男と女のモテ技☆目次

傘と女性 男と女のモテ技  CONTENTS 
彼女を夢中にさせてしまう男たち、
カレを夢中にさせてしまう女たち。
管理人・長住が目撃し、実践した彼らのモテ技を、
ご紹介する記事群です。よろしければ、参考に――。


       記事一覧  

タイトルをクリックすると、その記事に移動します。

【SEOリンク・キーワード】 エロ 官能小説 モテ 不倫




13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


→このシリーズはためになる(FC2 恋愛)
→このシリーズには共感する(にほんぶろぐ村 恋愛)
→このシリーズは面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 トップメニューに戻る 

拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

彼女は「車道側」を歩かせよ――というN男の常識

傘と女性男と女のモテ技   M-01  

道を歩くときは、彼女をクルマから守るために、
自分が車道側に立つ――というのが常識。しかし、
頭のいい男は、そうはしない。あえて彼女を車道側に
立たせるというのです。その理由――。 


【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 モテ  不倫



 歩道を歩くときは、男が車道側を歩いて、彼女をガードする。
 ジェントルマンである(?)長住は、ずっと、それが、男としての常識である――と思っておりました。
 ところが、しばしば私の恋路をジャマ立てしては、「ホラ、見たか」のような顔をする不倶戴天の敵・N男は、そんな私の常識を鼻の先で笑い飛ばしてしまうのです(ついでに鼻クソまで飛ばす!)。
 N男の常識は、私の常識とはまったく逆!

  女は、絶対に車道側!

 と言うのです。
 なぜか?
 そのほうが、彼女の体に触れる機会が増えるから。
 N男が、鼻の穴をヒクヒクと膨らませながら語った話は、こうです。

たとえば、彼女と片道1車線程度の商店街の道なんかを歩いてるとするだろ。
そこは、歩道と車道の区別もないような道だ。
後ろからは、タクシーだの宅配便のトラックだのも走ってくるよな。
そういうときだよ、千載一遇のチャンスが生まれるのは。

 何のチャンスか?
 彼女の体に触れるチャンスです。
 後ろから近づいてくるクルマの気配を感じると、N氏は、すかさず、彼女の体に手を伸ばしながら言うのです。

  ホラ、危ないよ!

 そう言って、彼女の腕をつかんで引き寄せる。
 あるいは、肩や腰に手を回して、グイと抱き寄せる。
 場合によっては、そのまま抱きしめて、あわよくば「ブチュッ」とまでいく。
 それが、「女は車道側を歩かせる」というN男の常識の理由――。

続きを読む

拍手する

彼女の「娼婦性」。その秘密は「下から目線」

傘と女性男と女のモテ技  W-01  

男を夢中にさせずにはおかない、彼女の魅力。
ひと言で言うと「コケティッシュ=娼婦的」
ということですが、彼女にその「娼婦性」を
賦与した最大の武器は、その「目線」でした――。 


【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 モテ  不倫


   は「男からのモテ技」、   は「女からのモテ技」、   は「男女共通のモテ技」です。


 たとえば、私が食堂のテーブルとかデスクとかに座って、本か何かを読みふけっているとしましょう。
 そこへ、やって来ました、われらがコケティッシュ・クイーン、ユミっち。
 私とは同期の編集部員で、仕事もできたのですが、それより何より、彼女の魅力は、そのコケティッシュさにありました。
 「コケティッシュ」というのは、「娼婦的」と訳されることも多い形容詞。そのしぐさ、表情、態度などが、なまめかしく、あだっぽくて、「男の気を惹く」ようなところがある女性を形容するときに、たいていは、「ホメ言葉」として使われる言葉です。
 われらがユミっちは、存在そのものが「コケティッシュ」と言えるような女子でした。
 心寄せる男性も多かったのですが、彼女の「娼婦性」の最大の武器は、その「視線」にありました。

 さて、そのユミっち。私の正面に座ると、両腕を机の上に置いて組み合わせ、その上にあごを載せるような形で、私が読んでいる本を見上げます。床にペタッと寝そべった犬が、主人を見上げるような感じ……ですかね。その姿勢から、彼女は言うのです。

  ね、何、読んでるの?
  ○○先生の新著だよ。
  どう? 面白い?
  ウン。ちょっとこれまでとは作風が変わってて、あれ……って思うけどね。

 ま、こんな調子ですかね。
 机の上で腕枕したままお尋ねになるので、その目線は、下から私を見上げるような形になります。
 こういうふうに見られると、それがイヤなタイプの女性でない限り、たいていの男は「かわいいッ!」と思います。
 ハイ。不肖・長住も、たまらなく「かわいい」と思っちまったんですね。

続きを読む

拍手する

達人は、そこらの「ガラクタ」にも愛を語らせる

傘と女性男と女のモテ技  N-01  

ちょっとしたモノに「愛」を語らせることができるか?
モテる男や女は、実に、これがうまいのです。
そのモノとは、そこらのガラクタでもいい。
大事なのは、「贈る心」なのですが――。 


【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 モテ  不倫


   は「男からのモテ技」、   は「女からのモテ技」、   は「男女共通のモテ技」です。


 正直に告白すると、筆者・長住は、「プレゼント」というのが、ほんとに苦手なのです。というか、「苦手」でした。
 たとえば――。

 だれかの誕生日に、何かをプレゼントを用意しなくちゃ……。

 そう思っただけで、胃が重くなってきます。
 胃が重くなるだけならいいのですが、その場からどこかへ逃げ出したくなってしまいます。極端な場合には、だれも知らないよその土地に行ってしまいたくなったりします。
 それで、学校を転校したこともあったし、アパートを引っ越したこともあったし、会社を辞めたこともありました。
 ウソだろ? ハイ、ウソです。
 さすがにそこまではやりませんけど、そういう気分になった――ということです。

カラス 「お誕生日会」のトラウマ

 最悪なのは、「お誕生日会」とかっていうやつです。
 みんなが集まって、だれかの「誕生日」をお祝いする、という会。みなさんも、子どもの頃にやったことがあるんじゃないですか? もともと家族の間で、何かの「お祝い」をしたり、贈り物をし合う……なんぞという習慣のない家庭で育った少年・長住は、そういう会に出席するのが、ちょっと苦手でした。
 こういう会では、みんながその子のために持ってきたプレゼントを「見せ合いっこ」したりします。「私は、○○」「ボクは××」と、自分のプレゼントを公開して、なぜそれをプレゼントに選んだのか――までを説明する、なんてことをやったりしてました。
 みんなが持ち寄ってくるプレゼントは、それなりに「なるほどねェ」と納得のいくものばかりで、もらったほうも、「ワァ、○○ちゃん、ありがとう。これ、欲しかったのォ」と喜んで見せたりします。
 少年・長住にとって、この儀式は拷問にもひとしいものでした。
 理詰めの長住は、だれかにあげるプレゼントも「理屈」で選ぼうとしました。「○○だから、△△ちゃんには、××をプレゼントする」というふうに考えないと、何をあげたらいいのかが思い浮かばなかったんですね。自分の選んだものが相手に喜んでもらえる、そういうものを選ぶというセンスが欠けていたのかもしれません。
 それは、ひとり長住ばかりのせいではなく、おそらくは、先祖代々受け継がれたわが家系の遺伝的特質であろうと思うのですが、それでも、少年・長住は、母親なら何かいい知恵のひとつも浮かぶのではないか――と思い、一応、相談してみました。ハイ、一応……です。

母ちゃん、あしたくさ、○○ちゃんの誕生会なっちゃけど、何、持っていったらよかやろね?
誕生会ね? ああ、そうたい。冷蔵庫にトマトの1個、余っとろうが。念のために申し添えておきますと、その時代、九州地域のトマトは、いまよりもずっと糖度が高く、色も真っ赤で、私たちはよく「おやつ」として食していました。
トマト……? トマトやら持っていかれん。誕生日プレゼントばい。
そうね。あ、そしたら、これ持っていきんしゃい。きのうのケーキがひと切れ、残っとおけん。

 ああ、相談する相手を間違えた――と、あとになって後悔したのですが、後の祭り。
 翌日、私は、母親が箱に詰めてくれたケーキひと切れを持って○○ちゃんの「誕生会」に臨み、箱の中でグチャッとつぶれたケーキを「なんや、これ?」「こんなの食べれん。もぉ、すか~ん!」と笑いものになったりしたのでありました。
 これがトラウマとなって、長住はいまだに……と言いたいところですが、そこまで心が弱くはありませんでした。

続きを読む

拍手する

テーマ : 愛し方・愛され方
ジャンル : アダルト

「汗の匂い」を彼女の脳に刷り込め!

傘と女性男と女のモテ技  M-02  

落としたい女には、自分の「汗の匂い」を刷り込め。
かつてそんな暴言を吐く男がいました。しかし、
ある種の女性には、これがすこぶる効くらしい。
実はそこには、動物界共通の生理的理由が――。 


【SEOリンク・キーワード】
エロ 官能小説 モテ  不倫


   は「男からのモテ技」、   は「女からのモテ技」、   は「男女共通のモテ技」です。


 不肖・長住が、その生涯において、まだ一度もしたことがないことがあります。
 殺人、火付け、強盗……?
 イヤイヤ、そういう類のことじゃなくて、もっと簡単なことです。

 自分の汗まみれのシャツなんぞを脱いで、ポイと彼女に投げて寄越す。
 あるいは、
 自分の汗を拭ったタオルなどを、「ホラ、これ使えよ」と投げて寄越す。


 この種の行動です。

  そんな失礼なこと、できない!
  だいいち、臭いでしょ、それ!

 と、思う人もいるかもしれません。長住も、まだ未熟な青年であった頃には、そう思っていました。
 しかし、いるんですね、女性の中には。そういうことをされると、ものすごく喜ぶ人々が……。

男の子アイコン1自分の汗のしみ込んだ衣類をポンと投げて寄越すスゴ技

 そういうことを知っていたのかどうか、私が10代後半を共に過ごした友人のひとり、Jクンは、この種のパフォーマンスを、何の抵抗もなくサラリ……とやってのける達人でした。

「おまえ、汗びっしょりじゃないか。ホラ、これで拭けよ」と、自分が汗を拭いたばかりのスポーツ・タオルを、ポイと彼女に投げてやる。
「洗濯するの? じゃ、これも一緒に洗っといてよ」と、絞れば汗のしずくが流れ落ちそうなほど汗びっしょりのシャツを脱いで、その場で彼女に放り投げる。

 女の子の何人かは、「ワッ、汚い!」と、まるでウ×コでも投げつけられたかのように恐怖に顔を引きつらせて、飛びのきます。
 何人かは、飛びのかないまでも、「汗臭~い!」などと言いながら、それを指先でつまむようにして、自分の体から遠ざけようとします。
 しかし、残る何人かは、「ワッ、汗臭い」とは言いながらも、どこかうれしそうに、そのタオルで自分の顔を拭いたり、そのシャツを胸に抱えて、洗濯場へ向かおうとしたりするんですね。

続きを読む

拍手する
ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女
★現在過去未来




《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで New

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★うちの奥さん観察日記 New
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋
★香澄のエロ日記

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを New

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ New

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡 New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★Day Dream
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR