「愛」よ、おまえはどこからやって来た?

手と手 

人がサルよりも発達させた「他人を思いやる」能力。
「愛」は、その能力から発見されたのかもしれません。


 性とエッチの《雑学》file.142   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 普遍的な愛 イエス  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫



 それにしても――と、筆者は思うのです。
 遺伝子は、この世にコピーを残すために、なぜ、わざわざ「交配」などというしくみを作ったのでありましょうか?
 「交配」というしくみが必要なければ、「SEX」も必要ないはずです。単に「増殖」すればすむだけの話です。

 現に、細菌などの単細胞生物は、単純な細胞分裂を繰り返すことで、
 自らの種を増やしているではないか?
 なのに、なぜ?


 そこには、2つの理由があると考えられます。
 まず、第一に覚えておきたいことは、遺伝子にはエラーが生じるということです。単純な分裂=コピーを繰り返せば、そのたびに、エラーは蓄積されていきます。実際、人間でも、Y染色体上の遺伝子にはそのエラーが蓄積されて、近い将来、といっても600万年後ぐらいにはという話ですが、Y染色体そのものが消失するかもしれない――と言われています。

 そこへ、偶然にも、他の個体のDNAと遺伝子情報を交換するというしくみが登場しました。
 やってみると、これが、実にすばらしい!
 他の個体と遺伝子情報を擦り合わせることによって、自分は持っていない優秀な遺伝子を自己のDNAの中に取り込むことができる。傷んだ自分の遺伝子も、相手の遺伝子と照合することによって、エラーを修復することができる。
 こうして、遺伝子を強化した個体は、その優位性ゆえに優秀なコピーをこの世に誕生させ、それが生物の進化へと発展したのではないか――とされています。

「誓約」と「愛」とは別物

 さて、ここまでは、前々回の File-140 「SEXに愛は必要か? いまさらながらの疑問への答え」 の補足。
 こうして「交配」というしくみにたどりついた遺伝子は、それをさらに「SEX」へと発展させ、オスには「汝の遺伝子をバラ撒け」、メスには「遺伝子を厳選せよ」と命じて、種の保存のシステムをより高度なシステムに作り上げていきました。
 しかし、そこに「」などというものは、存在しません。
 ただ、優秀なコピーのシステムが存在するのみです。
 このコピーのシステムに「愛」が登場するのは、人類が「農業」を始めて「蓄財」が可能になってからだ。前回の File-141 「SEXと「愛」をセットにした、《農業の罪》」 で、そんな話をしました。
 農業を発展させた中東から欧州にかけての社会では、「財産」と権力の分散を防ぐために、「一夫一妻制」を社会の基本的なシステムとし、夫婦となる男女には 《愛を誓わせる》 という風習を定着させました。
 ここでは「愛」という言葉を使いましたが、当初は、「相手を裏切ってはいけない」という「誓約」に近いものだったと思われます。つまり、「浮気するなよ」という戒めで、その内容は、男女で違っていました。戒めていたのは、

  妻となった女が、他の男と肉体関係を持つこと。
   夫となった男が、他の男の妻に手を出すこと。


 です。
 もしその禁を侵せば、「姦淫」とされ、厳罰を科す。しかし、夫が未婚の女性に手を出しても「姦淫」とはされませんでした。
 ユダヤの律法では、そういうふうに定められ、それに「愛」という言葉を使ったのですが、ここにひとりの男が現れて、

 そんなもの、「愛」とは言えない。

 と声を挙げました。
 それが、イエスという人物です。

イエスが説く「敵さえも愛せ」という「愛」

 イエスは言うのです。

 自分を愛する者を愛したからとて、なんの報いがあろうか。
 そのようなことは取税人でもするではないか。
(マタイによる福音書第5章46節)

 「取税人」というのは、税を取り立てる役人のことで、当時のユダヤ社会では、もっとも忌み嫌われていた職業のひとつでした。
 では、イエスは「愛」について、何と言ったのか?

マタイによる福音書より (第5章43-44節)
「隣り人を愛し、敵を憎め」と言われていた(注・ユダヤの律法で)ことは、
あなたがたの聞いているところである。
しかし、わたしはあなたがたに言う。
敵を愛し、迫害する者のために祈れ。

 ここでイエスが主張している「愛」は、「エゴ」を超えた「愛」です。
 「自分を愛してくれる者を愛する」愛を「エゴな(利己的な)愛」とするなら、ここでイエスが口にした「愛」は、「非エゴ」な「普遍的愛」です。
 この時代には、すでに「普遍的な愛」という概念が、人々が理解できる程度には成立していた――と、考えていいと思われます。
 では、その「普遍的な愛」という概念は、いったい、どこからやって来たのか?
 それが、今回のテーマです。

「愛」は、「前頭葉」によって「発見」された…?

 イエスによれば、その「普遍的な愛」を人類に示したのは「神」である――ということになります。
 しかし、『旧約聖書』に描かれる「神の愛」は、いくら読んでも、「敵を愛せ」とまでは言ってない。それどころか、「神への忠誠」を示すために、「息子を殺せ」とまで求める愛です。
 筆者は思うのです。
 人類は、「愛」という概念に、どこかでたどりついたのに違いない。つまり、こういうことです。

 人類は、「愛」という概念を発見したのだ!

 どうやって?
 それには、大脳の発達が関係しているに違いない、と筆者は思っています。
 その発達は、主に前頭葉で起こりました。
 「前頭葉」というのは、脳の知的活動をつかさどる領域で、高等な人間の「前頭葉」では、物事の善悪を判断したり、意欲を起こさせたり、逆に抑制させたり……という活動を行っています。
 その「前頭葉」が行う重要な作業のひとつに、物事の類似点と相違点の把握という作業があります。
 「愛の発見」には、このプロセスが、ものすごくたいせつになります。
 類似点と相違点を見きわめることができれば、物事を「比喩的」に見るということが可能になります。
 つまり、こういうふうに物事を見ることが、可能になるのです。

 AがBのためにする「C」という行動は、
 DがEのためにする「F」という行動に似ていて、
 その両者の間に共通するのは、「」という要素だ。


 この「G」を発見する能力は、人間だけが発達させた能力だと言っていいと思います。
 そして、この「G」の発見には、「神の発見」も「愛の発見」も含まれるに違いない――と、筆者は思っています。

サルよりも「思いやり」に富んだ人間だから…

 「群れ」を作って行動する人間には、サルであった時代から、「他人を思いやる」能力が備わっていたのではないか、と言われています。
 先日、インドの駅で、電線に触れて感電して失神したサルを、仲間のサルが助けるという行動を見せたことが報じられ、「ドクター・モンキー」として世界中の賞賛を浴びましたが、実は、サルのこういう行動は、以前から知られていました。
 群れの中に、肉体的ハンデを抱えて、うまく餌がとれない個体がいたりすると、優位にいるサルが自分の餌を分け与えたりすることが、霊長類学者たちによって観察されてもいました。
 サルにも、「利他的行動」をとる能力が備わっているのではないか――とも言われています。
 こうした行動は、「群れ」を維持するための本能的行動ともとれますが、人類の次に前頭葉を発達させたサルには、ある程度の「思いやり能力」が備わっているのではないか――とも考えられるわけです。
 サルがこうした行動をとるのは、自分が優位に立ち、エサなどが十分に確保できる場合に限られていますが、サルよりもはるかに前頭葉を発達させた人間だと、「思いやり行動」の対象やレベルは、サルをはるかに凌ぎます。
 こうした行動を見て、人間の前頭葉は、こう判断するわけです。

 親が子どもに食事を与える行動と、
 路で行き倒れた旅人を助け起こして食事を与える行動は、
 どこか似ているなぁ。
 何か共通するものがあるゾ。


 こうして、人間は、「G」を発見します。

 この「G」に、「愛」と名前を付けてみようか。

 こうして、人類は、「愛」の発見にいたったのではないか――と、筆者は思うのです。
 「愛」という「G」を発見した人間は、自分がされてうれしいことは、相手もうれしいはずだ――ということを知ります。
 イエスが説いた「愛の思想」を、人々が受け入れることができたのも、すでに、人々が「愛を発見」していたからであろう、と思われるわけです。

 さて、SEXです。
 「自分が心地いいことは、相手も心地いいだろう」と、「比喩的思考」をめぐらせることのできる人間は、ただ、「優秀なコピーを残すため」だけではなく、「この人を気持ちよくしてあげよう」「幸せな気分にしてあげよう」という気持ちで、相手の体に触れることができます。
 もし、「SEXに愛が必要か?」と問われれば、「必要」の理由は、ただそれだけではないか――と筆者は思うのですが、いかがでしょう?



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR