「官尊民卑」を生み出した薩摩と長州の「エリート意識」


 不純愛トーク   第244夜   
 日本の近代を作った薩摩や長州は、実は、「男尊女卑」の傾向が強く、「エリート意識」も強い土地柄でした。そんな彼らが作った「明治以降」の近代日本には、「官尊民卑」の体質が、色濃く残りました。なぜ、日本は、欧米型の「市民社会」を作れなかったのか? 今回は、その問題を、ちょっぴり社会科的に分析してみます――。

【今回のキーワード】 官尊民卑 市民革命
【SEOリンク・キーワード】 おひとり様 エロ 恋愛小説 官能小説 結婚  不倫

AKI 薩摩と長州の体質が、よくもわるくも、近代日本を作った。前回は、そんなことをおっしゃいましたよね?

哲雄 はい、申し上げました。どこがよくて、どこがわるいのか? キミは、それを聞きたいわけでしょ? その前にひとつだけ、確認しておかなくてはならないことがあります。キミは「市民革命」という言葉を聞いたことがありますか?

AKI ま、そんな言葉が、社会科で出てきたような……。

哲雄 じゃ、復習しておきましょう。「市民革命」というのは、産業革命以降、力をつけてきた産業資本家などを中心とする市民階級が、それまでの支配勢力であった「貴族階級」を打ち倒して、自由と平等を旗印とした新しい「市民社会」を築き上げた革命のことを言うんだけど、私たちの「日本」という国は、自発的な「市民革命」を、実は、一度も経験していないのではないか、と言われています。自発的な……というのは、大戦終了後のGHQによる占領時代に、日本の社会は民主主義的な市民社会に作り変えられていくのですが、それは、あくまで占領軍による「上からの改革」であって、民衆の蜂起による革命ではなかったからです。

AKI 「明治維新」って、「市民革命」じゃなかったんですか?

哲雄 諸説あります。あれは「日本版・市民革命」であるとする説もあるけど、いや、あれはただの「クーデター」にすぎないとする説もある。私が知る限りでは、後者のほうが有力。維新の結果、出来上がった社会を見ても、「市民社会」が出来上がった――とは、どう見ても言えない。

AKI でも、士農工商は廃止されたでしょ?

哲雄 士農工商という封建的な身分制度は廃止されましたけど、その代わり、天皇を「現人神」とする、超・絶対主義的な体制を作り上げてしまいました。天皇を頂点とする官軍一体の支配構造を作り上げて、国民はそれに文句が言えないというシステムに仕立てていったんですね。「大正デモクラシー」なんていう民主化運動も起こるには起こりましたが、この体制をひっくり返すところまではいかなかったし、むしろ、その後の軍部の台頭で、「自由」も「平等」も影をひそめた、全体主義的な社会へと突き進んだことは、みなさんもご存じのとおりです。

AKI そういう世の中を作り上げていったのが、薩長であった――と?

哲雄 薩長を中心とする「官尊民卑」な体質を持った勢力だった、と申し上げていいかと思います。その根底には、「男尊女卑」もそこに含まれる「差別」の意識があったと、私はニラんでいます。

AKI それがわるいところ……?

哲雄 ですね。そもそも、明治維新の主役になったのは、「中央=江戸幕府」に反感を抱く勢力ではあったけれども、それはあくまで、「士族=官」の間での勢力争いであって、民衆が声を挙げた結果ではない。しかも、「反中央」の声を挙げたのが、人一倍、差別意識の強い性質を持った薩摩や長州のみなさんであった――というのは、日本の近代にとっては、悲しむべき不幸であった、と私は思っています。

AKI よかったところは?

哲雄 進取の精神ですかね? 身分意識の強い、薩長ではありましたが、どちらも「新しもの好き」ではありました。つまり、進取の精神に富む気風ではあったので、西欧の新しい文明を積極的に取り入れようとしました。ただし、形の上だけですけどね……。

AKI あの「鹿鳴館」とかもそうですよね?

哲雄 そういう表面的なところも……ですけど、むしろ、産業を興して、近代的な軍隊組織を作り上げて……といった側面では、この「進取の精神」が大いに力を発揮しました。それを、精神的に補強したのが、長州の理屈好きだったんじゃないかと思います。

AKI 長州人って、理屈好きだったんですか?

哲雄 前回も申し上げましたが、長州人というのは、融通のきかない理想主義者という一面も持っています。まさに官吏向きなのですが、その理想主義が偏った方向に発揮されると、社会全体を危険な方向に走らせてしまうこともあります。

AKI たとえば、軍国主義に突っ走らせてしまった――とか?

哲雄 それもありますが、その前提として、日本人の精神を「緩やかで柔軟性に富んだ多神教的」なものから、「性急で偏狭な一神教的」なものへと、作り変えてしまいました

AKI その話、前にもお聞きしたような気がします。

哲雄 チラと申し上げたかもしれません。なにしろ、このトーク、もう244回目ですからねェ。

AKI で、その「偏狭な一神教的なもの」というのは?

哲雄 天皇を「現人神」とする「一神教」です。そして、日本はその天皇が統治する「神国」である、とする思想です。

AKI それって、長州が生み出した思想なんですか?

哲雄 私は、長州人の理想主義とエリート意識が色濃く反映された思想だと思っています。長州人のオリジナルかというと、そうでもなくて、そのベースには、あの黄門さまの水戸で発達した「水戸学」があると思うんですけど、ま、そこらへんは深入りしないことにしましょう。とにかく、「明治」という時代を作ったエリートたちは、こう考えました。このままでは、自分たちは、西欧列強のような強い国は作れない。彼らにあって、自分たちにないものは何か?

AKI わかった! 強い神様だ!

哲雄 正解! とにかく、西欧人の「ゴッド」は、唯一絶対のものすごく強い神だ。彼らの強さの秘密は、この唯一絶対神にあるに違いない。ところが、日本はというと……。

AKI 八百万の神々を信奉する多神教の国……ですよね。

哲雄 そこに外来の神である「仏」も受け入れ、近頃では、キリスト教まで受け入れようとしている。こりゃ、いかん――と思ったわけです。

AKI だれが思ったんです?

哲雄 だから、当時の薩長のエリートたち。彼らが、明治維新とともに作り上げようとしたのは、万葉の時代のような「祭政一致」の体制だったのですが、さすがにこれはムリがあった。次に進めたのが、「神仏分離」。神社の境内に寺院があり、寺院の境内に神社が置かれるといった「神仏習合」の形を廃止させて、仏と神を分離させようとしました。

AKI 一緒だと都合がわるかったんですか?

哲雄 そもそも仏教は、政治や経済などというものは「俗界」のこととして退ける思想を持っています。これから、国民一丸となって「強い国」を作ろうとするときに、「それは俗なこと」なんて言われたんじゃたまらない。といって、仏教を弾圧したりしたのでは、民衆からどんな反発を受けるかわからない。しかし、あれはまずいんじゃないか、キミ――と思ったわけですね。

AKI それが、神仏習合?

哲雄 で、神仏を分離しなさい、という命令を出した。「神」を「仏」から切り離すことで、自分たちが「神」を自在に使えるようにしようとした。私には、そのように見えます。それだけじゃありませんよ。

AKI 他にも何かやったんですか?

哲雄 「神社合祀令」というものを出して、全国の神社を整理統合しました。日本人というのは、実にいろんな「神様」を持っている民族なんですよね。その中には、山や樹木や動物などの自然物を「神様」として崇める「アニミズム」的なものもあるし、自分たちの祖先を崇拝する「氏神」信仰もある。それを整理統合しようとしたんです。

AKI どういう方向にまとめようとしたんですか?

哲雄 神社は一町(村)に一社として、その祭神は、記紀神話の神々にしなさい
――としました。

AKI 記紀神話の神々……ということは?

哲雄 皇祖神を頂点とする、歴代の天皇ですね。おまえら、勝手にいい加減な神様を祭るんじゃねェ。由緒正しい神様を祭りなさい、というわけです。その「由緒正しい神様」というのは、歴代の天皇である。こうして、彼らは、「天皇を唯一の神」とする「一神教の世界」に、日本を作り変えようとしました。

AKI 日本人の心のふるさとが奪われてしまいますね?

哲雄 実際、奪われてしまいました。明治初年度には、全国におよそ18万社あったとされる神社が、30年頃には、およそ10万社ほどに整理されてしまいました。古くからあった鎮守の森は焼き払われ、森の神木などは切り倒され、折からの急速な工業化=都市化の波による自然集落の消滅とともに、日本人が長い時間かけて守り育ててきた村落共同体的な穏やかな精神構造が根底から作り変えられていったんです。博物学者の南方熊楠などは、これを「神狩り」と批判したために、一時期は投獄されたりもしました。

AKI それも、薩長のエリート意識のなせるワザ?

哲雄 大部分はそうであったろうと思います。当時の支配層は、さらに危険なことをやるのですが、長くなりますので、この続きは次回にしましょうか?

AKI 本日は、ちょっぴり社会科なトークでした。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 

『盆かか
~三日間だけの
交換妻』


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



 長住哲雄としての著書です 

写真をクリックすると、詳細ページへ。

実用エッセイ

『「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク』

2019年11月発売
虹BOOKS

「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円



長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

  全国有名書店で販売中  
写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!


『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!


――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR