荒野のバラと谷間のユリ〈7〉 闘いの庭に咲く「貞操」

バラの花束会社との初めての闘いが始まる中、
ボクたちは、それぞれの恋をも闘っていた。


ストに逸る小野田と、多数派工作に走り回る相川。
その多数派工作は、特に由美に対して熱心だった。
ホレてるな…と感じさせる相川の態度だったが、
相川によれば、由美は貞操の堅い女だった――。



 連載小説/荒野のバラと谷間のユリ ――― 第7章 
【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説


この話は連載7回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大学を卒業して、できたばかりの出版社「済美社」に入社したボク(松原英雄)は、配属された女性雑誌『レディ友』の編集部で、同じく新卒の2人の女子編集部員、雨宮栞菜、戸村由美と出会う。感性の勝った栞菜と、理性の勝った由美は、何事につけ比較される2人だった。机を並べて仕事する由美は、気軽に昼メシを食べに行ける女だったが、栞菜は声をかけにくい相手だった。その栞菜を連れ回していたのは、年上のデスク・小野田宏だった。栞菜には、いつも行動を共にしている女がいた。右も左もわからずこの世界に飛びこんだ栞菜に、一から仕事を教え込んだ稲田敦子。そのふたりに、あるとき、「ヒマ?」と声をかけられた。ついていくと、そこは新宿の「鈴屋」。「これ、私たちから引っ越し祝い」と渡されたのは、黄色いホーローのケトルとマグカップだった。その黄色は、ボクの部屋に夢の形を作り出す。そんなある夜、小野田に飲みに誘われた栞菜が、「松原クンも行かない?」と声をかけてきた。元ヒッピーだと言うママが経営するスナックで、ボクは小野田が、かつては辺境を漂白するバガボンドだったことを知らされる。その帰り、バガボンド小野田は、「一杯飲ませろ」と、ボクの部屋にやって来た。小野田は、ボクの部屋の黄色いケトルとマグカップに目を留め、「女か?」と訊く。贈り主は明かすわけにはいかなかった。そのマグカップでバーボンを飲みながら、小野田が自分の過去を語った。「オレは、昔、人をひとり、死なせてんだよな」――




 「一度、ストをやろうぜ」という小野田委員長の年末闘争方針に、どちらかと言うと理論派である副委員長・相川信夫は難色を示した。
 「一度……って、ストは、一度やってみる――てなもんじゃないだろう。そういう冒険主義に組合員を巻き込むのは、どうもなぁ……」
 「一度ったって、一度きりってことじゃないんだからよ。ただ、あの連中には、最初にガツンとかましといたほうがいいような気がするぞ」
 小野田宏が「あの連中」と呼ぶのは、「済美社」の経営陣のことだった。社長と営業部長と出版部長の3人は、前の会社で起こった大きな争議の中で会社側の矢面に立たされ、結果的には、その責任を取らされて会社を辞めることになった――という経歴を持っている。その3人がライバル系列の大手出版社に拾われて設立したのが、「済美社」だった。
 「彼らには、十分に、ガツンと効いてるさ。組合を設立したという時点で、また同じことを繰り返しちゃいけない――つーんで、けっこうビクビクしてると思うよ」
 「ケツの穴の小さい連中だなぁ」
 「小野田と比べたら、たいていの人間のケツの穴は小さいさ。みんな、ちまちまと生きてるんだよ。彼らも、そしてオレたちもな」
 「まったく……」と言ったきり、小野田はそれ以上、「ストを」とは言わなくなった。「まったく」の後には、たぶん、「どいつもこいつも」という言葉でも隠されていたに違いない。
 スト権は確立するけど、行使は慎重に――という相川副委員長とボクの意見が、小野田の出鼻をくじいた形になった。ボクは少しだけ、そのことを小野田に申し訳ない、と思った。

        

 相川信夫は、その頃から、戸村由美をよく昼食に誘うようになった。
 その昼飯のメンバーにはボクも加わって、3人でメシを食うこともあった。
 相川は、神保町の主のような男だった。
 古書街の裏通りの小ぢんまりとした寿司屋だとか、魚料理の店だとか、昔ながらのすいとんを食わせる店だとかをよく知っていて、そういうところにだれかれとなく連れて行きたがった。相川はそうして人をメシに誘っては、その席で多数派工作を進める。そういう交渉術に長けているところがあった。
 しかし、戸村由美を誘うのは、どうもただの多数派工作ではないようだった。
 サウナ室でボクに「おまえ、どっちがいい?」と尋ねたとき、相川がぼそりと言ったひと言がある。
 「オレだったらユミっぺだな……」
 それがどれくらい本気のひと言だったかはわからないが、「メシ、行こうか」と声をかける回数が、戸村由美に対しては、特別多いようにも見えた。
 ボクと相川信夫は、帰りが同じ方向ということもあって、しばしば途中の駅で降りたり、ひとつ先の駅まで行ったりして、飲み屋街に足を向けることがあった。
 そういうときに、酒のさかなに交わすのは、食べ物に関するうんちくや、文学や哲学や恋愛の話だった。
 正直言うと、文学に関しては、ボクは語るべきものを何も持っていなかった。相川が語る文学的恋愛論を、ボクは唯物論的哲学で分析してみたり、思想的に批判したりした。どこかで噛み合ってはいるが、突き詰めて話し出すと、きっと、どこかで決定的にぶつかってしまう、そんな会話を、寸止めで楽しむ。ボクたちの酒の飲み方は、たいていは、そんなふうだった。
 「ところで、栞菜とはどうなの?」
 「いや、別に……何も進展はないですよ」
 「何もなしか?」
 黄色いケトルとマグカップの話は、相川にはしないでおいた。
 小野田に言わせると、それは「おまえと一緒にコーヒーを飲みたい」という意思表示だ――ということらしいのだが、ボクには、その確信が持てないでいた。
 「彼女は、たぶん、自由じゃない。どこかに、心を捕えられている男がいる。そんな気がするんです」
 「それ、おまえの妄想だろう?」
 「いや、カンです」
 「どこが違う?」
 「妄想は、願望が生み出す亡霊だけど、カンは、推理が導く想像です」
 「その推理の根拠は?」
 「特になし――です」
 「じゃ、やっぱり妄想じゃないか」
 「そうか……」
 ボクが返事を返せないでいると、相川は、ボクのグラスにビールを注ぎながら言うのだった。
 「忘れろ」
 「栞菜を……ですか?」
 「違うだろ。おまえの、その妄想をだよ。ホレるなら、妄想は忘れろ。忘れられなきゃ、ホレるな」
 ナルホド……と思いながら、ボクは知りたくなった。
 「相川さんはどうなんですか?」
 「ナニ?」と、相川信夫が声をひっくり返した。

        

 「だからですね、ユミっぺに対する相川さんの想いは通じてるのか――と」
 「オレ、彼女を想ってると言ったか?」
 「オレは、ユミっぺだ――って、ボクの耳は、確かにそう聞きましたけどね」
 「どっちが好みかと言うと、戸村だな――って言っただけだろ?」
 「じゃ、ホレてはいない――と?」
 「だいたい、W大のくせに、貞操堅いし、あの女……」
 「ヘーッ」
 「何だよ?」
 「貞操が堅いってことを、いつ、どこで、どうやって知ったのか――とね。ちょっと思っただけですよ」
 「おまえ、うまいな」
 「何がですか?」
 「ひとの揚げ足取るのがさ。団交のときも、その調子でよろしくな」
 話題をすり替えられてしまって、相川信夫と戸村由美の関係について、それ以上、聞き出すことはできなかった。

 翌週、「済美社」の労働組合は、初の組合大会を開いた。
 相川の多数派工作の功もあってか、大会は、組合員23人中21人の賛成でスト権を確立した。
 全員に諮って、まとめた要求の骨子は、

 一、年末一時金として、本給の五・五カ月分を支給すること。
 一、過剰な労働量を軽減するため、『レディ友』編集部に三名、書籍編集部に二名、営業部に一名の人員を増員すること。
 一、徹夜労働に当たる従業員のために、仮眠室を設置すること。

 の三点だった。
 要求書は、委員長・小野田宏と副委員長・相川信夫、それに書記のボクが3人そろって、労務担当を兼ねる営業部長・有村貞夫に手渡した。
 「お手やわらかに頼みますよ」
 要求書を受け取った有村は、頭を掻きながらニヤリと笑った。
 「タヌキだな、あいつ」
 小野田が、要求書を受け取った有村の態度を評して言ったが、ボクには有村部長の態度は、どこかビクついているようにも見えた。
 1回目の団交は、翌週、近くのホテルの小宴会室を借りて行われることになった。
 ボクたちの最初の小さな闘いが始まった。
 ⇒続きを読む



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この小説はテーマ・構成がいい(FC2 恋愛)
→この小説の描写・表現に感動する(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この小説はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 →この小説の目次に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR