のジイさまの受け売りです。
 でも、時代は、変わりました。
 店舗まで出かけなくても商品が手に入る「宅配」というスタイルが、再び、流通業界の主流になりつつあるように、わたしには思えるんです。

 「宅配」にはいろんな形があると思うんだけど、まず目につくのが「通販」。衣料品や化粧品も、文房具も、家電製品も、家にいながらにして注文すれば、1日か2日で、商品が届きます。ただ、届いた商品が自分の望んだとおりの商品ではないとか、返品の手続きがややこしいとか、いろいろ問題があるので、わたしはあまり利用しないんですけどね。
 でも、便利だなぁ――と思うのもあるんですよ。
 たとえば、「大地を守る会」とか「ヨシケイ」とか「コープデリ」とかがやってる「食材の宅配サービス」。ふだんの料理に使う食材を届けてくれるんです。近頃は、コンビニやスーパーも、この「宅配サービス」を始めてますよね。
 「買い物難民」なんて言葉を耳にしたことがある人もいらっしゃるかと思いますが、高齢化の進んだ社会や過疎地域では、これって、かなり便利なシステムです。わたしも、おばあちゃんになって、足腰が不自由になったりしたら、利用してみようかなって思ってるんです。
 いま、わたしがいちばん利用してるのは、「食事の宅配」ですね。昔からあった寿司やおそばの「出前」もそうだけど、近頃は、ピザとか、弁当とかもよく利用します。こっちは、「出前」とは言わずに「デリバリー」って呼んでるみたいだけど、ま、似たようなものです。

女の子アイコン1
「女の子」を「宅配」するサービスは、ピンキリです!

 「宅配」してくれるのは、商品ばかりじゃないんですよ。
 最近は、単身者のために、料理を作りに来てくれたり、掃除をしに来てくれたりする「宅配サービス」も人気なんですって。つまり、「宅配メイド」っていうか、「お手伝いさん」の宅配バージョンですね。
 ここまで来ると、もうみなさん、察しがつきますよね?
 そうです。「宅配」の中には、「女の子」を宅配するサービスもあるんです。
 しかし、そのサービスには、わたしが言うのも何なのですが、ピンからキリまであるんですね。
 個人のお宅に女の子が訪問して、サービスを提供する「宅配」には、大きく分けると3つのタイプがあります。
 ひとつは、わたしたちが 《ピンク》 と呼んでいるサービス。
 もうひとつは、《ヘルス》 と言われるサービス。
 最後に、《マッサージ系》 です。
 念のために、ひとつずつ解説しておきましょうね。

女の子アイコン1ピンク系
ただ、やらせるだけの「売り専門」サービス

 最近はあまり見なくなりましたが、電話ボックスや個人宅のポストに、俗に「ピンク・チラシ」と呼ばれるチラシを投げ込んでいた業者です。
 チラシには、水着姿や下着姿の女の子の写真などがちりばめられ、「現役女子大生多数在籍」とか「現役モデルが悩殺サービス」といった、扇情的なコピーが書き込まれています。もちろん、その写真は、雑誌などからのパクリ。コピーの内容もまったくのデタラメです。
 近頃では、このチラシの代わりに、ネットを使って集客する――というのが主流になっているようですが、わたしが見る限り、「ピンク系」と思われる業者のネットでは、女の子たちが堂々と「顔出し」しているものもあります。しかも、それがみんな、「こんな子、いないでしょ?」と思うほどかわいかったりする。でもね、よく見ると、その顔がみんな、どこか似ている。
 見る人が見れば、「あ、合成ね」とピンと来ると思うのですが、初心者はこれに騙されてしまうんですね。「ひょっとしたら……」なんて甘い期待を抱く人もいるかもしれませんが、実際にやって来るのは、写真とは似ても似つかない「超」の字がつくほどのド・ブス。
 「写真の子と違うじゃないか!」とキャンセルしようとすると、「キャンセル料」を請求する――という手口です。
 こういうショーバイをやるのは、たいていは、「韓国系」のピンク店だったりします。
 それに、《ピンク系》の店からやって来る女の子というのは、基本的に、男性を気持ちよくする技術などを身に着けておらず、マナーなども習得していませんから、呼んでも不快な思いしかしないかもしれません。
 どうか、そんな店には騙されないでね!
 わたしには、そうとしか言えません。

女の子アイコン1ヘルス系
いわゆる「デリヘル」。サービスの限度は、あいまいです

 「女の子を部屋に呼ぶ」と言うと、ふつうは、この「デリヘル」を想像する人が多いでしょうね。
 昔は、「ホテトル」と呼ばれたりもした業者です。
 「デリヘル」とは、「デリバリー・ヘルス」の略。一応、「ヘルス」を名乗っていますから、男性を気持ちよくする技術は、一応は、身に着けている――と考えていいかと思います。と言っても、その技術は、いわゆる「ヌキ」に関する技術です。わかりやすく言うと、「手でイカせるための技術」ですね。
 表向き、この業界は、客とSEXまではしないことを建前にしています。そうしないと、「売防法」に触れてしまうからです。しかし、個室内で客と女性が個人的に交渉して本番に及んだとしても、そこまでは、店としては関知しない。そういう姿勢を取り続けています。
 もちろん、女の子としては、そのルールを盾に、意に沿わない客との本番行為を拒むこともできるわけです。
 ちょっと、あいまいなシステムですよね。「ピンク」は「やってナンボ」の世界ですが、「ヘルス」は、「建前ではやらないけど、個人的には、やる場合もあるわよ」という世界。あいまいなので、客と女性の間で、「最後までサービスしろ」「それはできない」というトラブルが発生することも、なくはありません。
 気の弱いわたしには、とても務まらないわ――というのがホンネです。

女の子アイコン1マッサージ系
あくまでマッサージで「癒す」が目的のサービス

 最後に、わたしがやっている「出張エステ」という世界ですが、これは、大きく言うと、「出張マッサージ」という業界に含まれるサービスです。
 実は、この「マッサージ宅配」という業態も、歴史が古いんですよ。
 「あん摩」や「鍼灸」「指圧」などは、昔から、家に来てもらって施術を受けるということが、ふつうに行われていました。こういうマッサージを治療行為として行うためには、現代では、「あん摩マッサージ指圧師国家試験」に合格して、資格を取得することが必要――とされてまいす。「治療院」などの看板を掲げて営業するにも、もちろん、資格が必要になります。
 でもね、この試験、そんなに簡単じゃないんですよ。学校にも3年ぐらい通わなくちゃならない。わたしもいつか――とは思ってるんだけど、そのためには、学校に通うお金とか必要でしょ? ま、いまは、出張の仕事でガンバって、お金を貯めようと思ってるわけです。
 ま、わたしごとはさておいて、「出張マッサージ」という業界の話ですが、この業界は、大きく分けると、「治療系」と「癒し系」に分けることができると思います。

 「治療系」というのは、ほんとに肩が凝ってるとか腰が張ってるとかの理由で、「指圧」とか「あん摩」とかのマッサージを呼ぶ人たちに、本格的な技術を持ったマッサージ師が自宅訪問して施術するもの。訪問するのは、たいていは、ベテランの技術者で、「若い女の子を」と望んでも、「うちはそういう店ではありませんから」と断られる場合が多いだろうと思います。

 「癒し系」というのは、マッサージによって凝りや張りをほぐすことよりも、むしろ、マッサージしてもらうことによって、精神をリラックスさせたい――という人たちが利用するサービスです。
 お客さんが望むのは、指圧などの「ウッ、効くゥ~!」というマッサージではなく、どちらかと言うと、「気持ちいい~!」と感じるソフトなマッサージです。
 いろんな方法があるのですが、よくあるのは、「オイル・マッサージ」や「パウダー・マッサージ」、オイルに「エッセンシャル・オイル」を使う「アロマ・マッサージ」、ハワイ式の「ロミロミ」、「タイ式」などでしょうか。
 こういうマッサージには、国家資格はありません。各種団体が認定する民間資格はあるのですが、資格がなくても仕事はできますから、比較的、若い女の子が多く活躍している職場と言ってもいいかと思います。

 さて、この《癒し系・出張マッサージ》ですが、若い女の子が部屋にやって来て、オイルなどを使って全身をツルツル、スベスベとやってくれるわけですから、当然、お客さんとしては、「エッチな気分」になる人も出てきますよね。中には、施術してくれるエステティシャンの体に触りたい――と思う人も、いるはずです。
 さて、そういうニーズに、どう答えるか?
 その対応は、実は、店によって大きく3クラスほどに分かれていて、それぞれに厳密に《ガイドライン》を設けたりしています。
 このルールを無視して、強引な行為に及んだりすると、以後、「ブラックリスト」に載せられて、二度とサービスを受けられなくなるばかりか、場合によっては、スタッフがやって来て、サービスを途中で中断してしまうこともあります。
 少しでも、おたがいにいい気分でリラックス・タイムを過ごしたいというのであれば、このルールはあらかじめ確認しておくことをおすすめします。
 わたしが、見聞きしている限りのルールをまとめておきますので、参考にしてくださいね。

女の子アイコン1
出張マッサージのお客さまルール

エッチサービスNG……エッチなサービスを求めることも、施術者の体に触れたりすることもNG。純粋な「治療院系」マッサージや、「サロン系」マッサージでは、たいてい、こういうルールを採用しています。

性感サービスあり。おさわりNG……男性自身に触れて、ハンドテクニックでフィニッシュまで導くサービスあり。ただし、女の子の体に触れたり、脱ぐように求めたりする行為はNG。「出張アロマ」などの店は、たいてい、そんなルールになっています。ちなみに、わたしが所属しているサロンも、こういうルールになっています。

性感サービスあり。おさわりもOK……男性自身へのマッサージ(俗に言う「手コキ」)でフィニッシュにまで導くばかりでなく、女の子の体へのタッチもOK。マッサージ店ではあっても、フーゾク色の強い店は、こういうルールになっているところが多いようです。

性感サービスあり。オプションあり……上記2タイプと共通の性感サービスに加えて、「目隠し」「オールヌード」「バイブ責め」……などのオプションあり。ここまで来ると、マッサージとは名ばかりの「デリヘル」と言っていいでしょう。

 ちなみに、どのタイプの店も共通しているのは、「本番はNG」。
 女の子たちは施術服を着て、オイルなどの道具をキャリーバッグに詰め、あなたの部屋のドアをピンポンします。
 初回は、まず男性スタッフが部屋を訪ねて来て、誓約書にサインしてもらう場合も多いようです。
 この段階で、女の子を訪問させても大丈夫かどうか――を、判断したりするんですね。

 こういう「宅配」を利用する場合には、一応、玄関周りとかは、整頓しておいたほうがいいようですよ。
 というわけで、今回は、予備知識をまとめておきました。
 次回からは、わたしが見聞きした体験談をお届けすることにしましょう。

 PR  こちらも宅配! 女の子のエッチの必需品を「魔女の宅急便」がお届けします。
       
⇒左から、「マリンビーンズ」、「マリンワラビー」、「Wローター攻め」、「フェアリー・ミニ」、「はじめてセット」。
他にもいろいろ。探したい人は ⇒こちらから どうぞ。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。現在、既刊2冊を販売中です!
Kidle専用端末の他、専用Viewerをダウンロード(無料)すれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。

シリーズ「マリアたちへ」Vol.2
『「聖少女」六年二組の神隠し』
2015年12月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
「聖少女」六年二組の神隠し マリアたちへ


シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この小説のテーマ・構成に一票!(FC2 恋愛)
→この小説の描写・官能度に一票!(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この小説の面白さに一票!(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR