第4夜 オスはバラ撒き、ツルは売春する!?



AKI 21世紀になって、彼女いないって人に、こんなこと訊いてもムダかもしれないけど……。

哲雄 な、なんですか?

AKI もしも、もしも……ですよ、奇跡的に哲ジイに彼女ができたとしたら、やっぱり一途に、彼女だけを愛するのかな?

哲雄 そんな……奇跡の話には、コメントのしようがありませんな。

AKI だから、もしも……って言ってるじゃありませんか。まったく、ひがみっぽいんだから。

哲雄 じゃ、もしAKIちゃんが私の彼女だったら……という仮定でお答えしましょう。たぶん、キミの質問は、「それでも気移りするか?」と尋ねてるんだと思うけど、答えはやっぱり、「わかりません」だね。

AKI つまり、それは「浮気するぞ」ってこと?

哲雄 いや、たぶん……浮気はしない。

AKI ガマンするってこと?

哲雄 いや、ガマンじゃないな。

AKI でも、気移りはするかもしれないわけでしょ?

哲雄 気移り……というより、目移り……かな。男って、そういう生きものなんだよ。

AKI そういう……って、どういう?

哲雄 つまり、自分の精子をできるだけ広範囲にバラ撒きたい、という生きもの。「種の保存」という、生物のもっとも基本的な使命を果たすためには、そのほうが効率がいいからね。AKI エーッ、それが、いちばん大事な使命なの?

哲雄 そうらしいよ。あのさ、DNAって、知ってるよね?

AKI あの……DNA鑑定とかのDNAでしょ? それくらい知ってますよ。

哲雄 この地球上に生物が誕生したのは、まずアミノ酸というものができて、その中に、DNAという特殊なアミノ酸が登場したからなんだけど、このDNAがどう特殊かというと……。

AKI わかった! 遺伝だ!

哲雄 ウン、その遺伝とは何かというと、コピーなんだよね。数あるアミノ酸の中で、このDNAは、唯一、自分の複製を作るという特殊な性質を持っていた。この自己複製という機能があって、はじめて、細胞というものができ、その細胞が増殖して、はじめて、複雑な構造の生物の体を作ることができ、その生物が自分の子孫を複製することができて、はじめて、生物は数を増やし、世代交代できるようになった。

AKI DNAはエラいッ!

哲雄 そう、そのエラいDNAのたったひとつの役割は、自分をコピーすること。そしてネ、ここが肝心なんだけど、この地球上で生物として繁栄するための最大の条件は、そのコピーを作るための、いかに優秀なシステムを持っているか、ってことなんだ。『利己的な遺伝子』という大ベストセラーを書いたリチャード・ドーキンスという人が、遺伝子を「利己的」と言ったのも、そういう意味だと思う。

利己的な遺伝子 <増補新装版>
☆ベストセラー『利己的な遺伝子』
リチャード・ドーキンスが書いた世界的なベストセラー。生物は、「効率よくコピーを残したい」という、利己的な遺伝子にプログラムされたロボットなのだ、という主張は、世界中にショックを与えた。

商品詳細を見る


AKI だから、精子をバラ撒くの?

哲雄 ヘタな鉄砲も、数打ちゃ当たる……ってネ。私なんぞ、できることなら、銀座を歩いてる女の子なんか、一列に並ばせて、「ハイ、次の方、どうぞ」てな調子でバラ撒いてみたい……なんて思ったりもする。

AKI ヘェー、そんなに早いんだぁ。

哲雄 という問題じゃないでしょ。

AKI でも、ほんとは、そういうことやってみたいんだ。この、スケベおやじ!

哲雄 いや、別にやってみたいわけじゃない。もののたとえです。つまり、生物的仕組みから言うと、オスには、そういうバラ撒き本能があるってこと。

AKI じゃ、メスは?

哲雄 いったん、受精したら、その受精卵を大事に育てなくちゃならない。特に、ほ乳類なんて、おなかの中で子どもを育てるわけだから、その間、他のオスの侵入は防ごうとする。これも、生物学的本能。

AKI ウワーッ、女って損!

哲雄 損とか得とかって問題じゃないでしょ。その代わりオスは、必死でエサを獲ってきて、メスと子どもを養わなくちゃならない。これはこれで大変。エサの量が不十分だと感じると、メスはさっさと、他のオスの元に走ってしまうからね。ツルなんか、売春までしてしまうらしいよ。

AKI バ、バイシュン……ですか?

哲雄 ウン。他のオスのテリトリーに飛んでいって、お尻を振るんだって。で、交尾をさせる代わりに、エサを分けてもらう。売春でしょ?

AKI やるねェ、ツルも……。

哲雄 感心してる場合じゃない。つまり、生物、特に動物の世界では、オスはバラ撒き、メスはしっかり受精卵を守る。キミは、「メスは損」って言ったけど、その代わり、メスはしっかり相手を選ぶ。いい加減なオスを受け入れると、子々孫々にまで影響するから、立派な精子を受け取るために、選ぶ、選ぶ。

AKI 簡単にはやらせない、ってことね。最近の女の子たちは、そうでもないと思うけど……。

哲雄 キミだって、最近の女の子じゃないか。ああ、それなのに……。

AKI な、なんですか?

哲雄 いや、何でもない。ま、そんなわけで、男は、本能的に浮気モノ。女は、どちらかというと一途。これが、生物学的宿命ということになるのではあるが……。

AKI あるが……? そこから先は?

哲雄 にもかかわらず、少なくとも私は、浮気はたぶんしないだろう、いや、しないようにしようと思う。それはなぜか?

AKI なぜなの? そこが聞きたいのに……。

哲雄 その話は、長くなるから、また今度。

 目次ページに戻る          トップメニューに戻る 

ブログランキングに参加しています。よかったら、下記のバナーをクリックしてくださいね。



拍手する

テーマ : 浮気
ジャンル : 恋愛

第5夜~「思いやる」だけならサルでもできる



AKI 「銀座の女を一列に並ばせていたしたい」と豪語する、超バラ撒き体質の哲ジイが、それでも「浮気はしないだろう」とおっしゃる。きょうはぜひ、その理由をお聞きしたいもんです。

哲雄 とても体力がもたないから……じゃなくて、あれはジョーダンだと申し上げたでしょ。

AKI でも、バラ撒きは、男の本能的性質である?

哲雄 本能的にはそうだけど、私の優秀な前頭葉が「それはダメだ」と言うのです。

AKI ゼ・ン・ト・ウ・ヨ・ウ……? 漢方薬かなんかスか?

哲雄 大脳のパーツです。おでこ側にあって、人が物事を深く思考したり、何かを創造しようとしたり、推理を働かせようとしたりするときに活動する部分で、サルと人間の脳の違いは、この前頭葉の発達程度にある、と言われてる場所。人間を人間たらしめているパーツと言ってもいいんじゃないかな。

AKI 「やりたい」とかも、そこで考えるわけ?

哲雄 ノン。「やりたい」「食べたい」「怖い、逃げろ!」なんていうのは、大脳辺縁系といって、大脳の中でも、もっとも古くに発達した部分がつかさどってる。そういう本能的な欲求や情動をコントロールするのは、原始的な大脳の仕事なんだよね。

AKI じゃ、哲ジイの前頭葉は、なぜ、それを「ダメだ」と言うの?

哲雄 そこじゃよ、AKIちゃん。

AKI な、なんですか? 突然、フレンドリーになって……。

哲雄 なぜだろう? と、自分でも考えてみたんだが、ひとつは、相手を悲しませたくない、という気持ちが、強く働くからだろうと思う。

AKI ヘーッ、意外と、いいとこあるじゃん。

哲雄 でしょ、でしょ?

AKI 調子こくでねェ。つまり、こういうことでしょ、哲ちゃん。その「相手を悲しませたくない」という気持ちこそが、愛である。んでねが?

哲雄 うんにゃ。まんだ、そごまではいがね。

AKI 標準モードに戻します。

哲雄 「相手を悲しませたくない」という気持ちが芽生えるためには、3つの要素が必要になる。ひとつは、相手が「悲しんでいる」ということを読み取る能力。これは、サルでも、いや、イルカやゾウでさえも、ある程度はできる。連中も、怒り、喜び、悲しみ……などの身体表現ができるし、そのサインを理解することぐらい、できるからね。

AKI 敵もサルもの。で、もうひとつは?

哲雄 もうひとつは、悲しんだり、苦しんだりしている相手を「かわいそう」と感じる能力、つまり、「思いやり」だけど、『利己的なサル 他人を思いやるサル』を書いたフランス・ドゥ・ヴァールという動物学者によると、これも、同一の種、同じ群れに属する個体同士の間では、しばしば見受けられる、という。

AKI エーッ、それってすごくない?

哲雄 たとえば、イルカは、群れの1頭が方向感覚を失って、浅瀬に迷い込んだりすると、その体の下に潜り込んで、何とか体を持ち上げ、沖合いに連れ戻そうとする。ゾウは、群れの1頭が倒れると、キバでその体を助け起こそうとして、ときにはキバを折ったりもする。それでも助からず、死んでしまうと、周りの木の枝を長い鼻でもぎとって、その体を覆ってやるんだって。

AKI それ、埋葬じゃないですか? すご~い。

哲雄 サルになると、もっとすごいことをやる。群れの中に障害を持った子どもがいたりすると、その子を他のグループの攻撃からかばったり、ときには、エサを分け与えたりする。チンパンジーなんかの類人猿になると、人間顔負け。ケンカに負けて落ち込んでるオスをメスが慰めてやったり、ケンカになりそうなオス同士を、たとえばグループのボスが仲裁したり……なんてことまでやるんだ。

AKI 愛だねぇ~。

哲雄 「愛」と呼ぶのは、どうだかね。女の子は、すぐ、動物を擬人化したがるけど、それはちょっと危険かもしれない。ここらへんの動物の利他行動については、学者の間でも意見が分かれてるんだ。

AKI
 素直じゃないからね、学者ってやつは。

哲雄 オイオイ、そういう問題じゃないだろう。動物が他の個体に感情移入できるかどうか? 相手の気持ちを思いやることができるかどうか? これはけっこう重大なテーマで、いまでも、生物学者、生物社会学者、遺伝子学者、心理学者なんかが入り乱れて、カンカンガクガクの議論を闘わせてるんだから。で、「思いやりなんかじゃない」と主張してる側の根拠として有力なのは……。

AKI もしかして、進化論?

哲雄 ドキッ! おヌシ、いいとこ突くねェ。

AKI 当たらずといえども、遠からず?

哲雄 ウン。要するに、群れを作る動物にとっては、集団そのものを維持することが、生存のための最大条件だから、そのためには、群れの中で自ら犠牲を買って出る個体もいるだろうし、傷ついた仲間に利他的な行動をとることもあるだろう。しかし、それは、集団全体の利益につながることだから、決して「思いやり」なんかではない、というわけだ。ま、ここらへんは、まだ結論の出てないところだから、なんとも言えない。

AKI 私は信じたいけどね、動物にも思いやりの感情があるって。で、3つめの条件は?

哲雄 これが、動物にはむずかしい。いちばん人間に近いチンパンジーだって、たぶん、ムリ。それは、「こういうことをすると、相手が悲しむだろう」と、前もって想像する能力。

AKI そりゃ、ムリだよ、哲ジイ。人間だって、できないヤツが多いんだから。

哲雄 でも、それができなきゃ、「相手を悲しませないようにしよう」とは思えないでしょ。そして、それができるためには、前頭葉の働きがどうしても必要なんだ。

AKI またも出ました。前頭葉!

哲雄 そして、「愛の発明」のためには、この働きが絶対に欠かせない!

AKI エッ!? 愛って、発明されたの?

哲雄 発明されたようなものだね。次回は、いよいよ、AKIちゃんと、じっくり「愛」について語り明かそうじゃありませんか。

AKI 明かしはしませんよ、言っときますけど……。

 目次ページに戻る          メニューページに戻る 

ブログランキングに参加しています。よかったら、下記のバナーをクリックしてください。



拍手する

テーマ : 動物の愛・人の愛
ジャンル : 恋愛

第6夜 愛はいかに発明されたか?



哲雄 前回、群れを作る動物には、他人を「思いやる」能力があるんじゃないか、という話をしたよね。

AKI しましたよ。でも、それは「愛」ではないと?

哲雄 ハイ、確かに。

AKI そして、愛は発明されたのだ……と。

哲雄 ウ、ウン、まぁ……そんなことを言ったような言わないような……。

AKI あれ? なんか、麻生総理みたいになっちゃいましたよ。

哲雄 いや、考えてるんです。発明というべきか、発見というべきか……。

AKI ぶれますねぇ、発言が……。

哲雄 AKIちゃんは、メタファーという言葉を知ってる?

AKI メタファー? 何ですか、それ?

哲雄 日本語で言うと、隠喩(いんゆ)。たとえば、「おなかすいたぁ」と泣いてる子どもがいるとするよね。それを見たお母さんが、「まったく、うちの子ときたら、エサを欲しがるヒナみたい」なんて言う。このときの「エサを欲しがるヒナ」というのが、隠喩。

AKI 比喩(ひゆ)のことですか?

哲雄 比喩には、隠喩と換喩(かんゆ)という2通りの表現方法があるんだけど、その隠喩のほう。でね、この隠喩的な発想ができるようになって、初めて人間は、「愛」という言葉を思いついた。

AKI もう少し、わかりやすく言ってよ。

哲雄 隠喩っていうのは、ある事柄と別の次元のある事柄との間にある「共通性」を見出して、それをたがいに置き換えて表現したりする方法のことなんだ。たとえば、「AがBする」のと「CがDする」ことの間に、なんらかの共通性があるとするよね。このことに気がつくと、人は「AがBする」と言う代わりに、「CのようにDする」と言ったりする。

AKI エーッ、わかんない。

哲雄 じゃ、さっきのお母さんの例で言おうか。このお母さんは、自分の子どもがごはんやおやつを欲しがって泣くことと、鳥のヒナがエサを欲しがって鳴くことには、共通性があることを知ってる。だから、「エサを欲しがるヒナみたい」という言葉が出てくる。

AKI ナルホドねェ。哲ジイが、私を私を欲しがって泣き言を言うのも同じかぁ……。

哲雄 だれが泣き言を言いました? だいいち欲しがってないし……。

AKI あ、そう。じゃ、いいわ。それで?

哲雄 いいかい? 大事なのはここ。このお母さんが、「子どもと自分」の関係を「ヒナと親鳥」の関係に置き換えることができるためには、両者の関係に共通する「あること」に気づいてなくちゃいけない。で、よくよく考えてみると、この共通する「あること」は、教師と生徒の関係にも、飼い主とペットの関係にも共通してるよなぁ……ってことに気づく。これは、人間以外の動物には決してできない。サルにもチンパンジーにもできない。いや、旧石器時代のネアンデルタール人にもできなかったに違いない。

AKI ダメだなぁ、ネアンデルタール人は。いま、どこに住んでるの?

哲雄 だから……旧石器時代の。つまりさぁ、もう消えたの、この地球上から。

AKI そりゃ、残念。

哲雄 でさ、この共通する「あること」っていうのは、具体的な何かじゃない。ものすごく抽象的な事柄だ。『神の発明』とか、いろいろ文化人類学的な本を書いてる中沢新一という学者がいるんだけど、この人は、こういう「あること」を発見できた脳の働きを「流動的知性」と呼んで、人間は、この流動的知性を身につけることによってはじめて、「抽象性」を獲得できた、と言ってるんだ。

AKI ショウチュウじゃなくて、チュウショウなのね。

哲雄 オッ! 偶然にしては上出来。「抽象」と「焼酎」は、実は、よく似てるんだ。

AKI すごいね、私の脳も。

哲雄 焼酎はイモとかソバとか麦から作るでしょう? イモやソバや麦を発酵させて、それを過熱してアルコール分だけを取り出したのが「焼酎」。イモやソバや麦は、リアルな食材だけど、それを蒸留して作った焼酎は、そのすべてに共通する性質のかたまりだと言えるよね。

AKI フンフン。とすると、親と子とか、教師と生徒とか、パトロンと愛人とかの関係に共通する「焼酎」みたいなものがあるってわけね。

哲雄 パトロンのことは、私にはよくわかりませんが、ま、そういうこと。で、その「焼酎」みたいなものに、人間は名前をつけた。

AKI それが「」。

哲雄 や、やっと、わかってくれましたか……オイオイ。

AKI よしよし、もう泣くな。

哲雄 これが「愛の発明」のプロセス。なんで「発見」じゃなくて「発明」と言ったかというと、この抽象的な産物は、最初から地上に存在してるわけじゃなくて、人間の知性の働きによって抽出されたものだから。

AKI でも、あったわけでしょ? 具体的な関係としては?

哲雄 だよ。A対Bとか、C対Dとか、E対Fという、個々の関係としてはね。でも、そこから「愛」を抽出するためには、A:B=C:D=E:F……という関係に気づく、隠喩的な能力が必要だった。

AKI ま、簡単なことをむずかしく言っただけのような気もするけどね。

哲雄 それが、実は、大違いなんだ。この抽象性の発見が、人間にとってどれほど大きなことだったか、そのことについては、また、今度、話すけど、とにかく、この発明はすごい!

AKI なんか、感動してますね。

哲雄 愛の発明、バンザ~イ!

AKI 壊れてるわ、このおっさん。

 目次ページに戻る       メニューページに戻る 

ブログランキングに参加しています。気に入っていただけた方は、下のバナーをクリックして、愛の一票を。



拍手する

テーマ : 愛の発明
ジャンル : 恋愛

第7夜~愛せるのは、愛が発明されたから?



哲雄 人の脳は、A:B=C:Dという隠喩(いんゆ)的な関係を発見する能力を獲得することで、「愛」という概念を発明した。前回、そんな話をしたと思うけど……。

AKI ウン。頭痛くなっちゃったけどね。

哲雄 この発明が、どんなに偉大だったか。実はね、これがないと、AKIクンのお仕事も成立しないんだ。

AKI エーッ、そ、そんなこと……。

哲雄 キミは、知らない人の体をマッサージして、その疲れを癒してあげて、それだけじゃなくて……。

AKI ス、ストップ! そこから先は言わないで!

続きを読む

拍手する

テーマ : 愛の発明
ジャンル : 恋愛

第8夜☆大きな愛は小さな愛を奪う?



AKI 人間は「愛」という言葉を発明した。だから、何の見返りも期待できないところでも、他人を思いやったり、困っている人を助けたりできるようになった。私がこの仕事をできるのも、幼稚園の先生が他人の子どもたちと愛情をもって接触できるのも、この「愛の発明」のおかげだ――と、かいつまんで言うと、ここまでの話は、そんな流れでしたね。

哲雄 ハイ、よくかいつまんでくださいました。

AKI かいつまむの、得意ですから……。

哲雄 つまむのは、別のものだったりしてね……。

AKI 怒りますよ。

続きを読む

拍手する

テーマ : 愛の発明
ジャンル : 恋愛

ご訪問ありがとうございます
現在の閲覧者数:
Profile
プロフ画像《当ブログの管理人》
シランケン・重松シュタイン…独自の人間関係論を元に、長住哲雄のペンネームで数々の著書を刊行してきたエッセイスト&編集者。この度、思うところあって、ペンネームを変えました

    姉妹サイト    

《みなさんの投票で恋愛常識を作ります》
★投票!デート&Hの常識

《管理人の小説をこちで保管》
おとなの恋愛小説倶楽部

Since 2009.2.3


 このブログの読者になってくださる方は 

不純愛講座 by 長住哲雄 - にほんブログ村


管理人の近著
 シランケン重松としての著書 


『初夜盗り
物語』


2022年8月発売
虹BOOKS


かつて、嫁ぐ娘の
初夜権は、土地の
権力者がものにして
いた――。
定価:650円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版で読む



『裏タイプ~
あなたは人の目には「こんなタイプ」に見えている



2022年8月発売
虹BOOKS

人の目に映るあなたは
期待したタイプでは
ない。その理由。
定価:1500円
⇒★KINDLE版で読む
⇒★BOOK☆WALKER版を読む



『盆かか
三日間だけの交換妻


2020年9月発売
虹BOOKS

盆が来ると、新妻の妙は
三日間、あの男の
「かか」になる――。
筆者初の官能小説。
定価:200円

お読みになりたい方は、下記よりどうぞ。
★Kindle版で読む
★BOOK☆WALKER版で読む



『好きを伝える技術』

2019年発売11月発売
虹BOOKS



「好き」「愛してる」と口にするより
雄弁にあなたの恋を語ってくれる
メタメッセージ。
勇気がなくても、口ベタでも、
これならあなたの想いは
確実に伝わる!
定価:600円
⇒★KINDLE版で読む



 長住哲雄としての著書です 


写真をクリックすると、詳細ページへ。

長編小説

『妻は、おふたり様にひとりずつ』

2016年3月発売
虹BOOKS


3人に1人が結婚できなくなる
と言われる格差社会の片隅で、
2人の男と1人の女が出会い、
シェア生活を始めます。
愛を分かち合うその生活から
創り出される「地縁家族」とは?
定価:342円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.2

『「聖少女」
6年2組の神隠し』

2015年7月発売
虹BOOKS


ビンタが支配する教室から
突然、姿を消した美少女。
40年後、その真実をボクは知る…。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む



シリーズ
マリアたちへ――Vol.1

『チャボの
ラブレター』

2014年10月発売
虹BOOKS


美しい養護教諭・チャボと、
中学生だった「ボク」の淡い恋物語です。
定価:122円
⇒★KINDLE版で読む

  全国有名書店で販売中  

写真をクリックすると、詳細ページに。

『すぐ感情的に
なる人から
傷つけられない本』

2015年9月発売


こう書房
定価 1400円+税

あなたを取り巻く
「困った感情」の毒から
自分を守る知恵を網羅!
⇒Amazonで取り寄せ


『これであなたも
「雑談」名人』


2014年4月発売
中古品

成美堂出版
定価 530円+税

あなたの「雑談」から
「5秒の沈黙」をなくす
雑談の秘訣を満載!
⇒Amazonで取り寄せ


30秒でつかみ、
1分でウケる
『雑談の技術』(オーディオ版)


2007年6月発売
こう書房
定価 1300円+税

「あの人と話すと面白い」
と言われる
雑談のテクを網羅。
⇒Amazonで取り寄せ

――など多数。
ランキング&検索サイト
  総合ランキング・検索  

FC2ブログ~恋愛(モテ)
にほんブログ村~恋愛観
にほんブログ村~恋愛小説(愛欲)
人気ブログランキング~恋愛



 ジャンル別ランキング&検索 

《Hな体験、画像などの検索サイト》
愛と官能の美学愛と官能の美学


《当ブログの成分・評価が確認できます》


おすすめ恋愛サイトです
いつも訪問している恋愛系ブログを、
独断でカテゴリーに分けてご紹介します。

悪魔
勉強になります
「愛」と「性」を
究めたいあなたに


《性を究める》
★性生活に必要なモノ
★セックスにまつわるエトセトラ
★飽きないセックスを極める
★真面目にワイ談~エロ親父の独り言



《性の不安に》
★自宅でチェック! 性病検査



女の子「男と女」はまるで劇場
いろいろな愛の形
その悦びと不安


《不倫》
★幸せネル子の奔放自在な日々

《MとSの話》
★M顔で野生児だった私の半生

《国際結婚》
★アンビリーバブルなアメリカ人と日本人

《障害者とフーゾク》
★KAGEMUSYAの裏徒然日記

妻くすぐられます
カレと彼女の
ちょっとHな告白


★嫁の体験リポート
★レス婚~なんだか寂しい結婚生活

女王写真&Hな告白
赤裸な姿を美しく
大胆に魅せてくれます


《美しい自分を見せて、読ませてくれます》
★Scandalous Lady

音楽女
ちょいエロなサイトです
他人の愛と性を
のぞき見


《Hな投稿集》
★人妻さとみの秘密の告白
★エッチな告白体験談ブログ


上記分類にご不満のブログ運営者さまは、管理人までご連絡ください。
創作系&日記系☆おすすめリンク
読むたびに笑ったり、感動したり、
勉強になったりするサイトです。

女の子ヘッドホン

読む悦び、見る愉しみを!
小説&エッセイ&写真

《官能小説》
★~艶月~
★愛ラブYOU

《おとなのメルヘン&ラブストーリー》
Precious Things

《ミステリー》
★コーヒーにスプーン一杯のミステリーを

《書評・レヴュー・文芸批評》
★新人賞を取って作家になる
★頭おかしい認定ニャ
★読書と足跡
★緑に向かって New

《写真&詩、エッセイ、日記》
★中高年が止まらない New
★質素に生きる
★エッチなモノクローム
★JAPAN△TENT
★いろいろフォト

傘と女性ユーモアあふれるブログです
いつもクスリと
笑わせられます


スクーター
社会派なあなたへ
政治のこと、社会のこと

《政治批評&社会批評》
★真実を探すブログ
★Everyone says I love you!

  素材をお借りしました   

★写真素材・足成
★無料画像素材のプロ・フォト
★カツのGIFアニメ
★無料イラスト配布サイトマンガトップ

上記分類にご不満のブログ運営者さまは、
管理人までご連絡ください。
にほんブログ村ランキング
にほんブログ村内の各種ランキング、 新着記事などを表示します。
アクセスランキング
リンク元別の1週間のアクセス・ランキング。

検索フォーム
QRコード
QR