「神」を殺し、「仏」を殺した、明治の薩長人

キング牧師の演説 若者たちへ。24の手紙    
「いま」を生きる若者たちへ、愛と連帯を込めて。

「日本の伝統」を声高に主張する人たちがいます。
現自民党政権はもちろん、最近は、若い人たちにも。
しかし、彼らが主張する「伝統」は、明治になって作られた伝統。
そのために破壊された日本人古来の伝統は、どこへ……?


【SEOリンク・キーワード】 恋愛 恋愛小説 コミュニケーション エロ



 若い人たちの間で、最近、「日本の伝統」とか「和の伝統」という言葉が、よく使われます。
 民族の由来・由縁を知ろう、尊重しようという態度は、けっしてわるいことではない――と、筆者も思います。
 しかし、間違えてはいけません。
 だから、「世界から尊敬される道義国家の建設を」とか、だから、「靖国神社に参拝するのだ」などと言い出す人間がいるとしたら、そういう人たちは、伝統を尊敬しているのではなく、破壊しているのです。
 彼らが口にする「伝統」は、明治という時代を作った薩摩や長州の人間たちが、西欧のマネをしてでっち上げた「伝統」にすぎないからです。

  「明治」という時代に、日本本来の伝統は、どうやって破壊されたのか?

 私たちは、まず、そのことを知っておくべきだろう――と、私は思います。

八百万の神々の国=日本

 森総理は、日本を「神の国」と発言して物議を醸しましたが、おそらく、大部分の日本人は、ご存じないだろうと思います。
 その「神」を殺しまくったのは、明治の薩長政府であった――ということをです。

 元々、日本という国には、さまざまな神々が棲んでいました。
 山や海や川、そこに育つ樹木などという自然物を、「神」として崇める信仰=アニミズムもありました。
 村々では、それぞれの氏族の祖霊である「氏神」が祭られてその氏族を鎮守し、やがてはそれが統合された「産土神」が祭られるようになりました。
 もちろん、歴代の天皇を祭る神社もありましたが、「出雲大社」のように、その天皇一族に滅ぼされた豪族を祭る神社もあり、また、各地にある「天満宮」のように、政敵によって都から追われた人物を祭る神社もありました。
 いたるところにさまざまな「神」が棲む、「八百万の神々」の国。それが、壊される前の日本という国でした。
 そんな日本を明治の政府は、ぶっ壊していきました。
 ただひとつの神が支配する国へ――と、作り変えようとしたのです。
 「ただひとつの神」とは、「天皇」ということです。
 どうやって?

「神仏分離令」が目指した「仏殺し」

 維新政府がまず手をつけたのは、神を仏から分離することでした。いわゆる「神仏分離令」ですが、そんな名前の法令があるわけではなく、これは慶応4年(明治元年=1868年)に発令された「別当・社僧の復飾(還俗)令」を初めとする12の法令の総称です。
 「日本の伝統」と言うなら、神と仏を融合させ(神仏習合)、「本地垂迹説」という哲学を生み出し、「明神」「権現」「八幡大菩薩」などの混合アイテムを編み出した日本人の知恵こそ、「伝統」だと思うのですが、融合したままでは都合のわるい事情が、維新政府にはありました。
 薩長を中心にした維新政府が目指したのは、「祭政一致」を基本とし、「闘争的」な意識を植え付けられた国民によって支えられる、強い国家です。政治や人間同士の争いごとを「世俗の事」として相対化し、個人の魂を救うことに主眼を置く仏教は、邪魔な存在でした。
 といって滅ぼしてしまうわけにもいきません。そんなことをすれば、国民感情の反発を招くことは必至だったので、とりあえず、仏を神から切り離そうとしたわけです。
 当時の神社の多くは、「鎮守社」でした。「鎮守社」というのは、お寺を守るために設立された神社のこと。つまり、神に仏を守らせていたわけです。逆もありました。神社を守るために建立されたお寺は「神宮寺」と呼ばれていました。
 お寺の境内に神社があり、神社の境内にお寺がある――というのは、奈良・平安以降、ふつうに見られた光景で、それこそが日本の伝統的スタイルだったのですが、それを、新政府はぶっ壊しにかかったのです。
 まず、「鎮守社」であった神社から、仏教色を一掃しようとしたのですが、その動きは、民間に「廃仏毀釈」の運動を引き起こして、多くの寺院で、経巻が焼き払われたり、仏像が打ち壊されたりしました。
 「仏殺し」とも言われたこの動きを、政府は放置したままだったので、その運動は各地に広がっていきました。

殺された神々~「神社合祀令」の目指したもの

 仏教の次には、「神社」です。
 明治4年には、境内以外の寺院や神社の土地(境内を除く)を国家に収納させ、神職の世襲を禁止して、すべての神社は国家の宗祀であると宣言します。神社や寺院を監督下に置いていたのは、慶応4年(明治元年)に再興された「神祇省」でした。
 新政府の課題は、できたばかりの新しい国家について、国民を教化していくことでした。
 神祇省は、翌5年に教部省に改編され、政府は、神官・僧侶を教導職に任命して、宣教活動に当たらせます。何を宣教させたかと言うと、「天皇を戴いて朝廷の言いつけを守り、敬神愛国の精神を身に着けなさい」ということです。
 しかし、この神仏合同の布教活動は、僧侶からも神官からも反発を受けたため、明治8年には「合同布教」を廃止、同17年には、教導職そのものが廃止されて、以後、国民の教化は、学校教育の中に組み込まれていきます。

 もうひとつ、明治政府が手がけたのは、「神社の整理統合」でした。
 明治初年当時、全国の神社数は、「自然村」の数に見合った18万社ほどで、その数は、明治40年までには19万社を超えていました。
 当時の神社は、伊勢神宮を頂点とする少数の官幣社・国幣社を除くと、多くは、「自然村」をベースに、郷ごとに「氏神」を祭っている「郷社」「村社」などでした。
 「氏神」は、その地域の地縁社会を鎮守する神として、共同体の構成員によって祭祇されていました。たいてい、その神社を中心に「鎮守の森」が形成され、そうした森は、その郷村のランドマークになると同時に、その地域を構成する住民たちの精神的結合のシンボルとしても機能していました。
 しかし、明治政府は、この「自然村」を行政区分として整備した「行政村」に置き換える政策をとりました。「行政村」は「自然村」よりも大きな区分で、複数の村や町が統合されてひとつの行政区分となる場合もあります。
 それにともなって、明治政府は、神社も整理統合しようとしました。明治39年に発布された「神社合祀令」がそれ。神社は「一町一社にせよ」というわけです。
 これによって、以後14年ほどの間に、全国の神社数は11万社余に減ってしまいました。一気に7万社ほどの神社が消されてしまったわけです。
 「鎮守の森」が切り倒されて材木となり、ご神木とされた樹木も、社も、焼き払われたり……ということが、あちこちの神社で起こりました。
 ただ、数が減っただけではありません。神社の合祀を進めるにあたって、政府は、その祭神を「記紀神話の神々」にするように――という政策を進めます。
 「記紀神話の神々」とは、すなわち「歴代の天皇」ということです。
 こうして、全国の神社(教派神道を除く)は、国家管理のもと、天皇を祭る組織へと組み替えられていくのですが、これに異を唱えた人たちもいました。
 その代表が、南方熊楠でした。

「神社合祀」は「神狩り」。博学者・南方熊楠の主張

 南方熊楠というのは、粘菌を発見したことなどで知られる、稀代の博物学者です。
 南方は、こうした明治政府のやり方を「神狩り」として批判しました。
 特に、南方の居住地が、「神社合祀」がもっとも徹底的に行われた三重・和歌山県境であったこともあって、その訴えは強固で、不屈でした。一時は投獄もされながら、南方熊楠が訴え続けたのは、以下のようなことでした。

  神社は、長い間、その土地に住む人間の和合を促し、人情を養い、文化と自然を守ってきた。合祀によってその拠り所を奪うことは、人々から「愛郷」の精神を奪うことであり、「愛郷」の精神なくては、「愛国心」もまた、育たないであろう。

 南方の執拗な訴えによって、14年後、「神社合祀令」は廃止となるのですが、そのときにはすでに、7万社に及ぶ神社が姿を消し、鎮守の神々は殺されていたのでした。

 古くから、日本の家郷社会を支えてきた「氏神」たちを滅ぼしながら、明治政府が打ち立てようとしたものは、何だったのでしょう?
 それは、一神教的な天皇崇拝の社会だったのではないか――と、私は思います。
 「伝統」でも何でもない、西洋の真似事。「国家神道」が目指したのは、そんな「絶対価値」によって国を支配しようとする、「絶対主義体制」でした。
 その「国家神道」は、20世紀に入って、さらなる誤謬を重ねるのですが、それについては、次回、詳しくお話したいと思います。



安倍政権の「戦前復帰」の動きに反対の声を挙げている市民団体
  「安保法案」をはじめととする安倍政権の危険な動きに、「反対」の声を挙げている団体です。みなさんの熱心な活動に敬意を表して――。

 ●戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会

 ●SEALDs~自由と民主主義のための学生緊急行動

 ●戦争をさせない1000人委員会

 ●安全保障関連法案に反対する学者の会

 ●安保関連法案に反対するママの会



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。現在、既刊2冊を販売中です!
Kidle専用端末の他、専用Viewerをダウンロード(無料)すれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。

シリーズ「マリアたちへ」Vol.2
『「聖少女」六年二組の神隠し』
2015年12月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
「聖少女」六年二組の神隠し マリアたちへ


シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事の主張はナルホドと思う(FC2 恋愛)
→この記事には共感できた(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このカテゴリーの記事一覧に戻る      トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR