「天孫降臨」したのは、韓国人…?


 不純愛トーク   第302夜  
海峡を挟んで「一衣帯水」の関係にある日本と韓国の間には、実は、「日本」という国の成立以前から、浅からぬ因縁がありました。古代までひも解いてみると、もしかしたら、日本人のルーツは韓国なのではないか――という説も浮上してきます。今回は、日本人と韓国人の差別感情の奥に潜む、両地域の因縁を探ってみます――。

【今回のキーワード】 渡来人 天孫降臨 騎馬民族制服節
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫




AKI 日本と韓国・朝鮮の間には、古代にまでさかのぼる歴史的因縁があるのではないか? 前回は、そういう話をしようとして、時間切れとなったんですよね?

哲雄 ハァ、そうでしたかね。

AKI 忘れてるし……。

哲雄 確か、前回は、1910年の日本による韓国併合以降に流入してきた朝鮮半島からの労働者が、蔑視や差別の対象となった――という話をしたと思うのですが、実は、日本列島には、それ以前から、多くの人たちが、大陸や半島から流入していました。というより、いまわれわれが「日本人」と思っているもののルーツは、そもそも、「渡来人」だったわけで……。

AKI エッ、そうなんですか?

哲雄 そうですよ。前に、「旧モンゴロイド」と「新モンゴロイド」の話をしましたよね。

AKI あ、覚えてます。元々、日本列島に先にたどり着いて住み着いたのは、「旧モンゴロイド」だけど、そこへ、後から北方系の「新モンゴロイド」が侵入してきて、列島を支配するようになったんですよね?

  【参考記事】 第272夜 『「新モンゴロイド」は、毛深いのが苦手…?』

哲雄 つまり、この国は、「渡来人」によって作られた国である――と言っていいわけです。ていうか、たいていの国は、多かれ少なかれ、後からやって来た民族によって打ち建てられるケースが多いんですけどね。

AKI あの……ひとつ、訊いていいですか?

哲雄 ハイ、何でしょう?

AKI その「渡来人」というのは……?

哲雄 国外……というか、ある権力が支配的である地域に、その域外から渡って来た人たちのことを言います。「帰化人」という言い方もあるのですが、「帰化」と言う場合には、相手の権力に服従し、順化して同化する――という意味で使われます。いまで言うと、「私は日本国憲法を尊重し、その定めに従ってこの国の住人となります」といったところですかね。

AKI じゃ、「渡来」のほうは?

哲雄 単に、「きょうからこっちに住む」とか「住んでもいいよ」ぐらいの意味だと思うんですが、受け入れる側のスタンスから言うと、「来てもらう」に近いか――とも言えます。

AKI てことは、「ウエルカム」な人たち……?

哲雄 ある程度の「敬意」を持って受け入れられた人たち、とは言えるでしょうね。金属の精錬技術とか、鉄器の製造技術とか、陶芸の技術とか、そういう先進の文化や技術を持っている人たちだから、敬意を持って迎え入れられた。そういう中から、日本……というか、当時の大和政権の中枢を担うような「氏族」も誕生していった。「大友氏」とか「秦氏」とか言うのは、渡来系氏族の代表と言われてます。

AKI そういう人たちは、日本人の一部なんですか? それとも大部分?

哲雄 どの時代を基準とするかによるのですが、伊藤俊幸さんが膨大な研究成果を発表している『日本人の起源』というサイトには、こんなデータが紹介されていました。それがこちら。

渡来人と人口増

AKI エッ!? これ、意味がわからない。

哲雄 日本列島の人口は、弥生時代後期から飛鳥時代末期にかけて、約53万人から約539万人へと、爆発的に増えているんだけど、この増加は、農耕文化下での自然増だけでは、到底ムリ。当時の人口自然増加率は、0.1~0.3%程度と推測されているんですが、自然増加率をどのレベルに推定しても、かなり大量の「渡来人」が流入したと考えないと、説明がつかないんですね。この表は、推定される自然増加率ごとに、どの程度の「渡来人」が流入したかをシミュレートしたものです。

AKI エーッと、表によると、自然増加率を0.1%と想定すると300万人ほどが、0.3%程度と想定しても、100万人程度が「渡来」してきたことになるわけですね?

哲雄 そういうことになりますね。そしてね、AKIクン、さまざまな考古学的資料などから、こうした流入は、コンスタントに行われたのではなく、いくつか、どっとまとめて流入してきた時期がある――と言われてるんですね。

AKI それ、流入とかって言うより、民族移動に近いようなものですか?

哲雄 とも言えるでしょうし、見方によっては、「征服」と言ったほうがいいようなものもあります。そんな中で、学会的にも論争の的になったのが、「騎馬民族による日本征服」があったのかどうか――という問題です。AKIクンは、「天孫降臨」という神話は、知ってますか?

AKI 知ってますけど、あれって「神話」なんですか?

哲雄 神話ですねェ。

AKI でも、『日本書紀』に書かれてるんですよね?

哲雄 ええ。『日本書紀』は、神話ですから。

AKI なんだ、私、歴史書かと思ってた。

哲雄 ある時期から後は、歴史書として評価できる部分もあるんだけど、日本で文字による記録が残されるようになったのは、5世紀になってからだからね。それ以前のことについては、口伝などを元に編纂したわけですよ。その編纂を命じたのは、時の権力者である天皇だから、当然、そこには、大和政権にとって都合のいいことが記されることになります。いかに自分たちが「正当な王権」であるか――を主張するために編纂された史書、それが『日本書紀』だと思っていいと思います。なにしろ、完成したのは、奈良時代の720年。そこに、記録も残ってない300~400年も前の話が書いてあったとしても、それを「史実」として受け止めるわけにはいかないわけですよ。

AKI そこに「天孫降臨」の話が出てくるわけですね。

哲雄 ハイ。「天孫降臨」というのは、天界(高天原)を支配する「天照大御神」が、「葦原の中つ国(=ヤマトの国)」を治めるために、孫である「邇邇藝命(ににぎのみこと)」を筑紫の日向(ひむか)の高千穂に天降(あまくだ)らせた――という話なんですがね、これが、何を意味するかについては、さまざまな説が飛び交っています。

AKI 何を意味するか――ですか? でも、神話なんでしょう?

哲雄 ええ、神話ですよ。でもね、神話というものは、何もないところにゼロから創り出されるわけじゃない。その奥には、その神話が比ゆ的に示そうとする何らかの事実、または意図が隠されている――と考えるんだよね、考古学とか文化人類学の世界では。

AKI それで、それで? 「天孫降臨」の話は、何を隠してるんですか、博士?

哲雄 いやいや、私は博士なんぞではないし、考古学者でも、文化人類学者でもありませんから、人が言ってることを紹介するしかないんですが、江上波夫らの学者グループは、これは、

 「騎馬民族」による「日本征服」を象徴しているに違いない

 ――と言ってるんですね。

AKI 騎馬民族……って、昔の中国の北のほうにいたんですよね?

哲雄 満蒙・北シナ方面をテリトリーにしていた「胡族」と呼ばれる民族です。で、この騎馬民族が、朝鮮半島を南下して、任那(みまな)、百済新羅などの南朝鮮一帯を支配するようになったんだけど、その一部が、海を渡って北部九州にまで侵出し、たちまち、一帯を支配するようになった。これが、4世紀の話。

AKI なるほど。「天孫降臨」と言ってるのは、このことを指しているのではないか――というわけですね。

哲雄 「騎馬民族征服説」をとっている人たちは、そう主張しています。実際、その頃から、古墳などの埋葬品に、それまでの日本列島にはなかった馬具などが頻繁に発見されるようになります。そうして、北部九州一帯を制圧した騎馬民族は、ものすごい勢いで畿内へ、さらに東日本へ――と、侵出していきます。「神武天皇の東征神話」は、どうも、そのことを表しているらしい、と言われているわけです。

AKI でもね、哲ジイ、「任那」っていうのは、日本が朝鮮半島に作った植民地みたいなものなんじゃないの? 教科書には、確か、そう書いてあったような気がしますけど……。

哲雄 昔の教科書にはそう書いてありましたよね。「任那」には「日本府」があって、百済と連盟を結んでた。しかし、唐=新羅連合軍によって攻められ、白村江の戦いで敗北して撤退。以後、半島における拠点を失った――と。でもね、AKIクン、「騎馬民族征服説」をとると、この話は、どうも逆になる。

AKI エッ!? 逆……?

哲雄 風雲急を告げる、対馬海峡、波高し! しかし、残念ながらちょうど時間となりました。この話は次回にね、お嬢ちゃん。

AKI なんか……紙芝居のおじさんみたい……。

哲雄 なりたかったなぁ……。

AKI エッ!!!

哲雄 だから、紙芝居のおじさんに……。



管理人の本、スマホで好評配信中です。よろしければ、ぜひ!

モテ会話術25『男と女のモテ会話術』
2012年11月リリース
好評! App Storeで上位ランキング中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ウルフドッグさま

いつも、含蓄に富んだコメント、ありがとうございます。
「天孫降臨」似た神話が、各所に存在することは、確かにそのとおりだと思います。
「権力」の正統性を印象付ける神話的技法として、さまざまな民族に使われたのかもしれませんね。
ただ、天皇の「万系一世」については、これが強く主張されるようになったのは、
明治になってからだ――と、私は記憶しています。

哲雄

京都の太秦や両鴨神社(上賀茂・下鴨神社)は、渡来人が来たり創建したものだ、と言われてますね。
どっかで見かけたんですが、天孫降臨や天皇万系一世に似たものが、スキタイ神話にもあるのだとか。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR