人類は、なぜ、「肛門性交」を好むようになったのか?

手と手 

エッチに肛門を使う文化。実はこれ、ギリシャ以来の
伝統らしいのです。その理由を探ってみました。


 性とエッチの《雑学》file.122   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 ソドミー アナル・セックス  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 快楽のために、肛門を使って性行為を楽しもうとする人たちがいます。
 決して「少数派」ではないだろうと思います。
 指でくすぐったり、その指をちょっとだけ肛門の入り口に潜り込ませる――程度であれば、だれでも、多かれ少なかれ、したりされたりしたことがあるのではないでしょうか?
 しかし、中には、そこに性器を挿入しようとしたり、指をその根元近くまで挿入しようとしたり、ディルド(男性器の形をした性具)を挿入しようとしたりする人たちもいます。
 何のために……?
 もちろん、気持ちがいいから――です。
 しかし、ほんとに、そこは気持ちがいいのでしょうか?
 まずは、そのあたりから「真相」を究明してみようと思います。

「肛門」は、ほんとうに気持ちがいいのか?

 ご存じのとおり、「肛門」は「排便」のための器官です。
 エッチのために作られた器官ではありませんから、そこに快感のための仕組みが備わっているとは思えないのですが、ただ、そこは、神経が集中している場所でもあります。
 便がちゃんと排泄されているか? それは、硬いか、軟らかいか? どれくらいの量が出たか?――などを感知するためのセンサーが、密に配置されています。
 あ、いま、便の中にスイカの種が混じってた――なんてことも、ちゃんと感知できるわけですね。優秀っちゃあ、優秀。敏感っちゃあ、敏感なヤツです。
 敏感なので、そこを指先などサワッ……と撫でられたりすると、筆者などは背中がゾクッ……となります。
 オイルを塗られて、ツツーッとなぞられたりした日には、つい、腰が浮いてしまったりなんかします。
 性感マッサージとかメンズ・エステとかのサービスでは、必ずコースの中に取り入れられているサービス……らしいですよ、私は知りませんけどね(  )。
 この気持ちよさは、人によるかもしれませんが、肛門の外側だけでなく、肛門入口近くの内壁あたりでも感じるようです。

 それにしても……です。みなさん、不思議ではありませんか?
 性器でもない肛門周囲が、なぜ、そんなに気持ちいいのか?
 以下は、私の推理なのですが、「排便」を「苦痛」だ――などと感じさせてしまっては、みんな便をガマンして「便秘」になってしまいますよね。
 なので、「排便」を「快感」であると感じさせるように、神経の配線も工夫されているのではないか。私は、そう思うのです。
 たとえば、肛門に配置された「触覚」が感知した情報は、大脳の「快楽中枢」に入力するような配線が出来上がっているのではないか――などと想像するのですが、これについては、残念ながら、それを裏付けるような文献は発見できませんでした。

 PR  あなたの夜にそっとお届け! 魔レディの宅急便。
      
⇒左から、「マリンビーンズ」、「マリンワラビー」、「Wローター攻め」、「フェアリー・ミニ」、「はじめてセット」。
他にもいろいろ。探したい人は ⇒こちらから どうぞ。


「排便」が「快感」である――という感覚

 ただ、「排便」と「快楽」の関係については、精神分析学的な指摘はあります。
 その関連性を指摘したのは、精神分析学の開祖、ジグムンド・フロイトです。
 フロイトによれば、人にはだれにも、性的欲求の充足を肛門に求める《肛門期》と呼ばれる時期があります。
 この《肛門期》は、唇の充足を強く求める《口唇期=0~2歳》の後、ペニスの充足にこだわるようになる《男根期=5~6歳》の前、年齢で言うと3~4歳の頃にやって来ます。
 この段階の子どもは、より強い排便の快感を得るために、わざと便をガマンして、多量の便を排出しようとすることもあるのだそうです。つまり、ガマンしては、それを解放する――その快感に病みつきになったりするわけですね。
 これ、何かに似ていると思いませんか?
 そうです、「SM」です。自我の発達がこの段階でとどまれば、おとなになってもその快感が忘れられず、《SM指向》の強いSEXを好むようになると言われています。

 肛門を責められることを好む人には、多かれ少なかれ、マゾ的傾向が、
 そこを責めることを好む人には、サド的傾向が潜んでいる。


 そう言って差し支えないかと思います。
 しかし、人が「肛門性交=アナル・セックス」に走る理由には、もっと別の要素も含まれています。それは、社会的・宗教的理由です。

「中絶禁止」と「同性愛」が、「ソドミー」の産みの親

 ご存じだろうと思いますが、キリスト教の世界、特にカトリックの世界では、中絶が禁じられています。
 SEXはしたい。しかし、妊娠させるわけにはいかない。
 そこで、妊娠の危険性のある「ヴァギナ」の「代用品」として、「アヌス(肛門)」を使うSEXが行われるようになったのではないか――という説があります。
 ただし、これはあくまで俗説です。
 そもそもキリスト教界では、妊娠を目的としない「快楽」としてのSEXそのものを禁じていました(いまでも厳しい教派では禁じています)から、たとえ肛門性交であろうと、「快楽」を目的とする行為である以上、それはタブーな行為ということになります。

アナルセックス1 「肛門性交」が行われるもうひとつの理由は、「同性愛」です。
 特に、男性同士の性愛の場合には、ペニスを挿入する場所が肉体的には存在しませんから、必然的に、「肛門」を「膣の代用品」として使うことになります。
 キリスト教が普及する以前の、ギリシャ時代・ローマ時代には、男性同士の性交はけっこう行われており、その時代には、「アナル・セックス」は、かなり普遍的なプレーだったようです。
 しかし、キリスト教が普及してからは、それらの行為はタブーとされ、イスラムの世界では、男性同士の性愛自体を「ソドミー」と呼んで、厳しく戒めました。
 ちなみにアメリカ合衆国にも、2003年に「違憲判決」が出るまでは、すべての州に「ソドミー」という法律が存在しました。これは、「肛門性交」そのものを禁じる法律で、その目的は、「同性愛の禁止」でした。
 ところで、日本はどうだったのか?
 実は、「同性愛」と「肛門性交」に関して、世界でもっとも寛容だったのは、日本ではないか――と言われているんですね。

日本は、「アナル先進国」だった……?

 日本には、古くから「少年愛」の伝統がありました。
 僧侶や武将が「稚児」を「男色」の相手とする――という風習は、すでに、奈良・平安時代から存在しました。
 「稚児」というのは、公家や武家の屋敷、寺院などに召使として抱えられる男児のことで、それらの男児は、しばしば、主人の性的行為の対象として扱われたと言われており、 織田信長と森蘭丸の関係も、そういうものではなかったか――と思われています。
 天台宗などには、僧と稚児の初夜の直前に行われる「稚児灌頂(ちごかんじょう)」という儀式があったとされています。「灌頂」とは、頭から水を注いで仏と縁を結ぶ儀式。この灌頂を受けた稚児は観音菩薩の化身とされ、僧はそれを受けた稚児とのみ、性交が許されていました。
 こうした「男色」の中では、少年の「肛門」は、しばしば「性器」として扱われました。江戸時代には、この行為に伴う痛みを緩和するために、「痛和散」などという潤滑剤まで市販されていたと言いますから、日本は「アナル・セックス」先進国だったのかもしれません。
 明治になると、西洋文化の影響を受けて、こうした行為を「鶏姦罪」として禁止しましたが、その法律も、すぐに廃止されてしまいました。禁止するほど盛んに行われていたということであり、それを廃止せざるを得ないほど、ニーズが高かった――という見方もできるかと思います。
 ちなみに筆者も、紅顔の青年であった頃には、「オイ、ケツ貸せ」なんぞとおぞましい言葉を浴びせられたことがありました。「ケツ貸せ」は、男子校とか軍隊などという「男ばかりの世界」では、常套句のように飛び交う言葉です。もちろん、筆者は、一度もお貸ししたことはありませんがね。

 さて、この「アナル・セックス」、最近では、通常の男女のカップルの間でも、プレーのひとつとして用いられるようになりました。
 それには、別の理由があるのですが、そのことについては、次回、お話したいと思います。



管理人の本、スマホで好評配信中です。よろしければ、ぜひ!

モテ会話術25『男と女のモテ会話術』
2012年11月リリース
好評! App Storeで上位ランキング中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR