荒野のバラと谷間のユリ〈13〉 野良ネコのララバイ

バラの花束「野良ネコ」と敦子に評された女は、
その瞬間、飼い主の唇を受け入れた。


隣室で稲田敦子が眠る中、ボクと栞菜は、
たがいの指を絡め合った。「飼いネコになりなよ」
と言うと、栞菜は頭をボクの手にすりつけてきた。
唇と唇が、まるで磁石のように吸い寄せられて……。



 連載小説/荒野のバラと谷間のユリ ――― 第13章 
【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説


この話は連載13回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大学を卒業して、できたばかりの出版社「済美社」に入社したボク(松原英雄)は、配属された女性雑誌『レディ友』の編集部で、同じく新卒の2人の女子編集部員、雨宮栞菜、戸村由美と出会う。感性の勝った栞菜と、理性の勝った由美は、何事につけ比較される2人だった。机を並べて仕事する由美は、気軽に昼メシを食べに行ける女だったが、栞菜は声をかけにくい相手だった。その栞菜を連れ回していたのは、年上のデスク・小野田宏だった。栞菜には、いつも行動を共にしている女がいた。右も左もわからずこの世界に飛びこんだ栞菜に、一から仕事を教え込んだ稲田敦子。そのふたりに、あるとき、「ヒマ?」と声をかけられた。ついていくと、そこは新宿の「鈴屋」。「これ、私たちから引っ越し祝い」と渡されたのは、黄色いホーローのケトルとマグカップだった。その黄色は、ボクの部屋に夢の形を作り出す。そんなある夜、小野田に飲みに誘われた栞菜が、「松原クンも行かない?」と声をかけてきた。元ヒッピーだと言うママが経営するスナックで、ボクは小野田が、かつては辺境を漂白するバガボンドだったことを知らされる。その帰り、バガボンド小野田は、「一杯飲ませろ」と、ボクの部屋にやって来た。小野田は、黄色いマグカップでバーボンを飲みながら、自分の過去を語った。漂流時代にアマゾンを探検中、後輩を水難事故で死なせてしまったというのだった。やがて、年末闘争の季節がやって来た。組合の委員長・小野田は、「スト」を主張。書記のボクと副委員長の相川は、それをセーブにかかった。しかし、会社の回答は、ボクたちの予想をはるかに下回った。その回答を拒否することが決まった翌日、栞菜は部長たちと夜の銀座へ出かけ、由美はボクを夜食に誘って、「ストはやらないんでしょ?」とささやいた。女たちは、ほんとは、「スト」なんか望んではいないのだ。そんな中で開かれた第二次団交は、何とか妥結にいたり、栞菜の発案で、彼女と由美、ボクと河合の若者4人組で、祝杯を挙げることになった。その夜、珍しく酔った栞菜の体がボクの肩の上に落ちた。飲み会がお開きになると、稲田敦子と栞菜はタクシーを拾い、ボクを送っていくと言う。しかし、クルマが落合にさしかかると、稲田が「ちょっと見て行こうか?」と言い出した。自分たちの贈った黄色のケトルとマグカップが、どんなふうに部屋に収まっているか、見てみたいと言うのだった。しかし、ボクが淹れたコーヒーを飲むと、稲田は「眠くなった」と奥の部屋で横になった――




 寝転がったネコがそうするように、栞菜はまっすぐに伸ばした手でボクの手の甲を捕えると、それを招き寄せるようなしぐさを見せた。
 「ねェ、ねェ」と言いながら、折り曲げた手の指がボクの皮膚をつまむ。
 「私のこと、何か話した、稲田さん?」
 「野良猫だって」
 「私が……?」
 「ウン。困ったもんだっていう調子でね、そう言ってた」
 「それだけ?」
 もうひとつ、ある。
 稲田敦子は、栞菜には「ホレてる男がいる」という話をした。しかし、それは隠しておくことにした。そこは飛ばして、敦子がボクに訊いたことだけを伝えた。
 「飼う気があるか――って訊かれた」
 ほんとは、「待てるか?」と訊かれたのだったが、それを言うと、「何を?」と問い返されるので、ちょっとだけリライトした。
 「フーン……それで? 何て答えたの?」
 「答えは、スルーした」
 「スル―した? 回答を拒否したの?」
 「それを答えるのは、稲田さんにじゃない――と思ったから。嫌いなんだよね」
 「エッ、稲田さんが?」
 「違うよ。だれかに対する自分の気持ちを、他の人間にしゃべっちまうというのがさ。そんなことしたら、どう脚色されて伝わるかわからないでしょ。だいいち、みっともないし……」
 「じゃ……聞かない」
 言いながら、栞菜は、ボクの手に重ねた手を引っ込めた。引っ込められた手は、再び、マグカップに添えられた。
 その手は、二度と伸ばされることがないかもしれない。
 不意に、そんな思いに捕らわれた。頭の奥で、カランカラン……と鐘の鳴る音がした。よく練り上げてもない言葉が、突然、ボクの口を突いて出た。
 「飼いネコになりなよ」
 栞菜の目が、「エッ!?」というふうに見開かれた。
 マグカップを包み込んでいた手が、緩やかに開かれ、人差し指がピンと伸ばされた。
 ボクは、その指に向かって、今度は、自分の手を伸ばした。

        

 ボクの手が指に触れると、栞菜は、長くほっそりとした指を花弁が開くように開いた。その指の一本一本が、ボクの指の一本一本を探し求めてくる。絡め合う指を探り当てると、その指がゆっくり閉じられた。
 「飼い主になってくれるの?」
 栞菜は、握り合った手を口元まで持ち上げ、ボクの手の甲にあごを載せるようにして訊いた。大きく見開いた2つの目が、飼い主の正体を見きわめてやろうというふうに、キラキラと輝いていた。
 その光に誘われて、ボクは「ウン」と首をタテに動かした。
 栞菜の目のややココアがかった瞳に、柔和な光が宿った。その目でボクを見つめたまま、栞菜は握り合った手を持ち上げ、そこに自分の頬をこすりつけた。
 まるで、ネコだ。
 しかし、そのしぐさに、ボクはやられた。
 それまで、踏み出してはいけないと思っていた一歩を、ボクは踏み越えた。
 栞菜に絡め取られていた手を、そっと彼女の頭に回した。
 手のひらに、シャギーのかかった彼女の柔らかい髪が触れた。
 その髪をクシャクシャッと撫でると、栞菜はボクの手に自分の頭皮をスリスリと押しつけてきた。
 彼女の頭頂を包んだ手に、ボクは、ほんの少し力を加えた。
 彼女の頭は、ボクの手に誘われるまま、スーッとボクの頭に近づいてくる。
 ボクの鼻腔に飛び込んできたのは、彼女の首筋から立ち上るせっけんの香りだった。
 おたがいの息がかかる距離まで近づくと、栞菜は、大きく見開いていた目をゆっくり閉じた。
 一瞬、頭の片隅に、河合金治の顔が浮かび、小野田宏の顔が浮かんだ。
 申し訳ないが、オレは、雨宮栞菜の唇を奪います。
 胸の中で念じて、ボクはゆっくり、唇を栞菜の唇に近づけた。
 近づく唇の温度を感じると、栞菜は上唇をほんの少しめくれさせ、小さく息を吐きながら、ボクの唇を受け入れた。
 栞菜の胸の奥から、フルーツのような、甘いアルコールの香りが吐き出された。
 それから、ふたりは、唇を離した。
 いま、接触したのは、確かにふたりの唇なのか?
 それを確かめるように、おたがいの顔を見つめ合い、そして再び、顔を近づけた。
 ふたりの唇が望むこと。それは、唇と唇が触れ合う面積を少しでも広げること、そして、口と口が少しでも多く唾液を交換できることだった。ボクと栞菜は、触れ合った口と口を大きく開き、おたがいの舌で相手の口の中を味わった。
 相手の唇の裏をくすぐり、口蓋をノックし、舌を吸い合った。
 いつまでやっても飽きることのない、口と口の愛戯。
 襖の向こうの稲田敦子が、いつまでも眠りから覚めることがないように――と願いながら、その愛戯は続いた。

        

 ボクにとってそれは、願いながらも叶えられるときは来ないだろう――と思っていた瞬間だった。
 ほんとうは、そのまま、栞菜の服を脱がせてしまいたかった。
 しかし、ボクが彼女の服のボタンに手をかけると、栞菜は懇願するようにボクの目を見て、首を振った。
 「起きちゃうから……」と、目線を襖の向こうに投げた。
 稲田敦子はほんとうに寝ているのか、それとも、ふたりに気を遣って寝たフリをしているだけなのか?
 それは、ボクにはわからなかった。
 しばらくすると、襖の向こうで「コホン」と咳き込む声がした。
 その声を聞くと、栞菜はサッと顔を離す。しばらく待って、何の物音もしないと、再び、顔を近づける。
 そうすると、ややあって、また「コホン」と来る。やがて、「コホン」は「ゴホン、ゴホン」に変わる。
 「風邪ひいたかな……?」
 栞菜は、イスから立ち上がって、襖に手をかけた。
 「大丈夫? 寒い?」
 稲田敦子は、「ウーン」と言いながら、目をこすり、栞菜とボクの顔を交互に見た。
 「寝ちゃったね。いま、何時?」
 「2時だよ」
 「いけない。帰らなくちゃ……」
 どうやら、敦子は起き上がるつもりらしい。
 「朝まで寝ていってもいいんだけど……」
 ボクが言うと、敦子は「何を言ってるの?」という顔でボクを見た。
 「あなたたちだって、仕事あるでしょ、きょう?」
 さすがに、3人がゆっくり眠れるスペースも、夜具も、ボクの部屋には用意がなかった。
 「ホラ、あんたも帰るんだよ、カンナ」
 言われた栞菜が、「しょうがないわね」という顔でボクを見て、「その前にトイレ」と部屋を出た。その安アパートは、トイレが共同だった。
 栞菜がトイレに立っている間、稲田敦子は身支度を整えながら、ボクに意味ありげな視線を送って言った。
 「ちゃんと鈴着けた、ネコの首に?」
 「音だけ聞かせた」
 「ダメじゃん、それじゃ……」
 もしかしたら、敦子はちゃんと起きていて、ボクたちの様子を窺っていたのかもしれない――と、ボクは思った。
 ⇒続きを読む



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。現在、既刊2冊を販売中です!
Kidle専用端末の他、専用Viewerをダウンロード(無料)すれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。

シリーズ「マリアたちへ」Vol.2
『「聖少女」六年二組の神隠し』
2015年12月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
「聖少女」六年二組の神隠し マリアたちへ


シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この小説はテーマ・構成がいい(FC2 恋愛)
→この小説の描写・表現に感動する(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この小説はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR