その「怒り」は、正義の「義憤」か、恐怖の「私憤」か?

女の子ヘッドホン  男の本心・女の本心~59 

あなたの周りに「怒っている人」がいたら、いちばん大事なことは、
安易に「同調」するのではなく、その「怒り」の理由を、
正しく理解してあげることです。理解するポイントは――


【SEOリンク・キーワード】
エロ 恋愛小説 オーガズム 不倫



 「怒り」という感情は、とても、わかりにくい感情である――という話を、過去3回にわたってしてきました。

  まだお読みでない方は、下記の記事をご参照ください。
 File-56 その男が、女が、あなたに怒っている「ほんとうの理由」
 File-57 「怒っている人」は、ほんとは「恐れている人」
 File-58 DVに走る夫が、怒っているものの正体

 わかりにくいのは、ひとつには、何を恐れて「怒り」という感情が生み出されたのか、その元となる「恐怖」そのものが、隠されている場合が多いからです。
 そしてもうひとつは、「だれに」怒っているのかという、「怒りの対象」も、隠されている場合が多いからです。
 しかし、わからないままでは、「怒り」と正しく向き合うことができません。ヘタすると、火に油を注ぐような対応をとってしまうかもしれません。
 「怒り」と向き合うときには、隠されている「怒りの正体」を見抜き、その内容を正しく理解することが何よりも重要。私は、そう思っています。
 見抜くポイントは、たった2つです。

 〈1〉その人の「怒り」は、ほんとは「だれ」に向けられているのか?
 〈2〉その人は、ほんとは「何」を恐れて怒っているのか?


 怒った人の話を聞くときには、私はいつも、この2つに注意を払いながら、耳を傾けることにしています。
 まず、見きわめるのは、〈1〉の「だれに」です。その人が怒っているのは、ほんとうに自分に対してなのか、それとも、ほんとうに怒っている相手は、他にいるのか?
 それによって、「怒り」の受け止め方は、まったく変わってきます。

「怒っている人」には、話させるだけ話させる

 この人は、自分に怒っているのか、それともだれか(何か)に対して抱いた「怒り」を自分にぶつけているだけなのか?
 たいては、相手の態度や言葉の端々から、何となく見当がつきますが、わからないときには、私は、相手に言いたいだけ言わせるようにしています。途中で、「お言葉ですが」とか「おまえ、それは違うだろう」などと、口をはさみたくなることもあるかもしれませんが、それをやると、相手の「怒り」はあらぬ方向に逸れてしまいます。場合によっては、異論をはさんだあなたに、新たな「怒り」を芽生えさせてしまうかもしれません。なので、ただ、じっと話を聞いてやります。
 言いたいことは言い終えたかな――というところまで話を聞いて、この人の「怒り」の元は「自分ではない」と確信が持てたら、こう切り出します。

  何か面白くないことでもあったの?――(友人や部下に対して)
  上と何かあったんですか?――(上司などに)
  ハハァ、またフラれたか?――(気心の知れた異性の友人などに)

 こうして声をかけてやると、筆者の経験では、「実は……」と「怒り」のほんとうの理由を話し始めてくれるケースが、少なくありません。
 わけもわからず怒っている人には、こうして、話させるだけ話させて「ガス抜き」をした上で、「怒り」のほんとうの理由を引き出す――というのが、もっとも賢明な方法だろうと、私は思います。
 「ほんとうの理由」が引き出せたら、「ウン、その気持ちはわかる」と、相手の気持ちを「理解」します。しかし、どうか間違えないでください。理解」はするけど、必ずしも「同調」するというわけではありません
 ただ「理解」するだけで十分か、それとも「理解」した上で「同調」まで示す必要があるか? これは、「怒り」の内容によっても変わってきます。

その「怒り」が「私憤」なら、「同調」は禁物です

 「怒り」の対象が自分ではない――となると、その人が怒っている対象は、あなた以外のだれかということになります。もしかしたら、「だれか」ではなくて、会社や学校といった組織、あるいは「世の中全体」かもしれません。
 もし、その対象が「特定の個人」であれば、その人の「怒り」は、「私憤」ということになります。しかし、それが、「会社のあり方」とか「社会のしくみ」という制度や仕組みに向けられたものであれば、そうした「怒り」は「義憤」と呼ばれます。
 原則として、私は、自分にこう戒めています。

 「私憤」には、「理解」は示すけれど、「同調」はしない。

 たとえば、だれかが、「まったく、うちの課の課長ってのが、どうしようもないワンマンでさぁ」と、そのワンマンぶりへの「怒り」をぶちまけているとします。
 「ヘェ、それじゃあ、部下も大変だねェ。ストレス溜まるでしょう」と、相手の心情を思いやってあげる。ここまでは、「理解」の範囲です。しかし、そこで、「そりゃ、ひどい課長だねェ。オレだったら、キレてブン殴ってるよ」などとやれば、あなたはその人の「怒り」に「同調」したことになります。
 仮に、その人とあなたが同じ職場だったりすると、あなたはその人と「反課長」のタッグを組んだ――とみなされてしまいます。同じ職場でなかったとしても、あなたを「同志」とみなしたその人は、以後、延々と、課長への「怒り」をあなたの耳に吹き込み続けるかもしれません。

 ということもあるので、私は「私憤」には「同調」しないことにしています。しかし、その「怒り」を無視してしまうというのも冷たすぎやしないか――と思うので、「理解」を示すわけです。理解」とは、ニュートラルな立場から相手の置かれた状況や心情を「わかってあげる」ということです
 「理解したよ」を示すために発する言葉は、「大変だね」でもいいし、「あなたの気持ちはわかる」でもいいでしょう。「わかってもらえた」というだけで、相手の「怒り」の炎は、そのエネルギーをほとんど消費して、鎮火に至る。「私憤」には、ここまでの対応で十分だ――と、私は思っています。

賛同できない「義憤」には、軽い「関心」示すだけにする

 では、もし、その人があなたに対して見せる「怒り」が「義憤」だった場合は?
 「私憤」に対しては、「理解」を示す。しかし、「同調」はしない――が、基本的スタンスだと申し上げましたが、「義憤」の場合は、いささか複雑になります。
 「義憤」というのは、会社や学校などの組織または社会全体に対して、「そのやり方はおかしいだろう」「その考え方は間違っている」と感じて発する「怒り」ですが、その「怒り」を生み出すのは、「理性」によって身に着けた「正義感」や「世界観」です。
 だれかが、「義憤」が元になったと思える「怒り」をぶちまけてきたときには、私は、まず、その「怒り」を生み出した「正義感」または「世界観」の正体を、注意深く読み取った上で、どう対応するかを決定します。

 その「正義感」が正しいと感じたり、「それは正論だ」と思えたときには、私は「理解」を示すだけでなく、「自分も同感だ」と「同調」するようにしています。ただ、「同調」するだけでなく、ときには、アドバイスを送ることもあります。
 そんな正論を振りかざしても、傷つくのは本人だけだ――と思えるときには、

あなたの意見には、まったく同感だ。あなたが怒るのも、もっともだと思う。しかし、その怒りを正面からぶつけたら、傷つくのはあなたのほうだ。私は、傷つくあなたを見たくない。

 などと諭すこともあります。

 しかし、その人の掲げる「正義」が自分のそれとは違う、「間違っている」と感じられるときには、「理解」はしても、「同調」はしません。
 もし、その相手が、自分とは何でも語り合えるような親しい間柄の人間であれば、「それは違うんじゃないか」と徹底的に議論して、相手を説得しようと試みるかもしれませんが、それほど親しくない相手であれば、そんな労力はかけません。
 「ヘェ、変わってるんですね」とか「面白い考え方するんですね」と、「軽い関心」を示す程度にとどめて、深く関わるのは止めておきます。

 あなたに差し向けられる「怒り」の対象が、自分以外の「だれか」または「もの」である――と推測される場合の対処は、以上のとおり。

 「私憤」には「理解」を示すが「同調」はしない。
 「義憤」には、「理解」を示した上で、
 相手の「正義」が自分の「正義」と共鳴し合えるものであった場合のみ、
 「同調」を示す。


 それが基本的なスタンスだろう――と思います。
 では、もしその「怒り」が、自分に向けられたものらしい――とわかったら?

その人が自分に怒っている「理由」を知るために

 その人が怒っている対象は、どうやら自分らしい――とはわかっても、《File-56》 でお話したように、そのほんとうの理由は、隠されているかもしれません。
 いったい何に怒っているのかわからない――という場合には、ズバリ訊いてみるというのも、ひとつの方法です。

  私のどこがいけないのでしょうか?――(目上の相手に)
  オレのどこが気に食わないんだよ?――(同輩や後輩に)

 というふうに、単刀直入にお尋ねしてみるわけです。
 しかし、もしその人の「怒り」の背後に、あなたに対して抱いている「恐怖」が隠されている場合には、それで、「怒りのほんとうの理由」までが明かされるかというと、あまり期待はできません。

 「隠された怒りの理由」は、《File-57》 でご紹介したような方法で、推測するしかないのですが、それでも想像がつかないというときには、私だったら、ホンネを引き出す「誘い水」をかけてみます。たとえば――

  ね、○○さん、ほんとうはボクのことが嫌いでしょ?

 というふうにです。たいていは、「いや、そんなことはないけど……」と否定しますが、そこで、さらに言うのです。

いいんですよ。自分が不完全な人間だってことは、自分がいちばんよくわかってるんだから。何でも、気に障ることがあったら言ってみて。

 「じゃ、言うけどさ……」と、ホンネをぶつけてくれる人も、案外、いるかもしれません。
 最初に謝ってしまう――という手もあります。

  ごめんね。いつも、不愉快な思いをさせてしまって……――(友人や妻・恋人に)
  不十分なところばかりで、何かとお怒りだろうと思いますが……――(上司などに)

 いきなりこう切り出すと、相手は「エ、何のこと?」という顔をしますから、そこで、問いかけるのです。

  鈍感なので、気づいてないことも多いと思うんだ。もし、頭に来たってことがあるんだったら、何でも言ってね。

 もちろん、目上の人間に対しては、もっとていねいな言葉で尋ねます。私の経験によれば、仮に自分の何かについて怒っている人がいても、そう尋ねた時点で、「もういいや」と「怒り」は矛を収めてしまいます。残りの半分は、「ま、大したことじゃないんだけどね……」と、「怒り」のほんとうの理由を話してくれるかもしれません。
 「ほんとうの理由」を話してくれたら、「そんなふうに感じてたのか」「あなたがそう感じるのも、ムリはない」と、その感情に「理解」を示します。
 自分に怒っていると感じられる人に対しては、まずは、こうしてその「怒りの理由」を「理解」することが、何より大事――と、私は思います。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR