「強い言葉」のウソ。野田総理の話が信用ならない理由

g_scooter_20090210173409.jpg 恋愛ジャーナル〈19〉 
実際に起こった出来事を「愛」の切り口で長住流に解説します。

消費税法案が衆院を通過しました。
その中で気になったのが、野田総理の記者会見での言葉。
「厳正に」という言葉の語気ばかりが目立った演説に、
管理人は、危険なニオイを感じ取ったのですが…。


【SEOリンク・キーワード】 結婚 浮気 不倫 一夫一妻 エロ おひとり様 恋愛小説 


 ついに、消費税増税法案が、衆議院を通過しました。
 その直後に行われた記者会見。
 歯切れのわるい造反組=小沢一郎の演説に比べて、野田総理の言葉には力があった――とする論評もあるようですが、長住の見方は、ちょっと違います。
 みなさん、総理の演説の中で、耳に残っている言葉が何かありますか?
 私の耳にもっとも残っているフレーズは、これです。

 「厳正に!」

 この言葉は、本会議で「反対票」を投じた民主党内の「造反組」への処遇に言及したときに、発せられたひと言。全演説中、野田総理がもっとも語気を強めて発したのが、「ゲ・ン・セ・イ・ニ」というこの5文字でした。
 そう言えば……と、筆者は思うのです。
 過去、何度となく、この人の演説を耳にしたのですが、耳に残っているのは、「命をかけて」とか「断固として」とか「力を合わせて」とかいった、「修飾句」ばかり。「原発をブッつぶす!」とか、「年金を死守する!」といった「政策の中身」ではなく、姿勢の強さを強調する言葉、ムードを強調する言葉ばかり。しかも、修飾的な「福祉句」ばかりなんですね。
 しかも、それを語気強くおっしゃる。
 かつての小泉総理と似た部分もなくはありませんが、小泉総理の場合、語気を強めたのは、「自民党をブッつぶす!」「郵政を民営化する!」といった、具体的な政策の中身でした。
 その中身に関する評価は、この際、置いておきましょう。
 問題は、中身(=What)を強調するか、姿勢(=How)を強調するか――なのです。
 私のこれまでの経験と諸学から得た知識による結論は、こうです。

 「中身=What」に自信がない人間ほど、「姿勢=How」を強調したがる。

 野田佳彦という人物は、総理就任当初から、この「姿勢=How」を強調する話ばかりが目立つ政治家でした。
 自分をドジョウになぞらえて、その「泥臭さ」をアピールしようとした代表就任演説。「雪だるま」にたとえて、「結束すること」の重要さを訴えようとした国会での所信表明演説。日米関係を「ビートルズ」にたとえて、「親密な関係」だけを強調した日米首脳会談でのスピーチ。そして、「命をかけて」しか言わなかったような気がする今回の「消費税法案」のアピール。
 長住は、野田政権誕生当初から、この政治家の危険な「口先体質」を指摘し、その演説を「デキのわるい披露宴のスピーチのようだ」と、本ブログの中でもさんざんこき下ろしてきました。
 なぜ、この種のもの言いが危険なのか?
 以下に、説明してみたいと思います。

「絶対に」が口癖の人間は、権力欲が異常に強い

 みなさんの周囲にもいるのではないでしょうか?
 何かにつけて、

 「絶対に、××だよ!」
 「○○に決まってるよ。常識だろ、そんなの?」


 などという言い方をする男性(まれに女性)が――。
 ここに出てくる「絶対に」「に決まってる」などの言葉は、自分の主張を強調し、相手に押しつけようとするときに使われる言葉で、私はこれらを「強迫言語」と呼んでいます。
 これらの強迫言語は、どういう場面で使われるか?

  ひとつには、自分が主張しようとする事柄に自信がない場合です。
 「おまえの言うことは、ほんとうに正しいのか?」と言われると自信がないが、とにかく相手に言うことを聞かせたいので、「絶対に」と語気を強めて言うわけです。その目的は、相手の反論や疑念を封じ込めることにあります。

  もうひとつは、自分の地位や権力を守りたい場合です。
 この場合、「絶対に」と語気を強める理由は、「通したい主張の内容」よりも「主張を通すこと」そのものにあります。大事なことは、「何を主張するか?」ではなく、「自分の言うことに相手を従わせること」なんですね。そうして、否応なく相手を自分の権力化に従わせたい。それが、この場合の「強迫言語」の目的です。

 ひとつだけ、ご忠告しておきたいことがあります。
 こういう強い言語を使われると、聞いている人の中には、その強い語調を心地いいと感じ、その言葉についていきたいという気持ちが芽生えたりします。(←長住は、むしろ、「嫌悪」を感じてしまいますけどね)
 これこそが、こういう言葉を多用する人間の目的。
 あなたがうかつにその語調に引っ張られてしまうと、その相手はあなたに対して、いつしか「暴君」としてふるまうようになります。政治の世界であれば、「独裁者」を作り上げてしまうことになるわけです。
 私たちは、歴史的にも、そのことを教訓として知っています。

「必ず死んでこい」と送り出した司令官たち

 国の指導者たちも、しばしば、国民に対してこういう強い言葉を発します。
 いい例が、北朝鮮の指導者やそのメッセージを伝える国営放送のアナウンサー。
 独裁者・ヒットラーも、拳を振り上げ、ときには演台を叩かんばかりにして、強い口調で民衆を煽り続けました。
 戦時中の日本の指導者もそうでした。
 「十死零生!」と叫んで若い命を戦場に送り出したのは、戦争の最高指導者でもあった当時の首相・東条英機。「十死零生」とは、「必ず死んで来い。決して生きて帰ろうなどと思うな!」ということです。
 東条はまた、しきりにこんな演説もしていました。

 「戦争とは、意志と意志の闘いである。
 負けたと思ったときが負け。負けないと思ったときは負けない」


 戦争をどう有利に進めるかという戦略もなし、どう収束させるかという展望もなし。ただ、勇ましい精神論だけをブチ上げて、300万の国民を死に追いやった責任は、言葉では表せないほど大きい――と筆者は思っています。
 戦況が悪化して採用された「特攻作戦」でも、基地司令官たちは、勇ましい言葉で若者たちを送り出しました。

 「お国のために、見事、散ってくれ。私も、必ず、諸君たちの後から行く」

 しかし、戦争が終結して、自決したり、自ら特攻機に乗って後を追った司令官は、わずか2名。残りは、「私には、彼らの犠牲を無駄にしないために、戦後の国土を見守る義務がある」などと詭弁を弄して、延命を図りました。
 「死すとも虜囚の辱めを受けることなかれ」と、国民に自決の覚悟を求めた東条英機自身もまた、自ら割腹することもなく、追い詰められてピストル自殺を図ったものの死にきれず、極東裁判にかけられることになります。

 これが、勇ましい言葉を発し続けた者たちの実像。
 「耳に心地いい、強い言葉」がどんなに危険か、その背景にどんな欺瞞が潜んでいるかを、私たちは、こうした歴史からも学ぶことができるはずです。

 野田総理がたびたび口にする「精神論」めいた話、修飾句ばかりが目立つ物言いに、こうした独裁者たちの言葉の使い方にも通じる危険な性質を感じてしまうのは、ひとり、私だけでしょうか?

 ジゴロほど、強い口調で「愛」を語る

 今回は、消費税法案に絡んだ野田総理の「ものの言い方」について、長住なりの考え方をまとめてみましたが、これ、何も政治の世界ばかりの話ではありません。
 恋愛の世界でも然り。
 あなたに向かって、「絶対に」だの「…に決まってるだろ」だのという言葉を連発し、あろうことか、「死んでもおまえ(あなた)を離さない」などの言葉を軽々しく口にしてしまう男や女は、実は、「暴君」になる可能性大!
 あるいは、心の中に隠している《実は、おまえなんか愛してない》を隠すために、強い口調で「絶対に」と言っている場合だって、考えられなくはありません。
 潜んでいる言葉の強さにばかり目を取られていると、大火傷を負う可能性もあり!
 本日は、「強い口調」には注意が必要――という話をまとめてみました。


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→この記事の主張はナルホドと思う(FC2 恋愛)
→この記事には共感できた(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 このカテゴリーの記事一覧に戻る      トップメニューに戻る 

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR