男の手がヒマさえあれば股間を触る「深いワケ」

手と手 

男は、何かにつけて股間を手で触ろうとします。
これには、さまざまな肉体的・心理的理由あり!
女性にはわかりにくいその理由を解説――。


 性とエッチの《雑学》file.57   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 仮性包茎 インキン タムシ  345
【リンク・キーワード】 エッチ 官能小説 オーガズム 不倫



 たとえば、野球選手。
 あの、清原選手もそうでしたが、バッターボックスに向かう選手って、よく股間に手をやりますよね。それも、かなり大胆に。
 ヨイショッ! とナニを持ち上げるようなしぐさをして、それからバット(←自分の「バット」じゃないですよ  )を素振りします。

 かつて、ジュリー(沢田研二)は、新幹線の車内で、接近してきたファンの股間を思い切りムギュッと握って、騒動になったことがありました。

 あなたの恋人やご主人も、よくやるのではありませんか?
 何かと言うと、股間に手をやって、イチモツを袋ごと持ち上げようとしたり、その位置を直そうとしたり、ときにはボリボリと掻くようなしぐさをしたり……。

 気になるようなら、注意すればいいのですが、そうでもなければ、ま、放っておいてあげるのがよろしいのでは――と、長住は思います。
 というのも、それは、多くの男性にとって、一種のスタビライザー(姿勢安定化装置)行動のようなものだからです。
 男はそこに触ることによって、自分の身体的・精神的安定を保とうとするんですね。
 ハイ、私・長住もよく触ります。
 特に、原稿に行き詰って、次の一文が思い浮かばない――なんてときには、ついお手々がそこへ行ってしまいます。
 しかし、そんな単純な理由ではない場合もあります。
 中には、治療を要する場合もあります。
 というわけで、まとめてみました。
 題して《男のチン・タッチ行動~その原因と対策》
 ウン、これ、今度、学会に発表しよう⇒ウソです。

「かゆくて」触る――は、治療が必要

 タイトルには「ヒマさえあれば」と書きましたが、ヒマがなくても触る人たちもいます。
 それも、ただ「触る」という感じじゃない。明らかに「掻いている」という感じ。ボリボリとそこを掻いている。
 こういう場合には、皮膚科的疾患を疑う必要があります。
 要するに、「カイーッ!!」  のです、そこが。
 俗に「インキン」「タムシ」などと言われるビョーキで、原因は、水虫などと同じ白癬菌。
 これは、放っておくわけにはいきません。薬(抗真菌剤)を塗布しないと治りませんから、たとえイヤがろうが、恥ずかしがろうが、皮膚科へ連れて行く。または、ドラッグストアなどで「たむしチンキ」の類を買い求めて、塗布させる――という荒療治が必要になります。
 放っておくと、患部はどんどん広がって、陰部から内腿までが「カイイーッ」の嵐。そうなると、エッチどころの話じゃなくなります。だいいち、伝染ります、このビョーキは。
 もし、あなたが彼の「愛あるパートナー」なら、ぜひ、その治療には手を貸してあげてください。
 というのもですね、滲みるんです、この手の薬剤は。
 特に、リキッド・タイプの薬を陰嚢などの皮膚が薄い部分に塗ると、ホント、そこに火が点いたんじゃないか――ってほど、「燃え~」 状態になります。
 あなたが心やさしいホスピタリティ精神の持ち主なら、そんなときはぜひ、彼をあおいであげてほしいのです。ウチワを手に……。

 「病魔(?)」と闘う男と、その陰部をウチワで懸命にあおぐ美しき情婦。

 世の中に、これほど美しい愛の形がありましょうか?

「痛くて」触る場合もある

 前例とは反対に、「痛くて」触る――という場合もあります。
 この「痛い」には、重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、ここではあまり詳しくは触れません。
 ただ、日常的によく起こり、ちょちょいと触ればすぐ治る、というケースについてのみ、ご紹介しておきましょう。

 いちばん多いのは、仮性包茎の男性をしばしば悩ます「ヘア巻き込み」現象です。
 仮性の男たちは、「包茎状態」を脱したいと思うので、ふだんはできるだけ、包皮をめくって亀頭部を露出させておこうとします。
 ところが、最初のうちは、めくった包皮がすぐ元に戻ろうとします。「オレの包皮は、形状記憶皮膚」なんじゃないかと思うほど、しぶとく抵抗を続けます。
 その包皮が、戻るとき、しばしばヘア=陰毛を巻き込んでしまうのです。
 巻き込まれると、かなり痛いです。そりゃそうでしょ。ゴムのような包皮に、毛を引っ張られるわけですから……。
 そこで子ヤギは「メェ~」と……じゃなくて、「痛ッ!」と顔をしかめ、あわてて股間に手を突っ込んで、戻りかけた包皮をむき直してあげるわけです。
 これも、とがめてはいけません。なにしろ、緊急事態なんですから。

 もうひとつ、よくあるのが、「突然のお目覚め」現象。つまり、予期せぬボッキです。
 予期していれば、しかるべき位置に殿をチン座させておくのですが、予期していないと、ズボンのちょうど真ん中に、殿の頭を押さえつけるような形でムリにねじ込んでいたりします。
 起き上がろうとする殿の頭を押さえ込んでいるのですから、これもちょっと痛みます。
 対処法としては、「殿、こちらへ」と、ズボンの左側なり右側なりへご誘導申し上げるしかありません。仕方なく、手がそこへ――というわけです。
 ま、これも大目に見てやってください。

チンは「居心地」がわるいゾよ

 別に、痛くもかゆくもないけど、気持ちがわるい――というケースもあります。
 ちょっと女性にはわかりにくいかもしれませんが、「なんとなく収まりがわるい」という感覚です。
 たとえば、いつもズボンの左側に収納しているそれが、何の拍子にか右側に収まってしまった。いつも左肩にかけているショルダー・バッグを右肩にかけたような感じ――と言えば、わかっていただけるでしょうか。
 とにかく、バランスがわるいのです。
 特に、スポーツをやるときとか、これから「消費税増税反対」の演説をぶちかますとか、NHKホールで歌を歌うとかいうときには、このバランスのわるさは気になります。単に、大事な面談の前とか、重要な会議に臨む……なんてときでも、これからTVでサッカーの決勝を見るなんてときでも、気になります。
 ちょっとその前に、いちばん落ち着く場所に移し替えておこう――というわけで、モゾモゾッとやるわけですね。
 ま、これも、目をつぶってやってください。

「理由」もないのに触る「男の心理」

 以上のような理由もなく、ただ触る――実は、これがいちばん多いのですが、これには、いくつか重要な心理的動機が含まれています。

  〈1〉自分を守りたい、という動機

 人はピンチに陥ったとき、あるいは陥るかもしれないとき、自分のいちばん大事な部分を防御しようとします。
 何を大事と思うかによって、守る場所も変わるかと思うのですが、頭脳派の長住の場合は、まず頭を守ります。
 美形のわが友・AKI嬢の場合は、「キャッ」などとぬかしながら、顔を両手で覆います。
 ハートの美しさと巨乳を密かな誇りとしている「ドトール」のK嬢は、そこらにあるもの何でも手にして、胸を覆います。
 そして、男の場合、そのピンチが肉体的・生物的危機にまで及んだときには、ほぼ例外なく、チンを守ろうとします。なぜなら、チンは、この世に子孫を残すという、もっとも重大なミッションを課せられた部位だからです。
 そう言えば、サッカーの選手たちは、相手のフリーキックに備えて壁を作るときには、だいたいみなさん、あそこを手で押さえてますよね。
 そして、実は、女性たちも……。
 関東大震災で亡くなった夫婦などの焼死体には、妻が夫のそこをつかんで――というものが少なくなかった、と伝え聞きます。
 人間の生物としての本能が、無意識のうちにとらせた行動――と思うと、何やら感動的でさえあります。

  〈2〉自分を落ち着かせたい、という動機

 そこを触ると落ち着く――というのも、男性共通の心理だと思います。
 「落ち着く」のは、「大事な部分を防御している」と確認できるからで、これは〈1〉の動機の結果でもあり、原因でもある、と言えます。
 「自分は落ち着いているか」を確認するために、そこに触る、というケースもあります。
 中には、「オイ、縮み上がってないか?」 などと声をかけながら、触る人もいますし、大事な試合に臨む選手のそこに触って、「よし、大丈夫! 玉は元気だ。いけるゾ!」と暗示にかけようとするコーチもいるのだそうです。
 長住も、コンテストの舞台に上がったりする前には、必ずトイレに行って、それが縮こまってないことを確かめたものです。
 あなたのパートナーが、あなたの小言を聞きながらそこをモソモソ触っていたとしたら、たぶんそれも、「大丈夫。オレはこんなことでへこたれないぞ」と自分を落ち着かせているか、あるいは、恐ろしい彼女の攻撃から身を守りたい――と、思わずとってしまった行動。
 これを責めるのも、いかがなものか……と、長住は思います。

  〈3〉自分を誇示したい、という動機

 男がオスとしての自分の優位性を示したい――と思ってとる行動です。
 ナニの大きさや元気さは、「自分が他のオスより優秀」 を示す、きわめて大きな要素です。
 その優秀さを誇示するために、自ら触って相手の目をそこに誘導し、「オラ、オラ~」と見せつけようとするわけです。
 この行動は、しばしばオス同士の間の「チン比べ」へと発展します。
 ライバルのそこを、たがいに握り合って、どっちが優秀かを判断しようというわけです。「バッカみたい」と思うかもしれませんが、このコンテストで負けると、男はその相手に対して、一生、頭が上がらなくなってしまいます。
 したがって、長住は、このコンテストは、命をかけて(?)忌避します。
 ジュリーが新幹線で客の股間をいきなり握ったのも、おそらくは、そんな動機。「なんだ、おまえのは大したことないじゃないか」と思い知らせることで、相手の接近を排除しようとしたのではないか――と、学問的(?)には解釈されています。

 長々と解説しましたが、インキンタムシのケースを除けば、男の「チン・タッチ」には、それなりの生物的・心理的理由がある――ということです。
 「また、そんなところ触って!」などと、汚いものを見るような目で見ることは、できることならご勘弁願いたい、と申し上げて、はなはだ簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきたいと思います。



13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)
管理人は、常に、下記3つの要素を満たすべく、知恵を絞って記事を書いています。
みなさんのポチ反応を見て、喜んだり、反省したり……の日々です。
今後の記事作成の参考としますので、正直な、しかし愛情ある感想ポチを、どうぞよろしくお願いいたします。


→この記事は役に立った(FC2 恋愛)
→この記事に驚いた、感動した(にほんぶろぐ村 恋愛)
→この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR