「おじさんくさい」「おばさんくさい」は「魅力」にできる…?

不細工美人 不細工&不器用事典 〈21〉  「オジサンくさい」「オバサンくさい」は「魅力」になる?

「オジサンっぽい」「オバサンくさい」などと言われたら、
通常、あまりいい気はしません。しかし、見方を変えれば、
この「オジサン(オバサン)くささ」は、「魅力」にもなるのです。
そのために、心がけるべきこととは――?


【SEOリンク・キーワード】
エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫



 「オジサン」「オバサン」などという言葉は、よく、「……っぽい」「……くさい」などの言葉とセットで使われます。「オジサン(オバサン)っぽい」「オジサン(オバサン)くさい」などの言葉が示すのは、あまりいい感情ではないかもしれません。「敬遠したい」「イヤだ」などの負の感情が含まれている場合もあります。
 なので、こういう言葉を浴びせられると、たいていの人は落ち込みます。落ち込むだけじゃなくて、「オジサン」「オバサン」と言われないようにしようと、若作りに精を出したりもします。
 しかし、この「オジサン」「オバサン」は、はたして、隠すべき「弱点」なのか、それとも、見ようによっては「魅力」でもあるのか?
 今回は、この問題を掘り下げてみようかと思います。

「オジサン度」「オバサン度」はどこで決まる?

 そもそも、あの人は「オジサンくさい(っぽい)」とか「オバサンくさい(っぽい)」という感想や評価は、どこで生まれるのでしょう?
 もちろん、そうした印象を生み出す最大の要因は、「見た目」です。
 どんなに自分では否定しても、皮膚のたるみやシミ・シワは、残酷にあなたの年齢を物語ります。
 細かい字が読みにくくなる、人の名前が覚えにくくなる、駅の階段を駆け上れなくなる……などの身体的能力の衰えも、「ああ、もうオジサンだなぁ」「オバサンになっちゃったわねェ」という現実をあなたに突きつけます。
 しかし、それだけのことで、人があなたを「オジサンくさい(っぽい)」とか「オバサンくさい(っぽい)」などと評するかというと、おそらく、ないだろう――と、筆者は思います。
 そもそも「○○くさい」とか「○○っぽい」という言葉の裏には、「見た目以上に」という言葉が隠されています。
 どういう条件があれば、あの人は「見た目以上」に「オジサンくさい(っぽい)」とか「オバサンくさい(っぽい)」と思われてしまうのか?
 観察のポイントは2つだろうと思います。
 ひとつは「しぐさや態度」、もうひとつは「ものの言い方」です。それぞれ、ポイントを挙げてみましょう。

「オジサンくさい」「オバサンくさい」と思われるしぐさ&態度
〈1〉イスから立ち上がるときに、何かに手をついて体を支える。
〈2〉何かを持ち上げようとする度に「ヨイショ」などと声が出る。
〈3〉「あ~あ」というため息を、一日に2度や3度はついている。
〈4〉いつも数種類のサプリを持ち歩き、常用している。
〈5〉カラオケで歌う曲が古い。
〈6〉電車などに乗ると、つい、目で空席を探してしまう。
〈7〉Tシャツ、ポロシャツなどの裾をパンツやスカートの中に入れる。
〈8〉リュックよりショルダー型のバッグを愛用する。
〈9〉人の名前をなかなか覚えられない。

「オジサンくさい」「オバサンくさい」と思われるものの言い方
〈1〉何かにつけて「私たちが若い頃は」という話し方をする。
〈2〉「それは××に決まっている」などと断定する言い方が多い。
〈3〉「最近のタレントは……」などと話すタレント・歌手などが、すでに古い。
〈4〉一度言い出したことは、なかなか変えようとしない。
〈5〉「どんなものを読んでるの?」などと、人の趣向を詮索したがる。
〈6〉「ホラ、あれが……」など、会話の中に「あれ」「それ」などの指示語が多い。
〈7〉妻や夫を「うちのが……」などと言う。
〈8〉「まぁ、まぁ」などと、物事を馴れ合いですませようとする。

 まだ、いろいろありますが、こんなところでしょうか?
 自分にも、こんなところあるなぁ――と思った人は、すでに「オジサンくささ」「オバサンくささ」をまき散らしていると思ったほうがいいでしょう。

「オジサンくささ」「オバサンくささ」は短所か、長所か?

 問題は、ここから先です。
 こういう「オジサンくささ」や「オバサンくささ」は、その人の「短所」になるのでしょうか? それとも「長所」となり得るのでしょうか?
 「短所」として扱われるとしたら、それは、次のような点に関してだろうと思われます。

「短所」と見える「オジサンくささ」「オバサンくささ」
〈1〉ガンコで、自分の考えを曲げようとしない。
〈2〉口やかましくて、ものの言い方が「強圧的」である。
〈3〉「若さ」を羨んだり、逆にバカにする傾向がある。
〈4〉ムリに「若いフリ」をしようとするところがあり、それがウザい。
〈5〉態度があいまいで、いい加減である。

 反対に、「長所」として扱われるとしたら、それは、次のような点に関してだろうと思われます。

「長所」と見られる「オジサンくささ」「オバサンくささ」
〈1〉ちょっとのことでは揺るがない考え方の芯を持っている。
〈2〉ときどき深い言葉でものの道理を説いてくれて、それが身に沁みる。
〈3〉「若い」人間の感じ方や考え方を理解しようとしてくれる。
〈4〉ムリに「若者」に合わせようとしたりせず、それが「渋い」と感じられる。
〈5〉すべて受け入れてくれる「包容力」がある。

 「短所」「長所」として挙げた〈1〉〈5〉は、それぞれ、同じことの「裏と表」の関係にあります。
 「オジサンくさい」「オバサンくさい」を「魅力」とできるかどうかは、〈1〉~〈5〉がどちらに振れるかによって決まる――と言ってもいいかと思います。
 そこで、考えて見ました。
 「オジサン」「オバサン」を「魅力」として感じさせるためには、世の中高年はどう振る舞えばいいか?
 以下に、私見をまとめてみます。

悪魔女
「ガンコ」は「見せもの」じゃない。
懐に忍ばせるものである


 「オジサン」「オバサン」たちに付き物――と思われている「ガンコ」ですが、これは、どう見せるかによって、与える印象がまるで違ってしまいます。
 「ガンコ」が敬遠されるのは、何かと言うとそれを振りかざそうとするからです。何かにつけて、「自分のやり方はこう!」を主張する「ガンコ者」は、周囲をウンザリさせてしまいます。
 私も、「ガンコ」であることについては人後に落ちない――という自負(?)を持っていますが、ふだんは、「おまかせします」「キミたちの好きなように」と、その「ガンコ」は懐の奥にしまっておきます。しかし、どうしても、「ここだけは譲れない」「ここを見過ごすと、全体がおかしな方向に進んでしまう」と察知したときには、静かに口を開きます。
 「私は、そういうやり方は、あまり好きじゃないな」というふうにです。懐にしまっておいた「ガンコ」という刃を、そっと抜く、あるいは抜くマネをするわけですね。それで十分――と私は思っています。
 その見せ方については、本シリーズの《File-4》 で詳しく解説していますので、よろしければ、そちらもご参照ください。

  参考記事
 不細工&不器用事典File-4 「ガンコ」は、ある意味、「信頼」に値する性質である

悪魔女
「昔は……」とは言わず、
「いまは?」と訊く


 オジサンやオバサンがつい口にしてしまうフレーズに、「昔は……」というのがあります。これをやると、「オジサンくささ」「オバサンくささ」は、一気に上昇してしまいます。
 特に、ファッションや音楽、スポーツ、コミュニケーション・ツール、先輩・後輩のマナーなどの話になると、この「昔は……」フレーズはしばしば飛び出します。
 そして、たいていの場合、このフレーズは、「昔はよかった」⇒「いまはダメ」というニュアンスで使われます。たとえば、こんな言い方です――

昔は、心に沁みる歌がたくさんあったんだけどなぁ。いまの歌は、スポーツの掛け声みたいで、まるっきり、歌詞が頭に入ってこない。

 こんな言い方をしてばかりいると、「どうせ、あの人には、いまの若い人間の気持ちなんてわかりはしない」と思われ、つい敬遠されてしまうことになります。
 「昔とは違うんだな」と感じたときに、口にすべきことは、「昔は……」ではなく「いまは……」です。たとえば、こんなふうに――。

それって、レディコミでしょ? ヘェ、いまは、男の子もレディコミ読むんだ? それって面白い? フーン、今度、読んでみるよ。エッ、貸してくれるの? ありがとう。

 自分たちの時代とは違うようだけど、どこがどう違うのか、勉強してみるよ――という姿勢を見せるわけですね。こういう姿勢を見せておくと、若い人たちのほうから、「○○さん、コレ知ってます? いま、ボクたちの間で流行ってるんですよ」と、新しい情報を教えてくれたりするようになります。

悪魔女
「××するのが当たり前」と決めつけるのはNG。
「私だったら××する」と、さりげなく説く


 「オジサン」「オバサン」が煙たがられる最大の理由は、この決めつけです。
 「○○するのが当たり前」とか「○○が常識だろ」という言葉は、「自分は正しい」を根拠なしに周りに認めさせようとする強圧的な態度ですが、実は、信奉する「正しい」がもはや時代に通用しなくなっていることを、当の本人はご存じない。
 こうなると、この手の「オジサン」「オバサン」は、「旧時代のゾンビ」または「もはや見向きもされない化石」として、時代の片隅に追いやられてしまいます。
 口が裂けても、「○○が常識」というフレーズは口にしない。
 私は、齢50歳を迎える頃から、それを自らに戒めてきました。
 それでも、何かを主張したくなったら、

  私だったら、××するけどね。

 と、さりげなく披露する程度にとどめます。道を問われたら(=意見を求められたら)、この「私だったら」というフレーズを使って、「参考までに」というスタンスで自分の考えを述べる程度にとどめる。
 これが、「オジサン」「オバサン」の良識の示し方だろうと思います。

悪魔女
「いい加減」は、自分を許すためではなく、
人を「受け入れる」ために使え!


 歳をとるにつれて「ガンコ」になる「オジサン」「オバサン」たちがいる一方で、「ま、いいや」と「いい加減さ」が増す人たちもいます。
 「いい加減さ」が増すのは、いろんな基準が緩くなるからなのですが、その「緩くなる」がもっぱら自分の行動規範などに向けられれば、周囲からは「だらしない人間」「いい加減な人」などと思われます。
 それが、他人に向けて発揮されれば、「寛容な人」「包容力のある人」という評価を得ることになります。
 どうせ、緩くなるのなら、「他人を受け入れる」方向に発揮したいものです。

悪魔女
若い人の集まりにムリに参加しようとするな。
誘われても「いや、私はいい」と身を引く


 「若さ」に対する「あこがれ」や「やっかみ」が、年々、増量していく人もいます。
 それは、老いていく自分に対する「あせり」の裏返しでもあるのですが、それが強くなると、何かと言うと、若い人たちの世界に首を突っ込みたくなります。

  エッ、カラオケ行くの? オレも加えてよ。
  アウトレット? 私も行きたいわァ。

 といった具合です。
 たぶん、これは、たいていの場合、煙たがられます。
 こういう場合、「オジサン」「オバサン」たちに求められるのは、「節操」です。
 たとえ、「先輩もどうですか?」と声をかけられても、「いや、私は遠慮しとくよ。若い人たちで楽しんできなさい」と身を引く「節操」です。もし、あなたが「上司」という立場なら、「いや、私はいいから」と遠慮した上で、「これ、少ないけど……」などと資金をカンパしてあげる。
 こういう「オジサン」や「オバサン」には、ひそかなファンがつくかもしれませんよ。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事の主張はナルホドと思う(FC2 恋愛)
→この記事には共感できた(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このカテゴリーの記事一覧に戻る      トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★質素に生きる New
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR