あ、イキそう――を止める方法はあるか?

手と手 

ここでイッてしまったら笑われる。しかし、
もうガマンできない。そんなとき、何とか
暴発を止める方法はあるのか――という話を。


 性とエッチの《雑学》file.37   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 不感症 オーガズム  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 前回に続いて、「早撃ち対策」の話です。
 さて、トレーニングは積んだ。
 可能な限りの準備を整えて、彼女とベッドイン。
 しかし、いざ彼女の体と重なって、そのやわらかなひだの中に突き進むと、そこは、えも言われぬ摩擦の世界。起伏に富んだ彼女の括約筋は、極上の天然ローションの被膜をまとって、あなたの敏感な鬼頭をやさしく包み込んだと思うと、まるで「おいでおいで」をするように、そのカリにまとわりついてくる。
 な、何だ、この絶妙のオナホール感は――と思いながら、1ピストン、2ピストン、3ピストン……。たちまち、あなたの尿道海綿体には、熱いものが込み上げてきます。

 や、やばいッ! もうイキそう!

 今回は、そんなときどうするか――というお話です。
 やることはひとつしかありません。

ただちに、動きを停止せよ!

 筆者にも身に覚えがあることですが、途中で停止することには、心理的な抵抗があります。
 途中で止めては男がすたる――という思いが、どこかにあるからです。
 男たるもの、女が果てるまでは、腰を動かし続けなくてはならない――と、悲壮(?)な決意を胸に秘めている人もいるかもしれません。
 しかし、それは違うんですね。
 SEXは、愛し合うふたりで、工夫して楽しむもの。男のガマン比べ大会ではない。
 そのことに思い至ったとき、筆者は、一時停止する勇気を持つことができました。
 「どうしたの?」と彼女に訊かれたら、「ちょっと待って。イキそうなんだ」と、正直に打ち明けてしまえばいいのです。

 早漏対策には、彼女の理解と協力が、絶対に欠かせません。
 そのまま、じっと動かないように――と、彼女にも協力してもらい、射精しそうな感じがおさまるまで、しばらく待ちます。
 動きを止めると、ポテンツが落ちてしまうこともあるかもしれませんが、そうなったらそうなったで、また一から始めればいいのです。

続きを読む

拍手する

「カサブランカ」の歌姫4-1 預けられた女

蓄音機「女の子をひとり預かってほしいのよ」
突然、マスターの鈴原が言い出した。
家賃が払えなくて部屋を追い出された女を
1週間、面倒見てくれないか――と言うのだ。
女の名前はサラ。黒豹のような女だった――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-4 サラ〈1〉 
         【リンク・キーワード】
恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載22回目です。この小説を
  最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 「Casa Soyer」にちょっとした変化が起こった。
 ある時期を境に、店で働く女の子に外国人が増えた。代わりに、日本人の女の子がどんどん姿を消していった。
 ハウス・ボーカルとして在籍しながら、客の相手も務めるという女の子たちが、それまでは、常時4~5人はいたが、それが3人になり、2人になり、最後は1人だけになってしまった。
 チカは、そんな店の方針転換に「やってられないわ」と、店を辞めてしまった。しかし、彼女には目標があった。仲のいい友人何人かと結成したバンドで音楽活動を開始しており、その活動にとって、「Casa Soyer」での仕事はネックともなっていたので、ハウス・ボーカルの仕事を上がることは、むしろ、歓迎すべきことだったかもしれない。
 外国人の女の子たちは、ほとんどが旅行者たちだった。日本でワーキングホリデーを楽しみながら、日本の各地を見分して回り、金が貯まったら次の訪問先に向かう。オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス、フランス、ドイツなどからやって来る女の子たちは、たいていは、そのワーキングホリデー組だった。
 鈴原正一郎は、そういう女の子たちを、おそらくは安い時給で働かせようと思ったのに違いない。そこには、「どうせ彼女たちは旅行者だから、すぐにいなくなる」という計算も働いていただろう。
 その鈴原が、モミ手をしながら近づいてきたことがある。
 「荻野さん、ちょっとお願いがあるのよ」
 猫撫で声が、少し気味がわるい。ちょっと、わるい予感がした。
 「実は、ビザ切れで帰国しなくちゃならない子がいてさぁ。急に、バイト代を払ってほしいとか言い出したのよ。そんなこと、急に言われても困るのよねェ」
 「あのさぁ……」と申し訳なさそうに声を潜めたあとで切り出したのは、「20万ほどなんだけど、ちょっとの間、立て替えておいてくれないか」だった。
 「入金の予定だったお金が入ってこなくてさぁ。このままノーギャラだと、エアチケットも買えない――って言うしさぁ。かわいそうじゃない?」
 何とも恥知らずな論理のすり替え。かわいそうにしてるのは、あんただろう――と思うのだが、女の子には何の罪もない。仕方ないので、カードで20万切ることを了解した。
 おそらく、カードで切った20万をどこかで換金するつもりなんだろう。「来週、かならず返すから」と言う言葉を信じていたのだが、返ってきたのは現金ではなかった。
 「荻野さん、いいもの作ったのよ。これね、プリペイドカードなの。こないだ用立ててくれた20万ね、利息つけて、23万円分のプリペイドカードにしてみたんだけど、どう? こっちのほうがおトクでしょ?」
 現金を返す代わりに、飲み代を23万円分、ロハにする。だから、その分、飲みに来てよ――というのだ。
 怒りを通り越して、笑うしかなかった。
 この男、この才能を活かせば、詐欺師として成功するに違いない。その鈴原が、さらに、とんでもないことを言い出した。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

「愛してる」と言えないあなたのために

手と手 
あなたはその人に「愛してる」と言えますか? たぶん、
日本人の大部分は、そのひと言を口にするのが苦手。
実はそれには、深い理由があるのですが――という話。


 愛の会話力レッスン   レッスン85 
【リンク・キーワード】 エロ 官能小説 コミュニケーション 不倫



  ボクは、あなたを愛してる。
  私は、あなたを愛してるわ。

 こういう言葉を、さらっ――と、涼やかな顔で言えたら、もしかしたら、この人生はもっとラクに生きられるのかもしれません。
 しかし、言えないんですね。特に、私たち日本人には、このひと言が。口にしようとすると、なんだか、モゾモゾッ……と、くすぐったいような気分になります。
 ムリもありません。そもそも、「」とか「愛する」という言葉自体が、日本語にはなかった言葉です。それが、日本語として登場するようになったのは、明治になって、外国文学の翻訳がしきりに行われるようになってからのこと。
 欧米の文学に頻繁に登場する「Love」をどう翻訳したらいいのか? 迷いに迷った当時の文学者たちは、漢語の「」をこれに当ててはどうか――と思いつき、それでやっと、「愛」という言葉が、文学の世界では使われるようになりました。

 英語の「Love=愛」は、実に便利な言葉です。
 男が女に、女が男にほれるのも「Love」。
 親が子どもをかわいがるのも、子が親を慕うのも「Love」。
 花やペットをめでるのも「Love」。
 特定の食べ物や飲み物を愛好するのも「Love」。
 心が何かに惹かれたり、執着したりする状態を、すべて「Love」の一語ですませるのですから、これはラクと言えばラクです。
 物心つくかつかないかの頃から、「アイ・ラブ・ユー」だの「アイ・ラブ・イット」だのと口にしながら育っていくのですから、おとなになっても、「アイ・ラブ・ユー」とためらいもなく言えるに違いない――と推測できます。
 しかし、日本人は、こうはいきません。

女の子アイコン2 日本人の「愛してる」は、実に多彩

 私たちは、昔から、「愛してる」を言う代わりに、実に、さまざまなボキャブラリーで、「愛している心の状態」を説明してきました。
 親が子どもを愛するときには、「慈しむ(いつくしむ)」とか「いとおしむ」という言葉を使いました。
 花や鳥を大事にするときは、「愛でる(めでる)」などと言います。
 そして、男が女に、女が男に想いを寄せることは、古い時代には、「恋ふる」「懸想する」などと言いましたが、現在では、「ほれる」とか「好き」などと言うことが多いと思います。

 ちなみに、筆者は九州育ちですが、北部九州方面では、「愛してる」などとは言わず、「ほれとぉ~」「好いとぉ~」などと言います。女の子に、「うち、長住クンのことば、好いとぉーと」なんて言われると、目尻がデレーッと下がって、垂れ落ちてしまいそうになります。
 関西出身の人だと、「愛してる」よりも、「好きやねん」とか「ほれと(て)んねん」と言ったり言われたりするほうが多いだろうと思います。

続きを読む

拍手する

日本人がSEXを面倒くさがるようになった理由

手にハート  不純愛トーク   第369夜 

パートナーとのSEX回数が世界最下位な日本人。もっとも大きな理由は、SEXを「面倒くさい」と感じるからだそうです。なぜ、そうなってしまったのか? 今回は、その理由を社会的背景から探ってみます――。

 Talker 
哲雄 人間関係についての著作を手がけるエッセイスト。本ブログの管理人です。
AKI 出張エステ嬢として働きながら、作家を目指す推定年齢アラサーの美女。

【今回のキーワード】 セックスレス フーゾク
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


AKI 日本の男性は、ことパートナーとのSEXに関しては、世界一のなまけものである。前回は、そんな話をしたんでしたよね? そのひとつには、儒教の影響がある――とおっしゃいました。

哲雄 ハイ。儒教では、女は男の従属物である――と教え込みましたからね。しかし、それ以外にも理由がある、と申し上げました。

AKI 確か、社会的な理由も存在する――と?

哲雄 いくつか存在します。まず、その理由第一。

 日本の男たちは、家にいる時間が少なすぎます。

AKI それは、勤務時間が長すぎるってこと?

哲雄 オフィスワーカーだと、8時間の勤務が8時間じゃ終わらないでしょ? 「Vorkers」という会社が68,853人を対象に行ったアンケート調査によると、月間残業時間の平均は、47時間。毎日2時間は残業している計算になります。これに通勤時間が加わります。首都圏だと、平均でほぼ片道1時間。つまり、一日12時間は、仕事のために家を離れていることになります。この他に、職場の親睦を図るための飲食、取引先接待のための飲食などの時間もあります。残念ながら、これについては、データはないんですけどね。

AKI そうすると、もっと家にいられる間は少なくなりますよね。睡眠のための時間を削ると、残りは4時間もない。

哲雄 おそらく3時間あるかないか――だと思いますね。その時間で、メシを食って、フロに入って、クソして……なんてやってたら、愛を育む時間なんて、はたして取れるかどうか……。

AKI 私だったら、「疲れてるの、寝かせて」になっちゃうと思います。

哲雄 でしょ? 日本の働く男たちの大半がそうだと思います。特に、東京や大阪などの大都市圏の勤労男性たちは、朝早く家を出て、夜遅く帰宅して、パートナーとの会話もそこそこにベッドにもぐり込む。これで、メイク・ラブに励め――ったって、そりゃムリってもんですぜ。

AKI そこへもってきて、「1億総活躍」なんて言ってたら、「1億総セックスレス」になってしまいますよォ~!

哲雄 ホゥ、キミもうまいこと言う。日本のはたらき人たちをそういう状態に追い込んだのには、人口の一極集中も原因のひとつではあるんですが、ま、それについては触れないでおきましょう。で、その結果、日本の夫婦の多くが「セックスレス」になっちゃった。朝日新聞が1000人・500組の夫婦を対象に「夫婦の性」についてアンケートをとっているのですが、それによると――。

続きを読む

拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

「カサブランカ」の歌姫3-8 最初で最後の口づけ

蓄音機ボーカル新人賞を受けたリエは、
メジャーからのCD発売が決まった。
ふたりだけでそのお祝いをした夜、リエは、
「これが最初で最後」と私の唇を求めた。
そして、言うのだった――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-3 リエ〈8〉  
         【リンク・キーワード】
恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載21回目です。この小説を
  最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 本城リエは、ルックスで客を呼べるというタイプのシンガーではなかった。
 しかし、歌では客が呼べた。リエの歌を好んで聴きに来る客たちは、どちらかと言うと、通な客が多かった。その中には、音楽出版関係の客もいた。そして、本城リエは、そういうプロの目に留まった。

 20世紀が後何日かで終わるという、年末のあわただしい日の夜だった。
 リエがゲストとして出演している「Casa Soyer」に顔を出すと、私の顔を見るなり、リエがうれしそうに駆け寄って来た。
 「荻野さん、プレゼントがあるの」
 そっと差し出したのは、「CME」の小ぶりな手提げ袋だった。
 「エッ、何? もう、クリスマスは終わったし……」
 戸惑いながら袋の中を覗き込むと、銀色の包装紙に包まれた正方形の包みが入っていた。
 「もしかして……CD?」
 「ウン、開けてみて」
 恐る恐る包みを解くと、中から出てきたのは、プラスチックケースに収まった一枚のCD。そのジャケットの文字を目にして、私は思わず声を挙げた。

 「Rie Honjo 1st」

 とある。そして、

 「Love is Here to Stay」

 その横の背ラベルには、《奇跡のソウルフル・ボイス降臨!》 というキャッチコピー。さらに、ボディコピーがこう続けていた。

 《1999年度、ボーカル新人賞受賞。
 審査員全員が、日本人離れしていると絶賛した
 グルーヴィな歌唱力を堪能できる全16曲》


 「オーッ、グルーヴィー! 審査員全員が絶賛――かぁ。ウン、よくぞ言ってくれましたって感じだね」
 「これ、買うよ」と言う私に、リエはあわてて手を振った。
 「いいんです。これ、試聴版だから。お金なんてもらったら、私が怒られちゃいますから。その代わり……」と、リエは声を潜めた。
 「今度、どこかでごちそうしてください」
 私とリエは、年末、ふたりだけの祝杯を上げることになった。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

「早撃ち」は、はたして「練習」で克服できるのか?

手と手 

多くの男性が抱えている「早撃ち」の悩み。
練習さえすれば、それは克服できるのか?
気になる疑問を探ってみました――。


 性とエッチの《雑学》file.36   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 早漏 早撃ち  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 かつて、修行時代の筆者のSEXは、「風林火山」の「火」抜きを自認しておりました。
 つまり、こうです。

疾き(早い)こと「風」の如く=ふつうにやると、カップラーメンよりも先に出来上がってました。
静かなること「林」の如く=あんまり声を出しません。
動かざること「山」の如し=動くとすぐイクからです。

 さて、この状態をいかに改善できたか?
 「林」は、リクエストに応じて、いかようにも改善できます。「山」は、「風」の問題さえ解決できれば、自然と解決できる問題です。

 問題は、「風」だぁ~!!

 というわけで、もっぱら「風」対策に取り組んできたわけです。
 はたして、早すぎる射精は、コントロールできるのか?
 結論から言うと、答えは「できる」です。ただし、「ある程度までは」。

練習は、本番を裏切らない!

 この問題のいちばんの解決法は、一に練習、二に練習、三、四がなくて五に練習です。
 「練習」と言っても、彼女に練習台になってもらうわけにはいきません。
 友人の中には、フーゾクで練習を積んだ(これは、ものすごく効果的な練習法)という猛者もいましたが、資産家の息子でもない私には、そんな経済的な余裕などありませんでした。
 残る方法はただひとつ。「セルフ」です。

続きを読む

拍手する

「カサブランカ」の歌姫3-7 私、色っぽくなかったですか?

蓄音機雪に閉じ込められた一夜が明け、私たちには、
いつもの日常に戻る時間がやって来た。
「私、色っぽくなかったですか?」
何も起こらなかった一夜を、リエは、
抗議しているようにも見えた。しかし――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-3 リエ〈7〉  
         【リンク・キーワード】
恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載20回目です。この小説を
   最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 「雪、止んだみたいですね」
 リエがカーテンを引くと、目を射るような青白い光が部屋の中に差し込んできた。
 昨夜の雪がウソのように、空は真っ青に晴れ渡っていた。
 「このぶんじゃ、雪もすぐ解けてしまう……」
 少し残念そうに言うと、リエは静かにカーテンを閉めた。
 「もしかして、Let it Snow――な気分だった?」
 「それもわるくないか――って思ったんですけどね」
 1946年にSmmmy Cahnが詩を書いた『Let it Snow』は、いまではすっかりクリスマスの定番ソングとなって、季節になると、街中にそのメロディが流れ出す。

 《ボクたちには行かなきゃいけないところもないんだし、
 降るなら降ればいい。
    (中略)
 キミがボクを愛してくれてる間は、
 降るのにまかせていよう》


 「わるくないか」は、私も同じだったが、照り付ける太陽は、降り積もった雪を容赦なく溶かし始めていた。
 「雪、解けちゃいますね。電車も、動き始めるし……」
 リエは、残念そうに言うと、「これ、ありがとうございました」と、私が貸したスウエットの上下を、きれいにたたんで差し出した。
 「ああ、それ、大きすぎてゴワゴワしちゃったでしょう?」
 リエは「ウウン」と首を振って、「でも……」と口を開いた。
 「ちょっと、色っぽくなかったですよね? もともと、私、色っぽくなんてないんだけど……」
 「いや……」と私はウソをついた。
 「十分に色っぽかったよ。理性を保つのが辛かった」
 リエは、私の顔を覗き込んで、小さくつぶやいた。
 「ウソつき……」
 それが、雪に閉じ込められた私とリエの、一夜の終わりだった。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

「カサブランカ」の歌姫3-6 夜明けのコーヒーをどうぞ

蓄音機マンションにたどり着いた私とリエは、
体が冷え、ハラも減っていた。リエのために
フロを沸かし、その間に、夜食のリゾットを作る。
そのまま、一緒に暮らせたら。一瞬、
そんな可能性が私の脳をかすめたが――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-3 リエ〈6〉  
         【リンク・キーワード】
恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




この話は、連載19回目です。この小説を
  最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 冷蔵庫をのぞくと、サケの切り身が2切れ、シメジが半パック、ゆでたブロッコリーが5~6房、それに玉ネギが半玉、残っていた。前日、炊いたご飯が、茶碗2杯分ぐらいはある。
 よし、これだけあれば、リゾットぐらいは作れる。リエがシャワーを浴びている音を耳にしながら、私は、サケをグリルに入れて火を点け、シメジとブロッコリーとみじんに切った玉ネギをオリーブオイルで炒めて、下味をつけた。
 後は、鶏がらスープの素を加えた水に白ワインを加えて沸かし、そこに炒めた材料とご飯を加え、焼いたサケの身をほぐして加え、塩・コショウで味を調える。仕上げに、粉チーズをふりかけ、バジルを散らせばでき上がりだ。
 そのとき、バスルームの扉を開ける音がした。
 「ワァ、いい匂い。エッ、何?」
 スウエットに着替えたリエは、リビングに入ってくるなり、鼻をヒクヒクさせた。
 私のスウェットは、やはりリエには少し大きすぎたようで、両手は袖の中に隠れ、ボトムの裾も足の甲の上でだぶついていた。子どもがおとなのパジャマを着たようで、それが少しおかしかった。
 湯上りの姿が色っぽかったら、思わず抱き締めてしまったかもしれないが、私は、そのチャンスを見出せなかった。
 「何を作ってたんですか、料理長?」
 「サケとブロッコリーとシメジのリゾット・ひとり暮らし風でございます。おなか、空いてたでしょう?」
 「実は、ペコペコ。このままじゃ、眠れないわァ――って思ってたの」
 「じゃ、食べようか。口に合うかどうかわからないけど。あ、それに、グラス一杯分しかないけど、白ワインもあるので、よかったらどうぞ」
 「エッ、白ワインまで開けてくれたの?」
 「いや、料理の味つけに使ったのが、残ってしまったので。でも、それ、料理用のワインじゃないよ」
 私とリエは、ワイングラスを合わせて、「大雪に」「素敵な歌に」と乾杯し、まだ熱いリゾットをフゥフゥと吹きながら口に運んだ。
 「おいしいッ!」
 ひと口、食べるなり、リエが目を輝かせた。
 「さすが、ひとり暮らしの達人。もう長いんですか?」
 「いま、40年目かな……」
 「ず――っと、ひとりだったんですか? 一度も結婚せずに?」
 「ノット・アト・ワンス」
 「イン・ユア・ライフ?」
 「ノット・イン・マイ・ライフ」
 「じゃ、ご飯もずっと、自分で作ってたの?」
 「最初は、夜食に、明星チャルメラとかサッポロ一番とかを作る程度だよ。でもね、40を過ぎたときに、このまま外食生活を続けてたら死ぬな――と思ったんだよね。よし、メシは自分で作ろうって一大決心して、自炊を始めた。だから、自炊歴は、たかだか15年ほどだよ」
 「いいなぁ。私も自炊したいんだけど、きっかけがつかめなくて……。荻野さんに教えてもらおうかな」
 なぜ、あのとき、「いいよ。じゃ、ここに来れば?」と言わなかったのか?
 私はいまでも、それをちょっぴり後悔している。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

「絶滅危惧人種」日本人の貧弱な性生活



カラス 不純愛トーク  ――愛について、哲雄とAKIが語り合うトークスタイルの記事です。
 Talker  哲雄 人間関係についての著作を手がけるエッセイスト。本ブログの管理人です。
   with   AKI 出張エステ嬢として働きながら、作家を目指す推定年齢アラサーの美女。


 第368夜  【本日のテーマ】 「絶滅危惧人種」日本人の、貧弱な性生活
30歳を過ぎても「性経験なし」という独身が、男で4人に1人、女で3人に1人に上る――という総務省の発表。そんな日本人の性交回数は、世界の主要国中最下位。このままでは、日本人は「絶滅危惧人種」。今回は、その理由を探ってみます。まずは、大きいと見られる「文化的背景」について――。

【今回のキーワード】 絶滅危惧人種 儒教
【SEOリンク・キーワード】 エロ 恋愛 恋愛小説 オーガズム コミュニケーション 不倫


AKI 日本の独身男性の7割が「彼女なし」。独身女性の6割が「カレ氏なし」。これは、日本人の「性的自殺」である。確か、前回は、そんなことをおっしゃったんですよね、哲ジイ?

哲雄 そうですね。このままじゃ、日本人は「絶滅危惧人種」にもなりかねない――と申し上げました。

AKI それは、DNAの御心に反する行為である。どうしてそうなったのか? きょうは、そんな話をするんですよね?

哲雄 まず、私は、独身男性の4人に1人、独身女性の3人に1人が、30歳すぎても「性経験なし」という事実に注目しています。これは、いくら何でもひどすぎるッ!

AKI どうしてですかね? みんな、性欲失っちゃった?

哲雄 ということもあるかもしれません。しかし、もともと日本人はSEXが好きじゃないのかもしれない。こんなデータがあるんですよ。英国のコンドーム・メーカー、「SSL.International社」が2005年に発表した『2005 Global Sex Survey』 という、性に関する国際調査の報告書なんですが、これによると、日本人の年間セックス回数は、調査した主要41カ国中最下位。それも、ブッチギリのビリなんです。ちょっとデータを見てみましょうか?

カラス 世界主要41カ国の年間セックス回数は?
――「2005 Global Sex Survey」(SSL.International社)

 ベスト10 
1位・ギリシャ………………………138
2位・クロアチア……………………134
3位・セルビア・モンテネグロ………128
4位・ブルガリア……………………127
5位・チェコ…………………………120
6位・フランス………………………120
7位・イギリス………………………118
8位・オランダ………………………115
9位・ポーランド ……………………115
10位・ニュージーランド ……………114

 ワースト10 
32位・中国……………………………96
33位・スウェーデン ………………… 92
34位・台湾……………………………88
35位・ベトナム……………………… 87
36位・マレーシア ……………………83
37位・香港……………………………78
38位・インドネシア……………………77
39位・インド ………………………… 75
40位・シンガポール …………………73
41位・日本……………………………45

AKI ワッ、ほんとだ! ブッチギってる。40位のシンガポールでさえ、日本人の1・6倍はいたしてるんですね。1位のギリシャにいたっては、日本人のなんと3倍!

哲雄 ギリシャ人なんて年間138回ですから、ほぼ3日に1回の割で励んでいるわけですね。対する最下位・日本人はというと、年間45回ですから、1週間に1回もしてないことになる。これ、ヘンでしょ?

AKI ヘンです! でも、不思議。ワーストに入ってるの、ほとんどアジアじゃないですか。

続きを読む

拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

男は何分もてば「早漏」のそしりを免れるか?

手と手 

正直言って、男は何分もてば合格か?
ほとんどの男性が気にしているこの問題について、
ほんとうのところを探ってみました。


 性とエッチの《雑学》file.35   R15 
このシリーズは真面目に「性」を取り上げるシリーズです。
15歳未満の方はご退出ください。

【今回のキーワード】 不感症 オーガズム  345
【リンク・キーワード】 エロ エッチ 官能小説 オーガズム 不倫




 自分は、いわゆる「早撃ち」なんだろうか?――この問題で頭を悩ませたことのある男性は、決して少なくないだろうと思います。ショージキに告白しますが、筆者もかつては、さんざん悩みました。
 しかし、この問題には、実は答えがないのです。

なぜ、早くなったとたんに「射」が「漏」に変わるのか?

 「早撃ち」は、一般的には「早漏」と呼ばれます。
 でも、この言葉、ヘンだと思いませんか?
 「射精」が早いことを表すのなら、「早射」でいいと思うのですが、なぜか、早くなっただけで「射」が「漏」に変わって、勢いがなくなってしまいます。「漏」と言われただけで、なんだか情けない気持ちになってしまいます。
 おそらく、「早いこと」=「みっともない」「恥ずかしい」という気持ちがどこかにあって、この表現になったのではないか――と、筆者は推測するのですが、どなたか、詳しい方がいらっしゃったら、ご教示ください。

 ちなみに英語では、「早漏」は「premature ejaculation」と言います。
 「premature」の「mature」は、「アマチュア」などというときの「マチュア」で、「熟した、成熟した」などの意味。「pre」が付くと、「成熟前の」とか「時期尚早の」という意味になります。「ejaculation」は、本来は「絶叫」という意味ですが、生理学的用語としては「射精」を表す言葉として使われます。
 つまり、「premature ejaculation」は、「時期尚早の射精」という意味で、なんだか、味も素っ気もありません。

 一般的に「早漏」は、挿入してから射精するまでの時間が標準よりもかなり短い状態を指す言葉として使われますが、これも必ずしも正確ではありません。中には、挿入する前に射精してしまう人もいるからです。
 『悩み多きペニスの生涯と仕事』(草思社)を書いたポー・コールサルトは、この状態を「玄関ドアのオルガスムス」と表現しています。なるほど、うまいこと言う、と感心したのですが、すみません、感心している場合じゃありませんでした。

 で、調べてみたのです。いったい、何分持ちこたえれば、「早漏」のそしりを免れるのか――と。
 しかし、金田一京助の国語辞典を調べても、手持ちの医学書をひっくり返しても、どこにも、この「何分」に触れた記述は見当たりませんでした。
 ちなみに『広辞苑』で「早漏」と引くと、こう書いてあります。

 《精液早漏の意。性交の際、男子の射精が異常に早く起こる症状》

 ヘーッ、「早漏」は「症状」なんだと、ちょっとショックを受ける人もいるかもしれません。しかし、ここでも、「異常に早く」の「異常」って、どれくらいよ――という素朴な疑問は、依然として未解決のままでした。

続きを読む

拍手する

「カサブランカ」の歌姫3-5 脱がせなかった理由

蓄音機リエが利用する東横線は、雪で止まっていた。
私の駅までは、地下鉄だから何とか帰れる。
「キミが男なら泊めてあげられるんだけど…」に、
「私、きょうは男になる」とリエは言う。男になった
リエに、しかし、私の体は反応した――。


 連載   「カサブランカ」の歌姫   ファイル-3 リエ〈5〉  
         【リンク・キーワード】
  恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説




  この話は、連載18回目です。この小説を
     最初から読みたい方は、こちら から、前回から読みたい方は、こちら からどうぞ。


 「荻野さんの電車は?」
 「うちは、地下鉄の終着駅だから、何とかそこまでは行けると思うんだ。その先のJR乗り入れ部分は、ちょっと怪しいけど……」
 「いいなぁ」と言いながら、本城リエは、携帯で何かを検索し始めた。検索しては、発信ボタンを押す。
 「そうですか、わかりました」
 落胆したような顔で首を振る。それを何度か繰り返した。
 「ホテル、どこも満室ですって」
 「この雪じゃ、むずかしいかもしれないねェ。あなたが男だったら……」
 そう言いかけて、私は口をつぐんだ。それを言っちゃあ、まずいだろう――という気持ちが、私の口にフィルターをかけた。リエは、言いかけて閉ざされた私の口を、小首をかしげて見つめ、続く言葉を催促した。
 「男だったら……何?」
 「泊めてあげるんだけど……」
 そのとたん、不安に曇っていた顔が、パッと明るく輝いた。
 「男に……なっちゃおうかな、きょうだけ」
 それを「ダメだよ」と諭すような厳格さは、私は、持ち合わせていなかった。それに替わる知恵も、そのときは思いつかなかった。
 「荻野さんって、ひとり暮らしでしたよね。あの……」
 「あ、部屋数? 3LDKで、ひとつ、使ってない部屋があるけど、ちょっとカビ臭いかもしれないなぁ」
 「いいです。私、カビ臭い女だから」
 笑っていいのかどうか、ちょっと迷うギャグだった。
 それに――と私は思った。どんなにカビ臭かろうが、その体に手を伸ばさずにいられる自信があるだろうか?
 私の指先には、まだ、その感触が残っていた。雪に滑りそうになった彼女の体を支えたとき、私の指先が沈み込んだ彼女の胸のかすかなクッション。その正体を確かめたいという野心が、まだ、私の本能の奥でくすぶっていた。
 その野心を隠したまま、私は彼女の背中をそっと押して、ホームへの階段を下りた。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR