チュンリーの恋〈7〉 監視される夜

smile.jpg 

彰男に腕を絡めた春麗は、その腕を引っ張って、通りを右へ左へ
と急ぎ足で歩く。まるで何かに脅えたように。その口から、
意外な言葉が飛び出した。「私、見張られている」――


 マリアたちへ   第19話 
チュンリーの恋〈7〉

 前回までのあらすじ  粟野隆一のオフィス開設祝いに出席した末吉彰男は、粟野から「末吉さんの後輩ですよ」と、ひとりの女性を紹介された。名前を劉春麗。彰男の母校・Y大を留学生として卒業し、いまは、マスコミで仕事する機会を探しているという。「いろいろ教えてやってください」と粟野に頼まれて、「私でよければ」と名刺を渡すと、すぐに電話がかかってきた。春麗は、日本の雑誌や新聞で、日中の架け橋になるような仕事がしたいと言う。そのためには、完全な日本語表記能力が求められる。その話をすると、「ラブレターでも書いてみましょうか?」と春麗は言った。そのラブレターは、すぐ届いた、完璧な日本語で。これならいける。彰男は春麗を、月刊経済誌の編集をしている原田に紹介することにした。原田は、春麗の顔を見ると、「恋人はいるんですか?」と、いきなりセクハラな質問を浴びせた。「日本では、仕事をするのに、ああいうことを訊くんですか?」と、怒っている様子の春麗だったが、「験しに記事を一本、書いてみて」という原田の要求に、応えるつもりらしかった。その原稿の出来栄えに、原田は「いいね、彼女」と相好を崩した。その「いいね」には、別の「いいね」も含まれていた。「彼女、男をそそるんだよね」と言うのだ。その夜、春麗に電話をかけた彰男は、春麗の様子がおかしいことに気づいた。彼女のそばには、男がいる。彰男は確信したが、その男がどんな男なのか、想像がつかない。翌日、春麗から電話が入った。「きのうはごめんなさい。きょうは私にごちそうさせてほしい」と言うのだった。春麗が案内したのは、遠い親類がやっているという北京ダックの店だった――

【リンク・キーワード】 エッチ 官能小説 純愛 エロ
このシリーズは、筆者がこれまでに出会ってきた思い出の女性たちに捧げる「ありがとう」の短編集です。いま思えば、それぞれにマリアであった彼女たちに、心からの感謝を込めて――。



この話は、連載7回目です。この小説を最初から読みたい方は、こちらから、
   前回分から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 「少し歩きましょうか?」
 彰男の腕をつかんだまま、劉春麗は、その腕をグイと引いた。
 その力が思ったより強いことに、彰男は「おや……?」と思った。
 まるで誘導するように、春麗は彰男の腕を引っ張って、足を表通りから路地へと向ける。しかも、その足が速い。
 路地を曲がったと思うと、右へ折れ、左へ折れして、その度に、チラ……と後ろを振り返る。
 チュンリー、どうしたんだ?――と、問いかける間もなかった。
 春麗の手に引っ張られて右へ左へ……と路地を歩いているうちに、彰男は、自分がどこにいるのか、わからなくなっていた。
 そんな、どこかわからない路地の、いくつか並んだ店と店の間の小路に入って、そこでやっと春麗は足を止めた。
 抱きかかえるように引き寄せた彰男の腕の筋肉の下で、その胸が大きくはずんでいた。
 彰男の上腕三頭筋は、はずむ彼女の胸の弾力を感じていた。
 その弾力は、豊満というわけではない。しかし、骨ばってギスギスしているのでもない。胸の奥にある春麗の想いを、息を吸い込むたびにフワ……と伝えてきては、息を吐き出すたびにスッ……と引くような、そういう弾力だった。
 「ごめんなさい……」
 荒い息のまま、春麗がやっと口を開いた。
 どうしたの?――とのぞき込む彰男の視線から逃れるように、春麗は、その顔を彰男の腕の付け根に埋めた。
 「私は、見張られている……」
 彰男の腕に顔を埋めたまま、春麗がつぶやいた。
 「見張られてる? だれに?」
 春麗は、彰男の質問には答えず、埋めた頭を振った。

       

 劉春麗は、中国からの国費留学生だった。
 天安門で人民解放軍が学生デモ隊を実弾で制圧して以降、自国民、特に海外で活躍するインテリ層に対する中国当局の監視は、厳しくなっていると聞く。
 春麗が「見張られている」と脅えるのは、そういうことなのか?
 しかし――と、彰男は思った。
 いくら監視するためとはいえ、留学期間を終えたばかりの学生のひとりひとりにまで、監視要員を配置できるだろうか?
 いまのところ、春麗には、特に監視を強化すべき問題行動も見られないし、中国当局の神経をピリピリさせるような発言をしている気配も見られない。
 考えすぎか――と思いながら、肩に埋められた春麗の頭を撫でた。
 その頭がゆっくり持ち上がった。
 何かに脅えていたような目が、彰男のあごを、口を、鼻を……と捕えた。やがてその目は、心配そうに見下ろしている彰男の目と出会った。
 彰男は、その目を見つめた。「大丈夫だよ」という気持ちを込めて見つめた。
 春麗の目に浮かんでいた脅えの色が、ゆっくりと溶けていった。
 脅えの色が溶けたその目は、彰男に何かを訴えていた。
 顔にかかった髪を、そっと耳の後ろに掻き上げてやると、春麗の顔はゆっくり、ゆっくり、仰向きになった。
 唇と唇の距離が、いくぶん、近くなった。
 彰男が口を近づけると、春麗の唇は半開きになり、開かれた唇と唇の間から、かすかな息がもらされた。その息に、ほんのり、桂花陳酒の甘い香りが混じっていた。
 彰男の唇が春麗の唇に触れると、春麗の唇は「ハァ……」と息を吐きながら全開になった。
 かわいい前歯の間から、よく動く舌がチロリと顔を出して、彰男の前歯と前歯の間にもぐり込んできた。
 春麗の舌と彰男の舌は、鎖を解かれた小犬のようにおたがいを求め合った。相手を探し当てると、じゃれつくように絡みつき合い、もつれ合い、獰猛に唾液を吸った。
 それは、際限もなく続きそうな遊戯だった。
 口を吸い合いながら、彰男は左手で春麗の髪をグチャグチャにかき回し、右手で春麗の腰を抱き寄せた。
 春麗はというと、左足をヒョイと上げて、その足を彰男のももに巻きつけ、巻きつけたまま、まるで立位でしているように、腰を振って見せた。
 だれもいないところなら、彰男はそのまま、春麗のパンツを脱がせたかもしれない。
 しかし、そこは、渋谷の繁華街から歩いて10分ちょっとの、よくわからない街の小さな小路の路上だった。
 いつまでも続きそうなふたりの遊戯だったが、小路に人が入ってくる気配がして、ふたりは、どちらからともなく体を離した。

       

 「こういうのは……」と、春麗は乱れた髪を手で直しながら言った。
 「ハウ・トゥ・セイ・イット(どう言ったらいいのかしら)……」
 いきなり英語になった。
 「イッツ・トゥー・レイト(遅すぎる)……かな」
 自分には、すでに愛している男がいる。
 春麗の言葉は、彰男にはそう聞こえた。
 「ボクは、いつも遅すぎるんだ」
 彰男が言うと、春麗は「エッ……?」という顔で彰男を見た。
 「だれかを好きになっても、たいてい、相手にはもう、ステディな恋人がいたりする。仕方ないよ。この歳だから」
 「そんなことない! そんなことないですよ、末吉さん」
 春麗は、力を込めて「そんなことない」を繰り返した。
 もしかしたら春麗は、その言葉を自分に向けて言っているのかもしれない――と、彰男は思った。
 その言葉に、希望を託して――。
 ⇒続きを読む



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 この小説へのあなたの感想をClick Please! (無制限、押し放題中!)
管理人はいつも、下記3つの要素を満たせるようにと、脳みそに汗をかきながら記事をしたためています。
そして、みなさんが押してくださる感想投票に喜んだり、反省したりしながら、日々の構想を練っています。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもったポチを、よろしくお願いいたします。

 テーマがいいと思う(FC2ランキング 恋愛)
 描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村ランキング 小説)
 ストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 この小説の目次に戻る            トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR