第27夜☆「売春」を職業として認めたドイツの決断



AKI ドイツで、売春が職業として認められたって、ホントですか?

哲雄 ザッツ、ライト!

AKI それまでは禁止されてたの?

哲雄 いや、禁止はされてなかった。というより、ヨーロッパの主要な国で、売春そのものを禁止している国は、わがはいが知る限りでは、ない。

AKI エッ、そうなの!?
哲雄 いちばん厳しいのはイギリスだと思うけど、イギリスで禁止されているのは、街娼、ポン引き行為、売春宿を経営することなどで、個人が新聞広告やインターネットを使って売春することは合法とされてる。

AKI いちばんゆるいのは?

哲雄 ゆるいという表現はふさわしくないと思うけど、寛容であるという意味では、オーストリアかな。外国人が売春ビザで滞在することを許可してる。

AKI エーッ、売春ビザ!?

哲雄 ピザじゃないよ。

AKI それ、笑わなくちゃダメッすか?

哲雄 いやいや、どうぞ、おかまいなく。

AKI でもね、別に禁止してないんだったら、職業として認めるも何もないんじゃないですか?

哲雄 あ、それはね、売春に民法上の権利を認めたってことなんだよ。売春を正規の商取引行為として認め、その契約の法的な有効性を認める。

AKI 具体的には、どこが違ってくるのかな?

哲雄 たとえば、AKIちゃんと2万円でエッチしようと持ちかけた男がいて、ホテルに連れ込んで事に及んだけど、いざやっちまうと、「オレ、そんな約束した覚えはないぞ」と言い出したとする。そんなことになったら、AKIちゃん、どうする?

AKI だからぁ、私、事には及ばないんだって。だいいち、2万円なんて……。

哲雄 あ、2万円が不満なんだ。

AKI じゃなくてぇ……。あ、でも、そういうこともあるよね。3万円の約束でホテルに入ったけど、たとえば男が、「オレ、イカなかったから、半分にしといてよ」なんて言い出すとか。逆に、同じ料金で、2回も3回もしようとするとか、お金払ったんだから何してもいいだろうと、女に暴力をふるうとか……。

哲雄 当然、そういうトラブルは考えられるよね。そういうとき、もしAKIちゃんがその女の立場だったら、どうする? 警察に駆け込む?

AKI 日本だと駆け込まないというか、駆け込めないんじゃない? だって、自分も禁止されてることをやってるわけだから。でも、もしそれが、デリヘルとかだったら、たいていケツ持ちがついてると思うんだけど。

哲雄 ケツ持ち。つまり、怖いお兄さんたちだよね。客のほうも、そういうことをすると、あとから怖いお兄さんが「お客さん、困りますねぇ、こういうことされちゃ…」とシャシャリ出てくることを知ってるから、極端なことができない。

AKI ま、そう思わせておくだけでも、トラブルの防止効果はあるかもしれない。

哲雄 つまり、こういうことじゃないか? 非合法にしてるから、トラブルが起こってもおカミに訴えられない。したがってバックが必要になる。このバックは、たいてい暴力団で、それが彼らの資金源になってる。

AKI 売防法があるから、暴力団は食っていける……っていう構図?

哲雄 この構図は、遊郭時代から変わらないと思うんだよ。遊郭時代にも、表向き、遊郭の経営者たちは、「自分たちは座敷を貸しているだけ」という言い訳でおカミの摘発を免れてたわけで、何度も言うけど、問題は、この「表向き禁止。実際は黙認」という二重規範にあるんだよね。うがった見方をすると、こういう二重規範の存在自体が、権力と暴力団のなれあいの構図なんじゃないか、と思えたりもする。

AKI オレたちのほうじゃ「禁止」ってことにしとくから、あとは、あんたたちのほうでよろしくやってよ、みたいなこと?

哲雄 なんか、見てきたことのようにおっしゃいますね。

AKI だから、見てないですって。で、それがドイツでは変わったわけですね?

哲雄 そう。正式に商取引として認めるってことだから、たとえば、代金を払わない客がいたりしたら、裁判所を通して支払を請求することができるし、不法な行為(暴力など)を受けた場合には、刑事告発することだってできる。それにね、これが画期的だと思うんだけど……。

AKI エッ、ナニ、ナニ?

哲雄 社会保険。売春を職業として申告し、その収入を申告して、失業保険とか年金とか健康保険に加入できるようになった。

AKI すごい! それって画期的なことですよ。

哲雄 ドイツって、元々、キリスト教的倫理観の強い国で、われわれも「ドイツ人」と言うと、「謹厳実直な民族」というイメージで見てると思うんだけど、そのドイツでこういう法案が通った、ってことがすごいと思うんだよね。

AKI それ、いつのことですか?

哲雄 2001年。

AKI わりと最近のことなのね。でも、そういう法案が通るには、それなりの運動とかあったわけでしょ?

哲雄 その主体になったのが、フェミニズム運動なんだよね。

AKI ヘーッ。フェミニズムはその昔、「売春を禁止しろ」っていう運動をやったんじゃなかったっけ?

哲雄 そうそう。日本でも、戦後、「売春防止法」成立に向けて運動したのは、フェミニズムを掲げる人たちだった。ヨーロッパでも、日本でも、そういう声を挙げたフェミニズム運動の担い手は、専業主婦が中心だった。でも、70年代に入る頃から、明らかにその勢力図に変化が見られるようになった。新しいフェミニズムは、女性を専業主婦として閉じ込めてしまうような社会的な性差別をなくせ、と主張するようになり、むしろ、女性の立場から「性の解放」を訴えるようになった。そして、そんな運動の中から、「売春婦の社会的権利を認めろ」という主張も生まれたんだ。

AKI 日本の性産業も、そういうふうに変わっていくのかなぁ。

哲雄 そこだよね、問題は。その問題については、次回、考えてみることにしよう。

 目次ページに戻る          トップメニューに戻る 

ブログランキングに参加しています。この話に興味を覚えた方は、下のバナーをポチッとお願いします。



関連記事
拍手する

テーマ : 売春
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

売春婦は、今この瞬間も、人の「人たる獣」に立ち向かっているのです

お金のために男とセックスしたあと・・化粧崩れした自分の顔を鏡で見ると・・ranranはいつでも鏡の中に獣の自分か、神の自分を見た。そして、そのたびに・・自分が獣であろうが神であろうが。お金をもらうことそのものが、死ぬほど嫌になりました。
お金のために・・お金をもらわなければ生きられないから、客をとったのに・・です。
raanranには、いまでもパリにいっぱいの街娼をしている友だちがいます。彼女たちと本音の話をするとき「そうねぇ、ほんとうにイャになるのよねぇ」と言う。これは土壇場の本音です。

性交は、自分の中の一番弱いもの、一番恥ずかしいものを曝け出して、それを貪りあう行為です。そこに愛や感謝が介在しないとき・・それは貪りあう行為ではなく、貪られる行為になってしまうものです。
貪られる者は、お金をもらっていようがいまいが、我慢しようと決心していようがいまいが、他のことの何より何より深く魂が傷く。

たしかに売春はなくならない。無くなりようがない。
でも、春を買う男の人たちには知って欲しいのです
売春婦は、今この瞬間も、人の「人たる獣」に立ち向かっています。
それは、救われることのない戦いかもしれない・・少なくとも、お金や「職場環境が良くなる」ことでは、救われる戦いでは決してない・・
ranranは思います。
世界中の売春婦たちは、いまこの瞬間もキリストが挑んだ戦いに赴いているのです。
生きるために・・街娼は町に立つ。生きるために・・戦いに赴く。

ごめんなさい。オカマが生意気な口をきいています。
笑って許してください。

Re: 夜叉の道、菩薩の道

深く考えさせられるコメント、ありがとうございます。
おそらくドイツの問題は、娼婦たちの境遇があまりにも悲惨であるというところから出発した、一種の権力闘争だろうと思います。
ranranさんの指摘される「夜叉の道」は、人が人として「自分の中の大事なものを売り渡さなければならない」という状況に追い込まれることによって生じる「心の荒廃」を指しているのでしょうね。しかし、そうした荒廃は、電波も届かない山の中に行って「携帯電話を売ってこい」と命じられるビジネスマンの心の中にも、泣きたい気分で「よろこんで」を連呼させられる居酒屋店員の心の中にも、「ジジイ」だの「オイ、おっさん」などと呼ばれながら、一日中、ダンボールの箱くずしをやらされる倉庫作業の日雇い派遣社員の心の中にも、たぶん、多かれ少なかれ発生するものだと思います。
それが「夜叉の道」になるのか「菩薩の道」になるのかは、人それぞれの感受性の問題かもしれませんが、少なくとも、人を「夜叉の道」に追い込んでしまうような「構造」が存在するとしたら、それは社会的な力によって変革するしかありません。
管理人が考えるに、「売春」は、社会がそれを禁止しようがしまいが、決してなくならない動物の業だと思います。それを闇の世界に追いやって、悲惨な搾取と暴力的支配の思うがままにまかせるか、それともそれを光の中に引き出して、少なくとも不条理な支配から解き放つか――ドイツのケースが提起しているのは、そういう問題だと思うのですが、いかがでしょう?

夜叉の道、菩薩の道

こんばんわ、ranranです。
春を販(ひさ)ぐことは、ある者を夜叉とし、ある者を菩薩にさせます。
本当です。意識しようとしまいと、街娼に就くことは、間違いなくその人の魂を変質させてしまうものです。善くも悪しくも・・

昔、ranranはパリで立ちんぼ(街娼)をしてたから、そのことを肌で感じます。
もしかするとranranは心痛むものばかりを見過ぎたのかもしれません。でも・・夜叉と化した娼婦は心に憎悪を溜めて、魂を自分の手で黒く塗り潰して行く。そして、そんな売春婦たちの末路は悲惨です。
"否"という言葉を心の中に壁のように積み重ねて、荒んで荒んでポロポロになってしまいます。
だから・・ranranは、娼婦をひとつの職業として簡単に認めてしまうことに、とてもストレスがある。
売春という行為は"職業"と言えるほど、単純なものではない・・と思うんです。

とまとさん、いつもありがとうございます

いつもていねいに読んでくださり、ありがとうございます。
石頭の哲雄は、AKIのツッコミにいつも救われているのです。
ま、アインシュタインとマリリン・モンロー(そんな映画がありましたね)
のかけ合いだと思って、楽しんでいただければ幸いです。
私も、日々、とまとさんのブログで癒されているんですよ。

こんにちは(^o^)
本日も、大変勉強になりました。
ありがとうございます。
追伸、AKIさんのツッコミ大好きです♪
ぽち
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR