チュンリーの恋〈5〉 近すぎる彼女

smile.jpg 

「いいね、彼女」――彰男を飲みに誘った原田が言う。
原稿もだが、「彼女は男をそそる」と言うのだった。その夜、
電話をかけた春麗の様子が、おかしかった―― 


 マリアたちへ   第19話 
チュンリーの恋〈5〉

 前回までのあらすじ  粟野隆一のオフィス開設祝いに出席した末吉彰男は、粟野から「末吉さんの後輩ですよ」と、ひとりの女性を紹介された。名前を劉春麗。彰男の母校・Y大を留学生として卒業し、いまは、マスコミで仕事する機会を探しているという。「いろいろ教えてやってください」と粟野に頼まれて、「私でよければ」と名刺を渡すと、すぐに電話がかかってきた。春麗は、日本の雑誌や新聞で、日中の架け橋になるような仕事がしたいと言う。そのためには、完全な日本語表記能力が求められる。その話をすると、「ラブレターでも書いてみましょうか?」と春麗は言った。そのラブレターは、すぐ届いた、完璧な日本語で。これならいける。彰男は春麗を、月刊経済誌の編集をしている原田に紹介することにした。原田は、春麗の顔を見ると、「恋人はいるんですか?」と、いきなりセクハラな質問を浴びせた。「日本では、仕事をするのに、ああいうことを訊くんですか?」と、怒っている様子の春麗だったが、「験しに記事を一本、書いてみて」という原田の要求に、応えるつもりらしかった。「読んでみてください」と持ってきた春麗の原稿の出来栄えに、彰男は驚愕した――

【リンク・キーワード】 エッチ 官能小説 純愛 エロ
このシリーズは、筆者がこれまでに出会ってきた思い出の女性たちに捧げる「ありがとう」の短編集です。いま思えば、それぞれにマリアであった彼女たちに、心からの感謝を込めて――。



この話は、連載5回目です。この小説を最初から読みたい方は、こちらから、
   前回分から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 「いいね、彼女」
 最初のひと口をのどに流し込んだ原田智治が、ドン……と、ジョッキをカウンターに置きながら言った。その衝撃で、表面を覆っていた結露が、筋を作って流れ落ちた。
 「久しぶりに一杯、やらないか」というので、六本木まで出て串焼きの店に入り、ジョッキを傾けていた。
 「いいね」は、乾杯直後に飛び出したひと言だった。
 「読んだんだって、下書きを?」
 「ああ、見てください――と言われたんでね。言っとくけど、オレはいっさい手を入れてないからね」
 「だろうね」
 「エッ……!?」
 「むさいおっさんの筆には見えなかった――ってことさ」
 「フッ……」と、彰男は口の端から息を吐いた。しかし、春麗に文章上のアドバイスを授けたことなどは、原田には明かさないでおいた。

 今回のお試し原稿は、加筆してもらった上で、来月発売の『月刊・東亜タイムス』に掲載する予定だ、と原田は言う。その後も、継続的に、外注記者として仕事をしてもらいたいと思っているのだが、どうだろう――と、原田は彰男の顔をのぞき込んだ。
 「別に、専属ってわけじゃないだろう?」
 「うちには、専属ライターの制度はないんだな、残念ながら……」
 「残念?」
 「別の専属だったらあり……なんだけどさ」
 そう言いながら、今度は、探るような目で彰男の顔を見る。
 そんな目で見られても、彰男には、「いいんじゃないか」とも「ダメだよ」とも答える権利はない。もちろん、「ガンバれよ」と背中を押してやる義務もない。
 「イッツ・ノット・マイ・ビジネス!」
 彰男が冷たく言い放つと、原田は「だろうな……」と首をすくめた。
 「それにしても……」
 ジョッキの中の麦色の液体をゴクッと呷って、原田はつぶやくように言った。
 「あれは、いい女だよ」
 「だから、美人だって言ったろ?」
 「いや、美人とか……そういうことじゃなくてさ……」
 原田は、「ウーン……」と唸りながら、言葉を探しているように見えた。
 「そそるんだよね、あの子、男をさ」
 言いながら、原田は、ジョッキの表面を流れ落ちる露を指で拭った。

       

 彼女がそれを意図してやっているのかどうかは、わからない。
 わからないが、彼女は、距離が近すぎるのだ――と、原田は言う。
 「目を通していただけますか?」と原稿を差し出すときにも、彼女はまるで機密文書でも手渡すように、原田の両腕が届く範囲に体を投げ入れてくる。
 「ここ、漢字の送り仮名が違う」などと指摘すると、「どこですか?」と、原田の手元をのぞき込むように体を接近させてくる。うっかり姿勢をターンさせたりすると、原田の手や腕が触れてしまいそうな位置に、彼女の体がある。
 もしそれを意図せずにやっているとしたら、天性の小悪魔だし、もし意図的にそうしているのだとしたら、案外、悪女なのかもしれない。「それに……」と、原田は言うのだった。
 「尻を振るんだよね、彼女」
 「尻を? いつ? どこで……?」
 「歩くときにも、尻を振るようにして歩くし、何かものを考えるときにも、ゆらゆら腰を揺らしてる」
 「よく観察してるんだねェ」
 「別に……観察してるわけじゃないよ。目に留まるだけさ、そういうしぐさが」
 「で、そそられるってわけか、そういうしぐさに?」
 「末吉だってそそられるだろう?」
 「あいにくと、オレは感受性、鈍いもんでね……」
 そう答えながら、彰男は、初めて春麗と会った雨の夜のことを思い出していた。
 傘を差しかける彰男に、「それじゃ濡れますよ」と体をすり寄せてきた春麗。そのときに感じた、甘くて危険な距離感。たぶん、原田は、そんな彼女の「危うさ」を「そそる」と感じているのだろう。
 「ま、とにかくだ。彼女は、いいライターになる。おまえには感謝してるよ」
 原田は、そう言って彰男のジョッキに自分のジョッキを合わせ、残ったビールを一気に飲み干して、「もう一杯いくか?」と、店員を呼んだ。

       

 家に帰り着いたのは、10時を少し回った時間だった。
 水を一杯飲み干し、さて、風呂にでも入るか――と、服のポケットから財布を取り出し、携帯を取り出し、それをテーブルの上に投げ出した。
 「おや……?」と、目がその光に吸い寄せられた。
 携帯が「着信あり」を告げる青色の光を点滅させていた。
 発信元は春麗。時間は、午後6時13分。ちょうど原田と会うために地下鉄に乗っている時間だった。
 ン? 何かあったか……?
 この時間なら、まだ、かけても大丈夫だろう。
 その着信歴に残された番号を選択して、発信ボタンをプッシュした。
 呼び出し音が鳴っていた。
 1回、2回、3回……。この時間だ。もしかしたら、風呂に入っているということもあるかもしれない。10回鳴らして出なかったら、電話を切ろう。
 そう思って、呼び出し音が8回ほど続いたところだった。
 「ハイ……」
 携帯の向こうで、電話を取る音がして、少し抑制したような女性の声がした。
 「末吉ですけど、春麗さん……?」
 「あ……ハ、ハイ……」
 「ごめんなさい。電話もらったみたいだけど、ちょうど電車に乗っていて……」
 「あ……いえ……」
 「きょうね、東亜タイムスの原田と会ってたんですよ」
 「ハフッ……あ……そ、そうですか?」
 どこか、応答が素っ気ない。
 「もしかして、いま、何か取り込み中でした?」
 「い……いえ……い……」
 電話の向こうで、ガサ、ゴソ……という音がする。その音に混じって、「ンフッ……」という息の音がする。
 「もしもし……あれだったら、また……」
 「す、すみません……明日、私のほうから……」
 また、ガサガサと音がして、「あ……」という声がしたかと思うと、電話は突然、プツリと切れた。
 ⇒続きを読む



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 この小説へのあなたの感想をClick Please! (無制限、押し放題中!)
管理人はいつも、下記3つの要素を満たせるようにと、脳みそに汗をかきながら記事をしたためています。
そして、みなさんが押してくださる感想投票に喜んだり、反省したりしながら、日々の構想を練っています。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもったポチを、よろしくお願いいたします。

 テーマがいいと思う(FC2ランキング 恋愛)
 描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村ランキング 小説)
 ストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 この小説の目次に戻る            トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR