ミセス・ボディショット〈11〉 子犬のように

smile.jpg 

幸恵のボレーは、じゃれつくように聡史のボディに
飛んでくる。そこに聡史は、幸恵の愛を感じた。
やがて、ASK関東テニス大会の予選が始まった――


 マリアたちへ   第16話 
ミセス・ボディショット〈11〉

 前回までのあらすじ  40歳でテニスを始めた海野聡史は、レッスンのラリー練習で、有賀幸恵のボディショットに下腹部を直撃される。幸恵はクラスに4人だけいる女子の中でも、ちょっと目を引く美人だった。幸恵には夫がいて、テニスもふたりで始めたのだが、その夫は体を壊して、いまは休んでいるという。ある日のラリー練習で、聡史は幸恵とペアを組んで、見事なフォーメーション・プレーを見せ、相手ペアを下した。至福の瞬間だった。なぜか、幸恵と組むと、聡史の足は燃えた。その数週間後、「関東地区ASK杯争奪テニス大会」のエントリー受付が発表された。「海野さんも、出ましょうよ」と声をかけてきた幸恵だったが、その幸恵の肩に手を回しながら「ペア組もうよ」と誘いかけてきたのは、大沢だった。「もう、決まってるから」と答える幸恵。その視線が捉えたのは、聡史だった。有賀・海野ペアは、なりゆきで誕生した。「サーブに不安が…」と言う聡史を、幸恵はプライベート・レッスンに誘い、さっさとコートを予約。それは、聡史のオフィスのすぐ近くにある都営のコートだった。「あなたのオフィスって、シャワーある?」。練習が終わると、幸恵が言い出した。コートのシャワーが、あまりきれいじゃないから、と言うのだった。聡史は、幸恵を、だれもいないオフィスに案内した。「海野さん」と呼びかけられて振り向くと、シャワーを終えた幸恵が、トレーナーの下から湯上りの脚をのぞかせて立っていた。その裾をゆっくりと引き上げる幸恵。「お約束のお尻、見せてあげる」というのだった。やがて、ふたりの唇は静かに近づき、ふたりは小さな罪を犯した――

【リンク・キーワード】 エッチ 官能小説 純愛 エロ
このシリーズは、筆者がこれまでに出会ってきた思い出の女性たちに捧げる「ありがとう」の短編集です。いま思えば、それぞれにマリアであった彼女たちに、心からの感謝を込めて――。


  この話は連載11回目目です。この小説を最初から読みたい方は、こちらから、
    前回分から読みたい方は、こちらからどうぞ。


 もしかしたら、自分たちのペアは文字通り、小山コーチの言った「愛のあるペア」になるのかもしれない――と、聡史は思った。
 スクール・レッスンでも、聡史と有賀幸恵は、おたがいを意識して行動することが多くなった。
 ウォーミング・アップのボレー&ボレーでは、目と目で合図を送り合ってペアを組んだ。幸恵のボレーは、以前にも増して、聡史のボディに飛んでくるようになった。
 体にじゃれついてくる子犬のようにボディに飛んでくる幸恵のボレーを、聡史はていねいに、幸恵のフォアに返した。幸恵がもっともボディを打ちやすいであろうと思う位置に、可能な限りのきれいな球筋で――。
 サーブ練習でも、ふたりは、隣同士に並んで、1回3球ずつの持ち球を打ち込んだ。聡史のサーブが正確にクロスに入るのを見て、幸恵は「調子いいね」と声をかけてきた。
 聡史のサーブの精度が上がったのは、幸恵のアドバイスのおかげだったが、その成果は小山コーチの目にも留まったようだった。

 「海野さん、サーブ、よくなりましたね。この状態がキープできたら、来季はUMですよ」

 ホメ言葉としてはありがたかったし、UM昇格もうれしい話ではあったが、そうなると幸恵とは離れ離れになる。それが少し、寂しくはある――と思っていたら、練習後に幸恵が声をかけてきた。

 「ね、コーチから何か言われた?」
 「ウン。このままいけば、来季はUMだって」
 「私も言われた」
 「エッ!?」
 「そろそろ、UMですねって」
 「よかった」
 「よかった……って?」
 「いや、何でも……」
 「もし、UMが決まったら、同じクラスでやりません?」
 「よかった。実はね、UMに上がったら、有賀さんとは離れ離れになるなぁ……って思ってたから」
 「自分ひとりだけ上がったら……って思ってたわけ?」
 「ま、そうだね」
 「ンもぉ。まったくノーテンキねェ。海野さんもそろそろ上でいいんじゃないですか――って、コーチに進言したの、私なんだからね」
 「エッ!? エ――ッ!」

 それだけ言うと、有賀幸恵はサッとスコートの裾を翻して、更衣室に消えていった。
 その姿を呆気にとられて見送っていると、後ろからポンと肩を叩かれた。


       

 「有賀人事ですねェ」

 ニヤッと笑いながら立っていたのは、早川亮だった。

 「人事……?」
 「あ、会社じゃないから、人事じゃないか。あの子、けっこう、おせっかいなんですよ」
 「どういうことです?」
 「困ってる人の世話を焼きたがったり、人の向上心をサポートしたりするのが、好きらしいです」
 「だからと言って……」
 「小山コーチも、彼女には弱いから。あ、だからって、海野さんが温情で上に上がるとか、そういうことじゃないですよ。海野さんがUMレベルっていうのは、ボクも認めてますから。実はね、ボクも来季はUM行きらしいです」
 「そうなんですか。そりゃ、よかった」
 「つか、ここだけの話なんですけどね、いま、UMが定員不足なんですって。なのに、Mが増えすぎて、クラスが足りなくなってる。ま、そういうこともあって、今回は、MからUMに、ずいぶん昇格するらしいですよ」
 「エーッ、そんなことで決めてるんですか、レベルを?」
 「そりゃ、そうですよ、海野さん。スクールだって、営利事業だもん」
 「ま、そう言われればそうだけど……」

 小山コーチにささやかれた「UM昇格」のありがたみが、少し薄れたような気がした。
 しかし、昇格しても幸恵と同じクラスでいられるというのは、聡史にとっては、わるいニュースではなかった。

       

 やがて、スクール内での予選が始まった。
 予選は、日曜日の午後、通常のレッスンが終わった後に、コート3面を使って行われる。
 スクール内でダブルスにエントリーしたのは、全部で16組だった。試合は、トーナメント形式で行われ、上位2チームだけが、関東大会の出場権を得る。代表になるためには、3勝すればいい、という話だが、エントリーしたペアの中には、U同士のペアもいる。いきなり、そんな強敵と当たれば、1回戦で敗退――ということになってしまう。
 運よく、海野・有賀ペアの1回戦の対戦相手は、M同士のペアだった。
 ゲームは、タイ・ブレーク方式で行われた。
 先に7ポイント以上を先取して、相手に2ポイント差をつけたほうの勝ちとなるが、タイ・プレークの場合は、2ポイントごとにサーブ権が入れ替わり、そのたびにサーバーを交代しなければならないことになっている。
 聡史も、幸恵も、同じ回数、サーバーとしてサーブを打つことになる。これでは、Wフォールトなんてやっていられない。
 サーブ練習やっておいてよかった――と、聡史は思った。
 ゲームはいきなり、聡史のサービス・エースから始まり、終始、聡史たちのリードで進んだ。
 ゲームのポイントは2か所あった。

 ひとつは、カウント3-2から迎えた6ポイント目。サーバーは相手ペアに移っていた。
 聡史が相手のバック・サイトに返したリターンを、相手のサーバーがバックハンドでダウン・ザ・ラインに打ち返してきた。あわや、パッシングになりそうだったリターンを幸恵が横っ飛びでボレーした。「ナイス・キャッチ!」の声が飛んだが、相手の前衛は、センターをケアしていた。もし、前衛が幸恵のボレーを拾えば、ふたりのど真ん中をボレーで抜かれてしまう。
 咄嗟の判断で、聡史は、センターにダッシュしながらネットに詰めた。
 案の定、幸恵のボレーをキャッチした相手の前衛は、それをボレーでセンターに返してきた。ダッシュが早かったぶん、聡史の足は、その球に追いついた。
 見ると、センターに詰めた相手前衛のフォア・サイドはガラ空きになっている。
 聡史は、足元でワンバウンドした相手のボレーを、ハーフボレーでドロップ気味に、相手コートのサイドラインぎりぎりに落とした。
 相手ペアは一歩も動けなかった。
 幸恵が手のひらでガットを叩いて拍手し、握手を求めてきた。

 もうひとつのポイントは、5-3から迎えた9ポイント目。サーバーは、聡史だった。
 サービスダッシュした聡史はネットについて、海野・有賀ペアはWボレーの布陣を敷いていた。その何ラリーか目。相手の後衛は、幸恵がそのセンターを抜こうとして打ったボレーをロブで返してきた。
 聡史のいるデュース・エリア側のサイドラインぎりぎりにフラフラと上がったロブ。
 ボレーで返すか、いったん落として、ストロークで返すか?――一瞬、迷った聡史だったが、あれをワンバウンドさせてしまったのでは、かなり深い位置でストロークすることになる。その間に相手は守備の隊形を整えるだろう。だいいち、そんな深い位置からのストロークでは、ヘタしたら、相手にチャンス・ボールを返してしまうことになる。
 聡史は、ラケットをバックハンドのボレーの位置に構えたまま、必死でボールを追った。なんとか追いつきそうには見える。しかし、どんなに腕を伸ばしても、球はその上を飛び越えていきそうにも見えた。
 一か八かの決断だった。
 ラケットをハイボレーの位置に構えたまま、聡史は思い切り足でコートを蹴ってジャンプした。
 よし、余裕はある。
 バックハンドのハイボレーだが、それをスマッシュのように強めに振り抜いた。
 いいヒット感だった。聡史のガットに弾かれた球は、相手コートの前衛の足元を抜き、ふたりのセンターを抜くエースとなって、バックラインを越えていった。
 幸恵がラケットを握った手と拳を握りしめた左手でガッツボースを作り、それから握手を求めてきた。

 結局、そのまま、ゲームは7-3で聡史たちの勝利になった。
 相手チームとの握手を終えると、幸恵は汗まみれの手でギュッと聡史の手を握りしめてきた。
 その握手の時間が、少し長く感じられた。
 ⇒続きを読む



管理人の本、スマホで好評配信中です。よろしければ、ぜひ!

女の本心『男が知らない女の本心』
2012年12月リリース
スマホ用オリジナル書き下ろし! App Storeで好評販売中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から


モテ会話術25『男と女のモテ会話術』
2012年11月リリース
好評! App Storeで上位ランキング中!
iPhone、iPad、アンドロイド端末でダウンロードできます。
iPhone、iPadでご覧になりたい方は、こちら(iTuneダウンロードページ)から

13 この小説へのあなたの感想をClick Please! (無制限、押し放題中!)
管理人はいつも、下記3つの要素を満たせるようにと、脳みそに汗をかきながら記事をしたためています。
そして、みなさんが押してくださる感想投票に喜んだり、反省したりしながら、日々の構想を練っています。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもったポチを、よろしくお願いいたします。

 テーマがいいと思う(FC2ランキング 恋愛)
 描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村ランキング 小説)
 ストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 この小説の目次に戻る            トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡

《写真&詩、エッセイ、日記》
★質素に生きる New
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR