神秘の女性器。見せたほうが、愛は深まるのか?

手と手 

もし、男が「見せて」と要求してきたら、あなたは?
そこは、見せたほうがいいのか、それとも、
隠したほうが魅力的なのか?
女性美の核心に触れる問題を考えてみました。


 性とエッチの《雑学》file.61   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 色素沈着 小陰唇 モザイク  345
【リンク・キーワード】 エッチ 官能小説 オーガズム 不倫



 あなたのすべてが見たい。
 あなたに恋した男たちは、たいてい、そう望みます。
 「見せて」と口に出して懇願する男も少なくないはずです。

 「恥ずかしいけど、そんなに言うなら……」

 と、あなたは、カレの目の前で、閉じていた脚を開きます。顔から火が出るような思いに耐えながら……。

 さて、その結果、どうなるか?

 もし、その男性が、ものすごくウブで、サイエンス番組大好き――というような若者だったりしたら、「ヘェ、これが小陰唇で、オッ、クリトリスってこんなところについてるんだァ?」と、純粋に知的探究心を満たそうとするかもしれません。
 ものすごくベテランの男だったら、「おまえ、遊んでるねェ」と、あなたの性歴の証をそこに見つけ出そうとするかもしれません。
 しかし、残りの大多数の男性は、そんなにウブでもなければ、あなたの性歴を言い当てるほどのベテランでもありません。
 では、そういう大多数の男性は、あなたの「すべて」を見た結果、どういう感情を抱くことになるのでしょう?

 簡単に言うと、見たからと言って、あなたへの愛情が増すということは、まず考えられません。
 少なくともお見せしたあなたの「そのもの」が、カレの愛情に火を点けるということも、考えにくいです。
 ただ、「満足」だけが残ります。
 どういう満足でしょう?

ダンス 「見せる美」よりも、「隠す美」のほうがそそられる

 ひと言で言うと、その満足感とは、「征服欲が満たされた」という満足感です。
 女性が「いちばん隠しておきたい」と思うはずのものを、自分の目にさらさせることができた→もう、彼女は、自分に対して何も隠すものがないはずだ――という満足感です。
 この満足感は、「見せた」というその時点で満たされてしまいますから、以後、何回か繰り返しても、そのたびに満足感がUPするなんてことはあり得ません。
 一度、見せたんだから、もう隠す必要もないわ――と、次回から大胆に、ドーンとおっ広げでもした日には、愛情温度がUPどころの話じゃなくなります。
 ヘタしたら、「うちの女房なんてよ、恥じらいなんてものは、遠の昔にネット・オークションかなんかで売っ払っちまったらしいや」と、男同士の酒席のネタにされてしまうのがオチです。
 もし、「征服欲を満たす満足感」をカレに感じさせ続けたければ、女性は、「イヤよ、恥ずかしい」を言い続けるしかないわけです。
 そして、男性も、女性の羞恥心を掻き立てるような言葉を浴びせ続けるしかありません。

 これは、わたくし長住の私見ですが、男性が「見たい」と思っているものは、「見せろ」と要求した秘所の姿そのものではなくて、見せるのを恥じらう女性の姿なのではないか。男性の「見せろ」の要求が、だんだん過激なものにエスカレートしていくのも、より強く恥じらわせたいからではないか――と思うのです。
 こんなことを言うと、「いや、そんなことはない。オレは、女のそこを見るのが好きなんだ」と反論する男性もいるかもしれません。
 いや、少なからずいることでしょう。
 では、その人たちは、いったい何が楽しみで、そこを「見たい」とおっしゃるのでしょう?

ダンス 少なくともそれは「鑑賞用」とは思えない

 さて、ここからが本日の主題です。
 私も人の子ですから、まれにAVを見ることがあります、というか、ありました。
 残念ながら、正規のルートで見ることのできるAVにはモザイクがかかっているので、その部分をありのままの姿で見ることはできません。
 しかし、何らかのルートで、そのモザイクが取れたものを見る機会も、ありました。
 結論から言うと、

 モザイクはあったほうが、断然、いい!

 です。
 なぜか?
 ボカしたほうがきれい、だからです。
 私が見た無修正のビデオの中には、結合されたその部分ばかりを延々と見せてくれるものもあったのですが、ショージキ、まったく感じませんでした。
 これは、一緒に見た友人も同感。「こんなもの見て、ヌクやつの気が知れない」でした。

 そう言えば……と、私は思いいたりました。
 それまで見たAVの女優で、「そこが美しい」と言える人は、あまりいなかったような……。
 元々、そこは内臓の入り口なわけですから、そこに「美」を期待するほうがおかしいっちゃおかしいのですが、少なくともそこを「あまり美しいものではない」と感じさせるようになる原因は、ハッキリしています。
 ひとつは、色素沈着。外性器(外から見える部分です)全体が、黒ずんでいく傾向です。
 もうひとつは、皮膚組織の変形。特に、小さいほうの唇=小陰唇が伸びきっていく変化です。
 どちらも、幼女期には見られないもので、年を経るごとに現れる変化(経年変化)とされています。

ダンス 色素沈着。大敵は、摩擦ストレスと愛液

 色素沈着を起こすのは、シミやそばかすの原因ともなるメラニン色素です。
 このメラニンは、ストレスを受けると増える、という性質を持っています。
 最大のストレスは、日光や、こする……などの物理的ストレスです。
 そこを日光にさらすなんて人はあんまりいないでしょうから、問題は「こする」ほう、ということになります。
 男性と違って、女性の場合は、排尿などのたびにそこをティッシュで拭きます。肌に密着する下着も、四六時中そこをこすります。もちろん、オナニーや性交による摩擦も、ストレスを加える要因のひとつにはなるでしょう。
 ストレスの頻度から言うと、ティッシュや下着による摩擦のほうがはるかに影響が大きいわけですから、色素沈着の度合い=性経験の度合いとは言えないのですが、しかし、多少の個人差はあるかもしれません。

 もうひとつ、そこを荒らしてしまう原因と考えられる物質があります。
 それは、なんと膣分泌液
 ご存じのように、膣から分泌される液は、細菌感染などを防ぐために酸性に保たれています。膣壁を構成する皮膚組織は、この酸性にも耐えられるように作られているのですが、外性器の皮膚は、そうではありません。
 酸性に弱い皮膚組織が、頻繁に、長時間、酸性の愛液にさらされると、かなりのダメージを受けます。特に、あふれるほどに分泌して、それがおシリのほうまで流れ出す、なんていう人は、ダメージを受ける範囲も広くなる、というわけです。
 対策としては、皮膚が酸性にさらされる時間を短くするしかありません。
 濡れたら拭く。「拭く」もストレスになるので、できれば洗い流す。
 カレとのプレーが終わったら、できるだけ早いうちにシャワーを浴びることをおすすめしたいのですが、そうは言っても、余韻に浸りたいという気分もわかります。
 あとは、「美」と「快楽」を天秤にかけて、ご自分で判断を――というしかありませんが、少なくとも、後始末もせずにそのまま朝までグウグウ……は、避けたほうがいいだろうと思います。

ダンス 悩みのタネ、大きすぎる小陰唇

 女性器の美醜に関する、もうひとつの問題点は、その形です。
 特に、多くの女性が、「自分は人と違っているのではないか?」と人知れず悩むことになるのが、小陰唇の形です。多いのは、「自分のそれが異常に大きい」という悩みで、欧米では、整形手術によって形を整えようとする女性も少なくないのだそうです。
 最近は、肌にぴったりフィットして、隠す部分が極端に小さい下着が人気になっていることもあり、「大きすぎる小陰唇」は、女性のファッション上の悩みにもなっている――と聞きます。
 小陰唇が肥大する理由はいろいろあるのですが、やはりそのひとつには、その部分への「物理的刺激=こする、つまむ、引っ張るなど」があるだろうと、言われています。

 もちろん、どんな形を「美」とするかは、民族・文化などによっても違ってきます。
 アフリカなどには、それは大きいほど美しい――とする部族も存在します。実際、アフリカのその部族の女性の秘所は「ホッテントット・エプロン」と呼ばれたりしました。
 余談ですが、その女性のひとりは、ヨーロッパでサーカスの見世物とされたあと、死後も、その部分の石膏模型が博物館に展示されたりもしたそうです(後に、これは、「植民地主義」の象徴と批判されて、撤去されました)。
 したがって、どういう形を「美しい」とするかは、個人の審美眼によるしかないのですが、参考までに数値を。『ヴァギナの文化史』を書いたイェルト・ドレントによれば、9年間で1603人の女性の外性器手術を手がけたフランスの整形外科が「肥大」の基準としていたのは、「片側の幅=4センチ」だったそうです。

 話を元に戻しましょう。
 やっぱり、それは、鑑賞して楽しむというものではない――というのが、筆者の結論。
 「見せる美しさ」よりも、「隠す(隠そうとする)美しさ」を、女性のみなさんには追求していただきたい――と願いつつ、この講、これにて終了といたします。


13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に驚いた、感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

No title

征服感。。。。これは私の彼もよく言います。
これからは隠し恥ずかしがり 隠す美を追求致します。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR