男は、なぜ、終わるとすぐにTVを点けたがるのか?

手と手 

優秀なオスほど、陶酔状態から覚めるのが早い!
すぐにTVを点けるのは、カレが優秀である証明…?


 性とエッチの《雑学》file.14改訂版   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 オーガズム ドーパミン  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 射精を終えたばかりのベッドの中。
 身も世もないというふうに乱れまくった彼女は、うっとりとベッドに横たわり、快感の余韻に頬を染め、目を潤ませている。
 あなたは、ティッシュで体に残った精液のぬめりを拭き取ると、まとわりつく彼女の体をベッドに残して立ち上がり、タバコに火を点け(喫煙者の場合)、深々と煙を吸い込んで、TVのリモコンに手を伸ばす。その背中に、彼女の声――。

  お願い。TVつけないで。

 男性とのSEXで、女性が「これだけはやらないで」と挙げるポイントのひとつに、「終わったあと、すぐにTVをつける」というのがあることを、男性のみなさんはご存じでしょうか?
 そういうことをする男性に、女性はこんな感想を抱くのだそうです。

  あ、そう。やってしまったら、もう用はないってことなのね。私を愛してなんかいないんだわ。

 さて、これはどっちもどっちの問題です。
 女性は男性の生理を理解してないし、男性は女性の心理を配慮しないがためのスレ違いなんですね。
 File-10『男はなぜ、彼女に「イッた?」と尋ねるのか?』 でも説明しましたが、ここでもう一度、男女のオーガズムの構造的違いについて考えてみることにしましょう。

その瞬間、男は「バカ」になる…!?

オーガズム 右の図4は、男女のSEXにおける快感が、オーガズム前と後でどう変化するかを示したものです。
 男性の快感曲線は、オーガズム=射精に向かって急激に高まり、オーガズムで頂点に達すると、あとはガケを転がり落ちるように、一気に冷めていきます。
 それに対して女性は、ゆっくりと高まってオーガズムで頂点に達しますが、そのあともなかなか冷めずに、しばらく興奮状態が持続します。
 明らかに快感度という点で、女性のほうが得しているようにさえ見えます。
 実際、男性は、射精の瞬間こそ、頭の中が真っ白になるような強烈な恍惚状態を経験しますが、精液がペニスから放出されてしまうと、いきなり、一種の虚無感に襲われ、それから急激に現実に引き戻されていきます。中には、このプロセスで自己嫌悪感に襲われる人もいるくらいです。
 なぜ、そうなるのか?
 実はこれは、生存のためのオスとしての動物的本能でもあるのです。

 オーガズムの最中、人間の脳の中では、こんなことが起こっています。
 まず、A10(エイ・テン)神経と呼ばれる神経(精神系にだけ働く神経です)が活性化します。この神経は、脳内で神経伝達物質・ドーパミンの分泌を促します。
 ドーパミンは「脳内麻薬」とも呼ばれる、覚せい剤に似た成分を含むホルモンで、脳内に強烈な快感を生み出します。同時に、脳の中で人間の知的な活動をつかさどる、前頭葉と呼ばれる部分への血流が減少します。
 つまり、オーガズム中の人間の脳は、麻薬中毒のような状態になり、知的活動も低下して、判断能力をほとんど失ったような状態になっているわけです。よく「オナニーしすぎるとバカになる」と言われたりするのもそのためですし、性交中の婚約が無効とされるのも、ひとつには、正常な判断能力を失っていると考えられるからです。

優秀なオスほど、すぐ覚める

 さて、脳がいつまでもこんな状態になっていたら、どうなるでしょう?

  きわめて危険!!

 そうなんです。筆者にも、一度だけ、苦い経験があります。
 出会ったばかりの彼女と代々木公園を散歩していたのですが、その散歩の途中でテストステロン(男性ホルモン)が騒ぎ出してしまいました。腕を組んでいた彼女を抱き寄せると、その唇にディープなキス。ええ、長住でもそれくらいのことはします。
 夢中で彼女の唇を吸って、陶酔の境地をさまよい(ほんの2~3分だったと思います)、やっと彼女の体を離したときに、気がついたのです。

  あれ!? ない!

 そうです。愚かな長住は、なんと、肩から提げていたショルダーバッグをバッグごと盗まれていたのです。足音もなく忍び寄った何者かに。
 実は、その頃の代々木公園には、そうしてアベックのバッグなどを狙うスリ(その多くは外国人でした)が横行していました。
 彼らは知っていたのですね。イチャイチャに夢中になっているアベックの脳からは、周囲への警戒心が消えていることを。

 動物の世界では、もっと危険なことが起こります。
 オスがもっとも警戒心を緩めるその瞬間をネラって、他のオスがメスを奪うために攻撃をしかけてきたり、もっと危険な捕食動物が襲いかかってきたりします。
 一刻も早く、陶酔状態から醒めて、そうした危険に対処できる状態に戻らないと、命が危ない――というわけで、オスは、できるだけ早く交尾を終わらせ、敵の攻撃に備えようとします。
 脳の中では、射精が終わると、ただちに抑制系の神経が働きだしてドーパミンを抑制し、陶酔状態から醒めさせるわけです。

外界の危険に備えるための脳内ホルモン切り替え

 夢から覚めたオスは、まず周囲を見回して、敵がいないことを確かめようとします。
 射精を終えた男性が、キョロキョロとあたりを見回したり、すぐに灯りをつけたり、TVのスイッチをオンにしたり……という行動をとるのは、一刻も早く周囲の状況を把握しようとする本能的な行動なんですね。
 ちなみに、男を性衝動に導くホルモン=テストステロンは、「攻撃性のホルモン」でもあり、「ひとりになりたがるホルモン」でもあると言われていますが、これも、オスが外界の危険に対処するために作られたシステムと言っていいと思います。

 女性のみなさん。あなたを愛したカレが、終わったとたんにあなたの体から離れてどっかへ行っちゃうのも、すぐにTVを点けたり、タバコに火を点けたりするのも、それはすべて、カレが「優秀なオス」であることの証明。
 ひとつ、大目に見てやっていただければ……と思うわけであります。

 PR  あなたの夜にそっとお届け! 魔レディの宅急便。
       
⇒左から、「マリンビーンズ」、「マリンワラビー」、「Wローター攻め」、「フェアリー・ミニ」、「はじめてセット」。
他にもいろいろ。探したい人は ⇒こちらから どうぞ。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。現在、既刊2冊を販売中です!
Kidle専用端末の他、専用Viewerをダウンロード(無料)すれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。

シリーズ「マリアたちへ」Vol.2
『「聖少女」六年二組の神隠し』
2015年12月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
「聖少女」六年二組の神隠し マリアたちへ


シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース

作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございますm(__)m

長住先生

お忙しい中、とっても親切にお答えして下さってありがとうございますm(__)m

DNAに組み込まれた、精巧なプログラムが機能する事って、本当に大切なのですね。
心が動いたり、相手の匂いだったり、肌触りだったり・・・色々な要因が重なって、男性機能が発動するのは、非常に納得がいきました。

全てのリンク先の記事も読ませていただきました。m(__)m

ありがとうございました!

男性で、「誰でもいい!」という方もいらっしゃるかと思いますが、「いやいや、相手を選ぶのは当然だよ」という方の方が多いのかなあ・・・と思います。

しかし、男性が自信を持つために、涙ぐましい努力をなさっていると聞きまして、笑いごとにしてはならないような気も致します。
(タオルでピシャピシャというのは、女性には見せたくなさそうですね^^;)

男性用のトイレって、仕切っていない場合が多いので、「なんでだろう?」と思っていましたが、そこでも、男性同士の本能の戦いのようなものが繰り広げられているのですね。

そして、益々なるほど・・・と思ったのは、勃起の角度が重要で、しかも持続力となると、本当にふとしたはずみで、変な質問をすると、男性の心がズキッと傷んでしまいますね。

女性以上に、男性は繊細なのかもしれないな~なんて、思います。
件の彼に、性的な屈辱だけは与えないように気を付けていたのですが・・・気を付けていてよかったなあ~って思います。^^

それにしても、長住さん、ユーモア溢れる方で・・・コメントのお返事を読みながら、ニッコニコしてしまいました。

「死せる詩人の魂」で大爆笑でした。すみません・・・
またまたご謙遜を・・・と、思いました。 |-`).。oO

長住さんの文章を拝読していると、ウンウンと頷いている事が多いです。

肉厚?・・・ではなく、筆圧が強い先生に惚れ惚れです^^

素朴な疑問に真摯にお答えくださってありがとうございました。

どうか、良いクリスマスをお過ごしくださいね。メリークリスマス☆彡

Re: Re: なるほど・・・

> selenetさま
>
> コメント、ありがとうございました。
> お返事が遅くなりましたが、ご質問に、私なりにお答えしたいと思います。
>
> SEXは、男の「自信」につながるのか――というご趣旨のご質問ですよね。
> これは、生物の生存本能に関わる、きわめて重要なご質問ですので、
> 私としても、慎重にお答えしなくては……と思うのですが、
> 結論から言うと、「YES」です。
>
> 言うまでもないことですが、私たち生物にとって、
> 「優秀なコピーを残せ!」は、最大最強の指令です。
> その指令を発しているのは、DNAだと思います。
> 「コピーを残せ!」という指令に応える行動は、「SEX」しかありません。
> そのSEXができる、他の個体より優秀にできる――は、
> 自分が生物として優秀であるかどうかの、第一義的な判断基準になる。
> これは、生物である以上、仕方のないことだと思います。
> しかも、動物は、それを自分の意思的行動として行わなければならないわけですから、大変です。
> 動物、特に、せきつい動物以上の動物にとっては、
> 「性的能力⇒個体の優秀度⇒自信」という意識構造が、生まれながらに備わっている、と言っていいかと思います。
>
> 「性的能力」は、2段階で量られます。
> 第一には、SEXのための優秀なデバイスを備えているか――です。
> 哺乳類のオスの場合には、ズバリ、ペニスのサイズということになります。
> 男という生きものは、他がどんなに優れていても、自分のペニスが他人のそれより劣ると感じると、
> とたんに自信をなくしてしまいます。
> これについては、本ブログの記事でも詳しく解説していますので、ご参照ください。
> ⇒参照/『男同士が「連れション」する、ホントの理由』http://fujunaikouza.blog23.fc2.com/blog-entry-2339.html
>
> 第二には、それが立派に機能するかどうか――です。
> つまり、きちんとボッキして彼女に喜びを与えられるかどうか、そこをとても気にするのです。
> 特に気にするのが、ボッキの角度(仰角)・硬度と、その持続時間です。
> 何とかそれを向上させようと、涙ぐましい努力をする男たちもいます。
> これについても、本ブログの記事で解説していますので、参照してみてください。
> ⇒参照/『アレは、鍛えれば大きくなる? 「金トレ」のウソ・ホント』http://fujunaikouza.blog23.fc2.com/blog-entry-1031.html
>
> しかしながら、どんなに努力しても、やがて、その性能には衰えがやってきます。
> それがもはや世の女性たちのお役に立てそうもない――と悟ったときの落ち込みというのは、
> 並大抵ではありません。
> 正直に申し上げると、元々、大したものを持ってない私は、そもそも自信喪失気味にこの世に生を受けたわけですが、
> そこに追い打ちをかけるように、加齢による衰えです。
> 心はすでに、「死せる詩人の魂」のようなものです。
>
> というわけで、男の「自信」と「性的能力」の間には、
> 切っても切り離せない、深い深い関係があるんですね。
> しかし、ご安心ください、selenetさん。
> 人間の脳には、ものすごい能力が備わっています。
> 「補償」という心理メカニズムが発動されるんですね。
> 「性的能力」で他者より劣る――と自覚した男は、
> 他の能力を開花させることで、そのハンデを克服しようと試みるわけです。
> よし、「チン力」では劣っても、「知力」を磨いて、あるいは「金力」を蓄えて、
> 世間や彼女(こっちがホンネ?)を「アッ」と言わせてみせるゾ――というわけです。
> ちなみに私が文章力を磨いたのも、
> 根底には、性的コンプレックスがあったからかもしれませんよ。
>
> 哲雄

なるほど・・・

長住先生、こちらでは初めまして^^

おお!なるほど~と、ちょっと嬉しくなりました。
私のブログで悪口雑言を浴びせていた、彼が「優秀だった」ということがよ~く分かりました。
なぜか嫌な気持にはならないです。逆に嬉しいです^^

ところで、ひとつ質問があるのですが。先生。

その彼が口癖のように言っていた言葉があります。
「SEXすると、自信が戻る」とか、「SEXしたら、男としてまだまだいける感じがする」という文言です。
女性の私からすると、「SEXする=自信?」という素朴な疑問なのですが、男性にとっては、男性機能の充実というのは、人生の在り方にまで影響するのでしょうか?

男性に対しては、非常に気を遣う質問なので・・・

もしよろしければ、時間が許す時に、教えて頂けないでしょうか?

もし、過去記事にありまたら、「さがせ~」と仰ってくださいm(__)m

年末でお忙しいのに・・・重ね重ねすみません。(来年以降でもOK!です^^)

ドキドキしながら待っておりますね^^
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★ただ貴女を愛したくて
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記 New

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★Mie&Darの蜜逢記
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活 New
★おしりちゃんの部屋
★おHINA様と危険なGeorge New
★うちの奥さん観察日記 New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白
★誰にも言えない秘密-story-


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR