挫折することなく、その声を挙げ続けてほしい!

キング牧師の演説 若者たちへ。24の手紙    
「いま」を生きる若者たちへ、愛と連帯を込めて。

国会前での「反対!」の大合唱にもかかわらず、
安保関連法は国会を通過してしまいました。しかし、
闘いはここからです。大事なのは、声を挙げ続けること。
みなさんがその意志を持ち続けてくれることを信じて……。


【SEOリンク・キーワード】 恋愛 恋愛小説 コミュニケーション エロ


管理人の新刊が発売されました!

9月初旬より、全国有名書店で販売中。
書店で見かけたら、ぜひ、手に取ってご覧ください。
『すぐ感情的になる人から傷つけられない本』
発行・こう書房 定価・1400円+税

アマゾンよりご購入の方は、左の写真をクリックしてください。


 安保関連法案は、「反対!」の声が渦巻く中、参院で強行採決されてしまいました。
 残念ながら、法案阻止はなりませんでした。しかし、闘いは、これからです。その闘いを続けていくための確かな手がかりを、国会前に集まったみなさんは、つかめたのではないか――と、私は思います。
 8月30日には、安保関連法案に反対する市民や学生、主催者発表でおよそ12万人が国会前に集結し、道路を埋め尽くしました。
 こんな風景が、生きているうちにまた見られようとは、筆者は想像もしていませんでしたので、驚くと同時に、なんだかうれしくもなったのですが、その驚きの中には、「いまは、みんな、こんな形で政治を語るんだ」というのもありました。
 ひと言で言うと、時代は変わったなぁ――でした。

「流血」が付き物だった、「あの頃」

 筆者が20歳の頃の日本は、毎週のようにどこかでデモが行われ、その度に、ヘルメットに覆面姿(当局に写真を撮られないようにするためです)の学生たちが街頭に繰り出しては、機動隊と衝突を繰り返していました。
 警備する警察側は、ジュラルミンの盾に完全防護の戦闘服スタイル。警棒が振り回され、催涙弾と催涙剤入りの放水で、辺りは目も開けていられない状態になる――というのが、日常茶飯でありました。
 その先頭に立つ学生たちの間には、こんな意識もありました。

 自分たちが血を流すことによって、
 大衆が目を覚まし、
 蜂起してくれるのではないか。


 こういう意識を「前衛意識」と言います。
 前回、特攻隊員として出撃することになった学徒兵の中には、こんな本音を書き残している人もいた――という話をご紹介しました。

  こんな作戦(特攻作戦のことです)で、
 国が守れるとは思えない。
 しかし、ここで自分が突撃して命を散らせば、
 「あなたの軍隊は、国民にこんな犠牲まで強いているんですよ」と、
 お上(天皇のことです)にこの無益な戦争を
 思いとどまらせることができるかもしれない。

 どこか似ていると思いませんか?
 自己犠牲によって、国や社会の誤りを正そう――という姿勢です。
 あるのは、訴える相手が「大衆」か「天皇」か、という違い。
 その思いは尊い――と、筆者は思います。
 しかし、その思いは実を結んだのか?
 答えは、「NO」と言わざるを得ません。

若者の「政治離れ」を招いた40年の空白

 なぜ、当時の学生たちの先鋭化した運動は、広範な大衆運動に引き継がれることがなかったのか?
 先鋭化しすぎてしまったからだろう――と、私は思います。
 運動に参加しようと思ったら、逮捕されることも覚悟で臨まなくてはならない。いったん、逮捕歴が付くと、就職は棒に振ることになる。場合によっては、警棒で殴られて脳に損傷を負うことだってあり得る。60年代後半から70年代初頭にかけての学生運動では、何人もの学生が命を落としました。
 当時の左翼運動の象徴的な舞台でもあった「東大闘争」では、学生たちによって、こんな屈折した論理が生み出されたりもしました。

 日本の官僚機構を生み出している東大は、解体してしまうしかない。
 東大生よ、東大を解体せよ!
 「東大生」である自分を「自己否定」せよ!


 言っていることは、100%正しい。
 しかし、「正しすぎた」のです。
 ここまで言うと、一般学生はついて来られなくなります。
 「安保改定阻止」「ベトナム戦争反対!」「米軍は日本から出ていけ!」――そう叫んで街頭に飛び出していった学生たちの運動も、その度に1000人近い逮捕者を出し、ケガ人を出し、ついて来られなくなった一般市民や労働者から見放されて、尻すぼみとなってしまいました。
 後に来たものは何か?
 「シラケ」という「時代の気分」です。
 
 政治……?
 もういいよ、そういう話は。


 ある意味では「厭世的」と言ってもいい気分です。
 そういう気分を増幅させたのは、盛り上がった運動末期に、過激派組織内で頻発した「内ゲバ」と呼ばれる内部抗争であり、そして、追い詰められた一部組織が地下に潜って起こした、「あさま山荘事件」などのテロ活動でした。
 政治なんてもうコリゴリだ――と思うようになった若者たちが向かったのは、ひとつには、「4畳半フォーク」に歌われたような「厭世的巣ごもり」の世界でした。その気分を代表する曲に、たとえば、井上陽水の 『傘がない』 があります。
 その歌詞に、こんな一節があります。

テレビでは、わが国の将来の問題を
だれかが深刻な顔をして話してる。
だけども、問題は、きょうの雨、傘がない。
行かなくちゃ、君の街に行かなくちゃ。
雨に濡れて行かなくちゃ。
傘がない。

 参考までに、こんな感じの曲です。(←You Tube より)



 その一方で、「若者の保守化」という傾向も指摘されるようになりました。
 激しすぎる「政治の季節」の後にやって来たのは、若者の「政治離れ」でした。それが、つい最近まで、ほぼ40年ほどにわたって続くことになったのです。

理想は、若者が政治になど振り回されずにすむ世界なのですが……

 誤解のないように申し上げておきますが、筆者は、

 若者が政治を熱く語る時代が、いい時代である。

 ――などということを主張したいわけではありません。
 むしろ、その逆です。

 若者が、政治活動になど情熱を傾けずにすむ
 そんな時代になってほしい。


 そう、心から願っています。
 国会前で「戦争法案反対!」を叫ぶ「SEALDs」の若者のひとりが、TVのインタビューに応えて、こんなことを言ってました。

できれば、こんなことはとっとと止めて、学校に戻りたいんです。でも、ボクたちがいま、これを止めたら、この恐ろしい法案が通ってしまう。それだけは、何としても防ぎたい。

 「安保関連法案に反対するママの会」から参加した、シングルマザーであると言う女性も、同じくTVのインタビューに応えて、こんなことを言います。

子ども3人を育てながら働いているので、ほんとは、こうして国会前で「反対!」を叫んでいる時間なんてない。早く「ふつうのママ」に戻りたいんです。でも、この法案が通ってしまったら、そんなこと言ってられなくなる。この子たちを、将来、戦争に送り出すなんてことには、絶対になってはいけない。だから、ここに来てるんです。

 筆者が見る限り、国会前に詰めかけていたのは、「プロの活動家」たちではありません。已むに已まれない気持ちでやって来た――という、ふつうに市民生活を送っている人たちです。
 そういう人たちが腰を上げて、声を挙げている――というところに、現在の状況の深刻さが現れているとも言えるわけです。

再び、この火は消えてしまうのでしょうか?

 さて、こうして盛り上がっている反対運動にもかかわらず、法案は、与党のゴリ押しで通されてしまいました。
 問題は、これからです。
 こうして結集された市民の声の高まりは、どうなってしまうのでしょう?
 40年前にそうであったように、みなさん、何事もなかったように、ふつうの生活に戻ってしまい、再び、「沈黙の時代」がやって来るのでしょうか?
 世の中が安穏に戻り、安心して暮らせる社会が実現できるのであれば、それでもかまわない――と、私は思います。
 しかし、私が見る限り、どうも、そうはなりそうにない。
 だからと言って、いつまでも、いまの調子で運動を続けなさい――とは、私には言えません。
 ムリは禁物です。ムリした運動の後には、必ず、その反動がやって来ます。
 大事なことは、継続的に問題を考える「意思」を持ち続けることだと思います。
 みなさんは、そのスタイルを見つけたのでしょうか?
 見つけたんだろうな、そうであってほしい――と、私は、心から願っています。

【戦争法案反対の声を挙げ続けている主な団体】
  他にも、各地で多くの団体が熱心に声を挙げています。みなさんの熱心な活動に敬意を表して――。

●戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会

●SEALDs~自由と民主主義のための学生緊急行動

●戦争をさせない1000人委員会

●安全保障関連法案に反対する学者の会

●安保関連法案に反対するママの会



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事の主張はナルホドと思う(FC2 恋愛)
→この記事には共感できた(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このカテゴリーの記事一覧に戻る      トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR