「神」を「インスタント化」した、明治の長州人


 不純愛トーク   第245夜  
 前回は、明治を作った薩摩と長州の「差別意識」と「エリート意識」が、日本の近代に大きな影を落としている、という話をしました。今回は、その続き。このエリートたちは、日本人の伝統的な「神」の概念を作り変えようとした、という話をご紹介します――。

【今回のキーワード】 靖国神社 英霊
【SEOリンク・キーワード】 おひとり様 エロ 恋愛小説 官能小説 結婚  不倫

AKI 明治を作った薩摩と長州のエリートたちは、日本を「一神教」の国に作り変えようとした。前回は、そんな話でしたね。

哲雄 そのために、仏を殺し、鎮守の森などに祭られた古くからの神々を葬り去ろうとしました。でもね、それだけじゃなかったんです。「新しい神」も創り出してしまったんです。

AKI 新しい神……?

哲雄 AKIクンは、「英霊」という言葉を聞いたことがありますか?

AKI ハイ。あれでしょ? 戦争で亡くなった人たちは「靖国」に祭られて「英霊」になるって言われてたんですよね?

哲雄 軍人はね。

AKI エッ、軍人だけなの?

哲雄 ハイ、軍人だけです。その「英霊」という概念そのものが、実は、彼らの発明品だったんです。

AKI そうなんですか? 江戸時代とか、鎌倉時代とか、平安時代とかにはなかったんですか?

哲雄 ありませんでした。「英霊」っていうのは、天皇のために闘って命を落とした者は、即、「英霊」として天子さまに顕彰される――として、当時の軍部などがでっち上げたアイテムだったんだよね。

AKI 顕彰……?

哲雄 「慰霊」じゃなくて、「顕彰」。「顕彰」というのは、「おまえ、よくやった」と誉めて表彰することなんだよね。その「英霊」を祭っているのが、東京の「靖国神社」。その「靖国神社」が別格官幣大社となったときの祭文には、こう記されています(口語訳)。

《明治元年から今日に至るまで、
天皇が内外の野蛮な敵をこらしめ、服従させてきた際に、
おまえたちが忠誠心を持って家を忘れ、身を投げ打って名誉の戦死を遂げた、
その高い勲功によって大皇国を統治できるのだと思し召したので、
これから後、永遠に祭祀することにする》


どこを見ても、慰霊の「慰」の字もないでしょ? ただ、「よくやった」とホメてるだけ。

AKI 誉めてるのは、天皇?

哲雄 そう書いてあるけど、もちろん、実際に明治天皇がそんなことを言ったわけではないと思いますよ。つまり、これは、当時の軍部の作文。だいたいね、日本の伝統的な神道の考え方からして、「英霊」なんていう概念が出てくるわけがない。

AKI そうなんですか?

哲雄 前にも申し上げたと思いますが、日本人はずっと、「死」は「穢れ」というふうに考えてきました。死者の霊は、死んだ直後は「生霊(いきりょう)」と考えられ、そういう「霊」は、たいへん危険なものだし、まだ「穢れ」をまとっているので、うかつに触れると「穢れが伝染る」=「触穢(しょくえ)」と考えられていました。その「穢れ」は、何十年という長い時間をかけて「浄化」され、やっと「和御霊(にぎみたま)」となり、祖先の霊と一緒になる、とされていたんです。ところがね、当時の軍部を中心とした指導者層には、そんな悠長なことは言ってられない事情がありました。

AKI どんな事情です?

哲雄 日本は当時、徴兵制度が敷かれて間もない時期でした。貴重な働き手を兵隊に取られてしまう農家などからは、不満の声が上がっていました。そこへ、日清戦争が勃発して、大量の戦死者を出してしまいます。このままだと、国民の士気は上がらない。そこで、当時の軍部をはじめとする指導部は、「ウルトラC」を編み出した。

AKI その「ウルトラC」が「英霊」?

哲雄 前回もお話しましたが、明治のエリートたちは、《日本は「神」である天皇が支配する「神の国」である》というイデオロギーを作り上げて、それを国民に浸透させようとしました。国民は「天皇の赤子」であり、赤子である国民は、求められれば喜んで、その命を天皇のために差し出すのだ――という思想を、徹底的に国民に刷り込もうとしました。その仕上げに編み出されたのが、天皇のために戦って死んだ者は、即刻、「神」になる――という「新しい宗教」でした。

AKI なぜ、「即刻」なんですか?

哲雄 それまでの古い神道のように、「神」になるのに20年も30年もかかる、という教えでは、兵隊の補充が、次の戦争までに間に合わないからです。なので、「戦死すれば即、神になる」という教義にした。宗教学者の中には、「神をファースト・フード化した」と評した人もいましたが、言い得て妙だと思います。

AKI まるで、国家が作った「新興宗教」みたいですね?

哲雄 うまいことをおっしゃる。そうです。「国家神道」というのは、国家が作った「新興宗教」と言っていいと思います。その中心的存在となったのが、「靖国神社」だったわけですが、「靖国神社」となったのは1879年のことで、それまでは「東京招魂社」という、あくまで、陸軍内に設けられた祭事施設でした。

AKI 「招魂」っていうことは、「魂を招く」場所だったわけですか?

哲雄 「招魂社」の起こりは、山口県の現下関市内にあった「櫻山招魂場」という施設でした。

AKI それは、何をする場所だったんですか?

哲雄 元々は、陰陽道にのっとって、「招魂祭」をとり行う施設でした。「招魂祭」とは、死者の霊を招く儀式なんですが、死者は「鎮める」というのが日本古来の考え方ですから、王朝時代には禁止されていました。この「招魂社」が明治になって各地に作られるようになり、「東京招魂社」が「靖国神社」になってからは、各地の「招魂社」は「護国神社」と名前を変えて、軍国イデオロギーの象徴として機能していくようになります。

AKI 中には、「英霊」になんかなりたくなかった人もいたでしょうね?

哲雄 いました。「靖国神社」には、「英霊」となった御霊が合祀されているのですが、その中には、当然のことながら、仏教徒もいれば、クリスチャンもいます。そして、これが大きいのですが、大戦中に日本軍人として徴用された韓国籍や台湾籍の人たちも含まれています。そういう人たちの中からは、戦後、「靖国神社の合祀リストから、自分の親や子どもを外してくれ」という要求が出されました。

AKI 外してもらえたんですか?

哲雄 神社側は、いまだにこの要求に応じていません。「合祀は天皇の命令によるものなのだから、勝手に名簿から外すわけにはいかない」というのがその理屈なんですよね。自分たちにメチャクチャな命令を下して死に追いやったA級戦犯を含む軍事指導者たちと、その犠牲となった人たちが、いまだに一緒に祭られているわけです。

AKI 不快に感じる人たちもいるでしょうね?

哲雄 特に、戦中、日本軍人として徴用された外国籍の人たちの怒りは、尋常ではないだろうと想像できます。異国の神=天皇のために闘え、と命じられて突撃させられ、死んだら、自分たちにそんな死を命じた異国の地に「神」として祭られてるわけですからね。私だったら、ジョーダンじゃないぜ、と思うだろうと思います。しかもね、戦時中の軍部は、この「護国神社」を韓国や台湾にも建設して、これを「参拝しなさい」と強制しました。こんなこと、あのナチス・ドイツでもしなかった。

AKI 思い上がってますよね、当時の戦争指導者たちは?

哲雄 ハイ、そう思います。その思い上がりこそ、当時の薩長、特に長州人の「思い上がり」ではないかと、私は思っています。なにしろ、いまだに外国人を「毛唐(けとう)」と呼んだりする人たちがいるくらいですから。

AKI 首相の靖国参拝とかが、いつも問題になるのも、この神社がただの慰霊施設ではないからなんですね?

哲雄 そうです。「靖国神社」は、私たち日本人の伝統的死生観からしてもおかしな存在なのですが、そんなことをご存じもない小泉元首相などは、元旦に靖国参拝をして、「初詣という言葉があるように、日本の伝統じゃないですか」と、平然とコメントして、宗教的無知をさらけ出してしまいました。

AKI ちっとも、伝統なんかじゃないじゃないか――と。哲ジイは、そう言いたいわけですね?

哲雄 伝統じゃないどころか、伝統をブチ壊した存在だと思ってます。なぜ、皇室が、戦後一度も、靖国神社を参拝していないのか? 少なくとも、「伝統」をご存じない政治家のみなさんには、そこらへんをきっちりと学習し、感じ取っていただきたいものです。

AKI さて、薩長のエリート意識という話から、話は靖国神社問題にまで発展してしまいましたが……。

哲雄 「県民性」と「愛のかたち」について、かなり延々と話をしてしまいましたね。元々は、結婚制度の話をしていたわけですが、次回からは、話を元に戻すことにしましょうか?

AKI フアーイ! みなさん、次回からは、哲ジイ得意の恋バナですよォ~!


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

名無しの権兵衛さま

ご指摘のとおり、
「戦後」は、正確に言うと、
「A級戦犯合祀以後は」ですね。
ご指摘、ありがとうございました。

皇室は、戦後に靖国神社に参拝していますよ。
ただ、それもA級戦犯が合祀されるまでで、それ以降は参拝していません。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR