第22夜☆義経の彼女、静御前は売春婦だった!?



AKI さて、さて。売春は、いったいだれによって、どのような理由で禁止されようとしたのか、あるいは禁止されたのか? 本日は、講師に長住哲雄先生をお招きして、この興味深い問題に光を当ててみたいと思います。それでは、長住先生、どうぞ。

哲雄 私がご紹介いただきました……って、オイオイ、これ、講演じゃないだろう。

AKI ていうか、早く聞かせてよ。

哲雄 歴史的に見て、「売春を禁止せよ」という運動は、主には「公娼制度廃止運動」であったと思っていい。

AKI 公娼制度……? 何すか、それ?
哲雄 これを説明しだすと、長くなるんだなぁ。でも、これがわからないと、売春禁止の歴史も語れない。

AKI じゃ、そこから話してくんなまし。

哲雄 そうそう、その「くんなまし」。それ、どこの言葉だと思う?

AKI どこかの方言でしょ?

哲雄 ノン。これは、遊郭言葉。そこで花魁(おいらん)なんかが使った言葉なんだよね。元は「○○してくんな」っていう、ま、あんまり上品とは言えない田舎言葉。当時の吉原なんかの遊女っていうのはさ、たいていは地方の貧農の出で、家計を助けるために、親の借金の肩代わりとして売られてきたりしてたわけですよ。だから、言葉遣いなども田舎まるだしって感じだった。しかし、遊郭の客には、大名とか豪商とかっていうおエライさんたちも多かったわけだから、そんな言葉遣いじゃまずいわけでしょ。

AKI だから、「くんな」に「まし」をつけちゃったわけね。「まし」っていうのは、「○○してくださいませ」なんて言うときの「まし」ですね。

哲雄 「わちき」とか「ありんす」なんていうのも、ま、似たような経緯で遊郭言葉になっちゃったんだろうね。

AKI ハイ、質問! 「遊女」って、売春婦のことなの?

哲雄 元は、ちょっと違うんだけど……。ああ、でも、この話をすると、古代にまでさかのぼってしまうなぁ。

AKI さかのぼりましょう。のぼりましょう。ハイ、みなさまの右手にご覧いただけますのが、有名な天岩戸でございます。

哲雄 エッ、そこまでいっちゃうの? でも、当たらずといえども遠からずってとこまで来ちゃったなぁ。AKIちゃん、いいカンしてますねェ。

AKI ヘヘ……。私のIQの高さがわかったでしょ?

哲雄 ま、いいか。でさ、元々、「遊女」っていうのは、神さまにおつかえする巫女(みこ)だったわけです。

AKI エーッ!? 売春婦の起こりは巫女だったわけェ?

哲雄 たぶん、全世界的にそうなんじゃないかと思う。そして、そういう人たちの仕事は、歌舞音曲を供して神さまをおなぐさめすることだった。

AKI つまり、歌を歌ったり、楽器を演奏したり、舞を舞ったりしたわけですね。

哲雄 おそらく、性的サービスにも従事した。ギリシャの神殿にもそういう巫女たちがいて、男たちに奉仕するっていう話が、ギリシャ悲劇なんか読んでも出てくる。あからさまには書いてないけどね。

AKI つまり、神さまに奉仕するということは、その体も提供することだと?

哲雄 たぶん。これは、日本でもどこでも同じだったと思うんだ。私見を述べさせていただくなら、神事と芸能と性的奉仕、この3つは、常に三位一体だったんじゃないかと思うんだね。

AKI そうじゃないと、神さまも満足しなかったのかなぁ。

哲雄 神さまっていうか、その神さまを祭る主体であった、時代の権力者たちが…と言ったほうがいいかもしれない。

AKI つまり、接待する相手は、参拝者だったってことですね。

哲雄 じゃないかと、私は思う、証拠はないけどね。で、そのうち、この巫女たちが神殿を離れて、フリーランスとしても仕事をするようになった。それが遊女の始まり。

AKI 「遊女」の「遊」は、「遊離」の「遊」だったのかな?

哲雄 さすが、IQエステ嬢!

AKI もしかして、バカにしてますゥ??

哲雄 いいえ、ちっとも。でね、彼女たちの目的は、最初は、布教活動とか、伝道活動だったのかもしれない。辻々に立っては、舞を舞ったり、音楽を奏でたりしながら、「神さまを敬いなさ~い」てなことを唱えてたんじゃないかと…。

 

AKI でも、途中から、その性質が変わっていったのね?

哲雄 「神の教えを広める」という要素が薄められていって、芸能と性的奉仕が主体になっていったんじゃないかと思うんだ。義経の彼女の静御前って知ってるよね?

AKI あ、知ってる。舞の上手な人だったんだよね。確か京の都で「白拍子」してた人。

哲雄 そう。その「白拍子」も「遊女」の別名なんだ。

AKI エーッ!? じゃ、静御前は、売春婦?

哲雄 そう言うと、身もフタもないって感じになるけど、ま、近いだろうね。「白拍子」という言い方は、女が男装して舞を舞うところから来てるんだよね。その際に、衣装として白い直垂(ひたたれ)や水干(すいかん)を身に着け、白鞘の刀をさして舞ったことから、「白拍子」と言われるようになったわけだけど、こういう女性たちって、音楽にも精通してるし、舞もうまいし、神さまのことも知ってるわけだから、けっこう教養が高かった。

AKI 哲ジイの好きな、銀座の高級クラブのホステスみたいなもんですね。

哲雄 だから、そういうところには行ったこともないし、好きでもないですって。 それだったら、IQエステ嬢のほうが、よっぽどまし。

AKI 妙に引っかかる言い方だなぁ。ま、いいでしょ。そうすると、そういう白拍子たちに入れあげる男たちもいたってことね。

哲雄 平家の武将の中にも、そういう女を愛人として囲ったりする者がいた。

AKI で、義経さんもいかれちゃったわけだ。教養が高くて、舞も上手な白拍子に。

哲雄 ま、他にも「傾城(けいせい=城を傾けてしまうほどの美女という中国の故事からきた言葉)」とか「上臈(じょうろう)」とか、いろいろ呼び方はあったらしいけど、どれも「遊女」を指す言葉。こうして、神殿から解き放たれた遊女たちが、次第に芸能と性的奉仕をなりわいとする売春婦へと変化していったわけです。

AKI フーッ、なんだか、長い歴史ですねェ。

哲雄 売春禁止運動までは、たどり着かなかったねェ。

AKI じゃ、それは次回に。

哲雄 その前に、「公娼制度」ってものについて話をしなくちゃならない。先は長いですぞ。

AKI フワ~イ。きょうはもう、眠いッす。



 目次ページに戻る       トップメニューに戻る 

ブログランキングに参加しています。この話が面白かった人は、下のバナーをポチッとお願いします。


関連記事
拍手する

テーマ : 売春
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR