「妻」は、おふたり様にひとりずつ…!?


 不純愛トーク   第205夜  
 共同体をぶっ壊して、ピース化された労働力=核家族を大量に作り出した近代社会は、いま、《少子化》という問題に直面しています。もう一度、地縁社会に依拠する大家族を構築せよ――が持論の長住が、今回は、その方法のひとつとして「シェア・ハウス化」構想を披露。その中で、大胆にも、ビンボーな男たちが妻を分かち合う《妻共有システム》を提案したりなんかしちゃいます――。

【今回のキーワード】 シェアハウス 核家族 生涯未婚率
【SEOリンク・キーワード】 エッチ 官能小説 結婚 エロ 不倫

AKI あのォ、もしもし。シェアハウスをお探し中の哲ジイさま~。

哲雄 いや、別に、探してるわけではありませんよ。ただね、これからの少子高齢化社会を考えると、社会の構成単位というものを、少し考え直したほうがいいのではないか――と。そのひとつのアイデアとして、「シェアハウス」というものに注目してみたわけですよ。

AKI これまでの社会の構成単位というと……?

哲雄 「夫婦+子ども」という、核化された家族=《核家族》、でした。でもね、この構成単位を基本に考えると、もう、この社会はもたないんじゃないか……。

AKI エッ、そこまで来てますか?

哲雄 最近、ニュースでも取り上げられるようになったけど、この国ではいま、放置されたままの老朽化した住宅が増えています。つまりね、こういうことだと思うんです。1戸建て住宅に年老いた夫婦だけが住んでいたが、跡を継いでくれる者もなく、荒れ果てた住宅は、夫婦がこの世を去ると、そのまま、打ち捨てられてしまった。

AKI それ、集合住宅でもありますよね。多摩ニュータウンが、高齢者ばかりの住宅になって、ゴースト化してる……とか?

哲雄 ハイ。そういう現象が、日本中のあちこちで、これから増えていくだろうと思います。跡継ぎのない農地なんかも、そうなっていくでしょうね。

AKI 考えてみると、怖い話ですよね?

哲雄 《核家族》をベースとして物事を考えるから、そうなるわけです。その《核家族》さえ作ろうとしない、あるいは作ろうと思っても作れない、という人たちも増えている。

AKI あ、いつか話に出た《生涯未婚率》の上昇――という問題ですね。

哲雄 それが、日本ではすでに16%に達しています。この数字が、2030年代には、男性で3割、女性で2割に達するだろう――と予測する学者もいます。お隣の韓国では、女性の4割が「生涯未婚」を希望している、というレポートも、つい先日、報告されたばかりです。

AKI ま、その点に関しちゃ、哲ジイも大いに責任の一端を担っていただく必要があると思いますけどね。

哲雄 だから、それはね、別に……私が結婚を望まなかったわけではなくて、私が望むときに相手が望まなかった。ただ、それだけの問題だと申し上げたじゃありませんか。私が問題としているのは、もっと制度的な問題です。ひとつは、結婚を望んでもいる、子どもも育てたいと望んでいる、にもかかわらず、経済的にはそれがムリ。そういう層が、確実に増えている、という問題。

AKI それ、確か、前にも話しましたよね。第192夜の『「エリートしか結婚できない時代」がやって来る!?』でしたっけ?

哲雄 ハイ。貧富の差が拡大した結果、日本でも、結婚しようにもその金がない、という貧困層が増えている、という話をしました。もうひとつは、将来不安です。

AKI 老後の問題……とかですか?

哲雄 老後、育児、健康問題……いろいろあると思います。年金だけで夫婦ふたりが食っていけるような制度には、残念ながら、いまの日本はなってない。育児だって、夫婦ふたりで働かなきゃ食っていけないという低所得層にとっては、保育施設の整備とかが遅れている現状では、あまり希望が持てない。これで、幸せな結婚しろ、子どもをたくさん産め――たって、土台、ムリな話です。

AKI つまり、あれですね。もう、《核家族》という単位で社会を維持していこうとしてもムリなんじゃないか――と、哲ジイは、そう言いたいわけですね? でも、いまさら、大家族の時代には戻れないでしょ?

哲雄 ハイ、確かにムリがあります。ただし、それは、《大家族》を「血縁」という関係の中で考えようとするからです。

AKI エッ!? 「血縁」以外に何があるというんです?

哲雄 前回、「ゲマインシャフト(共同体)」の話をしましたね。「ゲマインシャフト」を成立させる重要な要素のひとつに「地縁」というのがあります。近代社会は、人を「地縁」から引き剥がすことによって、「核化された家族」を作り出してしまったのですが、失ったものなら、もう一度、作り直せばいい。

AKI エーッ、作り直す……って、そんな簡単におっしゃいますけど、それ、簡単なことじゃないでしょう?

哲雄 ええ、けっして簡単ではありません。でもね、かつての日本の村落共同体とか、あるいは江戸の下町の長屋なんてのは、立派に共同体してたと思うんですよね。近くに住む者同士が、分かち合い、手を差し伸べ合うシステムですよね。それができてた。先ごろの震災のあとでも、ああ、日本人にはまだ、その精神が残っているんだなぁ……と、感動したって話を、この前もしましたよね。

AKI で、その地縁共同体を作り直すひとつの方法が、「シェアハウス」構想?

哲雄 これ、一石二鳥の妙案だと思うんだよね。老夫婦だけになった家を「シェアハウス」にして、そこに、金のない若者やひとり身になった高齢者なんかを、安い家賃で住まわせる。そうすれば、放置住宅化する恐れもなくなるし、貧窮化した若者たちも、孤独な年よりも、家庭の温かみの一端に触れることができる。老夫婦のほうだって、少なくとも、知らないうちに死んでた……なんてことにはならずにすむ。

AKI 確かに、いいアイデアではありますわねェ。

哲雄 現にいま、不動産業者の中には、家族が少なくなって広くなりすぎた戸建て住宅を「シェアハウス」として利用しよう――という動きも出てきています。

AKI 哲ジイ、わるいことは言いません。すぐ、そういうところにお入りになるべきです。若い未亡人の家がいい――なんて、ぜいたくを言わないで。

哲雄 検討に値するご意見として、伺っておきます。もうひとつ、「シェアハウス」よりは、もう少し各戸の独立性が保たれたスタイルとして、「グループ・ホーム」という考え方もあると思います。

AKI 「グループ・ホーム」って、一種の老人ホームみたいなものでしょ?

哲雄 というより、いまの日本では、「認知症」の高齢者の施設みたいな意味で使われるようになりましたね。でも、本来は、そういう意味じゃなかった。私は、思うんだよね。これまでの集合住宅は、「核家族のプライバシー」を重視する――というコンセプトで作られてきたけれど、そうじゃない集合住宅もあり……なんじゃないかと思ってるんですよ。

AKI てことは、つまり、プライバシーを、ある程度は犠牲にした集合住宅ってことですか?

哲雄 最低限のプライバシーは確保するけれど、その必要がない部分については、オープンにする。たとえば、炊事とか食事の施設とかは、居住者全員が使える共有のスペースにして、おたがいのコミュニケーションがとれるような構造にする。そんな「グループ・ホーム」があってもいいんじゃないか、と思うわけです。

AKI なるほど。そういう住宅なら、「○号室の長住さん、きょうは顔を見ないわねェ」「もしかして死んでるんじゃないの?」「やだぁ、だれか、部屋を見てきてよ」――てなことにかりますものね。それなら、安心、安心。

哲雄 キミは、どうしても、私を孤独死させたいみたいだね。

AKI 滅相もない。ただ、ご心配申し上げてるだけですわ。でもさ、哲ジイ、「シェアハウス」にしても「グループ・ホーム」にしても、そうやってひとつ屋根の下で複数世帯が一緒に暮らせば、みんな家族……みたいな意識が生まれますよね?

哲雄 左様。それが、これから私が提唱しようとしている、

 核家族から地縁家族へ」

という、新しいライフ・スタイルの骨子なわけです。つまり、「地縁による大家族構想」というわけです。さらに、この考え方を推し進めるとですね、大変ですよ、AKIクン。結婚制度だって変わってくるかもしれない。

AKI エッ!? エーッ!? 結婚制度が……ですか?

哲雄 たとえばね、ビンボーで、自分ひとりじゃ妻と子どもを養えない――という男たちが、何人かで妻を共有する「シェアハウス」とか……。

AKI なんか……いま、ドキッとしちゃいました。そ、そんなのあり……ですか?

哲雄 もちろん、現行の民法じゃムリですよ。でも、考慮の余地あり……でしょ? 実はね、いま、「生涯未婚」を希望する女性が増えている一方で、「専業主婦」を希望する女性も、数としては、増えてるんだよね。ところが、そんじょそこらの男では、「専業主婦」を養うなんてことは、経済的にはかなりきつい。で、そういう女性たちはどうするかというと――。

AKI わかった。高収入の男をネラう?

哲雄 そのとおり。しかし、専業主婦を悠々と養って、子どももいい学校に行かせて――なんてことが可能になる収入のボーダーラインはというと、年収600万円あたりではないかと言われてる。こういう男は、そんなにいません。なので、そういう男のところには女たちが群がり、複数の女が「妻の座」を争うことになります。中には、妻を取っ替え引っ替え、一生に何度も結婚を繰り返す男もいる。

AKI 一方、哲ジイのようなビンボー人は、専業主婦希望の女性には見向きもされない。

哲雄 しかも、専業希望の女性というのは、子どもだって3人、4人と産んで、育てたいと願ってる。ますます、ビンボー人には手が出せない。でも……。

AKI そうか、わかった! みんなでひとりを養えばいいじゃないか……と。そういうことなんですね。

哲雄 そうすれば、子どもだって、小さい頃から、社会的訓練を受けることになります。わがまま放題に育つひとりっ子より、よっぽどいい。どうです、この案? いまならもれなく、長住哲雄がついてきますけど……。

AKI 確かに……博愛に富んだ私などには、魅力あるプランだとは思いますけど、しかし、私、長住哲雄はいらないです!

哲雄 なんで、そうなる?



13 あなたの感想をClick Please!(無制限、押し放題!)

管理人は常に、下記3つの要素を満たせるように、脳みそに汗をかきながら、記事をしたためています。
あなたの押してくださったポイントを見ては、喜んだり、反省したりの日々です。
どうぞ、正直な、しかしちょっぴり愛情のこもった感想ポチをお送りください。よろしくお願いいたします。


 160 この記事はためになった(FC2 恋愛)
 160 この記事に共感した(にほんぶろぐ村 恋愛)
 160 この記事は面白かった(人気ブログランキング 恋愛)

 →このテーマの記事一覧に戻る       →トップメニューに戻る  

関連記事
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

No title

返信ありがとうございます。

今後のため教えて頂きたいのですが、現在の日本でなぜ隣保制度が全体主義につながるのでしょうか?

また自治会や子ども会といったものも全体主義につながるからやめた方が良いとお考えですか?
(家庭や子どもがいる場合多くは強制ですよね?)

個人的には昔からある冠婚葬祭にまで口を挟むのは今の現状には向いてないと思います。
しかし災害対策の一環として自治会よりも範囲を絞って、かつ全員を参加させるには『強制』以外ないと思います。

Re: No title

サイトウさま
再度のご質問、ありがとうこざいます。

> 長住さんはどうしてシェアハウスに住まわれたのでしょうか?
私が青年であった時代、単身者が「シェアハウス」に住むのは、
ごく当たり前の選択でした。いまのように、アパートなんてものが普及していませんでしたから。

> 人との結びつきが希薄になり、ひきこもりの問題など他人とのコミュニケーションが取れなくなってきている人が増える中、シェアハウスに人々の心を持っていく為には大家の力以外に何が必要だと思われますか?
ムリに「シェアハウス」に関心を持たせる必要はないと思います。
「人とのつながりを求めたい」という人たちが、自然に寄り合える場所として用意してあげればいいのだと思います。
「シェアハウス」が心地よい住居として機能するためには、大家の人柄も重要ですが、
入居する人たちの志も重要です。
かつての「下宿」は、大家と入居者がおたがいに相手を見きわめて、
入居するか否か、入居させるか否かを決めていました。
いまのように、管理会社まかせにして、入居者と大家が事前面接もしない――というシステムでは、むずかしいかもしれませんね。


> 『隣保制度』なんてどうでしょうか?
私は、こういう制度は好みません。
戦前の「隣組制度」は、住民同士が相互に監視し合うシステムとして機能していました。
「地縁に基づく共同体」は、自然発生的であってこそ、意味がある――と、私は思っています。
まして、「参加を強制」したのでは、そういう組織は「ゲゼルシャフト」としてしか機能しません。
「全体主義」にもつながりかねない、危険な制度だと思いますね。

No title

返信ありがとうございます。
長住さんはどうしてシェアハウスに住まわれたのでしょうか?
またシェアしていた他の方々はどのようにしてシェアハウスという選択に至ったのでしょうか?
人との結びつきが希薄になり、ひきこもりの問題など他人とのコミュニケーションが取れなくなってきている人が増える中、シェアハウスに人々の心を持っていく為には大家の力以外に何が必要だと思われますか?


私個人としては『血縁』として家族が一緒にいることが大切だと思ってます。
本来なら『大家族』が良いと思ってます。
しかし核家族が多い現在どのようにして『地域』を生かすか?

『隣保制度』なんてどうでしょうか?
隣保制度自体は多分田舎ならまだあると思います。
これを都市部でも行う。
具体的には番地で区切って班を作って、避難訓練などを行い災害時には『班単位』で行動する。
自治会と似てますが、自治会の場合は単身者は参加しなくて良いなど場合があり、また必ずしも隣の家とコミュニケーションを取るとも限りません。

ですので参加を強制にする。
代わりに自治会としての活動は今までどうり任意とする。
これで『近所付き合いしなきゃ』という感覚は薄まると思うのですが、どうでしょうか?

Re: No title

サイトウさま
コメント、ありがとうございます。
「シェアハウス」には、確かに、ご指摘のような問題があるでしょうね。

私自身も、10代後半から20代前半のほぼ10年間をシェアハウスで過ごしましたが、
その経験から言うと、「いい人間関係が作れた」の感が強いです。
ひとつ屋根の下で暮らした他者同士の間には、
うまくいけば、とても強い絆が生まれます。
しかし、その絆を「わずらわしい」「避けたい」と考える人間には、
向かないライフ・スタイルだと思います。
「シェアハウス」をそういう場所として機能させるためには、
管理する側にある程度の能力が求められると思います。
入居にあたっても、業者まかせにするのではなく、
大家が面接を実施して適性を判断するとか、
入居後も、入居者同士の揉め事や生活ルールの遵守などについて、
大家が指導力を発揮する必要がある――と思います。
その「能力」です。
私が知る限り、かつての「下宿」は、そのような世界でした。

私が主張している「地縁の再構築」は、
「相手と関わらない」ことを前提とするのではなく、
「相手ともっと関わろう」であり、
そういう姿勢を身に着ける場所として、
「シェアハウス」というスタイルを積極的に活用してはいかがか?――という提案でもあるのです。
不動産業者が「営業」の一形態として考える「シェア」ではなく、
大家と店子が一緒になって「地縁社会を作ろう」とする、その意思に支えられた「シェア」です。
いまの日本にもっとも求められているのは、
その意思ではないか――と、私は思っています。
「社会」は「与えられるもの」ではなく、「作り出していくもの」である、
と思うのですが、いかがでしょう?

No title

久しぶりにコメントさせていただきます。
前回の記事でテンニースと聞いて懐かしさを覚えました。

本題に入ります。
シェアハウスってうまくいきますかね?
以前若者同士、高齢者同士のシェアハウスの取材をしたことがあります。
一緒に住む目的は違えど、共通していたのは『相手と関わらない』ことでした。
これは『避ける』とは違い、相手を気にしないそうです。

高齢者同士の例でいくと食事は一緒に取るが、ほかの時間は顔を合わさないそうです。
これは様々な試みをした結果、それが一番円滑にいったそうです。
そもそもの目的が『孤独死』からくる不安だそうで、食事でお互いの安全を確認できれば良いそうです。

若者の場合は家賃を安く抑えたいだけなのでなので滅多に顔を合わさないそうです。
(生活スタイルが違うからだそうですが。)

ここで思うのは『地縁』は生まれるのでしょうか?
またシェアハウスは余計な争いは生まないでしょうか?
実際に揉め事がおきていますよね?

個人的に一番驚いたのは、シェアしている高齢者の近所には娘夫婦がいたにも関わらず、孤独死を心配していることです。
介護が必要なわけでもないのに…
とても不思議な光景でした。

コメントくださると嬉しいです。
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★香澄のえろ日記
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR