「性器」を見せたがる病=「露出狂」について

手と手 

人に自分の性器を見せようとする人たちがいます。
これ、「露出狂」と呼ばれる病気なのですが――。


 性とエッチの《雑学》file.136   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 露出狂 ヌーディスト  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 裸を見せたがる人たちがいます。
 つまり、「露出」したがる人たちです。
 実は、この「露出」には、さまざまなレベルがあり、また動機もさまざま、それに対する社会の対応も、宗教・文化・伝統などによって異なります。
 ホットパンツやミニスカートを穿いただけで処罰されるイスラム圏の社会もあれば、海岸でオッパイを露出しても何のおとがめもない、欧米や南米のような社会もあります。
 文化的な問題はともかくとして、この「露出行為」は、「何のために行われるか」によって、ときに「露出狂」と呼ばれたり、「露出症」と呼ばれたりすることもあります。
 「露出狂」は、それが通常の「露出」の程度を超え、しかも、露出した相手からの何らかの反応を期待して行われる場合に使われる言葉で、「露出症」は、その程度が病的と感じられる場合に使われる言葉です。
 筆者も、この「露出症」と思われる男女を、何度か目撃したことがあります。

電柱の陰にたたずむ自転車男……

 高校生の頃、筆者は、女子高校生が3人、男子高校生が5人、ひとつ屋根の下で暮らす下宿に住んでいました。その女子高校生3人が、「ねェ、長住クン」と私の部屋をノックするのです。

  また、あの自転車が来てるの。

 夜の9時半を過ぎた頃になると、自転車をギーコギーコと手押ししてくるおじさんがいる。女の子の部屋の下あたりまで来ると、自転車を停めて、ジッと自分たちの部屋のほうを見上げている。気味がわるいから、見てくれないか――と言うのでした。
 部屋の明かりを消して窓から下の通りを見下ろすと、中年と思われる男性がひとり、電柱の下に立ち、両手を腰の前に当てて、ボーッと彼女たちの部屋のほうを見上げています。しかし、筆者の部屋からは、男がそこで何をしているのかまでは、暗くてよく見えません。
 「オイ、懐中電灯ないか?」
 たまたま遊びに来ていた友人が言うので、私は、押し入れにしまってあった懐中電灯を取り出し、恐る恐る、男の全身を照らし出しました。
 それは、信じられない光景でした。
 男は、ズボンのジッパーを下してペニスを取り出し、それを両手で捧げ持って何やらしごいているようにも見えました。
 「何、なに?」と女の子たちが見ようとするので、私と友人は、「見ないほうがいい」と止めて、窓を閉めました。
 「ヘンタイかよ」
 「ああいうの、露出症って言うんじゃないの?」
 それが、具体的に「露出症」を目にした最初の経験でした。

「パッ」と見せて「サッ」と逃げる「露出男」のパターン

 「露出症」は、男と女では、その目的が違っている――と言われています。
 「露出」が「症」にまでなっているケースでは、通常、体の他の部位ではなく、「性器」を露出するのがその特徴ですが、男の場合は、女性の目にそれを見せて、相手が驚いたり、おののいたりするのを見るのが目的だ――と言われています。
 もっとも多く見られるのは、コートなどで隠した陰部を、突然、相手(異性)の目に晒して驚かせる、というパターンです。たとえば――

 電車で座っている女性の前に立って、コートで隠した性器を、いきなり、パッと広げて見せる。
コンビニなどで精算する際、レジに立つ女の子にだけ見えるように、コートの前を開いて、性器を露出させる。

 こういう行動をとる男たちは、瞬間的にパッと見せては逃げる――というのが、一般的なパターンのようです。
 基本的には、性的なコンプレックスを抱えたり、異性との正常なコミュニケーションをとることができなかったりする男性がとる行動――とされていますが、中には、抑圧された社会への不満がいびつな形で噴き出したもの、という場合もあると言われています。

 一方、女性の場合は、「見られる」ことによって快感を得ることが多い、と言われています。
 筆者も、そういう女性を一度だけですが、電車の中で見かけたことがあります。

「露出」したがる女もいる

 その女性は、私の正面のシートにお掛けになっていたのですが、ミニスカートを穿いているというのに、脚をピタリとはお閉じにならないのです。というより、私の視線を誘うように、かすかに開く動作さえお見せになります。
 私の目には、その女性の太ももの奥がチラ……と見えるのですが、見えたのは、白い下着ではありませんでした。なんと、彼女、下着を着けていなかったのです。
 彼女は、私の視線がそこに注がれていることを知りながら、両脚を開いたり閉じたり、そればかりか、わざとらしく脚を組み替えてみたりするわけです。
 しかも、そのたびに少しずつ、スカートの裾を上にずらしていくではありませんか。
 彼女の顔には、私の目が驚きの色に見開かれることによって、まるで私に「視姦」されてでもいるような喜悦の表情が浮かんでいきます。
 彼女は、見られることに快感を覚えているんだ――と確信できた事例でした。
 同じような証言を、タクシーの運転手からも聞いたことがあります。

いやあ、お客さん、女にもいろんな人がいるんですねェ。
ま、そりゃ……いるでしょうね。
こないだも、銀座から乗せた女のお客さんがいたんですけどね。「運転手さんも、こういう仕事をしてると、変わった女性を乗せることもあるでしょう?」とかおっしゃるんで、「まぁ、それは……」なんて答えながら、チラと、バックミラーをのぞいたら、その人、片方のひざを運転席のシートに押しつけるようにして、脚を開脚してるんですよ。
パンツ、見せたかったのかな……?
いや、それがね。穿いてないんですよ、パンツ。
エッ!? ノーパン……?
私がバック・ミラーにチラチラ、目をやってると、今度は、もう一方の足をドアの肘当てに載せるようにして、こっちの脚もガバッと開くんで、もう、あそこが丸見えなわけですよ。
いいねェ。運転手さん、運転どころじゃなかったでしょう?
でも、運転中ですからねェ。じっと見てるってわけにもいかないじゃないですか。
そりゃそうだ。
でね、私が目を離すと、その人、声をかけてくるんですよ。「運転手さん、奥さんいるの?」とか、「AVとかも見るの?」とかね。
ちゃんと見てよ――ってことなんだろうね?
ですかね。私が目をやると、広げた脚をさらに広げて、スカートの裾を捲り上げるんですよ。
美人だったの、その人?
美人でしたよ。銀座の女……って感じでしたけどね。

 私だったら、クルマを停めちゃっただろうなぁ――と思うのですが、職務に忠実なその運転手は、ちゃんと彼女を目的地まで送り届けたんだそうです。
 エライッ!

「見せること」は、そもそも罪なのか?

 この女性たちも、たぶんは、「露出狂」。もしかしたら、「症」に分類できる人たちかもしれません。
 しかし、ここまで極端ではなくても、自分の性器や裸体を人に見せたいと思う人たちは、広範に存在します。
 特にネットが普及してからは、自分の裸などをネット上で公開しては楽しむ「露出コミュニティ」のようなものが、この日本にも成立しています。
 しかし、これも「露出狂」と呼ぶべきか――と言うと、少しビミョーです。
 「自己露出したい」は、だれでも、多かれ少なかれ持っている欲求です。それを「狂」とか「症」と呼ぶことには、筆者は、ちょっと抵抗を感じます。
 「露出狂」や「露出症」は、「露出」を期待してない人たちに対して、裸や性器などを露出して見せ、嫌悪感を抱かせたり、恐怖心を与えたりした場合にのみ、使われるべき言葉――と、筆者は考えます。
 こういう「露出」が公共の場所などで行われた場合、日本では「公然わいせつ罪」に問われ、刑事罰が科されてしまいます。

 しかし、これらの行動が、人に見せることを目的とせず、単に「自然の姿に戻りたい」という動機から行われた場合は、どうなのか?
 欧米などでは、そういう考え方の人たちは「ヌーディスト」と呼ばれ、その考え方も、行動も、処罰の対象とはなりません。しかし、「ストリーキング」は、処罰の対象となります。
 「裸を見せる」に関しては、ビミョーな境界が存在する。そして、その境界は、その社会の成り立ちや伝統とも関係してくるので、一律に「これはダメ」「これはOK」という線引きをすることが、とてもむずかしいのです。

 日本にも、近年、さまざまな問題が噴出しています。
 2008年には、東北の伝統的な裸祭り「蘇民祭」のポスターが、「わいせつなのではないか」「セクハラに相当するのではないか」として、JR東日本から掲示を拒否される――という騒動が起こり、議論が沸騰しました。
 宴会などで、出し物として見せられる「裸踊り」についても、一部の女性たちの間からは、「セクハラじゃないか」という声が起こったりしています。
 その一方では、ファッションとして、極端に丈の短いスカートや、胸の谷間を強調して見せるアイテムがもてはやされたりもします。
 これは、「露出狂」とは言わないのか?
 筆者は、これもビミョーだと思っています。
 「見たい」と思う人がいる限り、「見せたい」と思う人が現れるのは、当然。
 その程度を法律などで規制することには、そもそもムリがある――と、筆者は思うのですが。

 PR  あなたの夜にそっとお届け! 魔女の宅急便。
      
⇒左から、「マリンビーンズ」、「マリンワラビー」、「Wローター攻め」、「フェアリー・ミニ」、「はじめてセット」。
他にもいろいろ。探したい人は ⇒こちらから どうぞ。



管理人の本、スマホで好評配信中です。よろしければ、ぜひ!

モテ会話術25『男と女のモテ会話術』
2012年11月リリース
好評! App Storeで上位ランキング中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から

13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

秘めた解放

ボクはバイセクシャルです、ボクは自分自身のおちんちんが大好きです。
全裸散歩とセルフフェラを毎日してますが、誰かに全裸を見せたい訳ではありません、逆に自分の露出行為を見られたくない放っておいて欲しいのです、
変態は十分承知です、でも、ボクは変態である事に自信と誇りを持ってます。
露出行為を見られたくない、秘密の行為が趣味の人もいるのをどうか忘れないでください。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR