チュンリーの恋〈6〉 北京ダックをあなたに

smile.jpg 

春麗の近くには、男がいる。それはだれだ?
彰男が妄想を膨らませいてると、春麗から電話が入った。
「きょうは私にごちそうさせてほしい」と言うのだった――  


 マリアたちへ   第19話 
チュンリーの恋〈6〉

 前回までのあらすじ  粟野隆一のオフィス開設祝いに出席した末吉彰男は、粟野から「末吉さんの後輩ですよ」と、ひとりの女性を紹介された。名前を劉春麗。彰男の母校・Y大を留学生として卒業し、いまは、マスコミで仕事する機会を探しているという。「いろいろ教えてやってください」と粟野に頼まれて、「私でよければ」と名刺を渡すと、すぐに電話がかかってきた。春麗は、日本の雑誌や新聞で、日中の架け橋になるような仕事がしたいと言う。そのためには、完全な日本語表記能力が求められる。その話をすると、「ラブレターでも書いてみましょうか?」と春麗は言った。そのラブレターは、すぐ届いた、完璧な日本語で。これならいける。彰男は春麗を、月刊経済誌の編集をしている原田に紹介することにした。原田は、春麗の顔を見ると、「恋人はいるんですか?」と、いきなりセクハラな質問を浴びせた。「日本では、仕事をするのに、ああいうことを訊くんですか?」と、怒っている様子の春麗だったが、「験しに記事を一本、書いてみて」という原田の要求に、応えるつもりらしかった。その原稿の出来栄えに、原田は「いいね、彼女」と相好を崩した。その「いいね」には、別の「いいね」も含まれていた。「彼女、男をそそるんだよね」と言うのだ。その夜、春麗に電話をかけた彰男は、春麗の様子がおかしいことに気づいた――

【リンク・キーワード】 エッチ 官能小説 純愛 エロ
このシリーズは、筆者がこれまでに出会ってきた思い出の女性たちに捧げる「ありがとう」の短編集です。いま思えば、それぞれにマリアであった彼女たちに、心からの感謝を込めて――。



この話は、連載6回目です。この小説を最初から読みたい方は、こちらから、
   前回分から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 劉春麗には、男がいる。
 電話の様子から、彰男はそう確信した。
 「ボーイフレンドならいますよ」
 原田智治と面会したときに、そう言い放った春麗だったが、その「ボーイフレンド」は春麗のすぐ近くにいるのではないか。そして、その男は、春麗が電話に出ている間も、その体に手を伸ばしてくるような、そういうタイプの男なのではないか。
 頭の中に浮かんだその想像は、彰男の体を熱くした。
 しかし、男の顔が想像できない。
 そいつは、中国から春麗を追ってきた男なのか、それとも留学生仲間なのか?
 留学したY大で知り合った日本の男なのか、それともモデルのバイトで知り合った業界の男なのか――?
 悶々とする想いを抱えたまま、彰男は眠りに落ちた。

       

 「きのうはすみませんでした」
 春麗が電話をかけてきたのは、翌日の午後だった。
 「あ、いやいや、変な時間に電話をかけて、メイワクだったでしょう?」
 「こちらこそ、末吉さんに不愉快な想いをさせたじゃないか――って」
 「させたじゃないか」は、日本語としておかしい。さすがの春麗の日本語も、まだ完璧というわけではないようだ。
 「いや、きのう、東亜タイムスの原田と会って、あなたの話をしたものでね。そのことをあなたにお伝えしようと思って……」
 「あの……」と、春麗が彰男の言葉を遮った。
 「よかったら、その話、お会いして、直接、聞きたいです。夜、お時間ありませんか?」
 「7時以降なら空いてますよ」
 「よかった。では、今夜は私におごらせてください」
 前回の天ぷらのお礼もあるし、今回の「東亜タイムス」の件でお世話になったお礼もあるので、きょうは、自分の知人がやっている店で北京ダックをごちそうさせてほしい――と言うのだった。
 知人というのは、祖父の兄弟の孫に当たるという人物で、春麗から見ると6親等に当たる遠縁だ。親の代から日本にやって来て中国料理店を営み、いまでは「北京ダックのうまい店」として、グルメ雑誌にも取り上げられたりしているという。
 渋谷にあるその店は、従来の中国料理店というイメージを覆すモダンな造りで、店内は白一色でまとめられていた。
 春麗の案内で席に着くと、彰男と大して歳が違わないと思われる恰幅のいい男が、彰男たちの席にやって来た。
 「ども、ども。いつも、うちのチュンリーがお世話になっております。リウ・シュエチンと申します」
 コック帽をとりながら、人なつっこい笑みを見せ、胸元のネームプレートを指差して見せた。
 《支配人・劉学慶》と書いてある。やっぱり、劉一族なんだ……。
 「これは、これは。私は、末吉と申します。チュンリーさんには、お仕事を紹介させていただいております」
 「お話、聞いてます。チュンリー、とっても感謝してる。きょうは、私、ごちそうしますよ」
 それを聞いて、春麗が何か中国語でわめき出した。それに支配人がわめき返す。
 身内同士で、突然、ケンカを始めたのか――と思っていると、春麗が肩をすくめるようなしぐさを見せて、その肩を支配人がポンポンと叩いた。
 「私がごちそうすると言ってるのに、おじさん、自分がごちそうするって、聞かないの。ここは自分の顔を立てろ――って」
 春麗は、不服そうに頬をふくらませたが、たぶん、日本人同士でもそうなっただろう。

       

 劉学慶が用意してくれた北京ダックは、皮がカリッと焼けて、見るからにうまそうだった。丸焼きで出されたダックを見て、彰男は、「オーッ!」と声を挙げ、春麗はちょっと誇らしげに顔を輝かせた。
 そのダックを、皮を削ぐように、料理人がナイフで切り分けてくれる。少し厚めに――というのが、この店の流儀のようだった。
 これをカオヤ―ピンという薄餅状の皮で包んで食べる。まず、カオヤ―ピンを片手に広げ、そこに特製の甘味噌を塗って、切り分けられたダックの皮、細切りのキュウリとネギを載せ、皮の下端を折り返してから、左右の皮で巻き込むようにして包み込む。
 それを、先端からガブリと食べる。モチモチッとした皮の中で、こんがりと焼かれたダックの皮がパリッと崩れ、口の中に芳醇な香りと甘みが広がる。
 「うまい!」と声を挙げると、春麗がまたも得意そうな顔をした。
 ひとしきり、夢中になって北京ダックを腹に詰め込んだところで、春麗が改まった口調で切り出した。
 「今回は、末吉さんのおかげで、『月刊・東亜タイムス』の仕事をさせていただくことになりました。ありがとうございました」
 「いや、ボクは何も。あなたの才能が認められたんですよ。原田もホメてました」
 「エッ、何て……?」
 「しっかりした原稿を書ける。自分たちおっさんには書けない、フレッシュな筆だって」
 「それは、末吉さんがいろいろアドバイスしてくださったから……」
 「いや、それよりも、あなたのセンスでしょ」
 「そんなぁ……」と言いながら、春麗は顔をほころばせた。
 「これからも、継続的に仕事を依頼したいんだけれどいいか――っていうから、どうぞって答えておきましたよ。ボクは、それにいいともダメだとも言う立場にないから」
 「立ち場にない……?」
 「ボクはチュンリーのマネジャーじゃない――ってことです」
 「でも……」と言いながら、春麗は、目の色で彰男に救いを求めた。
 「アドバイスはしてくれるでしょう? その仕事は受けたほうがいいよとか、止めたほうがいいんじゃないかとか……」
 「キミがほんとうに迷ったときにはね」
 「よかった。私、これでも、迷いが多いんです。というか、迷ってばかり……」
 そう言いながら、春麗は、肩から胸にかかった自分の髪を手に取り、指先でくるくると丸めるしぐさを見せた。
 原田が「男をそそる」と評したのは、こういうところだろうな――と思ったが、彰男はそれは口にしないでおいた。

       

 劉学慶の北京ダックは、皮を食べて残った身を野菜などとピリ辛に炒め合わせて「ヤーツァイ」という炒め物に。最後に、ガラで取ったスープが出されて、それでコース終了となった。
 ふたりで食べるには、多すぎる量。春麗も彰男も、「もうお腹いっぱい。食べられない」と箸を置いた。
 「おいしかったです。ごちそうさまでした」と席を立ち、店を後にしようとすると、劉学慶が「スエヨシさん」と彰男を呼び止めた。
 「チュンリーのこと、よろしくお願いします。あの子、男を見る目がなくて、ワタシ、いつも心配ばかり。スエヨシさん、いてくれたら安心ですから」
 それ、どういう意味だろう――と思いながら、彰男は「私なんかでよければ」と頭を下げた。
 後で春麗に問い詰められた。
 「さっき、おじさんに何を言われてたんですか?」
 「チュンリーは男グセがわるいから、気をつけろ――ってさ」
 「ウソォーッ!」
 放っておくと、店まで引き返して行きかねない勢いだったので、彰男はあわてて言い直した。
 「ウソだよ。チュンリーをよろしくお願いします――ってさ」
 「それで……?」
 「ン……?」
 「末吉さんは、何と答えたんですか?」
 「私でよければ……と答えといたよ」
 「ありがとう……」
 言いながら、春麗は彰男の腕をつかんだ。
 ⇒続きを読む



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 この小説へのあなたの感想をClick Please! (無制限、押し放題中!)
管理人はいつも、下記3つの要素を満たせるようにと、脳みそに汗をかきながら記事をしたためています。
そして、みなさんが押してくださる感想投票に喜んだり、反省したりしながら、日々の構想を練っています。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもったポチを、よろしくお願いいたします。

 テーマがいいと思う(FC2ランキング 恋愛)
 描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村ランキング 小説)
 ストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 この小説の目次に戻る            トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR