美しすぎる従妹〈終章〉 この手は、いまも空いている

smile.jpg 

ユリちゃんが結婚したのは、国際線のパイロットだった。
しかし、その男は異常に嫉妬深く、彼女の浮気を疑っては、
暴力を振るった。傷だらけのユリちゃんは、やがて――


 マリアたちへ   第18話 
美しすぎる従妹〈終章〉

 前回までのあらすじ  その小さな手が、どんなに懸命に私の手を握り締めていたか? その感触を、私はいまでも覚えている。それから10年、高校生になった私は、自転車で郷里・福岡へ帰る旅の途中、広島に立ち寄った。従妹・ユリは、美しい中学生に育っていた。叔父に言われて、私にビールを注いでくれるユリ。そのムームーからのぞく胸元に、私は、ふくらみ始めた蕾を見た。私にビールをすすめながら、叔父は、政治や世界情勢について熱く語りかけてくる。ふたりの話が熱を帯びる様子を、ユリは、興味深そうに見ている。そこへ真人が帰って来た。快活で勝気なユリと、引っ込み思案な兄・真人。ふたりは、性格が正反対の兄妹だった。翌朝、私は九州へ向けて、広島を出発した。岩国の錦帯橋まで、叔父に言われた真人が伴走し、錦帯橋で弁当を広げた。私の弁当はユリのお手製だと言う。「いつかまた、私の手を引っ張ってください」。箸を巻いた紙に、そんなメモが添えてあった。岩国を出ると、山道になる。そこで事故が起こった。後輪のブレーキが焼き切れてしまったのだ。前輪のブレーキだけで走る危険な走行。それでも防府に着き、私は駅の待合室で仮眠をとった。翌日、関門トンネルを抜けて国道3号へ。福岡の実家に着いたのは、広島を出発して28時間後の午後1時だった。私を迎えたのは、妹と母だったが、その奥から「お帰りなさい」と声がした。どうして? と驚く私に、ユリちゃんが言った。「父に様子を見て来いと言われたの」。ペロッと舌を出して、ユリちゃんは、私だけにわかる視線を送ってきた。翌日、私は、妹の加奈とユリちゃんを柳川見物に連れていくことになった。川舟に乗っての掘割めぐり。その舟への乗り降りで、私はユリちゃんの手を引いた。「ありがとう。ユリのお願いを聞いてくれて」と、ユリちゃんがうれしそうに顔を崩した。弁当に添えられた彼女の小さなメモのことを言っているのだった。そんなユリちゃんに、加奈が突然、訊いた。「ユリちゃん、好きな人、おると?」。「おらん」とユリちゃんが首を振ると、「おらんてよ、お兄ちゃん」と加奈が言う。「関係ないよ」と憮然と答えた私だったが、帰り路、私の左脚は、突然の痙攣に襲われた。ムリな自転車の旅で、大腿が筋肉炎を起こしていたのだった。ユリちゃんはそんな私に肩を差し出しながら言うのだった。「さっき、おらんゆうたんはウソ。ほんとはおるんよ。相手は、私の気持ち、知らんけど」と。翌日、森高ユリは広島に帰り、私は、夏休みが終わると、四国へ船で帰った。やがて、ユリちゃんは高校生になり、短大に進み、地元の何とかというミスに選ばれ、航空会社に就職した。その度に、母は私に、「ユリちゃん、どんどんきれいになっていく」と言っては、ため息をついた。その母から「ユリちゃん、結婚した」と聞かされたのは、20代もそろそろ終わり、という頃になってからだった。相手は、同じ航空会社のパイロットだと言う。そんなある日、オフィスに突然、ユリちゃんから電話がかかってきた。13年ぶりに会うユリちゃんはやつれたように見えた。そして、その腕に発見した赤紫色のあざ。「ユリちゃんの結婚はうまくいっないらしい」と母から聞かされたのは、その翌年だった――

【リンク・キーワード】 エッチ 官能小説 純愛 エロ
このシリーズは、筆者がこれまでに出会ってきた思い出の女性たちに捧げる「ありがとう」の短編集です。いま思えば、それぞれにマリアであった彼女たちに、心からの感謝を込めて――。



この話は、連載11回目です。この小説を最初から読みたい方は、こちらから、
   前回分から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 森高ユリ。
 美しすぎる従妹を妻としたのは、同じ航空会社で国際線のパイロットとして勤務している男だった。
 結婚生活は、当初から、夫の「長い不在」との闘いだった。
 国際線の場合、1レグ(1回の離着陸)ごとに、インターパルを取る。アジアや太平洋便だと中1日、欧州便だと中2日。1回のフライトは、2泊3日または3泊4日の任務になる。
 新妻となったユリちゃんは、月の半分以上、家を空けている夫を、ただ待ち続けるだけの生活を強いられた。グランドスタッフだったユリちゃんとしては、結婚後も仕事を続ける希望を持っていたが、夫となった男はそれを許さなかった。
 男は、ユリちゃんに言ったそうだ。
 「うちのCAたちなんて、結婚するならパイロットがいちばん――と言ってるそうだ。なにしろ、亭主は、年中留守。浮気なんてし放題――ってさ。オレは、おまえには、絶対、そんなことをさせたくない」
 ならば――と、住まいの近くでパートにでも出ようと思うと言うと、男は、今度は怒り出した。
 「オレの給料じゃ足りないって言うのか? 女房がパートに出てるなんて、恥ずかしくて人に言えないよ」
 そうじゃない。仕事に出るのは、社会とつながっていたいからだ――と、いくらユリちゃんが言葉を尽くしても、男は聞く耳を持たなかった。
 「何が、社会だ! そこらのスーパーで働いて、社会だ――なんて、あんまり笑わせるなよ」
 働きたいと言う妻にそんな言葉しか返せない男を、どうしてユリちゃんが選んだのか、私には、見当がつかなかった。

 叔母たちに「真人とユリが、男女逆だったらよかったのに」と言わせた、ユリちゃんの男勝りで勝気な性格。ひとつだけ言えることがあれば、その勝気さが「裏目」に出た、ということだろう。
 《いつかまた、私の手を引いてください》
 高校生の頃、ユリちゃんが弁当に添えて私に宛てたメッセージの一節が、いまも、頭の片隅に残っている。
 快活で男勝りな美少女・ユリは、ほんとうは、「自分を力強く引っ張ってくれる男」を、どこかで求めていたのかもしれない。夫として選んだ男の「わがままなだけ」としか思えない強引さが、ユリちゃんには、「力強い男らしさ」と映ったのかもしれないなぁ――と、私は思った。

       

 男の強引さの奥には、異常とも思える嫉妬深さがひそんでいた。
 4日間の海外フライトを終えて帰国すると、男は真っ先にユリちゃんの体を点検した。どこかに自分以外の男の痕跡が残ってないか――と、全身の肌をくまなくチェックし、脚を開かせてそこの臭いを嗅いだ。
 最後には、開かせたままのユリちゃんのそこに、猛り狂ったペニスを突き立てて、勝ち誇ったように腰を動かす。ユリちゃんが「イャッ!」「止めて!」などと反応すると、「イヤだと? 他に好きな男でもいるのか?」「だれかにここをブチ抜かれたのか?」と問い詰め、問い詰めながら体を殴った。
 頬を殴り、胸を殴り、尻を殴り……しながら、抗うユリちゃんのヴァギナに、二度も三度も、精液を放出した。
 もちろん、携帯の着信記録、発信記録、メールのやりとりも、すべてチェックする。そこに自分の知らない男の名前を発見すると、「こいつはだれだ?」と問い詰める。「会社にいた頃の仕事仲間」などと答えた程度では納得せず、「そいつと何を話した?」「ほんとはどこかで会ったんだろう?」などと責め続ける。少しでも返答を拒むと、素裸にしたユリちゃんをロープで縛ってテーブルの脚にくくりつけ、そこへベルトを振り下ろした。
 「痛い!」「もう許して!」と懇願するユリちゃんの体を、髪の毛をつかんで引き起こし、そこへまた、怒張を突き立てる。
 帰国する度に繰り返される、地獄絵図のような夜。そんな夜が、新婚半年を過ぎる頃から始まった。
 オフィスに電話をかけてきたときには、すでにユリちゃんは、そんな地獄絵の最中にいたのだ。彼女の腕の付け根に、赤紫のあざを発見したとき、私はそのことに気づくべきだったのかもしれない。

       

 母からユリちゃんの結婚生活の荒れた様子を聞かされた半年後、ユリちゃんは妊娠した。
 望まない相手との間にできた子どもだった。
 すでに、愛など感じられなくなっていた男に、強引に植え付けられた子ども。しかし、ユリちゃんは、産むことを決意して、広島に帰って来た。
 そして、そのまま、広島を出ることがなかった。
 ユリちゃんの決意は、「産んでシングル・マザーになる」だった。
 男は、離婚請求は一方的であると主張して、莫大な慰謝料を請求してきたが、最終的には、「DV」が認められ、離婚が成立。子どもの親権も、ユリちゃんの手元に残った。
 ユリちゃんは、広島の実家で子どもを育てながら、自立の道を探った。幸い、地元に新しくできたショッピングセンターに求人があって、ユリちゃんは持ち前の美貌と航空会社勤務の職歴が評価され、広報担当として就職することができた。

 「子どもがおらんかったらねェ……」と、母が独り言のようにつぶやいたことがある。
 「おらんかったら、何ね?」と訊き返すと、「いや、なんでんなか」と口をつぐんだ。
 「子どもおってもよかよ」と言うべきところだったかもしれない。ほんとうなら、言いたかった。しかし、私も口をつぐんだ。
 その2年後、ユリちゃんが再婚した――と、妹の加奈から聞かされた。
 「すごいお金持ちで、やさしい人らしか。よかったね、お兄ちゃん」
 何が「よかった」なのか、さっぱりわからなかった。
 翌年、広島の叔母が急死し、その翌日、私の父がこの世を去った。
 両家の不幸が重なったため、おたがいに相手の家を弔問することができなかった。
 叔母が亡くなると、叔父も生きる気力を失ったのか、その2年後、後を追うようにこの世を去った。
 届いたのは、「親族だけで葬儀をすませました」というお知らせだった。
 差出人は、森高真人となっていた。
 その悲しい知らせを最後に、広島の森高家とのやりとりは絶えた。
 ユリちゃんが、いま、どこで、どうやって暮らしているのか、私は知らない。
 つなぐはずだった手は、いまでも、空いたままだ。

 第18話「美しすぎる従妹」は、これにて《完》です。
  最後までお読みいただき、ありがとうございました。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 この小説へのあなたの感想をClick Please! (無制限、押し放題中!)
管理人はいつも、下記3つの要素を満たせるようにと、脳みそに汗をかきながら記事をしたためています。
そして、みなさんが押してくださる感想投票に喜んだり、反省したりしながら、日々の構想を練っています。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもったポチを、よろしくお願いいたします。

 テーマがいいと思う(FC2ランキング 恋愛)
 描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村ランキング 小説)
 ストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 この小説の目次に戻る            トップメニューに戻る 
関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR