「SEX」と「愛」をセットにした 《農業の罪》

手と手 

「SEX」に「愛の契約」を求めたのは、経済的理由。
人類が農業を始めたことに関係しているらしい…。


 性とエッチの《雑学》file.141   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 一夫一妻制 財産保全  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫



 この世にコピーを残すために「SEX」というしくみを作った遺伝子は、
 オスには、

 汝の精子をできるだけ広範にばら撒け!

 と命じ、
 メスには、

 極力、立派なオスの精子を受け入れよ!

 と命じる。
 しかし、そこには、

 SEXするなら、「愛」を示せ!

 という書き込みはない。
 前回は、そんな話をしました。
 そして、「SEX」するには、「愛の契約」が必要――としたのは、《経済的動機》であり、そういう《経済的動機》が存在するのは、「一夫一妻制」の社会だけだ――と申し上げました。
 なぜ、一夫一妻制の社会でだけ、「SEXと愛」を結びつける考え方や制度が生まれたのか?
 今回は、そんな話をしてみたいと思います。

一夫一妻でないと、「財産」が守れない…?

 最初に申し上げておきますが、「一夫一妻」という婚姻の形は、人間社会だけの制度ではありません。
チンパンジーのキス 人間の祖先であるサルの世界では、「一夫多妻」や「乱婚」が主流ですが、鳥たちの世界では、一羽のメスと一羽のオスがつがいとなるケースが、けっこう見られます。
 実は、これには、エサと子育てのシステムが関係していると言われています。メスが卵を温め、ヒナを育てている間、オスがエサを確保してくるという関係が成立している種の場合、オスの給餌能力では、メス1羽を食わせ、ヒナを育てるだけで精いっぱいという場合が多く、それゆえに一夫一妻にならざるを得ない――と説明されています。

 では、人間の場合はどうか?
 意外と思われるかもしれませんが、世界の文化領域の中で、「一夫一妻制」をとっているのは、わずか20%前後にすぎません。そのほとんどが、欧米や日本などの先進工業国。その日本も、戦前までは、純粋に「一夫一妻制」をとっていたとは言い難い状態でした。
 「一夫一妻」を「制度」として明文化したのは、筆者の知る限り、ユダヤの「律法」ではないかと思います。しかし、この「一夫一妻制」は、男女の相思相愛な「占有」を定めたものなどでは、ありませんでした。
 「姦淫」を厳しく戒めてはいるのですが、「姦淫」とされるのは、既婚の女性が他の男性と肉体関係を結ぶことで、既婚の男性が未婚の女性何人と情を交わそうが、それは「姦淫」とはみなされませんでした。ただし、他の男の妻に手を出せば、それは「姦淫」とされ、犯せば厳罰に処せられました。
 つまり、ユダヤの律法で保護されているのは、男性の「所有権」だったのです。女性は、「男性の所有物」とされていたのですね。
 なぜ、女性を「男性の所有物」としたかと言うと、財産」を保全するためです。もし、自分の妻が他の男とSEXして、その子を宿してしまうと、男性は、自分の財産を自分の血を引かない子どもに継承させてしまうことになります。
 ユダヤの律法は、この財産の継承に関してはことさらに厳しく、「一夫一妻制」を男女間の契約として誓わせたのも、実は、「財産を守るため」であったと考えられます。
 しかし、それだけだと、夫婦の関係は、ただの財産上の契約関係ということになってしまいますから、後の西欧社会はそこに「愛の誓約」という要素を絡ませて、精神的束縛を加えようとしました。

 つまり、「愛」は、
 「財産維持」のための制度としての「一夫一妻制」を、
 「倫理」として定着させるための、「後付けの理屈」だった。


 筆者は、そう言って差し支えないだろうと思っています。

「穀物」を作り始めた人類が生み出した「一夫一妻制」

 西欧世界で、「一夫一妻制」が標準となったのは、実は、彼らが「農業」を始めたことと関係があるのではないか――と言われています。
 事実、狩猟・採集が主たる生産様式となっている文化地域では、「一夫一妻制」は、ほとんど成立しませんでした。少なくとも、それらの地域が近代国家に組み入れられ、近代思想の洗礼を受けるまでは、たいていは、「一夫多妻」や「一妻多夫」の制度をとっていました。
 「一夫多妻」か「一妻多夫」かは、おそらく「食料調達」の方法によるのだろうと思います。
 家族の食糧を男の漁や猟に頼る社会では、たくさんの食糧を確保できる男が複数の妻を所有し、主たる食料を木の実や野草などの採集に頼る社会では、家に定住して採集作業に従事する女が、複数の夫を従える。
 どんな婚姻形態をとるかは、主には、食料調達という《経済事情》によって決定されていた――と言っていいのではないかと思われます。

 では、なぜ、「農業」だと「一夫一妻制」が標準になるのか?
 『農業は人類の原罪である』を書いた文化人類学者、コリン・タッジによれば、人類が農業に手を初め、穀物を生産するようになって、人類の社会は、劇的な変化を迎えます。
 「穀物」という農業産物の特徴は、何と言っても、「貯蔵が効く食糧」ということにあります。
 すると、どうなるか?
 力のある人間とそうでない人間との間で、収穫量に差が出るのは当然なのですが、その差を「貯蔵」できるとなると、力の差は、「蓄え」の差となって蓄積されていきます。
 そこに「」というものが生まれます。
 貯蔵された「富」に差が生じると、そこから「権力」が誕生します。
 そして、その「権力」を生み出す「富の差」には、守る必要が生じます。
 守るために、厳重な蔵が必要になったり、それを警護する「武力」が必要になったりします。
 当然のことですが、その「富」を子孫に「財産」として受け継がせていくシステムも必要になります。
 もし、そこで、妻に別の男が近づいてきて、ひっそり、自分の子種を植え付けたなんてことになると、せっかく蓄えた「富」を、自分の遺伝子を受け継がない子孫に分け与える、あるいは、ごっそり奪われてしまうことになります。
 自分が妻以外の女に手を出して、子どもを作ってしまった場合にも、せっかくの財産を分割してしまうことになります。
 財産を目減りさせてしまうことは、その権力を低下させることでもある。
 そこで、「農業」に手を初めた人類は、「一夫一妻制」という厳密な婚姻システムを誕生させて、「財産の保全」に努めようとしたわけです。
 「一夫一妻制」も、「SEXに愛が必要」という倫理則も、こうして《経済的理由》から誕生した。
 筆者は、そう断言してもいいと思っています。

「愛」という「名前」はどこから来たのか?

 それにしても――です。
 人類は、なぜそこに、「愛」などという名前を付けたのか?
 SEXに愛が必要――などとしたのは、「財産の保全」を合理化するための「後付けの理屈」だと、先ほど申し上げましたが、では、その「後付けの理屈」は、どこから持ってきたのか?
 「愛」というその名前を、人類は、どこでどうやって見つけたのか?
 敬虔なキリスト教徒であれば、

 それは、神が啓示によって、
 「愛」というものの形を示されたからだ。


 と言うかもしれません。
 唯物論者である長住は、その意見に全面的には賛同できません。
 半分は当たっているにしても、あとの半分は「違う」と感じています。
 その理由は、次回、お話したいと思います。

 PR  あなたの夜にそっとお届け! 魔女の宅急便。
      
⇒左から、「マリンビーンズ」、「マリンワラビー」、「Wローター攻め」、「フェアリー・ミニ」、「はじめてセット」。
他にもいろいろ。探したい人は ⇒こちらから どうぞ。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR