なぜ日本では、「〇〇家」と「××家」の結婚式になるのか?


 不純愛トーク   第326夜  
「組織」に「依存」する性質が強い――と言われる日本人。その基本になっているのは、「家」という制度ではないか? そしてそれは、中国伝来の「儒教思想」の影響かもしれない。日本人のDNAに深く刻まれた「子どもは家のモノ」という書きこみと、「日本人の組織依存体質」について、今回は、深く追究してみたいと思います――。

【今回のキーワード】 依存性 儒教 家族エゴ
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


AKI 日本では、「家庭」も、個人が組織に「依存」するシステムのひとつになってるんじゃないか? 前回、哲ジイはそんなことをおっしゃいましたよね?

哲雄 ハイ。AKIクンもご存じのように、いまだに日本の社会には、「」を社会の単位として重視する風潮が残っています。結婚式だってそうでしょ?

AKI そうそう。あれ、私も、変だなぁ……と思ってるんです。結婚って、「○○××」さんと「○○××」さんが結ばれる儀式なはずなのに、「○○家・○○家、結婚披露宴会場」とかって書いてあるでしょ? 見るたびに「ムカッ」とするんです、私。

哲雄 結婚は、家と家の縁組だから――なんてね、いまでもそんなことを言う人たちがいます。おまえら、何時代の人間よ! と思うのですがね。

AKI そう言えば、「娘を嫁にやる」って言いますよね? 男の人だって、「ボクにお嬢さんをください」って、親に頭を下げに行くでしょ? 娘はモノか――って、言いたくなっちゃう。

哲雄 だって、モノなんだからしょうがない。

AKI エーッ!!

哲雄 日本の「家」という制度の中では、
    「娘」は「モノ」なんですよ。知りませんでした?


AKI 知りませんでした。

哲雄 武家社会になって以降は、ずっと、「モノ」です。戦国時代なんて、娘は「貢物」として扱われたでしょ?

娘をやるから、当家と同盟を結べ!

というふうに、政略の具にも使われました。

AKI あ、それ、知ってる。信長の妹のお市の方とか……。

哲雄 そういう話は知ってるんだね。でも、これってさ、政財界などでは、いまだに行われていたりするんでよ。

AKI 政略結婚……とか言われますものね。よかったぁ。そんな、セレブの世界に生まれなくて……。

哲雄 庶民の世界でも、子どもが「家のために」と求められる場面は、少なくないと思いますよ。家業を継げと子どもに求める家庭もあるだろうし、「あんたはちゃんと勉強して、いい学校に行って、お父さんにできなかった出世を果たすのよ」とプレッシャーをかけ続ける親もいるでしょ?

AKI そう言えば、いますよねェ。

哲雄 時代は変わっても、子どもは「家のモノ」。親は、子どもを「家にとって都合のいい存在」として育て上げようとします。親が願うとおりの道を歩ませ、親が認める伴侶を選ばせ、そして、「子どもの成功」を「家の成功」として蓄積しようとします。

AKI 子どもにとってはメイワクな話――って場合も、あるでしょうね?

哲雄 あるかもしれませんねェ。中には、「家という組織」に反発する子どもも、いるかもしれない。

AKI 逆に、「依存」する子もいるでしょ?

哲雄 親が敷いたレールに乗っかってしまった子は、「依存性」を高めるでしょうね。そして、親たちの中には、その「依存性」を高めよう、高めよう――とする人たちもいます。

AKI 「自立」を促すんじゃなくて、「依存性」を高めようとするんですか? どうやって?

哲雄 母さんは、あなたのためにガンバってきたのよ――なんてことを、繰り返し、子どもの耳に吹き込んだりする。

AKI それ、子どもにとっては、プレッシャーになりますよね?

哲雄 なりますね。自分たちが、どんな苦労をして育ててきたか――を、子どもに語ってきかせる。そういう親に限って、子どもが自分たちの思ったような子に育たなかった――となると、「それなのに、おまえときたら……」と、責め始めたりする。

AKI 子どもを「自分たちが望んだような子」に育てようとするのって、一種の親のエゴかもしれませんね。

哲雄 私も、そう思います。そういうエゴを私たちの魂に植え付け、子どもは、何があろうとも、まず、親に従え――と教えたのは、中国からやって来た「儒教」の思想です。

AKI ヘェ、儒教って、そういう考え方をするんだ?

哲雄 儒教の価値観の中では、まず「家」を治めなさい――と説きます。家が治まれば、国家も治まる。つまり、

 儒教的価値観の中では、「」がすべての組織の基本なわけです。
 その「家」を治めるための実践的な倫理である「」は、
 何よりも重視されるべき道徳律とされました。


 たとえば、公務につく人間が、職務と親の病気が重なるという場面に直面したら、文句なしに「親の病気」を選べ、としたわけです。「孝」のためであれば、社会的な「正義」さえも犠牲にしていい。これが、儒教的価値観の中核と言っていい。

AKI 「家」あっての「国家」であり、「社会」である――ってことですか? その考え方って、いまの日本の社会にも、根強く残ってるような……。

哲雄 残ってますよ。いまでも、「家がいちばん」「家族がいちばん」って主張する人たちが、そこらじゅうにいるでしょ? 儒教に影響された、中国・韓国・日本の社会は、いまだに、そんな価値観に縛られています。

AKI 「家族エゴ」が、大手を振ってまかり通ってるわけですね。腐敗や不正が絶えないのも、そのせい?

哲雄 いま、中国では、共産党幹部の腐敗が問題になってますよね。韓国でも、財閥家族の問題が、社会問題になってます。ただし、日本の場合は、上司と部下の関係を律する「」のほうが、「孝」よりも強く主張されました。そこで、「忠」と「孝」の葛藤が生じたりもするんですけどね。

AKI あ、それ、知ってる。「忠ならんとすれば孝ならず。孝ならんとすれば忠ならず」とか言うんでしょ?

哲雄 武士階級が社会の実権を握っていた封建社会では、まず「忠」があって「孝」でした。会社か家族か――と言われたら、大部分の男性が、いまでも「会社」を選ぶと思いますよ。でも、女性は違う。

AKI そうですね。まず、「家族」があって、次に「会社」でしょ――と主張すると思います。

哲雄 したがって、個人を「家庭」に依存させる原因を作っている「家族エゴ」は、どちらかと言うと、女性が主張するケースが多い。ただ、最近は、男も、少し変わってきたようですけどね。

AKI どっちにしても、組織への「依存度」が高いのは、「家」を社会の単位とした「東アジア社会」の特性というわけですね?

哲雄 そういうことになりますかね。しかしね、その「家」が、「核家族化」の波を受けて、どんどん小さくなっていった。いまの時代の「孝」は、ヘタすると、「親と子」だけの、ものすごく「密着」した世界になってしまう。

AKI 「依存度」も、それだけ高くなりますよね?

哲雄 そうですね。ヘタしたら、親と子がおたがいに「依存」し合う、「極小・共依存社会」を形成してしまいます。これでいいのか、アジア。これで満足か、日本!

AKI オッ、哲ジイ、なんだか怒っております。

哲雄 どうせ、私には、依存できる「家」も、もはやありませんッ!

AKI なんだ、そっち……?

哲雄 いや、ま、それはジョーダンで……実はね、AKIクン、私はいまこそ、新しいコミュニティのあり方を考えるべきときだと思っているんです。

AKI ホゥ、それは、どんな……?

哲雄 その「私の夢」については、次回、お話したいと思います。

AKI たぶん、次回は、年明けですね。哲ジイ、おモチをのどに詰まらせたりなさいませんように。

門松

哲雄AKI どうぞ、みなさま、よいお年をお迎えください。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR