素朴な疑問=Tバックって、不潔じゃない?

手と手 

Tバックは、不衛生ではないのか? ウンコとか
つかないの――と、素朴に心配なのですが…。


 性とエッチの《雑学》file.120   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 Tバック Gストリングス  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫



 筆者・長住は、以前から、気になって気になって仕方のないことがあります。
 他でもない、女性が着用する下着、俗に「Tバック」と呼ばれているアイテムについて――であります。
 端的に申し上げましょう。

 あれって、汚くないッすか?

 ご承知のとおり、「Tパック」は、女性の臀部を覆う生地の量を極端に少なく――というか、ほとんどヒモ状にして、あそこに食い込ませるようにしたデザインのパンツのことを言います。
 その形状が、アルファベットの「T」の字に似ているところから、日本では「Tバック」と呼ばれるのですが、欧米では、「ソング」とか「タンガ」という呼称のほうが一般的なようです。
 ま、呼び方なんぞは、どうでもよろしい。
 問題は、その衛生面であります。

恐怖の吸血魚「カンディル」が、「Tバック」産みの親

 そもそも、なんで下着があんな形になったのか?
 いちばん大きいのは、ファッション上の理由だそうですが、それはずっと後の話で、元々は、「魚の侵入を防ぐため」だったのだそうです。
 エッ、魚……!? ですよね。
 「カンディル」というのが、その魚。
 南米のアマゾンなどに生息する肉食性の淡水魚で、ナマズの仲間。なにしろ、この魚、ものすごく危険なのです。魚のエラから侵入して、その血を吸ったり、肉を食いちぎりながら体内に侵入したりするので、現地の人たちにはものすごく恐れられているのだそうです。参考までに、You Tubeで公開されている画像がこちら。



 なんとなく、ドジョウに似てもいるのですが、あんなおとなしい魚ではありません。
 そして、この魚、アンモニアの匂いに反応するんですね。
 てことは……?
 そうです。人間の尿道とか、膣とか、肛門とかが大好き! 無防備なまま彼らの生息域に入ると、彼らは肛門や尿道に頭を突っ込んできて、そのまま肉を食いちぎりながら、奥へ、奥へと入ってくるわけですね。しかも、その体には釣り針の返しのようなヒレが付いていて、引っ張り出すこともできないんだそうです。
 怖いでしょう?
 なので、現地の漁師たちは、肛門や尿道や膣をその侵入から防ぐために、日本のフンドシのようなものでそこを覆って、川に入っていたのだそうです。
 これが、「Tバック」の源流。
 後に、これは「民族衣装」としてリオのカーニバルなどに登場するようになり、ストリップやダンサーなどの衣装として定着し、1970年代になって、ブラジルなどで水着のデザインとして流行すると、それが欧米にも広がって、1990年代以降、世界的な定番となった――というのが、事の経緯です。

 PR  あなたの夜にそっとお届け! 魔レディの宅急便。
       
⇒左から、「マリンビーンズ」、「マリンワラビー」、「Wローター攻め」、「フェアリー・ミニ」、「はじめてセット」。
他にもいろいろ。探したい人は ⇒こちらから どうぞ。

下着のラインを隠すことに、はたしてどれだけ意味があるのか?

 このデザインが、世界的に広がったのは、ひとつには、「セクシーだから」というのがあるのですが、それ以外にも実用的な理由があります。
 特に広く用いられたのは、レオタードや水着のアンダーショーツとしてですが、それには、水着やレオタードに下着の輪郭が浮き上がるのを防ぐため――という理由がありました。
 ふつうのスカートやパンツを着用するときにも、ショーツやブリーフのラインがアウターに浮き上がらないように、意外と思われるかもしれませんが、浴衣やきものを着るときにも、下着のラインをわからなくするために――という理由から、「Tバック」を利用する人たちが増えていきました。
 小林製薬が2002年に実施した消費者アンケートによれば、

  16~39歳の女性の37%が「Tバック」のショーツを所有しており、
   そのうち半数近くが、月1回以上使用している。


 ――との結果が出ています。
 しかし――と、長住のエロ頭脳は、思うわけです。
 女性のスカートやパンツに浮かび上がる下着のラインって、あれはあれで、想像力をかき立てられてエロチックだったんだけどなぁ――と。
 もちろん、ヒップの丸みを美しく見せるという「Tバック」のファッション的な目的は、それはそれで、ご立派であるとは思うのですが、何かこう、引っかかりがないというか……。
 それに――と、長住は、思うのです。
 やっぱり……あれって、汚い!

Tバック」には、ウンコも、細菌も、ウジャウジャ!

 「Tバック」は、ヒモ状となった布をお尻のワレメに食い込ませて着用するわけです。
 中には、「Gストリングス」と呼ばれるタイプもあって、こちらは、素材がゴムヒモになっているらしいのですが、ゴムでも布でも同じです。
Tバック1 食い込ませる以上、その布だかゴムだかは、彼女の尻のワレメ、つまり肛門に、激しく食い込みます。もちろん、その前のワレメ、膣にも激しく食い込みます。
 女性の中には、その食い込む感触がたまらないから――というので、「Tバック」を愛用している人もいる、と聞き及びます。
 そりゃ、そうですよね。一日中、あそこをヒモ状の布でこすられたら、それは、気持ちがいいはずです。男の中には、彼女のヒモをグイと引っ張っては、彼女によがり声を上げさせようとする輩もいます。つまり、「Tバック」は性具にもなるわけです。
 しかし、本日、問題にしたいのは、そういうことではありません。

 汚れるだろうなぁ――と思うわけです、長住は。
 ご承知のように、人の肛門には、どんなにきれいに拭き取ったつもりでも、ウンコの残骸が残っています。それに伴って、さまざまな雑菌も繁殖しています。
 そこをグイと締め付けるようにヒモを食いこませていたら、当然のことながら付着します。肛門のウンコとか、膣からこぼれ出るオリモノとかが……です。
 「汚れないの?」とお訊きしてみたこともあるのですが、「ウーン、もう、エッチ!」と頭を引っぱたかれただけでした。
 仕方がないので、鑑識してみました。
 彼女が脱ぎ捨てた「Tバック」を手にとって、そのヒモの部分を点検してみました。ありました。茶色の付着物が……。
 命がけで(?)、その部分に鼻をつけて、ニオイを嗅いでみました。

 ワッ! でした。

 確かに、そのニオイは、私の大好きな(?)あれ、つまり、ウンコのニオイでした。

「Tバック」の女性は、尿路感染症にかかりやすい

 親しくしている泌尿器科のドクターにも訊いてみたのですが、「それはキミ、間違いなく、排泄物のニオイだよ」。そして、わが友は言うんですね。

  実はね、長住よ。長時間、Tバックを穿いている女性は、
   尿路感染症になる可能性が、けっこう高いんだよ。


 つまり、肛門で付着したバクテリアなどが、布を経由して、膣や尿道に侵入して、感染症を起こすケースが少なくない、というわけです。
 それだけじゃない。きつめのジーンズなどとこの「Tバック」を合わせて着用すると、になったり、肛門の裂傷を引き起こしたりする症例もある、というのです。

 もちろん、不潔になることを避けるためにも、着用したらきれいに洗濯を――が欠かせないわけですが、しかし、その洗濯が「Tバック」の場合はむずかしい。
 なにしろ、いちばん汚れているのは、細くヒモ状になった部分です。私の経験から言っても、洗いにくいことこの上ない――という形状です。

 以上のことから、こう断言しても差し支えないだろう、と管理人は思うのであります。

 Tバックは、不潔である。
 Tバックを常用する女も、不潔である。


 最近は、この「Tバック」が男性の間でも流行っているのだそうですが、私は、健康上の理由から、その使用は控えたい――と思うわけであります。



管理人の本、スマホで好評配信中です。よろしければ、ぜひ!

モテ会話術25『男と女のモテ会話術』
2012年11月リリース
好評! App Storeで上位ランキング中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に共感・感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

ウルフドッグさま

コメント、ありがとうございます。

> ご存知だとは思いますが、近年でもカンディルが原因の手術が何件かあるみたいです。似たような事例として、ちょっとしたイタズラが原因で、ウナギが体内に入ってしまい、手術して取り出したというのがありましたが…。
>

へーッ、ウナギまでねェ。
やつらも、「穴」が好きですものねェ。
昔は、石垣の隙間なんぞに潜んでるやつを、手づかみで捕まえたりしたものです。
そんなウナギになら、なってみたいものです。

哲雄

ご存知だとは思いますが、近年でもカンディルが原因の手術が何件かあるみたいです。似たような事例として、ちょっとしたイタズラが原因で、ウナギが体内に入ってしまい、手術して取り出したというのがありましたが…。

女性は、Tバックを使用していなくとも、尿道が短いこと(4cmだとか!)もあって、尿路感染症になりやすいみたいです。そのかわり、結石になる人はあまり、いないようです。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR