タンゴを「風営法」で規制…? 笑える警察の時代錯誤

g_scooter_20090210173409.jpg 恋愛ジャーナル〈26〉 
実際に起こった恋愛がらみの出来事を長住流に解説します。

アルゼンチンタンゴを、風営法による規制対象とする」
警察庁が発表した取締宣言に、「?」の声が渦巻いています。
「男女間の享楽雰囲気が過度にわたる可能性がある」から
と言うのですが、エッ、これ、何時代の話……?


【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


 筆者・長住は、思わず、耳を疑ってしまいました。
 アルゼンチンタンゴが「風営法」による規制対象になる――というのです。
 いや、実は、タンゴだけではない。男女ペアで踊るダンスのすべてが、「風営法」の規制対象になっていたのだと知って、二度、ビックリ! です。
 社交ダンスであろうが、フォークダンスであろうが、男女がペアで踊るダンスは、「公安委員会」の許可を得てないものは、すべて風営法の対象。ダンスホールであろうが、ダンス教室であろうが、ダンスの会であろうが、許可を受けずに営業すれば、取り締まりの対象になる――というわけです。
 その理由を、警察庁はこう説明しています。

 (アルゼンチンタンゴのようなダンスは)
 その性質上、男女間の享楽雰囲気が過度にわたる可能性がある


 エーッ!! です。
 こいつら、いったい、どんな時代の人間なんだ――と、管理人は思いました。
 確かに、アルゼンチンタンゴはエロいです。
 参考までに、本場のダンスはこんな感じ。



 筆者に言わせていただくなら、この「エロさ」は「芸術」です。それを「男女間の享楽的雰囲気」としか表現できない感性の、なんと貧弱なこと!
 仮に、それを「享楽的」としか感じられない「イモ」だとしても、男女間が「享楽的」であってはいけない――などと、日本の官憲は、いまだに本気で考えてるんでしょうか?

 あまりにあきれてしまったので、今回は、この話をしてみようと思うのですが、その大前提として、申し上げておきたいことがあります。

 〈1〉「享楽的」かどうかを判断するのは、個人の感性の問題であり、国家が判断を下すべき問題ではない。
 〈2〉たとえ「享楽的である」と判断したとしても、それを理由に取り締まるということはできないはずである。そんなことをすれば、思想・表現の自由を侵害することになる。


 この2点を頭に置いた上で、今回の問題を考えてみることにしましょう。

カラス すべてのダンスは享楽的であり、その根源的エネルギーはエロスである

 今回、槍玉に挙げられたアルゼンチンタンゴは、情熱的でセクシーな踊りが特徴のダンスです。見ていても「エロいなぁ」と感じます。しかし、その「エロさ」こそ、このダンスの芸術的魅力でもあるわけです。
 それを「過度に享楽的」として、規制の対象にしようとしたのだとしたら、取締当局の文化的無知ぶりには、もはや失笑するしかありません。
 そもそもダンスというものは、享楽的でエロチックなものです。古来、それは、神々に捧げられたものであり、神々は、男神もしくは女神です。その怒りを鎮めたり、感謝を捧げたりするために舞われるのですから、そこには「エロス」の要素は欠かせなかったはずです。
 その「エロス」を「けしからん」と言っているに等しいんですね、今回の警察庁の見解は。
 どうしてそうなるのか――と考えていて、ハタ……と思い当たったことがあります。
 日本の警察組織を作ったのは、薩摩(いまの鹿児島県)です。明治の警察官は、当初、ほとんどを薩摩の士族たちが占めていました。いまでも、俗語で、警察官を「マッポ」と呼んだりしますが、その「マッポ」は、「薩摩っぽ」の略なんですね。
 「薩摩っぽ」である警察官たちは、あまり評判がよろしくありませんでした。高圧的で、威張りくさっていたからです。「オイ、コラ」と市民を怒鳴りつけたりするので、むしろ、嫌われていました。その「オイ、コラ」も、薩摩弁です。
 薩摩と言えば、言わずと知れた「男尊女卑」のお土地柄。いまでも、男たちがすべて入った後でないと、女はフロに入れない――なんていう風習が残っている土地。男と女が街で仲よく振る舞っていたりすると、「なんごつ、昼間からデレッとしようとか」と、罵声を浴びたりする土地なんですね。
 そんな薩摩っぽが作った警察組織には、いまだに「エロス」を毛嫌いする体質が残っているのではないか。もちろん、「エロス」を理解できない人たちに、芸術を理解するセンスがあろうはずがない。
 今回の「タンゴ騒動」の背景には、明治以来、脈々と受け継がれてきた組織内の「薩摩体質」もあるのではないか――と、筆者は想像するのですが、しかし、問題の本質は、残念ながらそこではありません。

カラス 講師以外とダンスをすると、違法…?

 問題は、規制の根拠としようとした「風営法」のほうです。
 その第1条には、次のように、同法の目的が記されています。

第一条 この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれらの営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする。

 第二条には、「風俗営業」に該当する業態が、7項目にわたって挙げられています。その7項目中3項目が、なんと、ダンス関連の営業です。その部分だけを抜粋しておきましょう。

 キャバレーその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業
 ナイトクラブその他設備を設けて客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(第一号に該当する営業を除く。)
 ダンスホールその他設備を設けて客にダンスをさせる営業(第一号若しくは前号に該当する営業又は客にダンスを教授するための営業のうちダンスを教授する者(政令で定めるダンスの教授に関する講習を受けその課程を修了した者その他ダンスを正規に教授する能力を有する者として政令で定める者に限る。)が客にダンスを教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業を除く。)

 なんだか、「ダンス」が目の敵にされてるような気がします。
 ま、それもわからないじゃありません。「風営法」か施行された戦後間もない時代には、ダンスが「売春」の温床になっていた――という事情があったからです。
 〈一〉の「キャバレー」や〈三〉の「ナイトクラブ」は、別にダンスがなくても「風俗営業」だと思うのですが、問題は〈四〉です。
 ちょっとわかりにくい――というか、ものすごくヘタな日本語なので、少し整理して言うと、

 ダンスホールやダンス教室のように、「客にダンスをさせる」営業も「風俗営業」とする。
 ただし、政令で定めた講習を受け、その課程を修了した者が客にダンスを教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業は、その対象外とする。

 これでもわかりにくいですよね。
 もっとわかりやすく言うと、こうです。

 ダンスが「風俗営業」の対象外となるのは、
 ダンス講師の資格を持った者が「教える目的」で客とダンスをする場合のみ


 ――ということになるわけです。
 条文どおりに解釈すると、たとえダンス講師がいても、客同士でダンスをさせたら、「風俗営業」になるゾ――と、この条文は言っているわけです。

 なにやら怪しくありませんか?
 そうです、ものすごくきな臭い感じがします。筆者が引っかかるのは、「政令で定めた講習を受け、その課程を修了した者が」という部分です。

カラス 仁義を通せ――というイチャモンか?

 そもそも、ダンスの講師になるのに、なんで「政令で定めた講習」が必要なんや――と思われた方も多いだろうと思います。ダンスは、命に危険が及ぶ技芸でもなければ、危険物を取り扱うわけでもない。
 技量の質を問うため?
 その技量を、いったい、だれが何のために審査するというのか?
 疑問だらけの条文です。

 そこで、調べてみました。
 この「政令で定めた講習」を、いったいどこのどんな組織が実施しているのか――をです。
 社交ダンスの場合は、「財団法人日本ボールルームダンス連盟」という団体が、その講習と資格認定を行っていました。
 「ボールルーム」というのは、「ステージ」と区別して使われる「舞踏室」という意味。プロのダンサーが客に見せるために踊るのが、「ステージ」。客同士がダンスを楽しむために設けられたスペースが「ボールルーム」。そこで踊られるダンスを「ボールルームダンス」と言うらしいのですが、日本語には訳しにくいので、「社交ダンス」という言葉が訳語として考え出されたのだそうです。
 「財団法人日本ボールルームダンス連盟」の規約には、その設立目的がこううたわれていました。

第1条
この規定は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「法」という。)第2条第1項第4号に定めるダンス教授所においてダンスを教授する者(以下「プロ・ダンス・インストラクター」という。)に関し、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令の一部を改正する政令(平成10年8月14日政令277号。以下「政令」という。)に基づき財団法人日本ボールルームダンス連盟(以下「連盟」という。)がダンスの教授に関する技能及び知識に関して行う講習等に関し必要な事項を定める。

 つまり、自分たちは、「風営法」を遵守するために、その講習などを行う組織として設立された――と言っているんですね。
 監督官庁は文部科学省。連盟は、その監督下、会員から講習料を徴収し、年会費を取って、運営に当たっています。
 ますます、プンプン臭ってきました。
 うがった見方をすると、社交ダンス業界が、当局の規制から逃れるために設立した組織ではないか――と、見えなくもありません。いや、きっとそうに違いない。
 ところが、アルゼンチンタンゴには、こうして講習を実施する団体が存在しないんですね。
 またまたうがった見方をすると、そこをネラわれたんじゃないか――と、筆者の目には映ってしまいます。ええ、好きなんです、物事をうがって見るのが。
 うがちついでに言うなら、真相はこうではないか――と、筆者は思うのです。

 おまえのところは、あいさつがないじゃないか?

 ヘソを曲げた当局が、アルゼンチンタンゴにいちゃもんをつけた。
 日本の「官僚体質」から言って、それはあり得ないことではないと思うのですが、ただ、これはあくまで筆者の推測の域を出ません。
 さらに申し上げるなら、他の業界団体がそうであるように、ダンスの世界でも、業界団体=官僚組織の癒着の構造があり、そこから外れた団体や組織がいやがらせを受ける。
 今回のアルゼンチンタンゴ騒動の裏には、そんな力学が働いていたのではないか――とも、筆者は思うのです。

カラス アルゼンチン人は怒っている……?

 いかにも日本的な……と見える今回の騒動。自国の文化を「過度に享楽的」と指摘された格好のアルゼンチン大使館は、「タンゴが不道徳なもののようにみなされるのは、われわれアルゼンチン人にとっては驚くべき事実です。日本の行政関係者には熟考していただきたい」とコメント。
 アルゼンチン人ダンサーのファン・ギダさんも、「タンゴは踊りだけでなく、演奏も音楽も歌も入っている。全世界で認められている幅広い総合芸術なんです。それが卑猥なサービスと混同されてしまうなんて」とあきれ顔で語っています。
 このままでは、日本での「文化」意識の低さが、世界のもの笑いにもなりかねない状況。
 さすがに、これはおかしいと思ったのか、先週には、「ダンス文化推進議員連盟」という時代遅れなネーミングの超党派の議員連盟が発足して、法改正の署名運動を開始しました。
 同連盟会長の小坂憲次参院議員は、「アルゼンチンタンゴ は世界の民族舞踊の中でも格調が高い。それが悪者扱いされないような法体系を早急に整備しないといけない」と語っているそうですが、これって、法律で解決するような問題ですかね?



管理人の本、スマホで好評配信中です。よろしければ、ぜひ!

モテ会話術25『男と女のモテ会話術』
2012年11月リリース
好評! App Storeで上位ランキング中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から


女の本心『男が知らない女の本心』
2012年12月リリース
スマホ用オリジナル書き下ろし! App Storeで好評販売中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から

13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事の主張はナルホドと思う(FC2 恋愛)
→この記事には共感できた(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このカテゴリーの記事一覧に戻る      トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

狼犬と遊びたい

いつも、コアなコメント、ありがとうございます。
――なのですが、

> 大正時代を舞台とした画家を目指す青年が主人公の漫画ですが、ミロのヴィーナスが日本に来て、展示されるシーンがあります。
> そのシーンで、規制側権力側が「乳房を見せるのは、けしからん!!」ということで、乳房とそこから下をシーツで覆ってしまいます。

このネタ、ちと、ポピュラーすぎるかも――です。
TVにも、さんざん登場しましたしね。
ちなみに、その漫画、なんていう漫画ですか?
私は、そっちに興味があります。

長住

この記事を見ていて思い出した漫画があります。
大正時代を舞台とした画家を目指す青年が主人公の漫画ですが、ミロのヴィーナスが日本に来て、展示されるシーンがあります。
そのシーンで、規制側権力側が「乳房を見せるのは、けしからん!!」ということで、乳房とそこから下をシーツで覆ってしまいます。
この頃と大して変わっていませんねェ。これを挙げて、相手をチクリと刺すのも面白いと思いますが(笑)

Re: タイトルなし

狼犬と遊びたい

ご心配なく。
「取締」と言っても、「風営法」上の「取締」ですから、
「営業」が絡んでいなければ、その対象とはなりません。
神社に奉納される踊りとか、路上パフォーマンスとかは、
この規制の対象外です。
いちばん、影響を受けるのは、「ダンスホール」や「ダンス教室」でしょうね。
元々は、そういうものを隠れ蓑にするフーゾク業者がいたことが、
そもそもの発端だったわけですが……。
『Shall We Dance』がなくなっては大変、というわけで、
議員連盟が法改正に起ちあがったわけです。

哲雄

私の地元には、ささら踊りという神社に奉納される踊りがありますが、それに「雌獅子を寝盗られた」なんていう言葉が出てきます。
この法律の論理でいけば、日本全国の神社で奉納される踊りも規制対象になりかねません。神楽文化を取り締まるなんて、話が変です。
あと、ダンス講師が生徒に教える時以外は取締の対象になる、ということは男女(別に同性同士でもいいのですが)が路上でダンスしていても取り締まる、ということですよねェ。
筋が通らないんですが。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR