荒野のバラと谷間のユリ ☆ 目次

バラの花束 バラの情熱とユリの理知。時代も男たちも、その狭間で揺れた…

      連載/恋愛小説 

 荒野のバラと谷間のユリ

バラとユリ。
両方の花があったら、あなたなら、どちらの花を選ぶだろうか?
そんなバラとユリが、突然、ボクたちの目の前に現れた。
1972年。パンダが初めて日本にやって来た年だった。
バラとユリをめぐる男たちの恋模様と人生模様。
昭和末期の青春群像を描く、ちょっぴり苦めの恋物語です――。

          目次 

【リンク・キーワード】
恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説





読みたい記事のタイトルをクリックしてください。

第1章 情熱の人と理知の人
第2章 誘う理由、誘えない理由
第3章 彼女を操る「魔女」
第4章 黄色いケトルとマグカップ
第5章 無国籍な漂流
第6章 傷だらけのバガボンド
第7章 闘いの庭に咲く「貞操」
第8章 戦士に手を振る女
第9章 裏切りの香り…
第10章 若者組の誕生
第11章 揺れる体の落ちる先
第12章 閉じられた襖が開く前に…
第13章 野良ネコのララバイ
第14章 ユリの花、摘むべからず
第15章 さらば、無頼
第16章 バガボンドの恋
第17章 ふたりだけのクリスマス
第18章 彼女の肌は白い磁器の輝き
第19章 彼女の元の飼い主
第20章 家族はボクを幸せにしない
第21章 辞める理由は「彼女」ですか?
第22章 危険なエゴイスト
第23章 野良ネコの旅の流儀
第24章 浴衣の君は白い肌を染めて…
第25章 突然、征服者のように…
第26章 帰り道は、なぜ、早い…?
第27章 資料室の醜聞
第28章 その男、疑惑あり
第29章 主のいない誕生日
第30章 疑惑の「直帰」
第31章 野良ネコ、婦人科の病…?
第32章 告発の行方
第33章 傷だらけのネコ
第34章 もう、前のようには会えない…
第35章 何も告げず、去ってゆく人
第36章 キミは翼を得たか?
終章 そして、だれもいなくなった…


13 あなたの感想をClick Please!(ただいま無制限、押し放題中!)
管理人は、常に、フルマークがつくようにと、工夫して記事を作っています。
みなさんのひと押しで、喜んだり、反省したり……の日々です。
どうぞ正直な、しかしちょっぴり愛のこもった感想ポチをお願いいたします。


この作品はテーマがいいと思う(FC2 恋愛)
この作品の描写や表現に惹かれる(にほんぶろぐ村 恋愛)
この作品はストーリーが面白い(人気ブログランキング 恋愛)

 トップメニューに戻る

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

荒野のバラと谷間のユリ〈1〉 情熱の人と理知の人

バラの花束バラは感性で情熱を迸らせ、
ユリは、理性で劣情を鎮めた。


パンダが初めて日本にやってきた年、
入社したばかりのボクが配属された編集部には、
同じく新入社の2人の女子編集部員がいた。
まるでバラとユリのように輝く2人に、ボクの心は…。



 連載小説/荒野のバラと谷間のユリ ――― 第1章 
【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説



                       プロローグ  
 バラとユリ。
 もし、目の前に両方の花があったら、あなたなら、どちらの花を選ぶだろうか?
 バラだ――と言う人は、その華麗さに心を奪われるのだろう。
 ユリだ――と言う人は、その清楚さに心を吸いこまれるのかもしれない。
 しかし、バラは、うかつに手を伸ばすと、鋭い棘で手を刺されてしまう。
 そして、ユリは、うかつに抱え込もうとすると、拭っても拭っても落ちない花粉で白いシャツを台無しにしてしまう。
 バラの花には心を掻き乱されるが、ユリの花には心を鎮められる。
 そして人は、バラには情熱を奉げ、ユリには祈りを込めたくなる。
 そんなバラとユリが、突然、ボクの目の前に現れた。
 1972年。
 パンダが初めて日本にやって来た年だった。

                          

 TVは、毎日のように、そのニュースを伝えていた。

 日中国交回復の贈り物として、中国から2頭のパンダが日本にやって来る。
 その2頭が飛行機に積み込まれた。
 カンカンとランランを乗せた日航特別機が、とうとう羽田に到着した。
 旅の疲れも見せないパンダは、その日のうちに上野動物園に運ばれた。
 その姿を「ひと目みたい」と、上野公園のパンダ舎には、5万2千人もの人たちが行列を作った。
 街は、パンダ歓迎に湧き、便乗してさまざまな関連グッズが作られている。
 パンダをモチーフにしたイラスト入りの文具類。
 パンダの顔がプリントされたトレーナーを着て、街を歩く若者たち。
 日本中が、パンダ一色に塗りつぶされている。

 バッカじゃねェの……。
 点けっぱなしにしたTVから流れてくるそんなニュースにチラと目をやりながら、口の端でつぶやいていると、サッと目の前に差し出されたものがあった。
 コーヒーが注がれたマグカップだった。
 「インスタントだけど、よかったら……。昨日から寝てないんでしょ?」
 「ありがとう」
 朦朧としかかった頭で取っ手をつかむと、カップの腹に何やら絵がプリントされていた。
 何だ、コレ――と眺めていると、「かわいいでしょ?」と声がした。
 「変わったブタだね」
 「ブタ? それ、ブタに見える?」
 「ちょっと変わったブタだなぁ、とは思ったけど……」
 「パンダだよ」
 「フーン。パンダ、こんなとこまで浸透してんのかぁ」
 「ね、かわいくない?」
 「わるいけど……」と、ボクは言った。
 「パンダをかわいいと思ったこと、一度もないんだ」
 「そう。残念ね」
 「エッ、何が……?」
 「かわいいと思って買ってきたの。よかったらプレゼントしようと思ったんだけど、止めた。飲んだら、給湯室の流しに出しといてね」
 あっ、じゃあ――と、発言を撤回しようと思ったときには、雨宮栞菜(かんな)は、スタスタと自分の席に戻ってしまった。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

荒野のバラと谷間のユリ〈2〉 誘う理由、誘えない理由

バラの花束メシに誘いやすい女と誘いにくい女。
男たちの好みは、2つに分かれた。


「ご飯、食べに行かない?」と、フレンドリーに
声をかけてくるユリの女・由美。年上の男たちからの
誘いに、子犬のようについていくバラの女・栞菜。
しかし、バラは、声をかけにくい女でもあった――。



 連載小説/荒野のバラと谷間のユリ ――― 第2章 
【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説


この話は連載2回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大学を卒業して、できたばかりの出版社「済美社」に入社したボク(松原英雄)は、配属された女性雑誌『レディ友』の編集部で、同じく新卒の2人の女子編集部員、雨宮栞菜、戸村由美と出会う。感性の勝った栞菜と、理性の勝った由美は、何事につけ比較される2人だった。1年先輩の相川信夫に「どっちが好きだ?」と訊かれたボクは、迷うことなく「栞菜」と答えて相川を驚かせた――。




 編集部に2人だけいる、新卒の女子編集部員。
 当然のように、編集部の男たちも、そして、そこに出入りするライターやデザイナー、カメラマンたちも、2人に何かとモーションをかけてくる。
 しかし、戸村由美は、男から見ると、ちょっと誘いにくい女だった。
 「ユミっぺ、ちょっと飲みに行こうか?」
 編集部の年上の男たちがそんな声をかけてくると、由美はまじまじと相手の顔を見ながら、問い返す。
 「どこへですか?」
 「どうして、また、私なんかを?」
 返ってきた理由が納得できるものであれば、応じないわけでもない。彼女が見せる態度は、そう言っているようにも見えたが、ちょっと口説いてやるか――程度の動機で声をかけてくる男には、彼女が「正当」と感じる理由を用意することができない。たいていの男は、その段階で、「こいつは、誘ってもムダだ」と悟った。
 しかし、納得できる理由のある相手だと、彼女は、わりとフレンドリーに食事に出かけたり、たまに飲みに出かけたりもした。
 ボクは戸村由美にとって、その「納得できる理由」のある相手のひとりだったのに違いない。
 「ご飯、食べに行かない?」
 昼になると、彼女は、しばしば自分から声をかけてきた。
 ボクと戸村由美は、同じ担当部署(企画班)で、机も隣り合っていた。その仕事ぶりが何かと比較されるようなライバル関係でもあった。
 どちらも緻密で繊細な作業を得意としていたが、ボクはそれを論理性やエンタテインメント性の上で実現しようと構成やビジュアルにこだわり、由美は情緒性や信頼性の上で実現しようと、一字一句にこだわった。
 似ているような仕事ぶりだが、そのテイストが少し違う――というのが、ボクと由美に関する周囲の評価だった。
 そういう特性を上もわかっていたようで、大御所に連載のエッセイを頼む――などという仕事は、たいてい、戸村由美の担当になった。そして、表紙打ちするような特集ものの担当は、ボクに回ってくることが多かった。そんな担当の違いを越えて、ときに戸村由美とボクは、おたがいの仕事をサポートし合った。
 ボクは、自分の特集で取り上げるべきコメンテータについて、「こういうことを言わせたいんだけど、だれかいない?」と、由美からヒントをもらったりした。由美は、「今度、○○さんにお茶の作法をしゃべってもらうんだけど、見せ方に悩んでるの」と相談を持ちかけてきたりした。
 戸村由美は、一緒にメシを食って楽しい女であり、仕事仲間として気の合う戦友でもあった。
 そして、もうひとつ――。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

荒野のバラと谷間のユリ〈3〉 彼女を操る「魔女」

バラの花束彼女に寄り添う「魔女」のような女。
ふたりには、何か共有する秘密があるように見えた。


栞菜には、いつも行動を共にしている女性がいた。
右も左もわからずこの世界に飛び込んだ栞菜に、
仕事を一から教え込んだ稲田敦子という女だった。
ある日、ボクはそのふたりに街へ誘い出された――。



 連載小説/荒野のバラと谷間のユリ ――― 第3章 
【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説


この話は連載3回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大学を卒業して、できたばかりの出版社「済美社」に入社したボク(松原英雄)は、配属された女性雑誌『レディ友』の編集部で、同じく新卒の2人の女子編集部員、雨宮栞菜、戸村由美と出会う。感性の勝った栞菜と、理性の勝った由美は、何事につけ比較される2人だった。机を並べて仕事する由美は、気軽に昼メシを食べに行ける女だったが、栞菜は声をかけにくい相手だった。その栞菜を連れ回していたのは、年上のデスク・小野田宏だった――。




 ボクたち新卒組にとって、いきなり放り込まれた女性雑誌の世界は、刺激の強すぎる世界でもあった。
 ふつうなら、見習いから始め、先輩社員たちの仕事ぶりを見て、やっと、自分の担当ページを持たせてもらえる――という手順を踏むのだが、「済美社」にはその余裕がなかった。
 4月に入社したばかりのボクたちも、いきなり、4月末の創刊に向けて、手に余るほどのページを持たされた。そして、いきなり、海千山千のプロたちと仕事をすることになった。
 編集者として仕事をする人間には、大きく分けると、2種類のタイプがいる。
 ひとつは、人に付くタイプ。仕事のできる人間に付いて、その力を借りていい仕事を仕上げようとするのだが、そのためには、相手といい関係を築いて、やる気を引き出す必要がある。
 もうひとつは、自分のプランやテーマに拘りを持つタイプ。自分が計画したとおりの仕事を仕上げるために、人を動かそうとするので、ときには考えの合わない相手とぶつかることもある。
 ボクはどちらかと言うと後者のタイプで、雨宮栞菜は前者のタイプ。戸村由美は、その中間と言えた。
 一緒に仕事をする人間との関係は、人に付くタイプの栞菜のほうが濃くなる。人間関係が情に左右されることも多くなる。そのぶん、大変とも言えたが、いい関係に恵まれさえすれば、仕事はラクになる――とも言えた。

 雨宮栞菜には、いつも行動を共にしている女がいた。栞菜とはひと回り以上歳が離れている。ひと時代前の女性月刊誌で、ファッションから料理まで、あらゆるジャンルを手がけていたベテランで、名前を稲田敦子といった。
 稲田敦子は、栞菜が担当するページをいろんな形でサポートしていた。栞菜が「カメラマンをだれにしようか?」と迷っていると、「それなら、この人、どう?」と自分の手持ちリストの中から若手の有望株を紹介する。ファッションの撮影場所に悩んでいると、「ちょっといい場所があるんだけど、見に行かない?」と、ロケハンに連れ出す。撮影のときには、自らスタイリストとして小物集めに駆け回ることもあり、入稿にあたっては、写真に添えるキャプションやクレジットをまとめたりもした。
 何でもできる稲田敦子という存在は、右も左もわからないままこの仕事に飛び込んだ栞菜にとって、頼りになる「ガイド」のようなものなのかも知れなかった。
 何をするにも一緒のふたりは、その名前を取って「アツカン・コンビ」と呼ばれるようになった。中には、「ふたりはレズなんじゃないか?」と勘繰る声もあった。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

荒野のバラと谷間のユリ〈4〉 黄色いケトルとマグカップ

バラの花束その夢には形があった。
その形は、日に日に夢を想像に変えた。


栞菜が「引っ越し祝いに」とくれた黄色いケトルと
マグカップは、ボクの部屋に、ひとつの夢の形を
作った。そんなある夜、小野田に誘われた栞菜が、
「松原クンも行く?」と声をかけてきた――。



 連載小説/荒野のバラと谷間のユリ ――― 第4章 
【リンク・キーワード】 恋愛小説 結婚 一夫一妻 純愛 エロ 官能小説


この話は連載4回目です。最初から読みたい方は⇒こちらから、
   前回から読みたい方は、⇒こちらからどうぞ。

ここまでのあらすじ 大学を卒業して、できたばかりの出版社「済美社」に入社したボク(松原英雄)は、配属された女性雑誌『レディ友』の編集部で、同じく新卒の2人の女子編集部員、雨宮栞菜、戸村由美と出会う。感性の勝った栞菜と、理性の勝った由美は、何事につけ比較される2人だった。机を並べて仕事する由美は、気軽に昼メシを食べに行ける女だったが、栞菜は声をかけにくい相手だった。その栞菜を連れ回していたのは、年上のデスク・小野田宏だった。栞菜には、いつも行動を共にしている女がいた。右も左もわからずこの世界に飛びこんだ栞菜に、一から仕事を教え込んだ稲田敦子。そのふたりに、あるとき、「ヒマ?」と声をかけられた。ついていくと、そこは新宿の「鈴屋」。「これ、私たちから引っ越し祝い」と渡されたのは、黄色いホーローのケトルとマグカップだった――。




 細い注ぎ口が鶴の首のように美しいカーブを描いて伸びた、黄色いホーローのケトルと同じ色のマグカップ2客。
 それは、まるで、その部屋を見てコーディネートしたもののように、ボクの新居のブルーとグリーンのカーテンを背景に浮かび上がった。
 すると、そのケトルで湯を沸かし、コーヒーを淹れたくなる。コーヒーを淹れると、そのカップで飲みたくなる。
 マグカップが、2客。
 もう1客は、だれが使う?
 黄色いマグカップでコーヒーを飲む、ボクともうひとりのだれか。
 頭の中でその姿を想像し、そして、いつの間にか、ボクはその光景が実現できる日を夢想し始める。
 それが、雨宮栞菜の魔法の正体だったのかもしれない。

 その魔法にかかっていいのか?
 ボクは少し迷っていた。
 栞菜を追い回している――と感じられる男が、ボクの視界に入るだけでも、少なくとも2人はいた。
 ひとりは、学生時代から栞菜を追い回しているらしい河合金治。
 そして、もうひとりは、「カンナ、行くゾ!」と彼女を夜の街に連れ出す、小野田宏。
 まだいた。表紙のデザインを担当していて、何かと言っては栞菜を呼びつけるグラフィック・デザイナーの亀山一郎という男。
 そんな男たちと揉み合いを演じながら魔法に溺れていくのは、骨が折れるなぁ――という気分もあった。
 しかし、雨宮栞菜の魔法は、日に日に、効いてきた。ボディブローのように……。

続きを読む

拍手する

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
長住哲雄…独自の人間関係論を元に、数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。得意ジャンルは、恋愛論やコミュニケーション論。

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

《シニア向けサイトも運営しています》
晩年clubロゴ

Since 2009.2.3

▼こちらの市民です。


アクセスランキング

管理人・長住哲雄の近著
  Kindle でお読みください〇〇

写真をクリックすると、詳細ページへ。

最新刊
長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』
2016年3月発売
虹BOOKS

3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2


『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS

ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1


『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS

美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円

   全国有名書店で販売中〇〇〇

写真をクリックすると、詳細ページに。

新刊です!
『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売
こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!



『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
成美堂出版
定価 530円+税


あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!



『モテる大人の
ほめルール』

2013年8月発売
こう書房
定価 1400円+税


人は、ホメてくれるあなたを
「好き」になる!
そんなホメ技術を満載!



男と女のモテ会話新1202000部増刷!
『男と女の
モテ会話術』

2012年7月発売
こう書房
定価 1400円+税

30秒で心を開かせ、
10分で好きにさせる心理マジック!

   スマホでも好評配信中!   
ダウンロード価格 100円
★iPhone、iPadでご覧になりたい方は、
⇒こちらのダウンロードページから



30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』


2007年6月 こう書房
定価 1300円+税


「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。

★オーディオブック(CD)も、
好評発売中です!




――など多数。
ランキング&検索サイト
    総合ランキング・検索     

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



   ジャンル別ランキング&検索  

《Hな小説の検索サイトです》
正しいH小説の薦め正しいH小説の薦め


《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《小説のジャンル別検索サイト》
オンライン小説ランキング★カテゴリー別
オンライン小説ranking


《あらゆる創作系サイトの検索に》
駄文同盟.com駄文同盟.com


《当ブログの成分・評価が確認できます》
blogram投票ボタン


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★カラダ開発研究ブログ
★性生活に必要なモノ
★男と女のエッチの秘密
★アラフォー女性のための夫婦性活なび
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言
★彼女達との性ライフ
★恋する熟女



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査

《愛を究める》
★プライド
★セカンドバージン卒業まで

《男を磨く・女を磨く》
★かっこいい女への道
★予算15,000円でプレゼントする
本格ジュエリー「me.luxe」


女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★不倫ポータルネット
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★さくら夫婦のSEX記録
★嫁の体験リポート
★恵子&誠
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活
★おしりちゃんの部屋
★木曜日のアモーレ New



女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady
★みっち~の部屋

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★内緒の恋愛体験を告白


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
萌木ケイの官能小説
ひとみの内緒話
riccia
★~艶月~
★妄想の座敷牢~紅殻格子の世界
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
★月夜の602号室
★小夜嵐
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《愛の詩・時代の詩》
★Poem Spice 久遠の詩
★罵詈雑言~本能ノ赴クママニ
★メランコリックノイローゼ

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


《風刺効きまくりです》
★ねじを巻け、そして服を脱げ。
★ショートショート
 とりぶうの読むコント~宮古島

★The Door Into Summer

スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!



    素材をお借りしました     

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR