弱きをくじき、強きにへつらう「町奴ジャーナリズム」


 不純愛トーク   第293夜  
 前回まで、「シンデレラ」を題材に、「美しい物語」には為政者の「企み」が潜んでいる――という話をしてきました。その「企み」を見破り、人々に「この美談は危険!」と警鐘を鳴らすのが、ジャーナリズムの役目。しかし、少なくとも日本では、新聞・TVがその役目を果たしているとは言い難い。今回は、日本のジャーナリズムの「町奴(まちやっこ)体質」を取り上げて、その危険性について語ってみます――。

【今回のキーワード】 町奴ジャーナリズム 差別
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


AKI なんだか、話がとんでもないところへ「シンデレラ」じゃなくて「トンデレラ」しちゃいましたね。最初は、確か……結婚披露宴の「バージンロード」がおかしい、という話だったわけですが……。

哲雄 ハイ、そこから、「美談」を作り上げようとする権力の性質に踏み込み、その典型的な例として『シンデレラ』を取り上げました。

AKI 哲ジイは、そうして作り上げられていく「美談」には、警戒が必要だ――とおっしゃいましたよね?

哲雄 オッ、この美談、危ない――と感じて、その裏に隠された企みを暴き出してみせる「賢人の目」が必要だ、と申し上げました。

AKI その役目を果たすことが期待されているのは、ジャーナリズムなんですよね。でも、そのジャーナリズムがダメなんだ――と?

哲雄 ハイ。たとえば、安倍晋三がしきりに「美しい日本」なんていう言葉を振り回すときに、「この言葉は危険です!」ということを、きちんと検証して伝える。ジャーナリズムには、そういう責任がある――と思うのです。

AKI 「美しい日本」は危険なんですか?

哲雄 危険ですねェ。特に、あの人が言うと、危険きわまりない。なにしろ、「日本は核武装すべき」と考えている人ですからね。放っておくと、そのうち、「日本は神の国だ!」などと言い出しかねない。

AKI それって、戦前の日本の合言葉でしたよね?

哲雄 そうです。そういう不遜きわまりないキャッチフレーズを編み出して、日本を無謀な戦争へと駆り立てていったのが、戦前の、主に長州閥で作られた軍部だったのですが、ご存じのように、あの方は、その長州の「思い上がり体質」を、そっくりそのまま受け継いでいる人ですから。

AKI そう言えば、休暇中に、吉田松陰の墓にお参りしたりしてましたわねェ。

哲雄 日本のジャーナリズムは、「アベノミクスの効果がどうか?」というような、末節の技術論は展開するんだけど、政治体質とか、その根底にある政治思想のような根本的な問題については、何も触れない。所詮は、「町奴ジャーナリズム」なんですね。

AKI 町奴ジャーナリズム……? 何ですか、それ?

哲雄 「町奴(まちやっこ)」っていうのは、みなさんがお正月に目にする「奴凧(やっこだこ)」のモデルです。それは何か――と言うと、旗本屋敷などで働く「中間(ちゅうげん)」のことなんですね。

AKI 「お中元」なら知ってるけど……。

哲雄 でしょうね。でも、こちらの「中間」は、武士と町人の中間(ちゅうかん)という意味なんだよね。身分的には「町人」なんだけど、武家屋敷に奉公しているというだけで、自分は一般の町人よりエラい――と思い込んでる。

AKI ワッ、イヤなタイプ!

哲雄 でしょ? この「中間」連中は、ふつうの町人にはエラそうに威張りくさっているくせに、自分の雇い主である武家層などの、ほんとにエラい人たちには、へつらってしまう。どうも、日本のジャーナリズムには、そういう体質がある。

AKI エッ、強きをくじき、弱きを助ける――じゃなかったの?

哲雄 残念ながら、「弱きをくじき、強きにへつらう」になってるジャーナリズムのほうが多い、というのが実情だろうね。新聞で言うと、『読売』や『サンケイ』、雑誌で言うと、『週刊文春』とか『週刊新潮』。ここらへんは、「町奴ジャーナリズム」だと言われてます。

AKI でもさぁ、どうしてそうなっちゃうのかなぁ……?

 PR    想い続けたその人へ。ジュエリーと花に想いを託してみては?  

    
⇒左から、女の子に人気のジュエリー3点。ダイヤモンドイニシャルネックレス、ダイヤモンドハートネックレス、プチりぼんネックレス。あなたのメッセージを添えて贈るメッセージフラワー、プロポーズのメッセージやジュエリーを添えて贈るプロポーズボックス。
他にもいろいろ。ジュエリーを探したい人はこちら、 女の子が喜ぶジュエリーいろいろ からどうぞ。
   フラワーを探したい人はこちら、愛する人に花を から、どうぞ。

哲雄 お上に弱い――ってのは、日本の伝統だからね。日本の民衆って、一度も、自分たちの手で社会の仕組みを変えた、という経験がないんだよね。つまり、「革命」の経験がない。先の戦争でも、300万もの犠牲を強いられながら、その指導者の責任をだれも問おうとしなかった。まともな近代社会だったら、暴動のひとつも起こして、民衆が政権をひっくり返してますよ。

AKI フランス革命とか、ロシア革命のようなことは、日本では起こらなかった、これからも起こらないだろう――と、哲ジイは絶望してるわけですね。

哲雄 別に、絶望はしてませんけどね。ほんとに絶望したら、亡命してます。でね、さっきの「町奴」の話に戻るんだけど、「弱きをくじいて強きにへつらう」という性質は、どうも、日本に限らず、もともと人間の「社会的性質」として備わっているのかもしれない――と、私は思うわけです。

AKI もしかして、本能のようなもの……?

哲雄 本能というのは、正確じゃない。でもね、人間が社会というものを形成して、その中に「階級」というものが作られていく過程で、どうも、そういう性質が出来上がっていったのではないか、と思うんですね、私は。

AKI 習性として身に着いていった――ってこと?

哲雄 人間は、どうもね、自分よりランクが下――と思える階級を、頭の中に想定したがる傾向があります。

AKI 階級を――ですか?

哲雄 実際には、日本はもう階級社会ではなくなっているのですが、それを頭の中に作り出そうとするんですね。

AKI エッ、何のために?

哲雄 あいつらより自分のほうが上――と確信していたいからです。その確信を維持するために、仮想した「自分より下」の人間たちを、いじめたり、バッシングしたり、ときには直接、暴力を加えたりして、優位性を保とうとします。

AKI もしかして、学校や職場での「いじめ」の背景にも、そういう心理が働いてるかもしれない?

哲雄 かなりの確率で働いているような気がしますねェ。ホームレスを襲撃する若者たちにも、同じ心理が働いているだろうと思います。

AKI 悲しい習性ですね。

哲雄 そう。とても悲しい習性です。たぶん、この社会の中でさまざまな「差別」を生み出すのも、そんな習性なんだけど、大事なことはね、AKIクン……。

AKI おや、珍しく真剣なお顔。

哲雄 人を「差別」することで安心する――という習性が、いつの頃からか、人間に染みついていたとしても……です。そんな習性を「よくない」と感じて、「そういうことは止めようぜ」と、自分の心にブレーキをかけたり、周囲に呼びかけたりする「叡智」を、人間は学んできたはずなのです。その叡智の教えるところに従おうとするか、それとも、そんな言葉には耳を塞いで、差別することで自分の優位性を守ろうとするか。この違いは、天と地ほども大きい――と、私は思っています。

AKI ガンバれ、叡智!

哲雄 あの……ガンバるのは、キミなんだけど……。

AKI あ、そうか。学びなさい――ってことね。

哲雄 そうです。私も、いまだに学んでおりますから。

AKI ヨシッ、明日から学ぼう。

哲雄 ダメだ、こりゃ……。



管理人の本、スマホで好評配信中です。よろしければ、ぜひ!

モテ会話術25『男と女のモテ会話術』
2012年11月リリース
好評! App Storeで上位ランキング中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から



13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)


 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ウルフドッグさま

いつもコメント、ありがとうございます。


> 安倍首相の「美しい国」発言を、原発事故で避難を余儀なくされている住民が聞いたら、どう思うでしょうね。今一度、「美しい国」発言をするならば、この人達を全員説得してから、発言してほしいものです。

まったく同感です。
この人の目には、「日の丸」が翻る、この国の中枢部しか見えてないのだと思います。
この人が言う「美しい」の正体は、「秩序としての美しさ」だろうと思います。
もちろん、その目に「過疎地」が見えているとは、到底、思えません。

哲雄

悪い意味での差別ー人間は必ず死を迎える、そこから見ると意味ないですよね。


安倍首相の「美しい国」発言を、原発事故で避難を余儀なくされている住民が聞いたら、どう思うでしょうね。今一度、「美しい国」発言をするならば、この人達を全員説得してから、発言してほしいものです。
にしても、安倍政権の過疎地政策が伝わってこないのは、何故でしょうか(安倍首相が言う視覚的な美しい風景がある場所というのは、大体が過疎地なのに)。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR