「怒っている人」は、ほんとうは、「恐れている人」

女の子ヘッドホン  男の本心・女の本心~57 

あなたに「怒り」を振り向けてくる人たちは、実は、
あなたを「恐れて」いる人たちかもしれません。そこには、
どんな「恐怖」が隠されているのか、あぶり出してみました。


【SEOリンク・キーワード】
エロ 恋愛小説 オーガズム 不倫



 「怒り」は、たいていの場合、「恐怖」に対する「防御反応」である。
 前回の「男の本心・女の本心」(参照⇒『その男が、女が、あなたに怒っている「ほんとうの理由」』)では、そんな話をしました。
 では、その人の「怒り」は、どんな「恐怖」から生み出されたのでしょう?
 それを知ることは、その「怒り」と正しく向き合うためにも、必要なことではあるのですが、本人さえ自覚してない場合もある「隠された恐怖」の正体を見破ることは、そんなに簡単ではありません。

「怒る人」が恐れているものの正体は?

 人が、「恐怖」を感じる理由は、いろいろです。何に「恐怖」を感じるかは、その人の環境や育ち方によっても変わってきます。しかし、その中で、人が「隠したい」と思うほどの「恐怖」は、そんなに多くはありません。
 主なものを、「恐怖」の度合いが強いと思われる順番に、並べてみましょう。

カラス 〈1〉肉体的危害への恐怖

 殺されるかもしれない、傷つけられそうだ……など、肉体に加えられる脅威に対する恐怖。動物であれば、本能的に「防御スイッチ」が入る最大級の脅威です。
 この「恐怖」を感じると、人は2種類の異なる反応を見せます。
 闘争心の旺盛な人は、自分の体を大きく強く見せようと筋肉を強張らせ、グイと胸を張り、相手をニラみつけるような視線を送り、口からは、「何だ、このヤロー!」とか「何よ、あんた!」などの戦闘的な「怒り」の言葉が飛び出します。
 一方、闘争心が強くない人は、身を縮め、目を逸らし、声をひそめて、脅威が去るのをじっと待ちます。

カラス 〈2〉財産を奪われる恐怖

 文字通り、自分の築いた財産を奪われる、金品を強奪される……という脅威に対する恐怖です。動物の世界で言うと、「エサを奪われる」脅威。生存を脅かされる脅威でもあるので、これも、本能的に「防御スイッチ」が入ります。
 経験した方もいらっしゃるかと思いますが、エサを食べている犬の食器に手を近づけたりすると、気の荒い犬は、歯をむいてうなり声を挙げます。
 人間の世界にも、「食い物の恨みは怖い」という言葉がありますが、近代人にとっては、「食い物」よりも「金品」や「財産」。しかし、それを「守りたい」があまり表面に出すぎると、「あいつは金の亡者」などと思われてしまうので、この恐怖も、隠されることが多くなります。

カラス 〈3〉愛を奪われる恐怖

 自分の伴侶(妻・夫、恋人など)や子どもを奪われる、危害を加えられる……などの脅威に対する恐怖。「愛を」と言いましたが、正確には「遺伝子を」と言ったほうがいいかもしれません。
 動物にとって、「己の遺伝子を守れ」は、至上の指令です。特に、自分では生命を生み出すことのできないオスにとって、これは深刻な指令です。のんびり構えていると、他のオスにメスを寝取られ、こっそり遺伝子を仕込まれてしまうかもしれないので、自分の伴侶に近づくオスがいると、本能的に「防御スイッチ」が入って、「怒り」をむき出しにするわけです。
 人間も、ほんとは同じはずなのですが、そんな「恐怖」を感じるたびに「怒り」の行動を起こしていると、オス同士は、延々と殺し合いをしなければならなくなりますので、社会的なルールを作って、その「怒り」を封じ込める制度を作り上げました。
 人間の場合は、メスも同様の「恐怖」を感じますが、人間のメスが他のメスに感じる「恐怖」の正体は、「遺伝子を奪われる恐怖」ではなくて、「財産を奪われる恐怖」に近いだろうと思われます。
 
カラス 〈4〉ナワバリを侵される恐怖

 「ナワバリ」には、「身体的ナワバリ」と「支配権のナワバリ」があります。
 「身体的ナワバリ」は、自分の体の周囲に「それ以上近づくな」と張り巡らされた警戒領域のこと。心理学の世界では「パーソナル・スペース」とも呼ばれ、そのスペースは、相手と親密になるほど小さくなります。親しくない他人がその領域に侵入しようとすると、体が本能的に回避行動をとったり、闘争態勢をとったり、言葉で「近すぎます!」と警報を発したりします。
 「支配権のナワバリ」は、所有する土地や管轄する仕事の範囲、自分がボスとして束ねる部下や仲間や家族といった集団を囲い込むために、境界線のように張り巡らされた「意識のナワバリ」です。
 この領域に他者が足を踏み入れようとすると、やはり、人は「防御行動」をとります。人の土地に勝手に足を踏み入れると、「侵入者」として撃退しようとします。忙しそうだから手伝おうとしたのに、「オレの仕事に手出しするな」とムッとする人もいます。よその部署の人間にうっかり手伝いを頼むと、「人の部下を勝手に動かすな」と怒り出す人もいます。
 こちらのナワバリは「意識のナワバリ」ですから、「防御行動」も本能的にではなく、意識的な行動として表されます。

カラス 〈5〉地位・序列を失う恐怖

 会社や学校、各種のグループなどで、自分が得た地位序列が脅かされることに対する恐怖。地位が上の人間ほど、この脅威に対する恐怖が強くはたらき、下位にいる人間が自分を越えてのし上がる気配を感じると、「防御スイッチ」が入ります。
 こうした恐怖に対する「防御行動」は、「群れ」という社会を形成するサルなどの世界でも、しばしば見られますが、サルよりは複雑な階級を形成する人間社会の場合、その表れ方も、程度も、もう少し複雑です。
 こういう「恐怖」は、まったく感じないという人もいれば、ものすごく敏感に感じるという人もいます。
 敏感なタイプが上司だったりすると、部下は、かなり気を遣わされます。上司の指示に「お言葉ですが……」などと異議をはさむと、「キミはだれに向かって口をきいてるんだ」「××のくせに生意気な」といった言葉で反撃を食らいます。上司を飛び越えて、その上の幹部に自分の考えを提案したりすると、「そういう話は、まず私を通せ」と、目をむいて怒られます。
 男と女の間、先輩と後輩の間、友だち同士の間でも、「序列や順番」が問題になることがあります。たとえば、自分の彼女が恋人である自分を差し置いて、何かを自分の友人や先輩に相談した――としましょうか。女性はあまり気にしないのですが、たいていの男は、「オレにことわりもなく」と怒るか、露骨に不愉快な顔をします。
 これらもすべて、自分の地位や序列が脅かされたことに対する「防御行動」なのですが、こういう反応を見せるのは、どちらかと言うと、順序にこだわる生きものである男性です。

カラス 〈6〉名誉を失う恐怖

 こちらは、能力、人格、実績などの「社会的な評価」が脅かされることに対する恐怖。人間だけが感じることのできる、やや高度な恐怖です。
 この恐怖に対して「怒り」という「防御行動」が生み出されるケースは、かなり限られています。
 たとえば、自分の能力や実績が、教師や上司によって不当に低く評価されている、と感じたとき。そのことで、「役立たず」「バカ」などと名誉を損なう言葉を浴びせられたりしたとき。あるいは、心ないウワサを流されたり、誹謗・中傷されたりして、人格を傷つけられたと感じたとき。
 自尊心の強い人間ほど、こういう脅威に直面すると、自分の名誉を守りたいという「自己防御」のスイッチが入り、「怒り」を発動することになるわけです。

 以上、「防御反応」としての「怒り」を引き出す6種類の「恐怖」をご紹介しましたが、これらの「恐怖」は、通常は、隠されています。
 隠されているので、その人の「怒り」がどんな「恐怖」から生み出されたものかを判断するのは、そんなに容易なことではない――と、最初に申し上げました。しかし、想像することはできます。その想像をはたらかせるヒントは、あなたに振り向けられるその人の「怒りの言葉」の中にひそんでいます。

「だれに向かって」と声を荒げる人たちが恐れているもの

 あなたに「怒り」をぶつけてくるその人は、どんな「恐怖」を隠蔽しているのか?
 それを推測する手がかりとなるキーワードやしぐさを、よくある言い方の中から探ってみましょう。

「チッ」と舌を鳴らす・ドンと体をぶつけてくる・ジッとニラみつけてくる――相手を威嚇するようなこういうしぐさの背後には、〈1〉の「肉体的危害への恐怖」がひそんでいると考えられます。

「何か文句あるのか?」「ジロジロ見ないでよ」――目が合っただけで、こういう言葉を返してくる人がいたら、その背後にも、〈1〉の「肉体的危害への恐怖」が隠されていると思っていいでしょう。

「勝手に触るな!」「黙って見るな!」「のぞくな!」――その人の持ち物に触れたり、読んでいる本をめくってみたり、食べている弁当をチラと見たりしただけで、こんな言葉が返ってきたら、その背後には、〈2〉の「財産を奪われる恐怖」がひそんでいると推測できます。

「ひとの女」「ひとの男」「ひとの家」――「ひとの女に手を出して」などというふうに、相手を責める言葉の中にこういうフレーズが頻繁に登場する人は、所有欲の強い人。背後には、〈3〉の「愛を奪われる恐怖」または〈4〉の「ナワバリを侵される恐怖」がひそんでいると考えられます。

「だれに向かって」「××のくせに」――「だれに向かってものを言ってるんだ?」というふうに、怒ったり、叱責したりする言葉の端々に、こんなフレーズ含まれる人は、地位や序列にこだわる人。その背後には、〈5〉の「地位・序列を失う恐怖」が隠されていると思って間違いありません。

「××も知らないの?」「常識だろ、そんなの!」――説教したり、怒ったりするときに、こんな余計なひと言を付け加えたがる人たちがいます。こういう人たちが守りたいのは、「自分のほうがおまえより上」というプライドです。その背後には、〈5〉の「地位・序列を失う恐怖」または〈6〉の「名誉を失う恐怖」がひそんでいると推測できます。

「おまえのせいで……」「おまえのために……」――「おまえのせいで」と責任をかぶせ、「おまえのために」と恩を着せる。何かにつけてこういうフレーズが飛び出す人は、相手を支配したいという欲望が強い人です。その背後には、〈4〉の「ナワバリを侵される恐怖」または〈5〉の「地位・序列を失う恐怖」または〈6〉の「名誉を失う恐怖」が隠されている、と考えられます。

 他にもまだあるのですが、きりがないのでこれくらいにしておきましょう。
 その人の「怒り」の正体を見きわめるための参考にしてください。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事はためになった(FC2 恋愛)
→この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このテーマの記事一覧に戻る    トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

donnaさま

コメントありがとうございます。
donnaさんも、
人の「怒り」に怯えたりした経験がおありなのでしょうか?

「この人は、何に脅えて怒っているんだろう?」と
冷静に見られるようになると、
少し、心に余裕が生まれますよ。

お役に立てたのであれば、うれしいです。

哲雄

No title

長住さん

いつも楽しく拝読しています。
怒りは恐怖、、、なるほど!!!

目からうろこです。

これで色々なことに合点がいきました。
ありがとうございます。


そっかぁ、恐怖だったんですね。
もっと早く知っていれば良かった・・・


ありがとうございました!
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR