男も女もダメにする「××してくれない」という「依存症」


 不純愛トーク   第322夜  
前回、「自虐史観」などと口にする人たちには、「小児病」が潜んでいる、という話をしました。この「小児病」は、実は、男と女の世界にもまん延している。その典型が、「〇〇が××してくれない」と、うまくいかないことを「相手のせい」にしてしまう「くれない病」。今回は、かつて「くれない族」と揶揄された「共依存」な男と女の話をしてみます――。

【今回のキーワード】 くれない族 共依存
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


AKI 「自虐史観」なんて言葉を口にする人たちは、「小児病」である。前回は、そんな意義あるお話をお聞きしたんですわね。

哲雄 意義深いかどうか……。ある種の人たちにとっては、耳が痛いだけの話だったかもしれませんよ。

AKI ところで哲ジイ。その中で、哲ジイは気になることを言いましたよね。男と女の世界にも、その「小児病」が蔓延しているのではないか――と?

哲雄 そうですね。この人たち、「小児病」ではないか――と思えるようなカップルが、多いような気がしますね。

AKI つまり、「子ども」ってことですか?

哲雄 ハイ。「おとなの男」と「おとなの女」として向き合っているとは言えない。そう感じられるカップルが、夫婦でも、恋人同士でも、多いような気がするんですね。

AKI 哲ジイがそう感じるのは、どんなところですか?

哲雄 いちばん感じるのは、「してくれない」かな?

AKI してくれない……?

哲雄 キミも、口にしたことがあるのではありませんか? 「カレ、ちっとも××してくれないの」なんて言葉を?

AKI ま、ないと言えばウソになりますかねェ。でも、それが何か……?

哲雄 一時期、何かと言うと、この「××してくれない」を口にする人たちのことを、「くれない族」と呼んだことがありました。元々は、80年代に放映されて人気になったTBSの連ドラ 『くれない族の反乱』 から生まれた言葉なんですけどね。

AKI 知らない、そのドラマ……。だれが出てたんですか?

哲雄 いまは亡き大原麗子さん(2009年没)が主演、彼女が心惹かれていく上司に田村正和さんというキャスティング、主題歌を竹内まりやさんが歌っていました。簡単に言うと、「夫が××してくれない」「家族が××してくれない」と不満を募らせた妻が、仕事に出ることによって、自立の意識に目覚めていく――という話でした。ちなみに、そのオープニングは、こんな感じでしたね。↓動画はYou Tubeより。



AKI その「くれない族」が、「くれない族」を卒業していく――という話なんですか?

哲雄 だったような気がします。でね、今回、お話したかったことは、このドラマのテーマにもなっていた「○○が××してくれない」が口グセになっているような人たちの、精神の構造についてなんです。

AKI それも、「小児病」である。哲ジイは、そう言いたいわけですね?

哲雄 ハイ。おっしゃるとおりです。

 そもそも、人が「××してくれない」という言葉をもらすとき、
 そこには、「周囲は、私のために、私がしてほしいことをしてくれるのが当たり前」
 という考え方がひそんでいます。


 これって、子どもの発想だよね。それも、かなり甘やかされて育てられた子どもの発想。

AKI そうかもしれない。それって、「依存」してるってこと?

哲雄 そうです、依存してるんです。

 自分が欲しいものは、相手が与えてくれる――と期待する心。
 自分が努力したことは、だれかが評価してくれるはず――と期待する心。
 そして、自分が何を望んでいるかを、周囲が理解し、協力してくれるはず――と期待する心。


 これらはすべて、相手に依存する精神から生まれるものと言ってもいい。

AKI 依存してるのは、女たちだけじゃないですよね。いまだに、家の中のことは、妻にまかせっぱなし――っていう男だって、私から見れば、依存してるとしか思えない。自分のパンツや靴下がどこにあるのか知らないなんて男もいるんですよ、哲ジイ。

哲雄 そうだね。子どもに何かあると、「おまえがちゃんと看てないからだ」と妻のせいにしてしまうとかね。依存してると言えば、男のほうが依存してるかもしれません。

AKI 結局、男も女も、相手に依存し合ってるわけですね?

哲雄 それが単に相手に甘えているだけっていうのなら、お好きにどうぞです。でもね、

 自分が「思い通りの自分」でいられないのは、
 つまり、「自己実現」できないのは、
 「あなたが(おまえが)××してくれないからだ」


 などと感じたり、考えたりするような依存関係は、やっぱり、どこか間違ってる。

AKI 私が不幸なのは、あなたのせい――と思う女性もいますよね。私には、責任転嫁しているだけ、のようにも見えますが……。

哲雄 ほんとに相手にどこかいけないところがあって、このままではおたがいにダメになる――というのであれば、そのダメなところはきちんと話し合って解決するとか、それでもダメなら、別れて別々の道を歩むとかすべきなのに、「ダメ、ダメ」と言いながら、「自分がうまく生きていけないのは相手のせい」と責任転嫁して、それですませてしまっている。そういうカップルも、少なくないと思います。これってさ、ある意味では、逃げてるとも言えるわけだよね。

AKI 逃げてる……? 何から?

哲雄 自分で責任を負うことから――です。うまくいかないのは相手のせい、と思っていたほうがラクでしょ?

AKI そうか。無意識のうちに、スケープゴートを作ってしまうんですね?

哲雄 うまいこと言いますね。おっしゃるとおりです。そしてね、AKIクン、おたがいがおたがいを「スケープゴート」にしてしまうと、そこには一種の「共依存」な関係が成立してしまいます。

AKI 「ダメ」の原因を相手に押し付け合う関係――ということですか?

哲雄 そして、押し付け合うことによって「自分はわるくない」と思う。そのほうがラクだから、こういうふたりは、なかなか問題を解決できない。つまり、「私はダメ」と自分を責めないために、おたがいに「ダメな相手」を必要とする――という関係です。

AKI でもね、哲ジイ。私の周りを見ても、そういうカップル、けっこういるような気がしますよ。

哲雄 でしょ? 「まったくうちの亭主ときたら」とグチばかり言ってるカミさんと、「うちのしょうもないババァがよ」と悪態をついてるダンナ――なんて関係、そこら中にいますものね。でもね、その程度の「共依存」関係なら、まぁ、かわいいもんです。

AKI かわいくない関係もあるんですか?

哲雄 ありますねェ。たとえば、DVとか……。

AKI DV? ドメスティック・バイオレンス?

哲雄 しかし、この話を始めると長くなってしまうので、これについては次回――ということにしましょうか。ただ、今回は、男女の間の「小児病」として「××してくれない病」があるということ。その「××してくれない症候群」は、どちらかがどちらかに、あるいはおたがいに、相手に依存してしまう体質が引き起こすものである――ということを覚えておいていただきたいのです。

AKI アジアの国家同士がやっていることの根っこにも、この男女問題と同じ「共依存」な関係があるのではないか――と、哲ジイは言いたかったわけですね?

哲雄 そこまでおわかりいただければ、言うことありません。あ、念のために申し上げておきますが、キミが私に個人的に依存したいというのであれば、私としては、一向にかまいませんのでね。

AKI その気はまったくございませんので、ご心配なく。



 管理人の本、Kindle で販売を開始しました。よろしければ、ぜひ!

シリーズ「マリアたちへ」Vol.1
『チャボのラブレター』
2014年10月リリース
Kidle専用端末の他、アプリをダウンロードすれば、スマホでもPCでも、ご覧いただけます。
作品のダウンロードは、左の写真をクリックするか、下記から。
チャボのラブレター (マリアたちへ)

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR